リッチボーイの、ものがたり。

ネットショップをはじめて20年目に突入、今さらやめられない店主イシイの悲喜こもごも日記

目利きの達人に目利きされた、時代屋さんの耳かき

2020-12-16 04:30:27 | ロングセラー商品

 

え、耳かきが4320円・・・というフレーズで販売を開始した時代屋さんの耳かき「初代モデル」

ここ4年の間で1500本は売れただろうか。

 

阿波の名工、竹海先生が自らハブの恐怖やネズミと格闘しながら古民家などの藁すき屋根から収集した稀少な本煤竹※を使って耳かきを制作。

刻印入りの当社オリジナル品として、初代四国三郎、ぞめき、よしこのの3部作にシリーズ化した当社だけの特別企画品である。

 

 

ロングセラーと称される幻の耳かき、四国三郎

 

 

阿波踊りで吹かれる代表的な曲「よしこの」をイメージして創作

 

 

阿波踊りのお囃子、ぞめきをイメージして創作

 

※本煤竹とは

藁すき屋根の骨組みとして使われていた竹が自然に黒くすすけた本煤竹は暖炉から出る煙が多く当たる部分は濃い色、あまり当たらない部分は淡い色をしてるので、色の濃淡があります。その本煤竹の部位から竹海先生が耳かきに合うものを厳選して制作、ちなみに時代屋さんの本煤竹は、150年以上前の竹を使用しています。

 

先月、知人から「Youtubeでガクトが目利きしてるよ」・・・と連絡があり、早速動画を見てみた。

※放映日を見ると8月なので、このタイムラグは半端ない・・・

 

その番組はGACTさんが目利きするびぷちゃんYouTubeチャンネルで「究極の耳かき」の一品として「時代屋 本煤竹 耳かき」が取り上げられていた。

時代屋さんの耳かきは3タイプあるけれど、よしこのを取り上げていただいたようだ。

 

持ちあげるつもりはないけれど、ガクトさんはモノを見る目線が確かで、各々の耳かきについてのコメントは的を得ていると感じた。

 

どのような経緯で入手されたのかは不明だけれど、数ある耳かきの中から選んでいただけるのは、とても光栄で嬉しいものだ。

 

※リンクは貼れませんが、よろしければYouTubeをご覧ください。コメント、秀逸でした。

 

1月頃には、徳島の伝統工芸、藍染めの著名作家さんと、僕の師匠である竹海先生がコラボした新作1点を発売予定。

 

これぞ、まさに「究極の耳かき」と言えるかもしれない。売れる売れないは別にしてですが・・・

 

このブログでご紹介するのは、確か3回目になるけれど、今も支持されているのには「何か訳がある」はずだし、

その訳は「使ってもらえなければ」わからないのも事実である。

 

耳かきとしては、普通に考えればとても高価ですが・・・竹海先生曰く

 

「これは、ほんまええもんじゃ」

 

阿波の名工 藤澤英文(竹海)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

店主・イシイ

 

商品にご興味のある方はリンクをクリックしてください。

アトリエバーグ本店

楽天リッチボーイ

AMAZON 時代屋 耳かきで検索

コメント

思わず欲しくなる、爪楊枝入れ5選

2020-12-01 19:07:09 | ありそうでない道具たち

食後の一服といえば、タバコだったけれど、今はもう影を潜めている。

では、食後に何をするか・・・爪楊枝を使うことくらいしか思いつかない。

外食の時は、必ずと言ってもいいくらい、テーブルの隅に置いているけれど、家庭の食卓ではどうだろうか。

100均で買ったものをそのまま置いている人が意外と多いのではないかと思う。

木の雑貨を集めるようになってから、爪楊枝入れは品揃えに欠かせないと考えていたけれど、竹製はあっても木製は思うように見つけられなかった。

普通の竹の場合、どうしても節目が男性的な仕上がりになってゴツく見えてしまう。

もし、女性を意識した場合、食卓に並んだときの優しげな雰囲気が出せないのが気になっていた。

時間をかけて探し出したのが、今回ご紹介する5品。四角が丸になっただけで竹製でもソフトな印象になることに気づいた。

 

楠竹製 四角い男性的なデザインながら、人気あり 現在欠品中

楠竹製 丸をイメージした優しい仕上がり、発売したてですが「アマゾンランキング42位」

 

天然木 ブナ製 森をイメージしたかわいいデザイン

天然木 ブナ製 キノコをモチーフ、誰からも愛されています

天然木 ブナ&ウォルナット製 キノコをモチーフ、ウォルナットの高級感

 

 

爪楊枝入れを選ぶポイントは「取り出し方法」にあります

 

 

大きく分けて、蓋で閉じるタイプと上部に穴が開いているタイプがあります。

穴あきタイプは爪楊枝を入れすぎると、うまく出てきません(上部を抜くような感じで蓋を開きます)

天然製品のため、木目や色合いなど仕上がりは1点1点異なります。

 

四角以外は新製品、アマゾンで11月から発売しています。

 

ぜひ、新しいショップ「森の紙 アマゾンストア」にお立ち寄りください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

店主イシイ

 

 

 

 

コメント

go to 対策の必需品 マスクの除菌に 銅のチカラ

2020-11-28 12:35:16 | マスクのはなし

Go to travel の賛否の議論があちこちで盛んに行われている。

感染者の急増に影響はないという説があるけれど、多くの人は

「あるに決まってる」と思っているだろう。

視聴率が欲しいマスコミは、国民の側に立つことで「空気」を動かしているけれど、大切のは、個人が判断して、自立することだ。

コロナ以前から、政治や経済によって国民は強者と弱者に仕分けされていたことを忘れてはならない。

僕はgo to には尻尾を振らないし、eatの方も使うことはない。

引きこもり系のネットショップという職業についたからかもしれないし、人がわぁ〜と集まったり、関心を寄せることをできるだけ遠ざけてきたからかもしれない。

もしサラリーマンをしていたら、ノリでgo toのお得感に心を弾ませていたと思う。利用したかどうかは別として・・・

行動派だけでなく、ごく普通の人にとっても、日常の閉塞感を打破する手段として旅は最適なモチベーションになり得る。

我慢できない人に、我慢しろというのは所詮無理な話であって、それを制止するためには法の発令しかないのではないかと思う。

文春の記事によると、日本人の陽性率が0.1%なのに、go toの陽性率は0.004%という、誰が見ても「ありえない」数値を発表していることに、疑問を呈していた。

go toの方は自己申告らしいので、沈黙を選択している人が多いのだろう。

いずれ大変なことになっても、行く人は行くし、検査しない人はしない。

かかりつけの先生の話だと、検査した人の1割程度が陽性で、精度は7割と聞いた。

とにかく「風邪」の症状が出て、熱が高かったら、アナタもその時は検査した方が良いとアドバイスを受けた。

巷で言われる味覚の異常については、欧米人に多い症状らしく、やはり「風邪」の症状がポイントらしい。

僕は42日に1回は通院しなければならないので、事前に質問事項を整理してから診察を受けるようにしている。

マスコミの報道より医療の現状を知る機会が多い分、自己判断できる材料があるので、先生には感謝しなければならない。

さて、食事の際の飛沫が問題になっているけれど、マスクを外した後にマスクの置き場がとても気になってたまらない。

布製のマスクケースを作ったものの、神経質な性分なので、場が騒がしい時は不安になってもっと安心したいと思う時がある。

そんな時、銅イオンの除菌できるマスクケースをおすすめしたい。

ワクチンが製造されていない中、除菌できると言っても「気休め」にしかならないかもしれない。

しかしながら、マスクで対策できるのは周知の事実となり、マスクケースでも1歩進んだ対策ができるのではないかと思う。

冬場はとにかく、ウィルスが増殖しやすくなるので、インフルや風邪にも注意は必要だ。

 

超抗菌仕上げ、丸洗い可、日本銅センター認証、自治体採用など優れた機能性

「対策グッズ」で安心を、手に入れる  銅イオン 超抗菌マスクケース

 

日本製のマスクケースとして、一押しです。画像をクリックするとページに移動。

最後お読みいただきありがとうございます😊

店主 イシイ

P.S.

当ブログでも何度かご紹介した布マスクですが、新たな布マスクの洗い方を入手しました。ご参考までに

石鹸で20秒、または純度60%以上のアルコールで洗浄する

コメント

時間の経つのを忘れるくらい働いたのは、いつ以来。

2020-11-26 19:36:19 | 店主のココロ

時間の経過を忘れるくらい、忙しい日々を過ごしていた。

没頭 不眠 学習 〆切 ・・・まるで入試目前の受験生のように

とにかく新規オープンという締め切りがあるので、やらなければいけないことだらけで、からだがいくつあっても足りないとは、こういうことなのだと体感した。

まるで予備校の講師から300ページもあるぶ厚い歴史の参考書を1ヶ月で1冊丸ごと暗記してこいと言わるくらい、僕にはきついノルマだった。

はっきりした時期は覚えてないのだけれど、たぶん8月上旬頃だったか・・・

「私たちのショッピングモールに、ぜひ出店して欲しい」というお誘いを受けたのが、コトの始まりだった。

そのモールはネット界で急成長している大手で、自分の希望ではお店を出せなくて、向こうから声がかかって初めて出店できるといった高いハードルがあったので、2年ほど前に資料請求しようかと考えたものの「入りたいけど、まず無理だよね」と、そのときはあっさり諦めたのを覚えている。

恋愛にちょっと似ていて、高嶺の花と言われる女性に一瞬心が動いても、「どうせ、無理だよね」 こんな感じに近かったのだと思う。

結果として、2回のオープン延期など紆余曲折を乗り越えて10月1日に無事オープン!

約2ヶ月の間、他の仕事に全く手をつけられなかったので、アマゾンや楽天市場の売り上げは下降気味で、少々頭が痛いのだけれど、二兎は追わないと最初から決めていたので悔いはなし。

引き寄せの法則という言葉があるけれど

「歴史が新しくて、しかも成長しているモールで自分たちの商品が通用するかどうか試したい」

この想いは、ずっと持ち続けていたのは事実なので、もしかしたら声をかけてくれた担当者の方が僕の気持ちに引き寄せられたのかもしれない。

気がつけば誕生日が目前に迫っていた。

僕のサラリーマン時代を振り返ると、役員になっていない59歳といえば定年目前なので、仕事もロクにしないで6時前には退社して一杯引っかけてから帰宅する上司の姿しか思い浮かばない・・・

※当時は60歳定年が当たり前、還暦祝いをしてもらうかわりに、おじいちゃんの称号がもらえた。

これから先、若い人たちは将来どれだけ国に騙されながら働かされるのだろう。

当時の僕もそうなれると思っていたのだけれど、自営の道に進んだ以上、そんな姿は幻と化してしまった。朝の5時までパソコンの前にいるのだから・・・

切なくなる話は横に置いて

カラダはボロボロでも、気分は最高、これが今の率直な気持ちなのです。

さて、オープン前に初日にオーダーが入るかどうか心配していたのだけれど

記念すべき、第一号はこちらでした。

使い捨てには見えない、ベルベットの使い捨てスリッパ 8足セット

本当はこの号をボツにする予定でしたが、書いた時の気持ちを忘れないように、あえて残すことにしました。

店主イシイ

最後までお読みいただき、ありがとうございます😊

コメント

ありそうでない通販グッズ メガネやサングラスを整理整頓

2020-11-26 19:12:26 | ありそうでない道具たち

ネット通販を始めて20年、積み重ねた多額の赤字にもめげずに、ひたすら商品探しの旅を続ける、粘りだけが取り柄の店主イシイのブログ。

今日の気づき

自分が経営者に向いていないと、最近になって気づいた・・・でも、遅すぎた。

 

本題はここから

若い女性層向けの大手ショッピングモールから、リッチボーイに声をかけていただいた。

審査が通り出店することになったものの、予想をはるかに上回る出店にまつわる作業量にてんてこまいの状況がお盆前から2ヶ月程続いてしまった。

CSVといった、触ったこともないエクセルの操作など荒波に揉まれながらも、10月から無事オープンしたものの、その結果は

大手ということで尻尾を振った僕がバカだった・・・というくらい、思うように売れてくれない。

僕の会社が扱う商品とそのモールの顧客層にズレがあることは承知の上だったけれど、500アイテムあればそれなりに期待できると考えたのが、失敗の元。

大幅な商品構成の変更を余儀なくされているものの、今は何を売っていいのかさっぱりわからないので静観している。

※ オープン直後前の夢追い人のブログは、店主のココロ最新版で・・・

その2か月間、他の仕事が全くといってもいいくらい、手がつけれていなかったので、遅れを取り返すべく、深夜を問わずパソコンとにらめっこ。

定期検診で血圧の上が、120から150に急上昇してしまった・・・

ネットショップなんて山ほどあるので、命と引き換えにするほどの仕事じゃないのはわかっていてもやってしまうのが、儲からない経営者のサガというもの・・・

こんな感じだったので、ブログは開店休業中。

ブログを書くことは僕にとっては俯瞰を意識できる大切な時間なので、なんとかならものかと苦心していたところ

タリーズタイムなるものを思いついた。

英会話スクールに通う家人を最寄駅に送った、タリーズに立ち寄るのが珈琲好きの週一の楽しみになっていたので、この時間を有効に使うことにした。

店内の照明が程よい感じで、席と席の間もちゃんと開いてる上に、以前ほど店内は混んでいない。

というわけで、11月からタリーズにいる時間をブログの時間に決めてシコシコと下書きを書きためている。

オーダーは決まってアイスコーヒーのトールと、カップのアイス。

男なのに、甘党なんて・・・家人のいつもの口癖が聞こえてきそうだけれど、デザート、特にアイスの最初のひと口は至福の時。

甘党にしかわからない、ひとり時間なのです。

周りを見渡しても、パソコンのモニターに集中しているサラリーマン諸氏が5〜6名はいる。

きっと家だと仕事がはかどらないのだろう。

そんなこんなで、ブログ再開しています。

今日の一品は「木のメガネスタンド」なのです。

初めて見たときイケてると思いながら、3本用と5本用からテスト販売を始めたんだけれど、気がつけば1本用から8本用まで計7サイズ勢揃い、7本用だけがないのですが・・・

僕自身、視力が悪いのでメガネは必需品で6本所有のうち1本を飽きが来るまで使い続けている。

メガネだけでなくサングラス派や伊達メガネ派を含めると、お洒落さんなら10本くらいは所有しているのではないだろうか。

このメガネスタンドのいいところは、普通のメガネケースの場合、中に収めているメガネの判別が透明でないとできないけれど、並行に掛けられるので一目瞭然!

通勤や外出の際の慌ただしい時でも、サッとお好みを選んでその日の気分やヘアスタイリング、洋服とメガネを上手にコーディネイト・・・

並べて置くだけでディスプレイにもなるので、お洒落なインテリアの仲間に。

簡単組み立て式で、底板と支柱をネジで止めて棒を支柱に挿すと完了。

組み立てられない、部品が合わない・・・天然木はどうしても歩留まりが良くないので、もし不具合がある場合は、ご一報どうかよろしくお願いいたします。

ありそうで、ない・・・メガネスタンドの巻でした。

メガネスタンドのページはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございます😊

 

 

コメント