☆ボーダーコリー★レオンのしっぽ☆

愛知に住む超ハイパーな爆裂系ボーダーコリー☆レオン♪
お笑い街道まっしぐら!?

☆あれからと、これから☆

2020-07-02 18:30:00 | ★レオンとの思い出

▼皆様へ
レオンのしっぽを愛してくださった皆様へ
日本だけでなく世界的にも大変な状況ですが、皆様の安心と安全を祈っております。

これからは、とびっきり可愛いシニア期のレオンをお届けします!
・・・なんて息巻いておきながら、中々ブログに向き合えずすみません。

2月20日にレオンが旅立ち、あっという間なのか、長いのか
よく分からない不思議な感覚で日々を過ごしています。

キミは元気でやっているのでしょうか?



お風呂あがりに、となりの部屋を無意識に覗いてしまったり
(いつもお風呂の間はその部屋でレオンが私を待っていたので)
誰もいない部屋に向かって、「お待たせ、行くよー」なんて言っちゃったりとか。

階段下においてある荷物にハッと反応してしまったり
自分自身の無意識な行動から、レオンの存在の大きさを改めて気付かされ。


帰宅時、この姿が見えないのは、まだ慣れません。

掃除しても掃除しても出てくるレオンの毛を愛おしく思ったり。(笑)
レオンのことを良く知っている幼馴染に(レオンと一緒に旅行したことも。)
「どうしよう、レオンの毛がなくなるのが嫌で、部屋とか車とか掃除できないよー」と相談したら
「心配しなくても、どんなに必死こいて掃除したって
あの毛は一生なくならないから大丈夫だわ」、と窘められたりとか。

彼女、東京に住んでいるのですが なぜか東京の部屋からも
レオンの毛が度々出てくるらしいです。そりゃ申し訳ない。



特に信頼と絆が深まったシニア期は もう愛おしくて愛おしくてたまらない時間でした。
きっとこの時間を過ごすために、今まで共に暮らしていたんだなぁ、と思うほどに。
もちろん、パピーの時期は大変ながら可愛かったし、大人になってディスクであちこち遠征していた時期も楽しかったのですが
それでもやはり、シニア期は特別でした。もうたまんないっ!って感じ。
きっとシニアボーダーと暮らしている方々は分かってくださるはず・・・

どんなに失った悲しみが深く、もう二度とこんな思いをしたくない、犬なんて飼えない、と思っても
あの時間こそが、次の一歩を踏み出させるというか、背中を押してくれるんだな、と思います。



時が経つにつれ、どんどんレオンとの想い出は色濃くなっており
どうしても辛くて、悲しくて、寂しくて、どうにかなってしまいそうだったのですが
段々と、可愛かったなぁ、とか お利口さんだったなぁ、とか
甘えんぼおじさんだったなぁ、としんみり思い返せることが多くなりました。



やっぱり、寂しくてまだまだ泣いちゃうんですけれども。
それも、ポロリ、とかではなくて号泣なんですけれども。(笑)

ただ最近強く感じるのは、レオンという存在がパッと消えてしまったのではなくて
レオンが繋いでくれた大切な仲間や、レオンを通して知り合えた方々との絆として
これから先もしっかりとした形で、ずっとずっと残っていくんだろうだなぁ、と思っています。



特に、私が死ぬんじゃなかろうかと(割とまじで)、頻繁に連絡を取り続けてくれた方々には本当に感謝しております(笑)
きっと私たち家族だけでは、乗り越えられなかったんじゃないかな、と。



私もレオンから学んだことや、レオンからもらったかけがえのないものを
これからも繋いでいきたいなぁ、なんて思っている今日この頃です。



そしてこの可愛さも後世に残していかねば!!!( ・`ω・´)キリッ



▽ランキング参加中、応援よろしくおねがいします♪


ついでにもう1押し!

*Twitter*

Comment

☆レオンのしっぽを愛してくださった皆様へ☆

2020-03-04 23:59:59 | ★Profile

レオンのしっぽを愛してくださった皆様へ

私の愛する、大切な大切な大切なレオンが
2020年2月20日 20時55分 家族全員に囲まれて、まるで眠るように穏やかに息を引き取りました。
14年と1ヶ月 私の青春のすべてを共に過ごした大切な家族です。



息を引き取る前日までお散歩もして
まるで「じゃあ、そろそろ行くね」とでも言うように旅立ったレオン。

一度は入院をさせましたが、その日の夕方、お見舞いのつもりで病院に行ったとき
レオンは全身で「家に帰りたい」と伝えてくれました。意識のない中、私の声と匂いに反応して。

正直、まだこのまま入院させておきたい気持ちが残っていた私が
一言だけ「レオン、おうち帰る?」と聞いたら
今まで意識のなかったレオンが小さく3回鳴いて、立ちあがろうとしました。
そこまでレオンが教えてくれて、私は はじめて「看取り」という選択肢をとることが出来たのです。

それはまるで全てがレオンのシナリオ通りかのようで。

レオンと一緒に家に帰り、30分も経たないころ レオンの隣でウトウトしかけていた私を鼻で触って起こして
「もうすぐお別れだよ。みんなを呼んでね」と教えてくれました。
最期まで私と見つめ合っていました。
最期の最期の瞬間まで 本当にお利口さんで、家族想いでした。

まるで残された私が 悔やんだり嘆いたりしないように
今できる精一杯を、全て私にさせてくれたようでした。

このブログも、初七日が過ぎた頃に消そうとして見に来たら
レオンとの思い出がたくさんあって。消すどころか、またこうやって記事を書いているのです。
一番の心残りは、レオンの一生でおそらく一番可愛くて素晴らしい時期であったシニア期を
ずっと一緒に過ごしていたにも関わらず
こうして文章にし、残していなかったことです。

シニアになってからは特に、犬と暮らす素晴らしさを
その一生を通して私たち家族に伝え、実感させてくれました。

生涯付き合っていくであろう素晴らしい仲間たちに出会わせてくれました。
そして文句のつけようのない看取りと、お別れをさせてくれました。
亡くなってからも数々の奇跡を起こしてくれました。



レオン、なんでそんなにかっこいいの?
最後の最後に、今までで一番イケメンって。ずるいね

私たちにぽっかり開いた穴は、元に戻りそうにないけれど
私の心は千切れてなくなりそうで、どうにかなってしまうんじゃないかと思っていたけれど
レオンが繋いでくれた大切な仲間たちから届いた沢山のお花に日々癒されています。



レオンって、人気者なんです。
こんなに愛されていたんだなって お花を見るたびに、嬉しくなるんです。

そして、やっぱり寂しいです。



シニア期のレオンと過ごしたかけがえのない素晴らしい日々と、大切な思い出を
またこうして少しずつ書いていけたらいいなと思っています。
シニアになったレオンも、本当に可愛すぎて きっとみなさん悶絶しちゃうんだから。

レオン、愛してるよ。




▽ランキング参加中


ついでにもう1押し!

*Twitter*

Comments (12)

☆2018年も元気だよ☆

2018-05-29 21:18:38 | ★お知らせ


お久しぶり過ぎてごめんなさい
オレ、元気ですよー



1月に12歳になりました。
すこーし耳が遠くなって都合の悪いことはガン無視するし
目も白くなって、お散歩もゆっくりですが
よくゴニョゴニョ喋る、わがままおじいさんです。
どんどん甘えん坊のビビりん坊の威張りん坊になって
ますます可愛さ濃縮還元で困っている次第です。

まだまだ沢山の方々が今でもこのブログを覗きに来て下さってることを何度も耳にして、
本当に申し訳なく思っています。(元気なので余計)

アジソン病も悪化せずに上手く付き合えていますよ!



わたしはなんと28歳になりましたのです(°_°)
それが皆さんの一番の驚きだったりして!笑



ぽちとな



ついでにもう1押し!

*Twitter*

Comments (9)

☆元気だよ☆

2016-09-26 11:20:00 | ★お知らせ


元気っす オレ



ぼちぼちやってます ワタシ



ぽちとな



ついでにもう1押し!

*Twitter*

Comments (5)

☆くつろぎおじさん☆

2015-01-08 01:30:27 | ★うちレオン
本日届いた写真には、くつろぎおじさんが



きっとストーブの近くで
庭を見張りつつもウトウトしてるんだろうなー。



…にしても、くつろぎすぎ。



ここをクリックでレオンが10ポイント貰えますm(_ _)m

▽読んだよクリック、ぽちとな



△ここをクリックでレオンのブログに10Pt頂いてます!いつもありがとうございますー(;_;)ウッ



*ブログランキングもういっちょ*

ついでにもう1押し!

*Twitter*

Comments (2)