見出し画像

共生の原則

身体と言葉の使い方で氣持ちを変える

あなたは、何かあった時に感情が乱れたことはありませんか。
誰かにキツイことを言われた。悲しい出来事があった。怖いことがあった。
一時的に様々な感情を感じることは、誰にでもよくあることです。
それ自体は、当然の氣持ちです。
しかし、その氣持ちを持ち続けると、楽しく豊かな人生とはならないのです。
様々な氣持ちを身体と言葉の使い方で簡単に変えることができます。
まずは、身体の使い方で氣持ちが変わることを感じて下さい。

勇氣・憂鬱・自信・ショック・怒り・悲しみ・パワー・楽しい・プレッシャー
それぞれの感情を感じやすい姿勢、足の位置、
体幹、手や首の位置、口や目の開き方を全身で表現してください。

いかがでしたか。身体の使い方で感情が、
どう変わるのか、体感できましたね。
あなたは、身体の使い方の違いで、
感情も変わることを体感できましたか。
今一つ感じられなかった方は、もう一度、やって体感してください。

自分自身やパートナー、家族の感情を変えたい時は、その人の身体の使い方を変えるのです。

次は、聴覚Aの言葉の使い方で、氣持ちを強めたり弱めたりすることを体感してみてください。
使う単語、声の調子、イントネーション、
高低、大小、速さなどを変えることで、
プラスの感情を強めたり、マイナスの感情を弱めたりできるのです。
実際に発声してみてください。

<プラスの感情を強めて声に出してください>
 ・できた!・美味しかった・楽しかった・元氣です・大好きです・氣もちいい・キレイ
  (例)めっちゃ元氣よく、大きなはきはきとした「できた!」など。
<マイナスの感情を弱めて声に出してください>
 ・疲れた・怒っている・大嫌い・あっち行って・疲れた・バカ野郎・クソくらえ
  (例)マリリンモンローのように色っぽく「怒っている」と声に出すと怒っているように聞こえませんよね。前に先輩から、「クソくらえ」を「ウ〇コ召し上がれ」と言われ笑ったことがあります。

よく夫婦喧嘩をしている場合、
その時にいつも使っている言葉がありませんか。
その言葉を変えたり、
声の調子やイントネーションを変えてみてはいかがでしょうか。
案外笑いを誘うかもしれません。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご質問やお悩み募集中です
こちらから、
 LINE
https://lin.ee/vuIMfgG
男女関係、夫婦関係、人間関係、商売、
ビジネス、などのモヤモヤ、しんどい、
イライラに無料でお答えします。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 羽毛布団を清潔フカフカにするベストな方法!
ネットで注文し、ヤマト運輸さんに依頼するだけ!
超簡単!!
家庭用の布団乾燥機や天日干しでは、ダニや花粉が取れません。
大型機で羽毛布団や毛布を清潔キレイにします。
でも、羽毛布団や毛布、絨毯などの大物は、持っていくのが大変!
日本全国ヤマト運輸さん営業エリア内なら集配OKです。
3,600円(税込)~沖縄8,800円(税込)集配込
https://anpark.co.jp/daikoulp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ●あなたのモヤモヤ、しんどい、イライラやお悩みの無料相談はLINE(https://lin.ee/vuIMfgG)まで送ってください。動画の中でお答えします。
●リモート個別相談は→https://anpark.co.jp/nakayoshi/pay.php
こちらから、「リモート個別相談」を選択し、お申し込みください。 
●メールマガジンは2種類あります
共生の原則→https://www.mag2.com/m/0001691172
共生の原則・ビジネス編→https://www.mag2.com/m/0001691173
●Facebook(共生の原則) →https://www.facebook.com/共生の原則共生パートナー林繁行-101296724876759/
●LINE→https://lin.ee/vuIMfgG
●Twitter →https://twitter.com/88shige
●繁栄株式会社公式Webサイト →http://anpark.co.jp/consul/consul_top
●代表ブログ →https://blog.goo.ne.jp/kagayakukoe
●お問い合わせやご意見・ご感想はコチラ→customer@anpark.co.jp
●裏ブログ→http://anpark.co.jp/ublog/archives/2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

共生とは、異種の生物が、
相手の足らない点を補いながら、
相互関係を築き同所的に
生活する現象のことをいいます。

免疫力の源ともいえる腸内細菌は、
いわゆる悪玉菌と善玉菌が
バランスよく共生した状態にあることで、
生き生きとその力を発揮します。

他人も、男と女も異なった生き物です。
お互いに自分を整え、自由で自立し、
相手を認め、協力し合うことで、
共生することができます。

そして、共生することで、
楽しくワクワクした、
感動と感謝が溢れる人生となるのです。
共生とは、和して同せずなのです。

 和とは相手を認めることから始まるのです。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「対人関係&マインド」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事