小説:軽井沢ヴィラ・ヘメロカリス

◇軽井沢のホテルを舞台にした ラブ・ミステリー:
愛と謎は深まるばかり。その果てにあなたがみるものは。。

幸せへの招待状:朝比奈颯季

★スライドショーで 紹介します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第1章 プロローグ

2018年09月01日 15時27分15秒 | 小説

 こんにちは。最近、感動した作品に出会えましたか?

 結構、読んでるけど、面白い作品に巡り合えないな。
 同じ作者だとマンネリ化して、新鮮味がなくなってきてるのよね。
 買ったけど読まずにおいてる本があるんだよね。
 電子書籍は、アプリがいっぱいあって、よく分からないんだよね。

 そんな、あなたの 不満を解決します。 

 心揺さぶられるラブ・ストーリー、
 ハラハラ・ドキドキするミステリー、
 そして、感動のフィナーレ へ

 明日を生きる 元気、勇気、幸せを
 必ずや あなたの心へ お届けします。   

 さらに、オンライン購読なら、すごく お得。
 アプリなしで、PCやスマホで、すぐに 楽しめます。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

第1章 プロローグ

 茜色に染まった空と海。
 その境界に、美しい独立峰が聳(そび)えていた。
 稜線は、左右均等になだらかに広がり、海上に浮ぶ巨大な影絵のようだった 。
 血のように赤く染まった笠雲が、山頂付近に掛かっていた。

「何もかも捨てて、駆け落ちしてしまえ」と茜色に染まった潮騒が、愛子(あいこ)をそそのかした。
 愛子は、高ぶった気持ちのまま、連れ添って歩いていた恋人と情熱的なキスを交わした。
           
 不意に背後から、カメラのシャッター音が聞こえてきた。
 背後に目をやると、砂丘の手前で、男が三脚を構えてシャッターを切っていた。
 愛子は、勝手に被写体にされていたことへの非難を込めて、きつく睨(にら)み付けた。
 すると、男がファインダーから顔を上げて、にこやかな笑みを浮かべて会釈した。
 人の良さそうな初老の紳士だった。

 愛子は、閃いた。彼が今、撮った写真を送って貰おう。
 今日は七夕だが、笹に短冊を結ぶ機会もないだろうから、七夕の思い出として、一片(ひとひら)のポートレートが欲しい。
 愛子は、恋人の腕から離れて、三脚の後ろで微笑む男に、歩み寄って行った。
「今、私たちを撮りましたよね?」
「えぇ、黙って撮ってすいません。でも、私が撮りたかったのは夕焼けの風景でして、別にあなたを狙って撮った訳じゃないんです」 
 初老の紳士は、バツが悪そうに弁明した。
「咎(とが)めている訳じゃないんです。出来れば、あなたが撮った写真を記念に送って頂けないでしょうか?」
「私の撮った物でよければ送りますよ。ただ、逆光になっていたので、シルエットになって顔はよく分からないと思いますよ」
「それでも良いんです。旅の記念に写真を撮りたかったんですけど、持ってきたカメラが壊れちゃって…」と愛子は嘘を付いた。
「分かりました」
「ありがとうございます」
 愛子は、紳士に郵送先を教えてから郵送代を手渡した。

 その後、渚で佇む恋人のもとへ戻った。
 そして、砂浜に、二筋の足跡を残しながら、ゆっくりと歩いた。
 やがて、夕陽は海に沈み、大地は夜の帳に閉ざされていった。


 愛子は、海辺のペンションのベランダで、恋人と共に夜空を見上げていた。
 天の川には、織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)が煌々(こうこう)と輝いていた。
 窓辺で口付けを交わし、そのままベッドへ移り、熱く、甘く、互いの体を求め合った。

参考写真 : 織姫と彦星 (Astro Arts website より)


 愛子は、夜中にふと目が覚めた。
 恋人は、横で静かに寝息を立てていた。
 起き上がって、窓を開けると、潮騒が心地よく耳に響いた。
 まるで、天の川の渚にいるような気分だった。
 明日になれば、恋人と別れて軽井沢へ戻らなければならない。
 愛子は、織姫になったような気分で、星空を見上げて、「二人に永遠の愛を下さい」と祈った。

 第1章 終了

 

軽井沢ヴィラ・ヘメロカリス を選んでいただき ありがとうございます。

 とても うれしいです。 

 必ずや あなたの心へ

 明日を生きる 元気、勇気、幸せを お届けいたします 


 失礼ですが、もし仮に購読いただく場合、以下の2つの方法がございます。

 ・ オンライン ( インターネット上で読む )

 ・ 単行本   

 読者さまは、どちらかというと、

 どっちの方がいいなあ~と思われますでしょうか?

 もう少し無料で読みたい方は、

 ・ 無料でダウンロード(PDF) をどうぞ。

 


コメント

目次 : 第1章~第10章

第1章 プロローグ / : 第2章 軽井沢の夜明け / : 第3章 社内抗争 / : 第4章 セックスレス / : 第5章 会長の憂鬱 / : 第6章 フォトコンテストでの出会い / : 第7章 ペガサスとフェアリー / : 第8章 愛子の不安 / : 第9章 密会 / : 第10章 石尊山と追分宿 / : ※)※) これらの作品は、フィクションです。実在の個人、団体、企業、人物、また、実際の事件や事故とは一切関係がありません。