ロスタイム・CAFE

コーヒー・ブレイクは優雅なロスタイム。
コーヒー・ロースターのマスターがつぶやくニヤリと笑えるロスタイムのひとりごと。

変人伝説~ I君編

2006年08月31日 | ノスタルジー
 先日、久しぶりにおさななじみが2人で遊びに来ました。
このI君とH君を含め、小学校からのおさななじみグループ6~7人は学校を卒業してからも何かあれば集まって、そりゃ~もう飲んでました。 
 そのうち、みんな結婚して奥様同伴で、総勢13~4人くらいになり、そのうち子供もいっしょになって、総勢20人以上で花見だ、忘年会だ、新年会だ、で集まっては飲んでました。

 皆さんご存知のように、僕はいたってノーマルな人間なんですが、友達はみんなよく言えば「個性的」、普通に言えば「変人」が多いんです。(誰ですか”類は友を呼ぶ”なんて言ってるのは)・・・とにかくこの『変人伝説』を小出しにしとけば、ブログネタには困らない気がします。

 今回のI君のネタは、(ネタといってもノンフィクションです。)ある切開手術を受けた時の話。 意を決して手術を受けることにしたI君は手術台の上、やっと麻酔が効きかけてきた時、急に手術室に日本に赴任中の中国のお医者さんが入ってきて、『コンナシュジュツ、チュウゴクデハセッカイナンテシナイオカシイヨ、コンナシュジュツと言いながら、怒り出したそうです。 I君は(俺はどうなるんだろう・・・)と思いながら、麻酔が効いてきて意識がなくなったそうです。・・・まあ、無事手術は成功したみたいですが

 I君は、小学校の頃から頭が良くていつも学級委員をしてました。頭は良いばかりじゃなく、サイズも大きくて59cmくらいあったんで、小さい頃から周りの人に「おまえ、落ちるけん井戸は覗くなよと言われてたそうです。そんな彼は中学に入った頃から生えてきた口ヒゲを、ず~と卒業するまで剃りませんでした。たしか最後はルバング島で発見された時の小野田さんくらい生えてたと思いますが・・・。 そのお陰で彼は体育教官室に呼び出され、コワ~イ体育の先生から『お前そのヒゲは、なんかのおまじないか、なんで剃らんとかと言われたそうですがガンとして譲らず、ヒゲをのばしたまま貫きました。  でもそんなにまでしてヒゲをのばしている理由はただ、昔オヤジさんから「おまえ、ヒゲは剃るなよ、剃れば剃るだけ濃くなるけんね」と言われたからだそうで、彼はある面素直な一本気でもあります。そればかりか彼はこのヒゲをなにがしら生かせないかと考え、何を血迷ったかある日、生徒会の副会長(会長じゃないところが彼らしい・・)に立候補しました。もちろんキャッチフレーズは『ヒゲのIです』・・・でしたが、むろん落選しました。

 前はフォーク・シンガーだったI君も最近は飲んでも「銭形平次」しか歌わなくなりましたが、今日もあの大きな頭をふりふり、元気に飛び回っています。

 とまあ、I君の半生を赤裸々に書いてしまいましたが、彼からクレームは来ないと思います。彼はパソコンが流行りだしていち早くパソコンを買いましたが、未だかつて電源を入れたことがありませんから・・。

※H君も「ネタの宝庫」みたいな人ですが、それはまた次回の「変人伝説」の時に・・。

●人気blogランキングへ

「変人伝説」の続編に興味が少しでも湧いたら、クリックして頂ければ更新の糧になります。
(ただいま、どうにか上位で頑張っています!)
ご協力よろしくお願いします。
 

●木家珈琲倶楽部

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・アロマ・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
Comments (4)

TAISYU・BROTHERS

2006年08月25日 | 家族
僕には弟がいます。家族の間では「ヒロ」と呼んでいます。
前に書いたように、僕は子供の頃いわゆる「いたずらっ子」でしたが、彼もその血を脈々と受け継いでます。

 弟が3才位の頃だったと思いますが、ある日近所のおじさんが血相変えて家に来ました。そして「お宅のヒロちゃんは足こぎペダルのおもちゃの車   で道を横断しよるけん、あれは危なかよ~って言いに来てくれました。 あわてて僕と母は言われた道に走りました。 そこはけっこう交通量の多い信号のある交差点です。ところが、捜しても見あたりません。もしかして道の向こう側にいるかも?と思い横断歩道を渡ろうとした時、見つけました・・・なんとおもちゃの足踏みペダル車の彼は、横断歩道の車の停止ラインに赤信号でちゃんと先頭で止まってました。

またこんな事もありました。 ある日、近所の弟の友達のおかあさんから『ヒロちゃんは悪かけん、うちの子とは遊ばないでって言われました。 僕はそれがとても悔しくて、うちに帰って母に泣きながらそれを言うと、母が『あんたは町中のおかあさんから同じごと言われよった・・・と言われましたが・・。

とにかく、僕も弟も近所では評判の「いたずらっ子」だったのは間違いありませんが、性格はまるで反対です。

 弟は機械いじりが得意な理系ですが、僕は完全な文系人間です。うちの家電が壊れたら、家族は大黒柱の僕を差し置いて、弟をすぐに呼びます。 弟は完全なアウトドア派ですが、僕は、うちのママに言わせるとインドア派らしいです。(自分ではけっこうアウトドア派だと思っているんですが・・・。) 弟の結婚式のキャンドルサービスのBGMは「TOTO」だったんですが、僕の時は「水前寺清子」でした。 弟は加勢大周似のソース顔ですが、僕は醤油顔です。

 そんな弟ももう2人の子供のお父さんになって、加勢大周が『汗体臭』になってきました。こんな事を書くと弟から「オレが汗体臭なら、アニキは『加齢臭』だろうが・・・ってクレームがくると思いますが、周りに言わせると結構仲の良い兄弟です。

 今弟は美容室を経営してますが、毎週スタッフと新しい技術の勉強会をしたり、美容師としてのスキルアップにどん欲に取り組んでいます。 また、脱サラの僕から見れば経営については、僕の先輩です。

 こんな加齢臭と汗体臭の『タイシュウ・ブラザース』ですが、2人ともお客様第一の『”大衆”に喜ばれるお店づくり』を目指して、頑張っています。。。。。今日は完璧に「韻」を踏めた・・・。

※おことわり:僕も弟も実際はそんな臭いはしません!念のため。・・もし臭うとしたらそれは「男の色気」です。 

 

弟が経営する当店のコラボレート・ショップ『美容室 I-WALK』
熊本県宇城市松橋町大野8-5■TEL・FAX 0964-33-3937
ただいまスタッフ募集中です

●人気blogランキングへ

ショーユ顔が好きな貴方も、ソース顔が好きな貴方も!
クリックして頂ければ更新の糧になります。
(ただいま、どうにか上位で頑張っています!)
ご協力よろしくお願いします。
 

●木家珈琲倶楽部

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・アロマ・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
 
Comments (12)

すぐれもの~スプレーホイップ

2006年08月20日 | コーヒー
今日は『enjoy coffee life』に耳寄りな商品のご紹介です。 

その名も《スプレーホイップ》といいます。フレッシュミルクのスジャータが販売してますが、grandessertと言ってイタリアのCODAP社製です。価格はたしか、250円くらいだったと思います。 簡単に言うとスプレー式のホイップクリームなんですが、これが結構スグレもんなんです。 

 実はこのスプレーホイップは常連のUさんからの情報です。 
Uさんは開店当初からのお客様なんですが、ず~とデロンギのエスプレッソマシンでエスプレッソを飲まれてる方です。

 ここで『エスプレッソ』をあまり知らない人の為に簡単に説明すると、エスプレッソとはイタリア語なんですが、英語で言うと「エクスプレス」そう”超特急”という意味です。 深煎豆を超極細に挽いて専用のマシン、または直火台(直接、火にかける器具です)で蒸気の圧力を利用して”急激に抽出”するコーヒーです。このコーヒーにフォームミルクをのっけると、おいしいエスプレッソのできあがり。ついでに言うと、このエスプレッソにミルクとミルクフォームを乗せると《カプチーノ》、フォームミルクを混ぜると《カフェ・ラテ》、フォームミルクを乗っけて、チョコレート・パウダーをかけると《カフェ・モカ》となります。

ちょっと話が逸れましたが、マシンにはスチームでフォームミルクを作るノズルが付いてたりしますが、使った後に熱湯などでキレイにする手間があり、少々めんどくさいんですよね・・そこで使いたいのがこの《スプレーホイップ》。缶を逆さまにしてノズルを押すと、シューとホイップクリームが出てきて、使った後もノズルにお湯をかけて洗浄終了。ほんとお手軽、足軽、木下藤吉郎です。(なんのこっちゃ  )味もそこそこ良いし、個人で飲む時や、友達とのコーヒー・ブレイクにはもってこいです。 

 ただ1つ難点は、勢いが良すぎるため四方に少し飛び散るのと、少々荒っぽいかざりつけになってしまうこと ここは改良の余地あり・・・ですよスジャータさん 。

 しかしミルクフォーマーやノズルの洗浄を考えると、この難点を引いても余りあるくらいすぐれものだと思います。一度お試しあれ

ところで、「スジャータ」という名称は、長期間の修行に疲れて休息していたお釈迦さまに乳粥をさしあげたというインドの娘の名前「スジャータ」からつけられたそうですが、僕はどうしても♪スジャータ~、スジャータ~、白い広がりスジャータ♪スジャータが10時をお知らせします♪のメロディが思い浮かんでしまいます。  
 


※今の季節はアイスコーヒーにシューとひとふき。お子ちゃまもオイシク飲めますヨ

●人気blogランキングへ

エスプレッソ大好き、お手軽大好きな貴方!クリックして頂ければ、更新の糧になります。
(ただいま、どうにか上位で頑張っています!)
ご協力よろしくお願いします。
 

●木家珈琲倶楽部

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・アロマ・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。
 

Comments (11)

「木戸をあけて」

2006年08月15日 | ノスタルジー
「木戸をあけて」
---家出をする少年がその母親に捧げる歌---


あなたの後ろ姿に そっと別れを告げてみれば
あなたの髪のあたりに ぽっと灯りが さしたよな
裏の木戸をあけて 一人夜に出れば
灯りの消えた街角 足も重くなるけれど
僕の遠いあこがれ 遠い旅は捨てられない

許してくれるだろうか 僕の若いわがままを
解ってくれるだろうか 僕のはるかなさまよいを
裏の木戸をあけて いつか疲れ果てて
あなたの甘い胸元へ きっともどりつくだろう
僕の遠いあこがれ 遠い旅の終わるときに
帰るその日までに 僕の胸の中に
語りきれない実りが たとえあなたに見えなくとも
僕の遠いあこがれ 遠い旅は捨てられない


小椋佳作詞・作曲


これは僕が中学の時、友達の家に泊まりに行ってヘッドホンで聞いてすごい衝撃を受けた曲です。当時たしか中2くらいでそろそろ高校受験という、なんか暗いトンネルの入り口に立っているような時期でした。

 当時の僕の学力は「まぁ高校には受かるだろう・・。そのまま行けば大学にもいけるだるう・・。」なんて中途半端な(いわば平均的な)中学生でした。そして僕の親もたぶん(どっかの高校にいって、どっかの大学にいって、どっかの会社にはいるだろう)って思っていて、その親の想いは当時の僕にとって『絶対裏切っては成らない』ものでした。 しかしこの歌を聴いた時、『そうか!親の期待を裏切るほどの自分の強い想いというものもあるんだ!』と気づき、その時から僕の『自分捜し』が始まったような気がします。

 しかし『自分は何をしたいんだ!』という言葉だけが頭の中にあるだけで、結局(どっかの高校にいって、どっかの大学にいって、どっかの会社)に就職しました。そして結婚をし、子供ももうけ、とりあえず順風満帆な生活を送っていたんですが、仕事の面ではどうしても(なんか違うんだな~)といつも自分に問いかけてました。

 そんな時、柴田書店の『コーヒーと紅茶』という本に出会い、昔から喫茶店やレストランでバイトしてコーヒーを淹れてた自分が一番活き活きしてたのに気づき、珈琲豆の自家焙煎を勉強しました。それから家族を説得して今のこの仕事に就いてるんですが、この「木戸をあけて」の・・・”僕の遠いあこがれ 遠い旅は捨てられない”・・・というフレーズを聴かなかったら今でも(なんか違うんだな~!)って思っていたんじゃないかと言う気がします。

 今は、僕の子供達がその頃の年代なんですが、親には言いませんが本人なりにいろいろ将来のことは考えているみたいです。そして僕がいつも子供達に言うことは「苦手なことを無理矢理するよりも、好きなことに時間を割け」ということ。僕が遠回りをした分、子供達には一年でも早く『好きな道』を見つけて欲しいんです。

 そしてもし、いつか僕の子供が『私の遠いあこがれ 遠い旅は捨てられない』って言ってきたら、親なもんで一応ガミガミ言いながら心の中で応援するつもりです。



※今日は『オチ』はありません。 あしからず。マスターでした。 

●人気blogランキングへ

クリックして頂ければ、更新の糧になります。
(ただいま、どうにか上位で頑張っています!)
ご協力よろしくお願いします。
 

●木家珈琲倶楽部

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・アロマ・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。


  
Comments (11)

大成功!三線おやじバンド&丘リーナ

2006年08月08日 | 音楽
upが遅れてしまいましたが、8/5の花火大会恒例の『三線おやじバンド&丘リーナ』《自己満足コンサート》、たくさんの皆様のご協力を頂いて、無事大成功で終了しました

おまけに当店恒例の『水出しアイスコーヒーのカップ売り』も、用意した250杯分及び4㍑セット全て売り切れ御免となりました


当日、午後からすごい夕立が降り、(こりゃ大丈夫か~?)なんて思っていたんですが、どうにか雨も上がり、まずは僕の「遠くで汽笛を聞きながら」と「いちご白書」でスタートしました。(但しこの時点では観客数名、単なる「マイクテストと場賑わせ」いう噂もありますが・・。)

 とにかくその後、三線おやじバンドのビギン・メドレーからちょっとだけなつかしのフォークソングの演奏。続いて丘リーナさん&健ちゃんの「オカリナ・メドレー」へと流れていく頃には、あたりも薄暗くなり花火見物の観客も増えて来ました。雨の影響か、なかなか花火が始まらず、ジャストタイミングで観客の皆様はオカリナの演奏に聴き入っていました。ちっちゃなお子さんのママからリクエストがあったり、川向こうの観客の方々が演奏に合わせてみんなで歌い出したり、演奏側と観客が一体になったようなコンサートでした。デッキ前には最初から腰を据えて聴いて頂いたお客様も結構いらっしゃって、本当にありがたく思いました。

 
※観客を魅了する丘リーナさん。

花火が始まって、やっとみんな休憩です。軽く食事したり、ビール飲んだりしてるうちに花火も終わり、またまたおやじバンドの演奏です。僕も演奏に入ってたんですが水出しアイスの方にお客様がどっと押し寄せ、接客でてんてこまいそのうち、丘リーナさんのご主人「ゴードンさん」も仕事を済ませ、急きょ駆けつけてくれました。本来の「丘リーナ&ゴードン&健ちゃん」のフル演奏&おやじバンドの全員でフィナーレを迎えたのが、10:30頃、最後まで聴いて頂いた観客の皆様、本当にありがとうございました。

 それから機材の撤収が終わり、みんなで乾杯して、打ち上げが終わったのが、1:30頃、スタッフの皆さん大変お疲れ様でした。
 
  
※酔っぱらう前に記念写真!うるさいご主人の足は片方だけ白い長靴をはいてるんじゃありません 一応ギブスですぅ。

 演奏したメンバーの他にもたくさんの常連様にお手伝いして頂きました。
最後まで残って頂いたちーふさんとちーふsisters、うるさいご主人をうまく調教してくれた奥さんのYちゃん、いつもそっと差し入れをくれるやり投げMさんの奥さん、いつもたよりになる常連のTさん、福岡からカップ売りに駆けつけてみごと完売したN君、そして、準備の段階からスタッフTシャツを作って頂き、おまけに洗濯までしてくれたじゅんちゃんファミリー(あのTシャツのおかげでみんな一体感で盛り上がりました。僕は24時間テレビの徳光さんの気持ちが解りました )。それにブログにコメントを頂くめぐさん、りゅう・ひなママさんやカップ売りを買いに来て頂いた常連のお客様・・・僕がマスターなんて偉そうな顔してられるのは、本当に皆さんのお陰ですありがとうならいもむしゃはたちです。

 最後に今回の合い言葉『コケティッシュでウィットに富み、時には韻を踏んだ、しかしライトでもあり、たまにはディープなエスプリの効いたジョークで来年もやるぞ~
 マスターでした。皆さん、本当にありがとうございました。

●人気blogランキングへ

ジョークと感動の好きな貴方!クリックして頂ければ、更新の糧になります。
(ただいま、どうにか上位で頑張っています!)
ご協力よろしくお願いします。
 

●木家珈琲倶楽部

僕のお店のHPです。
クリックするだけで濃厚なコーヒー・アロマ・・・
は、しませんが よろしければどうぞ。


Comments (21)