レイクこどもクリニック院長のブログ

当院の最新情報や診療内容、小児医療のこと、子育てのこと等、楽しくUPしていきます!

ガチャガチャ祭り

2018-07-21 21:31:04 | クリニック情報
皆様こんばんは

毎日猛暑が続きますねー
熱中症にはくれぐれも注意しましょう

こんな暑い中でも今週も毎日平均70名以上の患者さんにご来院頂きました。

夏風邪以外にも、アトピー性皮膚炎を始め、とびひ、水痘等、皮フ疾患が多く御来院されています。スギ花粉症、ダニアレルギーの減感作療法もスタートし、かなりの数のお子さんが治療を受けられています。

減感作療法は開始1ヶ月は軽度の副作用が出るため、時間に余裕のある夏休みからスタートすることをオススメしてます。

今日から夏休みという訳で






ガチャガチャもパワーアップしてます⤴️
ビルドやプリキュアが待ってますよ

暑い夏を楽しく乗り切りましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今宵は清水塾でした。

2018-07-21 00:18:23 | ひとりごと
夜分遅くに投稿すいません!

今宵はいつも大変お世話になっております



清水産婦人科の清水先生にお誘い頂き、草津総合の藤城先生と一緒に男呑み

肉体改造中の清水先生!若々しい!

いつも本当に有難いアドバイス頂いております!



清水先生
肉体改造含め、今後ともご指導宜しくお願い申し上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は講義です。

2018-07-18 13:20:08 | 小児医療
皆様こんにちわ!

いやー暑いですね😵☀️💦
暑いといえば熱中症☀️
気をつけましょう!



今日は大津市医師会の看護学校で講義です。
白血病から骨髄移植までなかなか難しい内容ですが、少しでも興味を持ってもらうよう、頑張ります

さあ始まります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小児医療と自己犠牲

2018-07-11 04:03:52 | 小児医療
昨日は非常に残念な事がありました。

詳しくは書けませんが、地域の拠点病院はこども達の命を最優先に診療して欲しい。とだけ言っておきます。

当院は幸い大津市と草津の境界線に位置し、大津赤十字病院、大津市民病院、草津総合病院のバックアップを受けることが出来るので安心して診療できます。いつも大変お世話になっております。

今日のお題にも書きましたが、小児に医療に関わらず、医療の根本は「自己犠牲」だと思います。

時には患者に寄り添い、寝食を忘れ治療にあたる。そのような経験が成長に繋がって来たと、
自分の過去の経験からも自信を持って言えます。
現代のQOL重視の研修制度ではなかなか良い医師は育成できないでしょう。危機感を覚えます。

話は変わりますが、私も過去に赤十字系の病院で研修させて頂きましたが、患者を断らない「日赤精神」は本当に素晴らしい。地域の医師や患者に大きな安心を与えていると思います。

当院も日赤精神に習い、困っている患者さんに寄り添える小児医療を提供していきたいと思います。

夜間休日診療、病児保育等、やれる事は沢山あってやるべき事も沢山あります。
幸いうちのスタッフは「自己犠牲」が出来る人間が揃っているので、いつも安心して仕事を任せることが出来ます。

より良き小児医療の実現のため
これから我々が何が出来るか?何をすべきか?
「患者さんの声」を大切に日々考えていきます。
また明日からも宜しくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舌下免疫療法開始のお知らせ

2018-07-04 08:52:59 | クリニック情報
皆さま、おはようございます☂️

今日からまた梅雨空☂️☂️
明日は嵐ですね、、、
交通に支障が無ければ良いのですが、、

さて、以前からお伝えしていた
スギ、ダニの舌下免疫療法



7月からシダキュア、ミティキュア共に入荷し
いよいよ、当院の舌下免疫療法が始まりました。

既に、治療を希望される方は初回は院内で投与、
30分の経過観察が必要なことからお電話にて問い合わせて頂き、予約を取って下さい。

以下の様な方に特にオススメです。
①スギ花粉症、またダニアレルギーと診断されている。
②アレルギー検査で、スギ、ダニがクラス3以上である。
③検査、診断はされていないが、春先の花粉症症状がひどい
④一年中アレルギー性鼻炎に悩まされている。
⑤気管支喘息の方(重症を除く)

該当される方でまだアレルギー検査を受けていない方はまず血液検査にて診断する必要がありますのでクリニックにお問い合わせ下さい。



適応は小学生から成人まで幅広く対応しております。治療内容は1日1回、1分だけですが、期間は3年と長いので、計画的に治療を開始する必要があります。
例えば
①大津市の医療助成期間(小学6年生まで)で
治療を完遂すべく治療をスタートする。
②高校受験、大学受験に向けて中学、高校一年生
からスタートする。
このような感じでしょうか?
もちろん開始した次シーズンでもある程度、治療効果は期待でしきますので、中2や中3からでも
スタートすべきと思います。

詳細は


当院HPのトップページに
「トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ」
のバーナーを貼り付けてますので御覧下さい。

辛い、花粉症症状にサヨナラしましょう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加