花田Fなんちゃって#28

愛知県豊橋市の花田小学校の児童が中心の軟式少年野球チーム「花田フレンズ」のなんちゃって#28が記事、コメントを掲載します

今日の試合結果(11月3日)

2008年11月03日 23時41分13秒 | 野球
今日はゲオ杯の2回戦(対:甚目寺リトルナインズさん)が蟹江の河川南グランドでありました。
先攻は甚目寺でプレイボール・・・
初回の甚目寺は先頭ショートライナーに龍が反応良くジャンプ・・・しかしグラブをはじかれ出塁、次が送りバントで1アウト2塁から突っ込めば取れた?ライトフライで1・3塁とし4番のレフト前タイムリーで1点先制、なおも1・2塁でショート内野安打で満塁、またもレフト前タイムリーで1点追加し、なお1アウト満塁・・・ここは駿輝が連続セカンドフライでこの回のピンチを切り抜けたが、4連打などで痛い2点。
その裏の花田は1番柊介は大きなレフトフライ、2番一平は痛烈なセンターライナー、3番窯は三振で三者凡退。
2回の甚目寺は駿輝が立ち直り三者凡退。
その裏の花田は相手ピッチャーの速球に緩急をつけられ打たされた感じで三者凡退。
3回の甚目寺は1アウトから2ベースにワイルドピッチで3塁と追加点のチャンスも後続を抑え追加点ならず。
その裏の花田は2アウトからランナー出すも柊介の強烈な足元のピッチャーライナーを反応良くグラブに当てチェンジ。
4回の甚目寺は三者凡退。
その裏の花田はすべて当りは強烈で外野に抜けそうだったが相手内野陣の好守備で残念な三者凡退。
5回の甚目寺は三者凡退。
その裏の花田は5番駿輝がサード強襲ヒット、龍のサードフライをエラーでノーアウト1・2塁のチャンス、しかし真奈が三振、洸汰の絶妙なセーフティも間一髪アウトで2アウト2・3塁で稜太はファーストフライで1点も取れず・・・。
6回の甚目寺は1アウトからヒット、盗塁をキャッチ窯がナイス送球で2アウトとしサイードゴロでチェンジ。
その裏の花田は柊介のサード内野安打、一平のセンター前に抜けたか?と思った当りをショートがグラブに当ててなんとセカンド方向へ・・・アンラッキーでセカンドアウト、セカンドのピッチャー返球が逸れた所を積極走塁するも間一髪アウトで結局三者凡退。
最終回の甚目寺はランナー出すも後続続かず。
その裏の花田は2アウトから龍が2ベースで出るが反撃もここまで、ゲームセット!!

     1 2 3 4 5 6 7 計
甚目寺 2 0 0 0 0 0 0 2
花  田 0 0 0 0 0 0 0 0  駿輝-窯

初回以降は非常に締まった良い試合だっただけに、初回の2点が悔やまれます・・・
運の悪いこともありましたが、やはりそう言う状況に持っていけた相手内野の好守備が光りました。
非常に残念ですが、これでAチームの公式戦は全て終了しました。
これから中学や高校など野球は続きます、残りのフレンズでの練習で個々の目標をしっかり立て将来に役立つようにしてください。(流した汗と涙はいつか必ず報われますよ)

今日の試合結果(11月1日)

2008年11月01日 23時56分27秒 | 野球
今日はAチームのゲオ杯(対:安城少年ドラゴンズさん)が尾張旭の旭丘グランドでありました。
先攻は花田で試合開始・・・
初回の花田は、いきなり一番柊介のセンター前、2番一平はショートゴロでランナー入れ替り、3番窯のセカンドゴロで一平が一気に3塁を奪う好走塁、4番悠太のタイムリーで1点、5番駿輝の3塁打で1点、さらに6番龍のセンター前で1点とし、幸先良く初回3点先制。
その裏の安城は先発駿輝のナイス立上りで三者凡退。
2回の花田は1アウト2塁とするが後続続かず0点。
その裏の安城は1アウトから3塁打にスクイズで1点返す。
3回の花田は相手ピッチャーの緩急をつけたナイスピッチで3者凡退。
その裏の安城は2アウトからヒットで出るも盗塁を窯が難なく刺し0点。
4回の花田は龍のヒットに送りバントで1アウト2塁、ここで洸汰がサード前に絶妙なセーフティバントを決めオールセーフ、ここでスクイズのサインミスがあり龍が挟まれ、サードまで来た洸汰が塁から離れダブルプレイ・・・押せ押せから一気にまずい流れに・・・
その裏の安城は1アウトからヒット、内野ゴロで2アウト2塁とするが後続倒れ0点。
5回の花田は2アウトから一平の2ベース出るも後続続かず0点。
その裏の安城は1アウトから内野安打にタイムリー2ベースで1点、送りバントをキャッチャー暴投で1・3塁、スクイズで1点としなおも1アウト2・3塁とするがここは駿輝が後続押さえ2点で切り抜けた。
6回の花田は先頭フォアに盗塁、送りバントで1アウト3塁、ここで龍がこの日3打数3安打目のタイムリーで1点、ワイルドピッチに内野安打で1アウト1・3塁、洸汰のスクイズで1点、なおも2アウト3塁とするが後続倒れこの回2点ですぐさま引き離した。
その裏の安城は先頭ヒット、サードゴロでゲッツーかと思いきや送球が少しそれ落球しオールセーフ、ノーアウト1・3塁からレフト前ヒットで1点、なおもノーアウト2・3塁でスクイズ本塁アウトで1アウト、しかしまだ1・2塁と逆転のチャンス・・・しかしここも踏ん張りこの回1点で抑えた。
最終回の花田は打順良く1番の柊介からでセンターオーバーの2塁打、一平の送りバントで1アウト3塁とし、続く窯の打球はセンターフライでタッチアップから本塁狙うもセンター強肩のストライク返球でこの回0点。
その裏の安城も打順良く1番から、ピッチャーフライ・ショートゴロで2アウト、ここで3番相手キャプテンの意地の一打は大きなレフトへの大飛球・・・しかし洸汰がしっかりキャッチしてゲームセット!!

予想通り実力互角の戦いは、緊迫したナイスゲームでした

    1 2 3 4 5 6 7 計
花田 3 0 0 0 0 2 0 5     駿輝-窯
安城 0 1 0 0 2 1 0 4