ニュウネットライフ!

ネットライフでエンジョイライフ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

身丈にあった生活が良いのかな?

2011-05-20 14:07:50 | 日記

直径3メーターは、ゆうにある古典的な水車



水車に注ぐ水




水車と水車小屋。実用性は無く、あまりにも小さな建屋




公園として整備された湿地帯



今は、藤も終わり、ビンボウグサ(ヒメジョオン)が、わが世の春と咲く、
かつての整備されていた公園


先の記事で、規模も小さく見栄えのしない鉄製の水車を
取り上げてみましたが、今回は、公園の遊歩道に置かれた、
非実用の水車小屋を見てきました。

環境整備や、土木工事の先生として作られた公園の、
つわものどもが夢の後として、ビンボウグサを初めとした、
雑草で覆われた水生公園の今の姿を見てしまいました。

手の加えられない水生公園は、自然に回帰して、
あるがままで、これまた風情があります。

私も、屋敷と馬場の畑を、公園形式にして、
見て楽しむ畑にしていますが、
管理は、並大抵の事では済まされません。

311東日本大震災の後に考えさせられるのは、
建屋なども、あまり豪儀にするのも、
賢い事ではないような気になってきました。

何事も、ほどほどが良いのではないかと思うようになりました。
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
« 田んぼに揚水する実用水車! | トップ | ロングベスト(レディース・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事