花田Fなんちゃって#28

愛知県豊橋市の花田小学校の児童が中心の軟式少年野球チーム「花田フレンズ」のなんちゃって#28が記事、コメントを掲載します

今日の試合結果(9/20)

2008年09月20日 23時45分40秒 | 野球
今日は午前中に三河湾KSリーグと午後からデポ杯(Bチーム)の試合がありました。
(写真はCチーム記念すべき公式戦初戦で先発・好投した大介)

今日は午前中KSリーグが蒲郡浜町グランドで開催予定でしたが、昨日の台風の大雨の
影響でグランド状況が悪く、水捌けの良い花田小に急遽、幡豆ドラゴンズさんを招いて
試合をしました。

まずはBチームから開始、先攻は幡豆ドラゴンズで試合開始。
初回の幡豆は先発稜太の立上りを攻めノーアウト満塁としたがここは1点に抑えた。
その裏の花田は相手ピッチャーの立上りを攻め一挙6点。
2回はお互い要所を締めて0点。
3回の幡豆、2アウト2・3塁とするが稜太がんばり0点。
その裏の花田、相手の制球難に龍の2ベースなどで3点追加。
4回の幡豆、1アウト2塁とするがここも踏ん張り0点。
その裏の花田は結のヒットに足を絡めパスボールで1点追加。
5回の幡豆、ここで稜太から龍にピッチャー交代、ヒット打たれるも後続を押さえ0点。
時間切れゲームセット・・・

     1 2 3 4 5 計
幡豆  1 0 0 0 0  1 
花田  6 0 3 1 X 10    稜太(4回)・龍(1回)-康一郎・稜太

続いて初の公式戦となるCチーム・・・先攻は幡豆で試合開始
初回の幡豆は2アウトから2ベースに盗塁、タイムリーで1点先制。
その裏の花田、連続フォアに連続タイムリー、なおもフォアなど相手ピッチャーの立上りを攻めて一挙7点。
2回の幡豆は1アウト2・3塁とするが大介が踏ん張り0点。
その裏の花田、1アウトからヒット・フォア・連続ヒット3連続四死球などで5点。
3回の幡豆は三者凡退。
その裏の花田も交代したピッチャーに抑えられ三者凡退。
4回の幡豆はランナー出すも一本出ず0点。
その裏の花田2アウト2塁からフォアに連続タイムリーなど5点。
5回の幡豆、ピッチャー初試合の剛に交代、制球が定まらず4点献上するが最後は大介が押さえゲームセット・・・初の公式戦で初勝利!!やったね
 
   1 2 3 4 5 計 
幡豆 1 0 0 0 4  5
花田 7 5 0 5 X 17  大介(4回)・剛(2/3回)・大介(1/3回)-康一郎


午後からはデポ杯(対三谷東若葉)、両チームとも近くなので名古屋の予定を蒲郡開催に変更してもらいました・・・先攻は三谷東若葉で開始
初回の若葉は2・3塁までランナー進めるが龍が踏ん張り0点。
その裏の花田は三者凡退。
2回の若葉、簡単なレフトフライエラーに気を落としたか?フォアに盗塁などで掻き回され内野ゴロの悪送球で2点献上。
その裏の花田は三者凡退。
3回の若葉、ヒット出るも踏ん張り0点。
その裏の花田は三者凡退。
4回の若葉、ヒットに送りバント、ランダンプレーの判断ミスやスクイズなど相手の良い様にやられ2点。
その裏の花田は三者凡退。(なんとここまで完全試合)
5回の若葉は2アウト3塁とするが一本出ずに0点。
その裏の花田は1アウトからデットボールに初ヒットなどで2アウト2・3塁とするが一本出ずに0点。
6回の若葉はエラーに牽制悪送球、盗塁で1アウト3塁、ここでタイムリーで1点、なおもランナー進めパスボールで1点献上しこの回2点。
その裏の花田、1アウトからショート強襲に盗塁、ワイルドピッチで3塁2アウトから龍のタイムリーで待望の1点。
最終回の若葉は龍が三者凡退でとり、良い流れで最終回の攻撃に・・・
その裏花田は連続フォアにヒット、押出しで1点、2アウトとなるが連続押出しで2点とし3点差とし2アウト満塁で4番の稜太!!ここでレフトへタイムリーヒットで1点、さらに2塁ランナーが同点のホームを狙いホームで際どいクロスプレイ・・・
タイミングは微妙だったが判定はタッチアウト・・・残念でした

    1 2 3 4 5 6 7 計
若葉  0 2 0 2 0 2 0 6 
花田  0 0 0 0 0 1 4 5       龍-稜太

結果は、最後まで良くがんばった!ですが中盤・終盤の緊張感が途切れた追加点を与えなければ・・・(特に6回)
選手以上に悔しくて仕方ない内容の試合でした、最終回の攻撃が今後の試合につながりそうな敗戦、と言う手ごたえが唯一の収穫です。
個々が反省し次につながることを期待します。(デポ杯はベスト32で終了)

最新の画像もっと見る

コメントを投稿