それでもいつかどこかの街で

ぼちぼちと、山のこと、テンカラ釣り、スキー、マラソンのことなど色々書いていきます。「ココログ」から引っ越しました。

五色ヶ原2022/09/26〜27貰い物の写真編

2022-11-23 07:40:35 | 山登り
五色ヶ原への山旅、皆で共有した写真からです。時系列は合っていません。

































五色ヶ原2022/09/26~27

2022-11-21 16:25:49 | 山登り

9月26日(月)から、毎秋に何処かに登っている仲間と、五色ヶ原へ行ってきた。始発の立山ケーブルに乗り、室堂へ。

一の越から見た龍王岳。
今回のメンバーと、浄土山ピークにて。この後、関ちゃんは体調不良で下山。コロナではなかったようだ。

秋晴れ、気持ちいいね。
例年だと紅葉が見ごろの時期だが、今年は遅れ気味だった。

黒部湖。

乾いた岩がかっこいい。

せきちゃんが帰ったので、女子5人男子はおれだけになった。

ザラ峠を越えて、木道に出た。

秋の雲。

五色ヶ原山荘はすぐそこ。

ここへは、7月下旬にガイドで来て以来、2か月ぶり。

さぁ!宴会突入。アジとイワシのみりん干し。

テント泊の登山者も巻き込んで。

美味しい夕食。エビフライを食べられない仲間のも貰い、4尾食べておなかいっぱい。

夕方の情景。

明けて27日は、雲が多め。

朝焼け。

食堂の窓から。

帰りは、来た道を戻る。雷鳥発見。

背後に、お世話になった五色ヶ原山荘。

鳶山の崩れが迫力あっていいね。

岩。

浄土山に戻ってきた。

天気はなんとか持ちました。

雷鳥沢の紅葉は、前日通った時には全然なかったのに、この日は少し始まっていた。あっという間だ。こうして、今年も楽しい山旅は終了。ありがとうございました。来年はいずこへ?
1日目・8:45室堂 10:00一の越 10:30浄土山 11:00/11:10龍王岳 11:55/12:15鬼岳東面 13:05/13:10獅子岳 14:20ザラ峠 15:00五色ヶ原山荘
2日目・6:40山荘 7:15/7:25ザラ峠 8:45/9:05獅子岳 9:55鬼岳東面 10:40/11:00浄土山 11:25一の越 12:05室堂


富山マラソン2022

2022-11-07 08:16:04 | マラソン


久しぶりの投稿になります。山には登っていたし、ガイドもしていたし、渓流釣りもしていました。
「ロッジわがや」及び「かど屋」を営んで、登山ガイドももっと頻繁にしていた時は、ブログやHPがお客さんを呼び込む重要なツールであったし、会話の糸口でもありました。今はそういう必要性はなくなり、書かないでいるのは気楽でした。でも、今でも気にかけてくださる方々がおられることに気づき、たまには更新していこうと思っています。

さて、昨日11月6日(日)は、快晴の下、富山マラソンが行われた。
私は、2015年以来、7年ぶりにサブ4を達成した。

還暦を過ぎてのサブ4は、嬉しいものだ。さらに早いタイムを目指すつもりはないので、満足している。黄色いウェアが私。26キロ付近。

勝因を述べてみると・・・。トレーニング、頑張った。7月・63キロ、8月・64キロ、9月・113キロ、10月・184キロ走った。また、30キロ走を7週間前と3週間前の2回行なった。一緒に走ってくれた仲間がいたからがんばれた。
1週間前から、頻尿を抑える漢方薬を飲み始めた。レース中のトイレは、相当のロスタイムになるので。同じく頻尿対策で、3日前から利尿作用のある珈琲、アルコール、お茶を飲まなかった。当日は、号砲30秒前にトイレで小用を済ませた。
前日から、モルテンという結構な値段のするカロリー食品を摂取した。おかげで、エイドで食べ物はほとんど要らなかった。
高岡、新湊という二つの地元で、家族や近所の方々の応援があった。プラス、沿道の皆さんの応援。運営スタッフ、ボランティアの皆さんにも感謝。


また、天候にも恵まれた。立山連峰がくっきりと見える、絶好のマラソン日和。私には、寒くも暑くもなく、ちょうどよかった。

最後には少しペースが落ちたが、大崩れすることなく、走りきることができた。
夕方5時からは、ランニング仲間と打ち上げ!これも楽しみだった。楽しく飲んでラン談義をして、夜は更けていった。
今朝は、階段を下りるのが辛かった。これからもやわやわと走っていこう。

沢上谷(貰った写真編)2022/07/24

2022-08-15 08:47:46 | 山登り

山の記録を記事にしようとする際に、仲間から画像を貰い、時間的な前後関係を正確にしようとしているうちに、時間が経ってしまう。なので、自分が撮ったのと分けて記事にすることにした。

この中も、3人から送られてきたものを載せているが、時間の前後はあるかもしれない。
こちらは、仲間がドローンも駆使して作ってくれた動画。



岩洞の滝。

ん、これはその前の五郎七郎滝か。

蓑谷大滝。

出ないと分かっていても、竿を振る私。

記念撮影。

ここで遊んだのが、楽しかった。





瞑想タイム。

気持ち良かった!

残置ロープは少し擦れていた。。

タマゴダケ。

下山して、クルマで移動して、遅めの昼食。

ご馳走様でした!癒しの沢旅、また行きましょう。

沢上谷2022/07/24

2022-08-12 19:48:08 | 山登り

5回目の沢上谷(そうれたに)。毎回楽しい。

1回目、2005年ごろ、2人で。2回目、2010年ごろ新聞記者の取材のガイドで4人で。3回目、2019年に2人で。4回目、赤木沢遡行の練習で4人で。そして今回は4人で。その全てが、男女同数。やはり「デート沢」の代表は、そうでなくては。

五郎七郎滝。
7
ドローンを飛ばすNくん。

わざと濡れるのも楽しい。

がんば!

岩洞滝。

滝の裏側へ!

瞑想タイム。

いいね。



ナメを過ぎると・・・。

蓑谷大滝。

高巻いて、ナメの連続帯。

ここでは遊ぶ。

楽しいね。

またもや瞑想タイム。

残置ロープを信じて。

さらにナメは続く。

今回は全員ハイパーV。
仲間が、You Tubeに動画をアップしてくれました。

笑って感動しての沢旅でした。ありがとうございました。