かすみのつぶやき

忙しかすみの
ドタバタな毎日。

4月10日(水)のつぶやき

2013年04月11日 | Weblog

今の憲法が アメリカから押し付けられた憲法だから改正だ!って言っている人たちのほとんどが、アメリカの言いなりになっているという・・矛盾・・アホか!!だったらアメリカにきちんと言いたいこと言いなさいよ! 普天間基地の辺野古移転だって・・説得すべきは沖縄じゃなくてアメリカでしょ?

1 件 リツイートされました

小沢一郎代表定例記者会見 ~ 憲法改正は憲法の在り方、それに基づく国家像をきちんと明示して議論すべき~ bit.ly/ZMIuLK会見の要旨を読んだだけでも、小沢さんの理念、考えが、他の議員と比較できないほど大きなものであると実感!


@westfur 安倍さんも 橋本さんも・~今の国会議員で憲法を根本から理解し、国家像を描き、国民の事を考える・そんな政治家が何人居るでしょうか?私利私欲に走る議員が大半でしょうね~だからちゃんとした国家像なんて考えてない!情けないですね~でもこんな議員を選んだのも私たちです

1 件 リツイートされました

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 4月8日(月)のつぶやき | トップ | 4月11日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
no philosophy (noga)
2013-04-11 02:19:55
所詮、この世は仮の世。
真っ当な世の中は、この世の外 (頭の中) にある。

哲学は、非現実 (過去と未来) の内容。
英語なら、時制があるから、非現実 (過去時制と未来時制) の内容でも文章になる。だから、英米人は、信念の政治ができる。
日本語では、時制がないから、非現実の内容は文章にならない。文章がなければ、矛盾を淘汰できない。
非現実に関する発言が支離滅裂になる。だから、日本人は、雑念の政治になる。
人を信用できない。聴衆に閉塞感を呼び起こす。

非現実の内容を現実の内容に変えることができれば、それは創造である。
現実の内容を現実に再現すれば、それは模倣である。
日本人には、模倣があって創造がない。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事