ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

旧中川に沿って 5km

2009-05-26 10:13:03 | Weblog
(写真は旧中川の上の都営新宿線・東大島駅)

仕事帰りに、旧中川に沿って
川上へ歩きました。

旧中川は江戸川区の平井で荒川から別れて、
大きく半円形を描いて蛇行しながら南へ流れ、
江戸川区の小松川で再び荒川へ合流します。

私はこちら方面の地理に詳しくないので、
区の境となる川を書き出してみました。

台東区→(隅田川)→隅田区→(旧中川)
→江戸川区(荒川・中川)(新中川)(江戸川)
→千葉県

旧中川は、昔は中川の一部でしたが、荒川放水路
(現荒川)の開削で分断されて、旧中川と呼ばれる
ようになったそうです。


・東大島駅
 写真は旧中川の上にある地下鉄都営新宿線
 の東大島駅です。
 写真の様に、改札口が旧中川の両岸にあるため、
 改札口を間違えると大変!
 改札口を出たら、旧中川に架かる近くの橋を
 探して渡り、反対側の改札口にたどり着くのに
 一苦労します!

・大島小松川公園
 東大島駅の前には大きな団地群があり、
 その横に広がる広々とした公園です。
 しかし樹木がないので夏は暑そう! 
 この公園を歩いて横切るともう荒川です。

・東大島~平井
 旧中川の広々とした快適な遊歩道に
 沿って歩きます。
 でも、残念ながら途中で遊歩道が
 途切れたりして、快適な遊歩道がずっと
 続く訳ではありません。

・墨田清掃工場
 旧中川が大きく半円形を描いて蛇行している
 辺りに異様に煙突の高い工場がありました。
 近づいてみると墨田清掃工場とあります。
 23区在住または在勤者は自由に見学できるので、
 見学して、ごみ問題について考えてみましょう
 とあります。
 なるほど!
コメント (2)

北十間川に沿って 3km

2009-05-19 21:23:44 | Weblog
(写真左は東武鉄道本社、右奥が建設中の新東京タワー)

仕事帰りに、北十間川に沿って、
逆に川上へ向かって歩きました。
北十間川は江戸時代に開削された運河で、
亀戸で旧中川から分流し、東から西へ
ほぼ真っ直ぐ流れて吾妻橋の辺りで
隅田川に注ぎます。
(隅田川)→向島→業平(なりひら)→押上
 →亀戸→(旧中川)

川幅は10間(約18m)で、本所の北を流れることから
”北”十間川と名付けられたそうです。
なるほどネ!
江戸時代の下町の中心は本所だった、
という訳ですね!

2007.9.7.に、北十間川沿いに歩きましたが、
川沿いの道は汚いし、川も汚いし、
散歩していて気分が悪くなる様な感じなので、
ブログには載せませんでした。
しかしこの汚い北十間川に沿って歩こう、
という気になる出来事が起きました!
そう!  北十間川沿いに新東京タワーが出来る
ことになったのです!
場所は北十間川に架かる東武橋と京成橋の間です。

・新東京タワー
 正式名称は、”東京スカイツリー”みたいで、
 2012年開業とあります。
 高さ610mという世界一の電波塔になる予定で、
 展望台が新名所になることは確実です。
 東京スカイツリーが完成すると、東京タワーは
 取り壊されるという噂がありますが本当でしょうか?

・東武橋
 名前は東武電鉄の本社があることから
 付けられたそうです。
 業平橋の駅のすぐ近くに東武鉄道の本社があり、
 ここから京成橋にかけて、北十間川の北側に
 新東京タワーを中心にした新しい街が
 出来るらしいです。
 東武鉄道本社に新東京タワーの完成予想図が
 掲示されていました。
 写真左の古い東武鉄道本社ビルも取り壊され、
 この辺りの風景は、間もなくがらりと
 変わるのでしょうね。

・京成橋
 名前は京成電鉄の本社があることから
 付けられたそうです。
 京成電鉄のこの町の駅名は押上駅です。
 押上は、江戸川区の中心・交通の要所で、
 もともとは京成線の始発駅であり、
 また東武電鉄の本社もあるので、
 押上駅前の浅草通りの商店街も、
 昔は非常に賑わっていたらしいのですが、
 歩いてみると、何の変哲もない寂れた感じの街で、
 商店街や飲食店もあまりなく、
 ほとんど活気がありません。
 渋谷が賑わう東急などに比べると、やはり
 京成は貧乏なのでしょうかね?

・押上~亀戸
 川沿いの道は、所々、狭いながらも、
 遊歩道が整備されつつありますが、
 相変わらず川も汚いし、快適な散歩道
 という訳にはいきません。
コメント (4)

日光街道を歩く(2/2) 11km

2009-05-15 00:23:48 | Weblog
(写真は千住大橋の松尾芭蕉の旅立ちの碑)

今週は、仕事帰りに、4/3に歩いた日光街道の
続きを千住大橋から歩きました。

日光街道は江戸時代の五街道の一つで、
徳川将軍の日光東照宮への参詣のために造られ、
日本橋を起点として日光市へと至る街道です。

千住大橋→千住新橋→北千住→竹の塚→草加

・千住大橋
 日光街道(国道4号)が隅田川を渡る橋です。
 前回書いた様に、驚くほど隅田川の川幅が
 狭い処に千住大橋が架かっています。
 この辺りの川幅が一番狭いので、
 江戸時代の架橋工事が容易だったらしいです。

 千住大橋は、写真の通り、松尾芭蕉の
 「奥の細道」旅立ちの地として有名です。

 ”行く春や 鳥 啼き(なき) 
  魚の目は泪(なみだ)”

・芭蕉像
 千住大橋を渡って100メートル位先で
 日光街道から旧道が右に分岐していますが、
 その分岐点に、芭蕉が矢立を取り出して
 俳句を書き付けているポーズの石像がありました。
 写真を撮っていると、自転車のおじさんが、
 俳句に興味あるの?
 いつも不思議に思うのだけど
 芭蕉はどうやって食ってたの?
 と色々話かけてきました。
 下町の人達は皆さん、実に気さくで楽しいです。

・千住新橋
 千住大橋を渡ってしばらく歩くと、
 右手は北千住の繁華街です。
 更にしばらく歩くと、
 あれ?
 千住大橋はもう渡ったのに!
 また?
 今度は、千住新橋という非常に長い
 巨大な橋を渡ります。

 千住”大橋”と千住”新橋”と、
 何がどう違うんだっけ?
 う~ん?
 どうも、俺は、こちら方面の地理に弱いな~?
 そこで、地図を見てみると、そうか!
 ここ荒川区では、未だ隅田川と荒川が、
 並行して、ほぼ西から東へ流れてるんですね!
 という訳で、広大な川幅の荒川を
 歩いて渡ります。 
 さすがに幹線道路です、3車線の道路が続きます。

・竹の塚~西保儀間
 2車線の道路が続きますが、4号線は西保儀間の
 三叉路から草加バイパスとなるので、
 右手の日光街道(49号線)を歩きます。

・谷塚~草加
 1車線の普通の道路になりますが、歩道は車道と
 同じ位の広さがあり、非常に歩きやすいです。
 一戸建ての人家は密集しており途切れることなく
 続きますが、人通はほとんどありません。
 お店もほとんどありませんが、草加せんべいの
 お店が点在しているところが面白いです。

 やっと東武伊勢崎線・草加駅に着きました。
 駅前に銅像が建っているので見に行くと、
 何と!
 せんべいを焼いている女性の銅像です!
コメント (4)

神楽坂散歩

2009-05-08 21:42:54 | Weblog
(写真は黒板塀と石畳が印象的な神楽坂の露地)

今日は、急に雨が降ったり
止んだりの変な天気でしたが、
お気に入りの神楽坂を散歩しました。

神楽坂は、江戸時代からの町並みが、ほぼ
そそまま残っているということで、東京では、
数少ない日本情緒たっぷりの場所です。

花柳界の名残りの料亭もあり、
露地を歩いていると、時間帯によっては
若い芸者さんとすれ違うこともありますよ。

でも日本料理店や割烹だけが並んでいるか
というとそうでもなくて、フランス料理店、
ワインバー、多国籍料理と、実に様々、
雑多ですが、共通しているのは、
小さいながらも洗練された店構えです。

・毘沙門天(びしゃもんてん)
 神楽坂の中心は毘沙門天です。
 神楽坂は、江戸時代から毘沙門天を
 中心に栄えた町だそうです。
 正式には、善国寺(ぜんこくじ)ですが、
 毘沙門天の方が有名です。

・かくれんぼ横丁
 写真の様に入り組んだ石畳の路地、
 小さな飲食店、料亭が並ぶ、私の最も
 お気に入りの独特の情緒ある小道です。

焼肉の翔山亭
 この焼肉屋は、私のお気に入りの黒板塀の
 路地奥のビル3~4階にあり、
 生でも食べられる様な柔らかくて厚くて
 新鮮な肉が売り物です。
コメント (2)

フィラデルフィアのイースター

2009-05-01 23:37:13 | Weblog
(写真は農園のイースターの芝居)


今週は、色々と行事があってウォーキングを
サボってしまったので、もう1回分だけ、
アメリカ旅行のネタ?で引っ張ります。

アメリカ旅行中に田舎のイースターを
見物に行きました。

フィラフィラデルフィア郊外のリンビラ
という農園で、一人8ドル払ってトラクターに
乗り込み、農園を一周する途中で
イースターの”バニーランド”に立ち寄る、
という趣向です。

”ヘイ・ライド”といって、トラクターの
荷台に麦わらが敷き詰めてあり、
お客はその麦わらの上に寝転んで
農園を一周しながら見物します。
多分、お客は農園の近くの住民のみです。

・Xマスツリーの畑
 農園の中にXマス・ツリーの畑?があります。
 Xマスの前に近所の人達が、ノコギリを持って
 買いに来るそうです。
 気に入った木を自分で切って持ち帰る
 のだそうです!
 なるほど!

・果物畑
 イチゴ、なし、桃、ぶどう等の果物畑が
 延々と続きます。
 この畑の果物は、収穫の時期には、
 全て無料、食べ放題だそうです!
 さすがアメリカ!
 いちごが食べ放題!無料!、なんて
 日本では考えられません!
 聞いてみると、園内では食べ放題でも、
 売店で持ち帰りの果物を買って貰えるのを
 農園側では期待しているらしいです・・・

・イースターの舞台
 トラクターが仮設の舞台の前で止まり、
 写真のおばさんが舞台にあがり、
 ”臭い”イースターの芝居が始まりました。
 子供達に大受けで盛り上がっていますが、
 こちらは、写真のおばさんの英語の
 ジョークが全然理解できません!
 情けない・・・

・イースターのパン
 農園の売店でパンを買おうとおもったら、
 全てのパンの真ん中あたりに、
 カラフルな卵が埋め込まれています!!
 イースター用のパンなのでしょうが、
 何だか気持ちが悪くて買うのを
 止めてしまいました。
コメント (4)