或る男の小遣い帳

小遣い帳。買い物日記。スナップ写真。
満足している時は何も言わず、気に入らないと毒を吐く。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

苔が絨毯みたいだった

2018年12月04日 | 写真


 場所は平泉の中尊寺です。仙台からの帰りに、天気がとてもとてもよかったので、平泉で高速を下りて中尊寺に行ってみました。ここに来たのは2回目か3回目で、前回は小学生のころだったような。何の知識もない小学生には金色堂があってもただの退屈な場所だったけど、平安末期の時代背景が少しわかるようになり、カメラが趣味になった今の自分にはなかなか魅力的な場所になっていました。世界遺産に登録されたおかげでお金がかけられているってのもあるかな。


 そこの建物に金色堂が入っています。入るためには800円かかります。

 少し前の紅葉の写真のコントラストがとてもきつく感じたので、コントラストと明瞭度を下げてからリサイズしてみた。これくらいでどうだろうか。自分のモニターで現像ソフト上で見る分には普通なんだけど、フォトビューワーとかウェブブラウザで見るとどぎつくなってしまうみたいです。

コメント

ヘアピン

2018年11月19日 | 写真


 ソニーのテレビのCMで北川景子さんがテレビのリモコンに向かってホースシューベンドっていうと出てくる画像を見て、この写真の場所も形が似てるなぁと思っていた。この場所からだと南向きになってしまって、日中だと逆光になるので、夕方の写真です。

コメント

南八甲田の蔦沼から赤沼まで

2018年11月04日 | 旅行

南八甲田の蔦沼から赤沼までのコースを歩いてきました。蔦温泉のところの案内板には、蔦沼周辺の沼巡りのコースしか書かれていなくて、コース上には赤沼に向かうコースの入り口の案内もありませんでした。蔦沼、鏡沼、月沼を過ぎたところで、ipadアプリの山と高原地図でチェックしてみたら、分岐は月沼のところにあることになっていたので、戻って探したところ、月沼と長沼の距離の案内の奥に看板らしきものがみえました。


「道が無いので行かないように」、ではなく、「注意してください」だったので、ipadのgpsもあるし、山道に入ってみて道がわからなくなりそうになったら引き返すつもりで入ってみました。道はとても分かりづらいけど、ピンクリボン発見。さらにその奥にもピンクリボンが見えました。次のピンクリボンのところに行ったらさらに次を探して、リボンが見えないところは踏み跡が残っていて、全く迷わずに進むことができました。ウォークラリーみたいでした。

このように道は笹薮の中でもピンクリボンが見えるので大丈夫。

このコースのピークは松森山(804m)でこのように展望は微妙ですが、



松の隙間から頭を出すと赤倉岳が見えました。快晴。

松森山から赤沼までのコースの途中には立ち入り禁止のテープで囲われたところがありました。

木の下の部分が腐って落ちてしまって、上の部分だけがほかの木に引っかかったまま宙づり状態になっていました。落ちるかもしれないということみたいです。
ここを抜けると赤沼でした。

赤沼では風のせいで水面がさざ波が立っていて、逆光で水面が太陽を反射していました。写真を撮った時間は13:30で太陽がこの位置なので、赤沼の写真を撮るのも朝が良いみたいです。

赤沼登山口から登ってきた場合、ここを抜けると赤沼なんだけど、ここがひどい。道がぐちゃぐちゃで、防水がしっかりした登山靴か長靴じゃないと、スニーカーだとかなり不快だと思います。落ち葉が浮いているおかげである程度は沈みにくくなっているけど、それでも靴が沈んでいきます。夏はドロドロなんじゃないかな。

このあとは赤沼登山口まで下りて、蔦温泉の駐車場までは道路を歩いて戻りました。

今日のルートは登山道というよりはただの山道だったので、さすがに(熊が)怖くて、コースに入って少し行ったところで、人がいないことと風向きを確認したうえで熊スプレーを試し打ちし、木の上(熊棚)をチェックしながら、熊鈴で人がいること知らせたうえで、熊が逃げる判断を迷っているうちにこっちから熊に近づいてしまうことがないようにゆっくり歩きました。youtubeで熊の動画を見ると、人に気づいてもすぐに逃げるわけではなく、どうしようか迷っているみたいだし、ほかのブログとかだと、歩いていて気づいたら熊が自分から10mのところにいたというのがあったので。ちなみに、コース内に熊棚はありませんでした。

写真撮りながら、熊チェックしながらのスピードで歩いて、蔦温泉を9時スタート、15時ゴールでした。

コメント

栗駒山を歩いてきました。

2018年09月30日 | 旅行

9月29日(土)須川温泉スタートで栗駒を歩いてきました。スタートの須川温泉周辺は紅葉が始まったばかりで、山頂付近は今週が見ごろだったと思います。来週末になると昭和湖のあたりで見ごろなんじゃないかなぁ。曇り空で太陽が出てないので燃えるような紅葉とは行かなかったけど、満足度の高い紅葉でした。

須川温泉(9:30)→昭和湖→山頂(昼食)→秣(まぐさ)岳→須川湖(16:00)

昭和湖から山頂のほうを見上げたところ。

山頂から東栗駒と中央コースを見下ろしたところ

天馬尾根コースに入って秣岳方向に少し行ったところから昭和湖方向を見下ろしたところ

コメント

桃洞周辺の紅葉(まだです)

2018年09月25日 | 写真日記

23日(日)栗駒山の紅葉をライブカメラでチェックしたら、まだ緑色に見えるけど細かいところまではわからいので、同じようなものだろうと森吉山の桃洞の滝周辺の紅葉具合をチェックしてきました。標高600m程度だから、これよりは進んでるのかな。

まずブナ。微妙に黄色くなり始めているところがあります。

 川には枯れ葉が落ち始めています。

 

山肌はところどころ色づき始めているところがあります。赤と黄色が混じり始めて立体的に見えました。

栗駒山山頂方面のトレッキングは今週末がよさそうです。来週末だと遅いかもしれない?ライブビューをチェックして様子を見ることにします。

コメント