明けましておめでとうございます!

新年、明けましておめでとうございます!

さて恒例の新年作例はコチラ。

今年は『丑年』。

昨年はコロナ騒動で、予定の何もかもがご破算になってしまいました。
今年は牛の歩みでも、着実に何かを前進させていく年になって欲しいところです。


それでは皆様、今年も良い玩具ライフを!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


ワンダーフェスティバル・アッセンブルボーグ報告

去る2月9日、千葉幕張にてワンダーフェスティバルが
開催されました。

知らない方にざっくりご説明すると、模型・玩具の一大
展示会と言ったものです。

今回は、そのワンダーフェスティバルでのアッセンブルボーグ
関連情報をお伝えしたいと思います。


今回はスカルスパルタンオリジナルカラーの前売りということで
専門の販売ブースが設けられていました。

…が、自分が到着した午前11時30分の時点にて既に完売!
目算が甘かったことを認識しました…。



そんなスカルスパルタンの組み換え作例。

後発となるカラーバリエーションも色合いは悪くなく
様々なアイテムとの組み換えも問題なさそうです。


また、ここで本来ならば『COMING SOON』となっていた立て看板を
撮影するべきだったのですが、完全にすっぽ抜けてました…。

申し訳ありません!


以上が公式ブースの様子です。
続いて、個人ブースでの様子。


あばれん坊番長様。

いつものように強化パーツを制作しての展示でした。
今回の最新作は、頭部、胸部を六角形モチーフで制作されていました。


今回は様々なユニットの『腰』に当たるパーツを作ってみたとの事。

実際にワイルダネス、アビス、ストラトを人形に組んだ時の
使用例が写真で貼り出されていました。


もちろん、強化パーツとしても使用できます。


FGeW様。

Mr.アッセンブルの頭部パーツを作成。
今回は残念ながら展示のみでした…。

ただ、こちらもかなり古くから様々な頭部パーツを作成されており
今回のMr.ヘッドはバージョンにして4.xだという事。

髪のなびきを感じる造形は、動きのあるポーズによく映えそうです。


工房Beowolf様。

今回はジャークサイドの強化パーツ『ヤシガニ』が発表されました。
見ての通り、ヤシガニですw

ただ、このヤシガニ、組み替える事で爪のある大型ハンドパーツと
することが可能。

実際、ディーラー主のWULFさんが既に購入されていた
限定版スカルスパルタンの強化ハンドとして展示されておりました。



他には各種強化パーツ類の再販が行われておりました。


SCISSORS REBIRTH様。

カスタムパーツ『震牙』が展示されておりましたが、残念ながら
今回は展示のみ。

3Dプリンタの出力方法が、想定通りにいかなかったとのことで
今回は見送りという形になったそうです…。

まだ3Dプリンタも過渡期にあるのかもしれませんね。


なお、前回までの常連だった玩楽屋様は、今回をもって一時
ワンダーフェスティバルから撤退されるとの事でした。

残念な話ではありますが、また必ず戻ってくるという頼もしい
お言葉も頂戴しております。

再びお会いできる日を心待ちにしております!

 

以上が今回のWFにおけるアッセンブルボーグ情報になります。

今回の海洋堂はスカルスパルタンを前面に押し出し、その他の
アイテムの情報を、一時的に制限していた節があります。

COMING SOONアイテムは恐らくジャークロイドでしょう。
しかし、その後続くはずのNEXUS 1.5やPIXY ARMORの情報は
まるで出ていなかったのは、何か企んでるようにも思え
少々不気味な感じがありますね…。

また、ディーラーの皆さま方は、各々の方向性を定めた形で
アイテムの制作を行っておりました。

次回WFは、イレギュラーの秋開催となります。
やや長くなった準備期間をどのように使い、どんなアイテムを
用意されるか、とても楽しみな部分がありますね。


最後に残念なお知らせです。

通常版スカルスパルタンの発売は、現在のウィルス騒動で
延期が確定しております。

現時点では発売予定日も未定との事です。
こればかりは、天を恨む以外ありません。

この騒動も早く終息してくれればいいのですが…。


それでは良い玩具ライフを!

 

 

 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


明けましておめでとうございます!

新年、明けましておめでとうございます!

結局昨年はWF報告のみという形になってしまいました…。
もうすぐスカルスパルタンも発売ですから、起爆剤にしたいですね。

さて新年作例はコチラ。



今年は『子年』。

耳が少し大きめですが、『より多くの情報を逃さずキャッチ!』
…という抱負で行きたいところです。

それでは皆様、今年も良い玩具ライフを!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


ワンダーフェスティバル アッセンブルボーグ報告

去る7月28日、台風直撃も噂された中、千葉幕張にて
ワンダーフェスティバルが開催されました。

知らない方にざっくりご説明すると、模型・玩具の一大
展示会と言ったものです。

今回は、そのワンダーフェスティバルでのアッセンブルボーグ
関連情報をお伝えしたいと思います。
(画像はクリックで拡大できます。)

 

 

まず目を引いたのが、1/6のネクサス・ファングとアーモロイド。
メタリックに輝くボディにはゴージャス感が溢れています。

 

スカルスパルタンの彩色見本。
非常に生々しい色合いと禍々しい色合いで、実にジャークサイド。
ただ、このカラーリングで決定という事ではないらしいので
この点は続報待ちでしょうか。

なお、今まで『ネクサス1.5』とされていたシリーズは、
名称が『NEXUS+』へと変更になりました。
よく見ると、膝の造形が異なったり、細部に調整が入っているのが
解ります。

そして神宮司氏のデザインワークス集が、公式同人誌(?)として
販売されていました。
非常に『濃い』内容で、お値段据え置きの1000円!
現在HLTでも販売されているそうなので、興味のある方は是非
アキバにてお買い求めください。

そして大津さん原形の『りぼいぬ』。
相変わらず謎の存在…何かのプレゼント企画なんかで出てくれば
納得がいくのですが…。

 

以上が公式ブースの様子です。
続いて、個人ブースでの様子。

今回は、5件のディーラー様がアッセンブルボーグの版権を
申請してアイテムを発表されていました。
(紹介は50音順)。

 

   

あばれん坊番長様。

今回は前回制作した物に加え、2種類の新規パワーアップパーツを
制作して参加されていました。

曲面を意識したパーツは様々な可能性を感じさせてくれます。

NPCに装着されている物はカラーリングを合わせて染めた物。
色を選択してパーツを塗装できるのはガレキ最大の強みの一つですね。

なお、個人的には一番左の素体が装着していた騎士風のヘッドパーツが
大変気に入っています。

 

 

   

玩楽屋様。

オーガブレイカー最終生産という事で、お蔵出し品です。

さすがに型の限界などはマスプロダクツにかなう訳がありませんので
生産アイテムが『生モノ』になるのは致し方ないでしょう。

他には、ディスプレイ用の台座や、チェインアームズの新作である
ハンマーパーツを発表されていました。

美少女キャラがごつい武器を持つのは、お約束ですがシュールですねw

 

 

     

 

工房Beowolf様。

新規アイテム『ツインキャノン』を公開されていました。

このアイテム、見た目はシンプルな二連装砲塔戦車風なのですが
軸穴の配置などがよく練られており、驚く程様々な組み換えを
見せてくれます。

特にアーモロイドの足回りに使用すると親和性抜群で、これに
何らかの巨大な手のパーツを用いれば、かなり面白い効果が
期待できると感じました。

この他、再販品の各種アイテムや、1/60サイズの『何か』に
使用できるアイテムを公開されていました。

 

 

SCISSORS REBIRTH様。

新規ヘッド&ブレストパーツは、お話の中で『人造人間なんちゃら』
がモチーフになったようなならないような、と言った具合のお話を
伺う事ができましたw

また、布製の服として、インタニヤにカラーリングを合わせた
ドレスを公開されていました。

確かにこちらのディーラー様では今までに通常素体用の
マントやコートを制作されていましたので、こういった
アプローチも不思議ではありませんが、方向性として非常に
面白い可能性を感じています。

この他、I.O用のヘッド&ブレストパーツも再販されていました。

 

 

FGeW様。

以前、顎可動のイーグヘッドを制作されていたFGeW様が
Mr.アッセンブルのヘッドパーツを新規制作です。

以前にも同様のMr.用ヘッドパーツを制作されており、
今回はVer.2との事。
(向かって左側が旧、右側が新バージョン。)

新バージョンの方が、若干サイズを小さく作っているので
その辺りで好みが別れるだろうと、ご本人も仰ってました。

 


以上が今回のWFにおけるアッセンブルボーグ情報になります。

 


まずはとにかく、スカルスパルタンへの期待がかなり大きいのを
感じました。

実際の彩色原形を目の当たりにした、あるヘビーユーザー様は
『この色合いは、俺の組換え能力に対する挑戦状だと受け取った!』
と、創作意欲満々に意気込んでいたほどです。

実際の色合いはどうなるかは解りませんが、それでも今まで
不遇だったジャークサイドに対する、ようやくの戦力補強ですから
期待が高まるのは無理もありません。

予価8500円、今冬発売予定という事ですから、販売タイミングに
よっては、次の冬WFにおいて、スカルスパルタンと何らかの
関連性を持たせたアイテムを、個人ディーラー様が発表される
可能性があるかも…と期待して、今回は筆を置かせてもらいます。

 


それでは良い玩具ライフを!

 

ASSEMBLEBORG SECRET PHOTO
トニーたけざき
(株)海洋堂
アッセンブルボーグ∞NEXUS AB23EX ジャークロイド BITE THE DIMENSION! 全高約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動 フィギュア
海洋堂(KAIYODO)
海洋堂(KAIYODO)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


ワンダーフェスティバル報告・アッセンブルボーグ編


去る2月10日、千葉幕張にてワンダーフェスティバルが
開催されました。

知らない方にざっくりご説明すると、模型・玩具の一大
展示会と言ったものです。

今回は、そのワンダーフェスティバルでのアッセンブルボーグ
関連情報をお伝えしたいと思います。


まずはネクサス1.5シリーズ。
今までパーツの展示のみでしたが、今回は名称も明らかになりました。


『KUGEL』
銃撃戦が主なのでしょうか?


『LIGHTNING』
剣戟が得意そうな雰囲気。


『MORGAN』
電子系バックアップな感じがします。


続いて、ジャーク系パワーアップパーツの『オーガヘッド(仮)』。
正式名称と共に、真の姿が明らかになりました。


その名も『スカルスパルタン』
大首状態から、人形への変形も見せるとは驚きの他ありません。



また、ほかの立体物としては、1/6のネクサス素体(ファング)が
展示されていました。
これはアッセントークショーでも公開された者なのですが
今回こうやって正式にお披露目という事は、販売のめどが立ったと
いう事なのでしょうか?



大津さん原形の『リボ犬(「りぼけん」…らしいです)』。
I.O.姉妹のアクセサリとしては面白いですが…単体として販売するのは
少々首をかしげますねw




また、現在発売中のトニーたけざき氏による写真集の紹介の他
続いて神宮司氏の画稿集も発売されるという事!
以前WFの現場で見せていただいたシークレットブックを思い出し
期待が高まります。


以上が公式ブースの様子です。
続いて、個人ブースでの様子。

今回は、2件のディーラー様がアッセンブルボーグの版権を
申請してアイテムを発表されていました。
(紹介は50音順)。


 
あばれん坊番長様。

前回のアイテムに加えて、今回は新規アイテムを発表していました。

今回も強化パーツだったのは、なんでも…
「いつも劣勢で『引き』ばかりというのはなんだから、ちゃんと反撃できる
 戦力もあるんだぞ、という事を表現したかった。」
…のだ、そうです。

実際、格闘に特化したような巨大なアームは、防衛戦で大活躍しそうです。


 
 
工房Beowolf様。

今回は組み換え可能なヘビーマシンガンを発表されておりました。

この手の重火器は、ゴーストガンナーで打ち止め状態になっているので
外連味のある大型武装を単体で表現できるのはありがたいところです。

またこの他、既存アイテムの再販として大型アームパーツ。
参考出店として、多脚戦車マシンや、ジャークロイド強化パーツも
出展されておられました。


あと、なにやら1/60のフィギュアが腰かけられる椅子や、コクピット
ブロックになりそうなパーツが、一緒に展示されておりましたことを
追記しておきます。


なお、前回までの常連だった玩楽屋様とSCISSORS REBIRTH様は、
今回は都合によりお休みという事だそうです。


以上が今回のWFにおけるアッセンブルボーグ情報になります。

正直なところ、10周年直後にしては寂しいものがあったと言わざるを
得ません。

確かに、目玉アイテムになるものが2、3点展示されてはおりましたが
逆に言えば、それを上回るインパクトのある新情報が出ていないのが
少し物足りないという印象でしょうか。

贅沢ではあると思いますが、もっとユーザ側をあっと言わせ
個人のディーラー様の創作意欲を刺激するような新情報を
年に一度は発表してほしいと、切に願う次第です。


それでは良い玩具ライフを!


ASSEMBLEBORG SECRET PHOTO
クリエーター情報なし
(株)海洋堂

アッセンブルボーグ∞NEXUS 026 セレヴロイド アサルトレッド 全高約145mm PVC&ABS製 塗装済み可動 フィギュア
クリエーター情報なし
海洋堂(KAIYODO)

アッセンブルボーグ∞NEXUS 027 セレヴロイド バレットグリーン 全高約145mm PVC&ABS製 塗装済み可動 フィギュア
クリエーター情報なし
海洋堂(KAIYODO)

アッセンブルボーグ∞NEXUS 028 セレヴロイド コマンドブルー 全高約145mm PVC&ABS製 塗装済み可動 フィギュア
クリエーター情報なし
海洋堂(KAIYODO)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


« 前ページ