見出し画像

共生の原則

共生とは和して同せず

宇宙は本来一つなのです。
その一つがうねり変化することで多様性を楽しんでいるのです。
すべては一つ、和して同せず、多様性を尊重するのです。
和とは、相手を認めることです。
同じになる必要はありません。
また、歩み寄りとは、氣持ちを理解するということではなく、
お互いに譲歩しあうという意味です。

和して同せずを一言で言うと、
『共生』となるのです。

人間社会を豊かにするものビジネス。
愛を届けるのも商売。
社会に貢献するのも、変化や成長をもたらすのも、
繋がりを提供するのも、ビジネスや商売です。
団子が1つしかない時に、それを分け合うか、
どちらかが全部食べたら共生とは言えません。
共生とは、この団子を増やすことなんです。
それを実際にするのが商売・ビジネス。

家庭でも夫婦が共生する。
和の日本人一人一人が自責で自由に自立し、
自立した男女が夫婦となり家庭を築く。
その家庭で子供たちに愛を伝えていくのです。
和の精神とともに愛を伝えていくことで共生社会は育ちます。
その共生社会がアジア圏、そして地球全体に広がり、
地球も喜ぶ時代をつくることが私の夢です。
その為には、和して同せず、
お互いに認め合い、譲り合うことが必要です。
夫婦の問題も、社会の問題も、国家間の問題も、
世界を牛耳ろうとしている一部の人々も、
俺がルールだ、私に従いなさい、
という自分だけが正しい、という考え方とそれに基づく行動で、
その問題を大きくしているのです。

地球の人口は増えつつ、
食料の生産がそれにどこまでついていけるのか不透明な状況です。
天災地変が起きると、
農産物の収穫高は急に減ることもあり得るのです。

日本においては、人口が減っていく途中です。
先祖が繋いでくれた命を繋ぐことをあきらめた人の遺伝子は、
あと50年もするとあまり残っていません。逆に言うと、
あと50年もすると、先祖からの命を繋ぎ、
地球と共生しようという人の遺伝子がこの日本では多くなるのです。
そして、その日本から世界へと共生社会が広がっていく、
自由で自立した自責で生きる日本人が増えていくと信じています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ご応募された方の中から週3名様(2020.12.20締切)
クリスマス特別無料羽毛布団洗濯モニター募集
集配ランドリー便では「お客様の声」に基づいて、
より良いサービスの開発に取り組んでいます。
あなたの羽毛布団を簡単手続き&無料で洗濯&乾燥いたします。
その代わりお願いがあります。
羽毛布団が綺麗になった感想をSNSに投稿してください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご質問やお悩み募集中です
こちらから、
 LINE
男女関係、夫婦関係、人間関係、商売、
ビジネス、などのモヤモヤ、しんどい、
イライラに無料でお答えします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 羽毛布団を清潔フカフカにするベストな方法!
ネットで注文し、ヤマト運輸さんに依頼するだけ!
超簡単!!
家庭用の布団乾燥機や天日干しでは、ダニや花粉が取れません。
大型機で羽毛布団や毛布を清潔キレイにします。
でも、羽毛布団や毛布、絨毯などの大物は、持っていくのが大変!
日本全国ヤマト運輸さん営業エリア内なら集配OKです。
3,600円(税込)~沖縄8,800円(税込)集配込

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▶あなたのモヤモヤ、しんどい、イライラやお悩みの無料相談はLINE(https://lin.ee/vuIMfgG)まで送ってください。動画の中でお答えします。
▶リモート個別相談は→https://anpark.co.jp/nakayoshi/pay.php
こちらから、「リモート個別相談」を選択し、お申し込みください。 
▶メールマガジンは2種類あります
共生の原則・ビジネス編→https://www.mag2.com/m/0001691173
▶LINE→https://lin.ee/vuIMfgG
▶繁栄株式会社公式Webサイト →http://anpark.co.jp/consul/consul_top
▶お問い合わせやご意見・ご感想はコチラ→customer@anpark.co.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

共生とは、異種の生物が、
相手の足らない点を補いながら、
相互関係を築き同所的に
生活する現象のことをいいます。

免疫力の源ともいえる腸内細菌は、
いわゆる悪玉菌と善玉菌が
バランスよく共生した状態にあることで、
生き生きとその力を発揮します。

他人も、男と女も異なった生き物です。
お互いに自分を整え、自由で自立し、
相手を認め、協力し合うことで、
共生することができます。

そして、共生することで、
楽しくワクワクした、
感動と感謝が溢れる人生となるのです。
共生とは、和して同せずなのです。

 和とは相手を認めることから始まるのです。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「対人関係&マインド」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事