For Crying Out Loud By ギタリスト竹田和夫

ロスアンジェルス在住のギタリスト 竹田和夫
何でも書いちゃいます。For Crying Out Loud !

2022年Spring Tour 大成功で終わりました。

2022年06月30日 | 勝手に自分で選んだBest 10
4月23日のバンボラからスタートした春のツアーは6月28日のTerraを持ちまして、無事大成功で終了しました。 


たくさんの思い出と楽しい時間を皆さんと共有できました。 皆さんありがとう 感謝いたします。

今年は秋にまた日本にもどってきます。 嬉しいことにすでに何本かスケジュールも入ってきているようです。 その時は皆さん またお会いしましょう。

暑い日々が続くようです 
ご自愛ください。
Stay Cool &Take Care。

Thanks million for your warm support.  Always appreciated.
Yours Truly            
Kazuo Takeda
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022.6.25 クリエイション クロコダイル大成功の巻

2022年06月26日 | 勝手に自分で選んだBest 10
猛暑が東京を襲った昨日 リハの最中から汗だくでした。
ライブもフルハウス 満員札止めのお客さんの熱い声援でそれはそれは楽しい夜となりました。 


なんかとてもよいグルーヴが全体を包み込む、そんな感じでした。 
 



今日はこれから横浜のギターショーに出かけます。 
どのような感じになるのでしょうか。 これも期待大です。
そして明後日は西荻窪Terraです。
今回のツアーの最終ライブ&打ち上げになります。
皆さんの参加をお待ちしています。
ありがとうございました。
Thank you so much for coming last night 🎵
Yours Truly KT

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

後半戦 エンジンかかってます。

2022年06月06日 | ライブ 
2022年春のツアー 大変良い感じでライブが続いています。
今週末は豊田のバンボラです。 その後のCREATIONの2Showsと続きますが、まずはNext Stop Is TOYODA🎵 Woodstockでカントリージョーもそう歌っていました。

今回のCREATIONもセンター 松本繁が全面的に参加します。彼のリクエストによるあの曲も この曲もよみがえる予定です。 お楽しみに。



過ぎた時がVintageのギターやワインを作り上げるように音楽も一つ一つの曲や音がとても深く意味を持って寄り添ってくる、そんな時間を楽しんでいます。春から初夏に向かう日本の季節、 こんな時期にステイするのは久しぶりです。

クリエイションの日本語詞はもう他界した僕の実姉Mimiがほとんど書いていましたが その時はわからなかったけど、やっと意味が分かる年になったのか、最近はなぜか深く心に届いてきます。今の季節だと、例えば、、これです。

” 季節の終わりを感じたら 思い出の中に 逃げてしまう 燃え尽きるその前に ” By Mimi Takeda   She could have been talented of Prophecy
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Rooster 楽しかった!

2022年06月03日 | ライブ 
6月1日 荻窪のRoosterで 最高のライブができました。
GroovyでHappyな夜となりました。 この春のツアー例年通り皆さんのご協力により 絶好調でプレイできています。 



明日の横浜 関内Stormy Mondayも盛り上がります。 ぜひ皆さんお会いしましょう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

平塚&名古屋&松阪 

2022年05月31日 | ライブ 
先週末は中部地方の旅でした。



27日が名古屋の徳三 そして 28日が松阪のMAXAマクサでのライブ
その前には平塚のSad Cafeでの演奏でした。


すべての公演大成功にて終了 気持ちよくギターが弾けました。
名古屋と松阪には自分のアンプを東京から持ち込みました。 やはりエレクトリックギターはアコウステイックギターと違いアンプとワンセットで楽器として完成するという事を改めて実感しました。



美味しい和牛で世界的に有名な松阪牛、これを、まつざかぎゅうと僕は発音していましたが 名古屋のタクシーの運転手さんが車内での我々のこの話題を聞いていてやおら、 ” マツサカ ウシ 言います。 私は少し住んでいたことがあるんですよ。”
なるほど、、 で、松阪について地元の人に聞いたら マツザカと発音する人もいるんです。 

このマツザカVSマツサカ論争、結構我々の間では盛り上がったのですが、どうやら オフィシャルに書くのはマツサカで(写真参照)口語体ではマツザカという地元の人も多い、という事だったかな、、

でも牛=ギュウとはあまり言わないらしい ウシという人が圧倒的に多かった。 こういう話も旅の面白いところですね。

さてさて、明日は荻窪のルースター 週末の4日土曜日は横浜関内のストーミーマンデイでのライブと続きます。

調子も上がってきて絶好調です。 皆さん お見逃しなく。
それでは See You Tomorrow!  KT

コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2週間で4回のライブ 大成功でした。

2022年05月18日 | ライブ 
ブログの更新が少しできなかったけど、2週間で4回のライブ大成功でした。
もう先々週になるけど 横浜のClub Sennsationそして鎌田ぶらぶらでのライブ、ともに大成功でした。

そして先週末は 北海道に行きました。 札幌の老舗ライブハウスChuck Berryでのゲスト出演、メインは札幌修行時代はこのお店で育ったというギタリスTomokoの凱旋バースデイライブ。 東京からは同じ誕生日のドラムスの相良”パッサン”宗男も参加しての熱い演奏が2夜連続で行われました。


同じゲスト出演で盛り上がること間違いない明日のクロコダイル、そして巣鴨の獅子王、週末は平塚Sad Cafeと続きます。 プレイの調子もどんどん良くなってきた感じもするので皆さん ぜひいらっしゃってください。 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自由が丘マッカートニー 楽しくプレイしました🎵

2022年05月04日 | ライブ 
昨夜は自由が丘のマッカートニーでのライブ、連休という事でたくさんのお客さんでフルハウスのお店で楽しくライブができました。 サポートには野地&松本さんのアコーステイックDuoがプレイしました。 とても良い音が鳴っていました。
何枚か写真を乗せます。 (By Taeko Hara)

そして今週末は土曜が横浜のClub Sensation そして日曜が蒲田の”ぶらぶら”でのライブです。 See you out there,,,,🎵







コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022.4.30 クロコダイル大成功 の巻

2022年05月01日 | ライブ 
世の中 連休で盛り上がり始め、原宿は人でわんさかわんさの様子。
アコーステックセットを交えての昨日のクロコダイル、おかげさまにて大成功で楽しい夜を過ごしました。

アコーステイックセットとそこから進んでいく新たな流れにプレイする我々も新鮮なアンサンブルの組み立てをエンジョイしていました。

百聞は一見にしかず、昔の人は偉かった、、などといつも通りのクリシェ(慣用句)を言っていないで Every picture tells a storyとも言います。まずは昨夜の様子を写真で載せます。
(Photos By Taeko Hara)

















 Thanks For Coming♪
いらっしゃったお客さん ありがとう!
ツアースタートして3夜めにしてぐっと調子が上がってきたようです。
これは次のライブ 5月3日の自由が丘マッカートニー🎵
見逃せませんね(笑) KT











コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ツアースタート大成功 の巻

2022年04月25日 | ライブ 
週末の23日 豊田のBanborから春のツアーをスタートしました。
お客さんの声援におされて無事 初日の演奏を終了しました。


この夜は新たにライブでプレイする曲が3曲ほどありどれもうまく行きました。バンボラでの初日は大成功で終了できました。



昨日の日曜日は町田Cropでのライブでした。
あいにくの天気にも関わらず足を運んでくれたお客さんの声援に乗せられて熱い演奏ができました。  皆さんありがとう。





とても良い感じでツアーのスタートが切れました。 今週末の4月30日の土曜日は原宿クロコダイルです。 すこし内容も手を加えてみようと考えています。これは見逃せませんね。 お待ちしています。
Thank you for coming!! KT

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本到着!

2022年04月17日 | ロスアンジェルスから
コロナの中 国際線の旅は今回で5回目、毎回少しずつ事情が変わってきている。
でも変わらないのは PCR検査がバカ高いこと、それぞれの国の住人が陽性か陰性かを検査をするだけだったら最近はただ、Freeでやれるのだと思うけど、何故か?関所越えのお上のお札となるとそうはいきません。往復でBlues JR一台分かかります(笑&泣)

それはともかく 過去4回は流石に旅行者は少なく座席はとても空いていてそれだけは快適でした。 ところが今回は規制緩和の所為で結構機内は埋まっていました。係員は満席と言っていたけど見た感じ90%+ くらいだったかな、、 

それと事前に座席が自由に選べなくて選びたい人は別料金を払うという鬼のシステムに変わっていました。 何とかの沙汰も金次第、キャピタリズムめ!と言ったニキータ フルフチョフの言葉が脳裏をかすめました(笑)

もちろん ラッキーな僕は搭乗寸前に名前をアナウンスされてゲートカウンターに呼ばれ、行ってみると、 ” Mr.Takeda, Sir,You have been upgraded ” Oh Thanks Man,, ということで座席がさらにアップグレードされてかなり楽な席がゲットできました。 映画2本見て無事東京着。
相変わらずの面倒な入国手つずきも我慢の子でくりぬけました。
写真は多少お疲れの様子で失礼します(笑)



気持ちはすでにライブスタートOK、準備も最後の追い込み状態です。
今回は新しく登場のギターが2本、ネックが1本(?)アンプも一つご新規で登場、と機材も楽しみなツアーです。 もちろんこれまでの愛機も登場します。

今週末の24日(土)豊田バンボラ 25日(日)町田Crop 
ここからツアーが始まります。 皆さん もう部屋に閉じこもっている時期は終わりました。 出かけましょう。 ライブです! お待ちしています!
Yours Truly KT 

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年春のツアーのスケジュールがでました。

2022年03月21日 | ロスアンジェルスから
4月後半から春のツアーが始まります。
皆さんにまたお会いできることを本当に心待ちにしています。
スケジュールです。
Here You Go,,,
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Blue Sky MusicのMat です。

お待たせしました!
春のJapan Tour のスケジュールが出ました。
皆さま、今回もよろしくお願いいたします。


Kazuo Takeda Japan Tour Spring 2022
Pray For World Peace




4月23日(土) 日野・豊田 バンボラ

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr) 田中智子(Gt)
Open 17:00 / Start 17:30
Charge¥4,000(飲食代別)
※御予約、お問い合わせ
バンボラ TEL 042-586-2018
(JR 中央線 豊田駅北口 徒歩10 秒)
http://blog.goo.ne.jp/banbora/



4月24日(日) 町田・成瀬 Crop

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr) 田中智子(Gt)
Open 17:00 / Start 18:00
Charge¥4,000(飲食代別)
※御予約、お問い合わせ
Crop TEL 042-799-7551
または★BlueSkyMusic★ blueskymattk@gmail.com
(JR横浜線 成瀬駅南口 徒歩6 分)
http://www.carrozza-music.jp/index.html



4月30日(土) 原宿 クロコダイル

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr) 田中智子(Gt)
Open 18:00 / Start 19:00
予約¥5,500 当日¥6,050(飲食代別)
※御予約、お問い合わせ
クロコダイル TEL 03-3499-5205
https://crocodile-live.jp/
(各線渋谷駅徒歩8分 JR山手線 原宿駅、東京メトロ 明治神宮前駅徒歩5分)



5月3日(火祝) 自由が丘 マッカートニー

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr) 田中智子(Gt)
Open 17:30 / Start 18:00 (OA/野地義行&松本恒男)
予約¥4,000 当日¥4,500(税別・1D オーダー)
※御予約、お問い合わせ (営業日 17:00~20:00)
マッカートニー TEL 03-6421-2458
または★BlueSkyMusic★ blueskymattk@gmail.com
(東急東横線、大井町線 自由が丘駅北口 徒歩3 分)
https://www.mccartney.club/



5月7日(土) 横浜 THE CLUB SENSATION

竹田和夫(Gt)
栃原優二(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr) 田中智子(Gt)
Open 18:30 / Start 19:00
予約¥4,000 当日¥4,500 +2drink ¥1,200
※御予約、お問い合わせ
THE CLUB SENSATUION
TEL. 045-241-3166 contact@sensation-jp.com
または★BlueSkyMusic★ blueskymattk@gmail.com
(京急 日ノ出町駅 徒歩1分)
https://sensation-jp.com/


.
5月8日(日) KAMATA ぶらぶら

竹田和夫(Gt)
栃原優二(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr) 田中智子(Gt)
Open 17:30 / Start 18:00
予約¥3,500 当日¥4,000(飲食代別)
※御予約、お問い合わせ
KAMATA ぶらぶら TEL 03-6428-6421 kamata.burabura@gmail.com
または★BlueSkyMusic★ blueskymattk@gmail.com
(JR京浜東北線 東急池上線 多摩川線 蒲田駅西口 徒歩2 分)
https://kamataburabura.wixsite.com/topsite

.

5月14日(土) 札幌 ゲスト出演
5月15日(日) 札幌 ゲスト出演
5月19日(木) クロコダイル ゲスト出演



5月20日(金) 巣鴨 獅子王

竹田和夫(Gt)
栃原優二(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr) 田中智子(Gt)
Open 18:30 /Start 19:00
予約¥4,000 当日¥4,500 +DRINK ¥600
※御予約、問い合わせ
獅子王TEL:03-5972-4439
info@sugamo-cco.com
または★BlueSkyMusic★ blueskymattk@gmail.com
(JR山手線 巣鴨駅北口 徒歩1分)
https://sugamo-cco.com/



5月22日(日) 平塚 SAD CAFÉ

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr) 田中智子(Gt)
Open 18:00 / Start 19:00
Charge¥4,000(飲食代別)
※御予約、問い合わせ
SAD CAFÉ TEL 0463-671-672
または★BlueSkyMusic★ blueskymattk@gmail.com
(JR平塚駅南口 徒歩1分)
https://www.facebook.com/sadcafehiratsuka/



5月27日(金) 名古屋・今池 得三

竹田和夫(Gt)
大森成彦(Bass) コウサカテルオ(Dr) 田中智子(Gt)
Open 18:00 /Start 19:00
予約¥5,000 当日¥5,500
※御予約、問い合わせ
得三 http://www.tokuzo.com/contents/about/faq/
または★BlueSkyMusic★ blueskymattk@gmail.com
地下鉄 今池駅 10番出口より徒歩3分



5月28日(土) 松阪 M'AXA

竹田和夫(Gt)
大森成彦(Bass) コウサカテルオ(Dr) 田中智子(Gt)
Open 18:00 /Start 19:00
予約¥5,000 当日¥5,500 drink&food ticket ¥1,000
※御予約、問い合わせ
◆M'AXA店頭・電話予約(13:00~)
TEL 0598-56-4825
◆M'AXAメール予約(10:00~)
チケット予約フォーム https://maxa.jp/ticket/
または★BlueSkyMusic★ blueskymattk@gmail.com
https://www.maxa.jp/



6月1日(水) 荻窪ルースター(旧ノースサイド)

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr) 田中智子(Gt)
Open 19:00 / Start 19:30
予約¥4,000 当日¥4,500(要Dオーダー)
※ご予約お問合せはこちらのメールアドレスへ
bluesky.mattk@gmail.com
[件名] 6月1日 竹田和夫予約
[本文] お名前・人数・電話番号
※携帯のメールアドレスからご予約、お問い合わせの際は
【bluesky.mattk@gmail.com】からのメールを受信できるように設定をお願い致します。
※御入場は来店順となります。お席の場所予約は出来兼ねます。
※御予約人数が複数で、代表予約者様と個別に御入場される場合は、
当日、受付で御予約人数分を一括精算して頂きます。
【荻窪ルースターではご予約を受け付けておりません】
※アクセスはこちらです。
http://www.ogikubo-rooster.com/index.html



6月4日(土) 横浜・関内 STORMY MONDAY

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr) 田中智子(Gt)
Open 17:00 / Start 18:00
予約¥4,000 当日¥4,500 +消費税 各別要2オーダー
※御予約、お問い合わせ
STORMY MONDAY TEL 045-664-2085
http://www.stormymonday.jp/
(JR 根岸線 関内駅南口 徒歩4 分)



6月11日(土) 日野・豊田 バンボラ

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr) 田中智子(Gt)
Open 17:00 / Start 17:30
Charge¥4,000(飲食代別)
※御予約、お問い合わせ
バンボラ TEL 042-586-2018
(JR 中央線 豊田駅北口 徒歩10 秒)
http://blog.goo.ne.jp/banbora/



6月19日(日) CREATION  横浜 セブンスアベニュー
ロックシティヨコハマ

CREATION
松本繁(Bass&Vo) 竹田和夫(G&Vo)
ヒロ小川(Bass) Juliettes 小林桂尉子 井出カナコ(Back Up Vocal)
笹井新介(Dr) 田中智子(G)
※詳細、ご予約方法後日発表!



6月25日(土) CREATION  原宿 クロコダイル

CREATION
松本繁(Bass&Vo) 竹田和夫(G&Vo)
ヒロ小川(Bass) Juliettes 小林桂尉子 井出カナコ(Back Up Vocal)
笹井新介(Dr) 田中智子(G)
Open 18:00 / Start 19:00
予約¥5,500 当日¥6,050(飲食代別)
※御予約、お問い合わせ
クロコダイル TEL 03-3499-5205
https://crocodile-live.jp/
(各線渋谷駅徒歩8分 JR山手線 原宿駅、東京メトロ 明治神宮前駅徒歩5分)



6月28日(火) 西荻 テラ

竹田和夫(Gt)
ヒロ小川(Bass) 笹井新介(Dr) 田中智子(Gt)
Open 18:00 / Start 19:00
Charge¥3,800(飲食代別 当日ご来場順入場)
※今回から通常のライブになります。ジャムはありません。
※御予約、お問い合わせ
Terra TEL 03-3395-7611
または★BlueSkyMusic★ blueskymattk@gmail.com
(JR 中央線 西荻窪駅北口 徒歩2 分)
http://www.wood-corp.com/terra/




※本ツアーは政府および開催地自治体の対処方針の新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインに沿った対策を講じたライブとなります。
※各自治体の時短要請等により、ライブ時間の変更等の事態があった場合には、速やかにこちら並びにライブハウスのHPでお知らせいたします。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

※すべての会場におきまして、いかなる機材による動画撮影、録音行為は一切禁止とさせて頂くとともに、撮影をされた静止画については、『ご自宅で個人での鑑賞』をしていただき、SNSへの無断投稿も禁止とさせていただきます。どうしてもという場合には、アーティストの許可が必要となります。
また、会場で他のお客様を故意に撮影される等の迷惑行為は禁止です。撮影時やSNS 等へのアップ等のトラブルにつきましては、弊社では一切の責任を追えません。
皆様のご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

Blue Sky Music
https://linktr.ee/BlueSkyMusic

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日は渡米25周年記念日 最終章

2022年03月18日 | ロスアンジェルスから
2001年9月11日 朝起きたらニュースで俗に言う 911、
アメリカ同時多発テロ事件が起こっていた。 ハイジャックされたジェット機がビルに突っ込んだ例のあの事件、これまで見たことのない光景だった。 うわっ!という感じだったか。

アメリカの社会、アメリカ人の受けた衝撃はすざましかった。
そして、申し合わせたようにどこで誰が用意したのか朝からTVではこのトレードセンターの様子とともに真珠湾攻撃のフィルムが繰り返し繰り返しこれでもかと流れました。 僕の第一印象は、何これ? パールハーバー? なんで?
日本人が関係あるみたいな印象が全米中に、何だよこれ? 

当時僕は自分のグループでValleyのマクレッズという店でJam Nightのホストをやっていました。 週一でたくさんのプレイヤーが参加してとても盛り上がっていました。 ちょうどその日の夜はそのGigがある日でした。
ややもしていると家の電話が鳴り響きます、次から次へと、出てみると仲の良い地元のプレイヤーたちが何故か心配して電話してくれてきたのです。

僕の正直な気持ちはなんで僕が心配されないといけないのか?はてなマークが100個以上飛びまくります、、
” Hey Kaz, Are You Okay?  " Hang In There man!"
だいたいこんな内容です。
要するにこのテロ事件の怒りが日本人に向かっているから気を付けろ、だいじょうぶか?と心配してくれているということです。

その時思いました、、また真珠湾かよ、最初のときが1975年 この時は2001年 Something Never Change,, これは未来永劫 背びれ尾ひれ足ヒレつけて語り継がれるものなんですね。 
仕方無いので自衛のため、この夜のギグ用にコンビニで星条旗を買って持っていき バスドラにくっつけて Americaサイドを主張しました。 友人たちいわく うん、良いアイデアだ。 <何が良いアイデアだ、ふざけんじゃないよ>と思いましたが。
直後にコンビニ店主だったか、リカーストアのオーナーだったかのインド人が殺されました、ターバンかぶっていただけで、、。タリバンのテロリストということですね。

極めつけはその当時Jamにも良く参加していた日本人ギタリストの 中村オサムくんというプレイヤーがいました。 その彼が自分の名前をアメリカ人に言う時 My Name is Osamu といいます(まあ、普通ですね) すると
<何? オサマだって?> と一触即発状態、、下手すると危ないですね、大げさでもなんでもなく ターバンかぶったインド人殺されますから、 で、彼が致し方なく考えたのが オサム- オサミ- サミー となっていったわけです。 怪我の功名で今では Sammy NakamuraのステージネームでTokyoのギターシーンで活躍中です。

おまけは 貿易でアメリカがフランスと仲が悪くなった時期にフレンチフライ不買運動も起こったほどです。 日本でいうフライドポテトのことです。 フレンチフライって名前だけでしょう? あんた馬鹿なの? って話です。

真珠湾を2022年に例にだしてアメリカに悪者退治をせまった レゼンスキー、
君の無神経極まりない発言は多くの心ある日本人すら敵に回しちゃったかもしれない。  でも、もともと調べるとはてなマークだらけの今回のストーリーだし、推して知るべしとも言えるかもしれない。

Nobody's Perfect  Forgive And Forget 

ということでお騒がせしたかもしれないけどこの件、
僕の中ではピリオド打ちます。
 
一日も早く戦争が終わりますように
この世界が平和でありますように
音楽が心を癒やせますように
世界中の人々と言葉を話せない動物たちが幸せでありますように
偉大なる神様の大いなる愛が我々とともにありますように。
John 3-16 Amen 十
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日は渡米25周年記念日 その2

2022年03月18日 | ロスアンジェルスから
ここまでの経過はPart1からどうぞ。

Part 2 始まり始まり。

もう随分昔の話になりましたが 1975年の冬 僕はニューヨーク州の郊外ウッドストックにあるベアーズヴィルスタジオにいました。 クリエイションの2枚めのアルバムのレコーデイングのために都合1ヶ月近く滞在していました、今思うと随分ゴージャスなことができた時代だったのだと思います。

で、毎晩夕食はこのベアーズヴィルスタジオの近くのベアーカフェというこれ又 いかにもありそうで笑える名前のCafeで食べていました。 当時のベアーズヴィルというところはここに移り住み始めた有名ミュージッシャンも多く また その他のアート関係、リッチな業界人なども多く住んでいて一種Hip でHotな地区になり始めていた場所だったのです。 

で、そこで毎晩夕食を食べるとき周りには月の輪熊のようなThe Bandのメンバーだの Butterfield Betterdaysのメンバーだったりそれまでどこかで写真を見たことのあるようなミュージッシャンたちがわんさかわんさいたわけです。 なんとかマルダー夫婦とかギターのなんでしたっけ、、エイモス・ギャレットか、とか、スタッフのドラマーもいました。 

そんなベアーズカフェ、まあ、結構快適に我々も溶け込んでリラックスした時間を過ごしていました、少なくともあの時までは、、

12月の初めです、いつもは愛想の良い店のマネージャーが我々一同を捕まえてこう言います。

” 君たち、明日はここに来ないでくれ!”

一瞬 僕たちは ”What???”
意味分かんなーい、、と現代の子どもたちだったら言うのでしょうか(笑)
実際は笑えません。
彼はこう続けました、

”明日12月7日は真珠湾攻撃の日だから You達日本人はここに来ないでくれ!”

僕は自分の耳を疑いました。 この1975年が初めの渡米でしたが ここまでなんの問題もなくフレンドリーなアメリカ人と仲良くやっていたつもりでした。
この時点で戦後30年経っていて僕の中では遠い遠い過去の出来事、そういうことはあったけど、もう誰もそんな事言う人いないでしょう? と思っていました。 
なんだよ、The Band カッコ悪いじゃん、アーテイスト? お前らなんだよ?って心の中で思いました。 まあ、彼らがそういったのでは無いのかもしれませんが、、

この時すーっと体中から血の気が引いていったことを鮮明に覚えています。 この出来事が自分にとってのそれまでの認識とアメリカでの実際とのギャップを経験していく最初の出来事だったわけです。

次はその後1976年のUS Tourでのことです。 LAでリカーショップにメンバー3人といた時のことです、入ってきた柄の悪い白人達に囲まれ、臭いインディアンがいるなとほぼリンチされそうになって 店のオーナーがショットガンをだして止めてくれました、お前たち早く裏口から逃げろ!とBack Doorから逃してくれて事なきを得たというとんでもない経験もあります。

そしてもっとも凄いのが911の事件のときのことです。 これは今回の真珠湾の件にも近いすざましくも驚いた話です。
Part 3に続く、、、

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日は渡米25周年記念日 その1

2022年03月18日 | ロスアンジェルスから
ちょうど25年前の今日、1997年3月17日セントパトリックスデイにアメリカに移住しました。 あっという間といえばそうだし、それでもいろいろなことがあったな、体験したな、といえばそうだし、の25年でした。
写真はこっちに来てすぐ走ったRoute66です。
まあ、年齢を重ねると時間の流れがとっても早くなりますね。 やはりアインシュタインは正しかったんですね。

2020年に始まったCovid-19という未知のVirusとの人類の戦い、今年になってロシアがウクライナに攻め入って本格的な戦争に発展、世界中がとんでもないことになっていっています。 自分の人生の中で体験する大きな世界情勢の変化です。

個人的な意見として長年 そうじゃない人にとっては極端なタカ派保守とも取れるようなことをここでも書いてきましたが、今回のロシアVSウクライナの戦いを見ていて自分の中に大きな変化が出てきました。

以前の自分だったら、そら見たか?だから言っただろう? 一日も早く防衛力を強化して強い軍備を持とうと、そして事と次第によっては核武装も必要かもしれないぞ? 憲法は即効新しいものでも作ったほうが良い。
などと以前は思っていました。 ところが今回のことでなんかが自分の中で変わっていくのを感じています。

新たな思いは、、、、どうも人間は本当に好戦的でバカな生き物なのかもしれないぞ? 長い長い人類の歴史の中で洋の東西と人種を問わずずっと戦い続けてきたように思えてきた。そうだ、もしかして人間は平和なんて望んでいないのかもしれないぞ?

もちろん 悲惨な目にあっている市民、罪の無い子どもたちが苦しんでいる姿を見て同情したり そうしている相手に憎しみすら持ってしまう感情も人間の姿でもあります。 でも 実に単純にTVやネットや他人の言うことを信じてしまう一般庶民(自分も入るのですが) ここぞとばかり感情の高ぶりを発露して正義の鉄拳を振り上げる人たち、だって正しいことをしているのだからね、という状態に今なってきているように思えます。

戦争になると人々は生き生きとすると昔から言われています。 ハイになるんですね。 勇ましくなる、戦いですからね。 でも 人間はだから馬鹿なのかもしれませんね。 学ばない、変わらない、何千年も、それでいて大義名分、主義主張、守る家族がいるんだよ、国が無くなっちゃうんだよ?と戦いに行く。

なんか違うんじゃないかと思い始めています。 誤解を恐れず書くなら子供や一般市民はもちろん両国の兵士たちの命、これらすべての尊い命を一人でもよいから失わない方法があるとすれば それはウクライナによる即効の無条件降伏だと思うわけです。 アンコンディショナル サレンダー といいますが、、、

これを少しでも良い条件、コンディショナルサレンダーに持ち込みたくて、そう自分を納得させて、ゼロ戦の露と消えたのが学徒出陣の特攻兵だったという話もあります。 2600年の日本民族の存亡をかけて尊い自分の命を捧げた若者たちの気持ちだったと(なんとアメリカでは)説明されています。

結果は我々の知っている歴史が語ります。 一晩にして10万人の市民が焼け死んだ3月10日の東京大空襲、沖縄での民間人を含んだ地上戦。とどめは2発の非人道的な核爆弾の投下! それでも降伏はしないぞと、まだ本土には無傷の疾風が300機あるじゃないか? 1億総火の玉、本土決戦だ! 竹槍を使うんだ! と、、、その状態を今のウクライナに重ねてしまいます。 まあ、ウクライナは世界中がバックアップ、日本帝国はロンリーバトルでしたけど。

大東亜戦争開戦時の文言が本気だとすると ミッドウエイで負けて その後 山本五十六がラバウルに散って国葬、、このあたりでコンディショナル サレンダーに持ち込めたのではと思います。 どれだけの命が救えたかは計り知れないですね。じゃあ、なぜあそこまで傷を深くしていったのか? 誰がそうしたのか?
日本人は戦後長い間このことに関しては思考停止しているようにも思えます。

ふとそういうことを考えたとき、じゃあ、今回のゼレンスキーの18歳以上の男は国外へ退去禁止、半ば強制的にも思える、市民よ立ち上がって戦おう、外国人も戦いに来てくれ、武器はある(ドイツのパンツアーファスト3、アメリカのスティンガー、提供されてありますね) 
これ1億総火の玉、本土決戦、なんにも変わらないです。 ウクライナの人たちの総意はロシア人を殺すことなんですかね? それとも平和に暮らすことなんですかね? 

現在の米英を中心としたプロパガンダの酷さは常軌を逸しているとおもいます。ほぼ 大本営発表と同じレベルです。  もちろんロシアも負けずに対抗しますが こういうメデイア戦は圧倒的に西側の勝ちです。 もう最初から旧共産国は独裁国ですべてが嘘で固めれているから全部ウソだ、とインプットされていますから。 もちろんどっちもどっちです。 ただ、その西側の一方的な集中砲火を我々日本人は浴びているわけです。

この件で僕は黙っていようとずっと思っていました。 こういうセンシティヴなことは誤解され安いですし、しかし 昨日のニュースでゼレンスキーがアメリカに向けて 911とパールハーバーを例に出してロシアをなじった演説があったと聞きました、今日すでに一部のメデイアではパールハーバーのところは消されて911だけになってました、恐ろしいスピードです、その事自体がメデイアの公平性を疑うに値する歴然とした事実と思いました。

オイオイオイ、、ちょっと待てよ!
冗談じゃない、何が真珠湾だ。 

Part 2 に続く、、、


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Youtubeに録音を少々アップしました♫

2022年02月23日 | ギター&音楽 
ここ最近のライブの録音をラフですが編集して音の良さそうなものをアップしました。  権利関係などなどそのまま全ライブをアップはできませんが 短めで、さわりというか 英語で言うところの Test the water,,という感じです。

ライブならではの音圧、とか自由さ、お客さんと一緒に楽しんでいるFeelingなどなど、そういう雰囲気を感じてもらえたらと思いました。
チャンネル登録や励ましのコメントなどのハッピーなリスポンスはスーパーWelcomeでI'll be so happyです。

これがアドレスです。
There you go,,,
https://www.youtube.com/user/eliotnescafe




コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする