栞お話グループ森から ちょっとおすすめ絵本の紹介

かわいい絵本、おもしろい絵本から変わっている絵本まで、ちょっと気になる絵本の紹介をします!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「くろいの」

2019-03-06 10:14:46 | 絵本 おすすめ

 田中清代 さく 偕成社


いつもの帰る道で、女の子は不思議ないきものをみつけます。

くろくて、どうやら自分にしか見えないみたい。

へいの上にいたり、バス停にぽつんと座っていたり・・・なにしているんだろう?

ある日思い切って声をかけてみると

くろいのはとことこ歩き出した。

ついていくと、ステキなお庭を持つお家の押し入れ通り、屋根裏部屋に。

小さい時にあった不思議な場所・・・不思議なもの・・・

そんなものを思い出します。

二人は思い切り遊んだあと、ぐっすり寝てしまい、女の子はおかあさんのゆめをみます。

くろいのは、再び居間に戻る途中一輪の花をくれました。

とても不思議な幻想的な絵本です。そしてとても優しい気持ちになります。


                          


               


コメント   この記事についてブログを書く
« 「マルーシカと12の月」 | トップ | 「ふゆめがっしょうだん」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

絵本 おすすめ」カテゴリの最新記事