田舎暮らしの窓からPart3

終活のページです

任天堂スイッチ

2021年09月28日 | 終活
昭和37年持ち家で転居した小学校での初めての友達が近所のK君でした。K君はスウェーデン製のボードゲーム「スティガホッケーゲーム」を持っていて夢中になって遊びました。追って筆者も任天堂製ホッケーゲームを買ってもらい、自宅を行き来しての対戦がその後高校を卒業するまで続きました。K君のスティガ製はプラスティックで出来た立体的なフィギュアがクラブを持って動くのに対して、任天堂のはブリキの平たい選手でした。基本操作は同じなのですがその使い勝手は全く違い、今で言う「ホームアドバンテージ」が強く表れ、それが対戦意識に火をつけました。大学生となりサッカー部の仲間が自宅にたむろする様になり、最新版のサッカーボードゲームをワリカン購入して麻雀の空き時間に楽しみましたが、小学生から鍛えて来たテクニックは圧巻でした。ブラジルと日本以上の差でしょうか。ハンデでGKを外してしまったりしても圧勝でした。
先日子ども会サポーターの大学生と任天堂スイッチで対戦しました。コロナ禍で子ども同士の接触が少ない子ども会イベントを探るものでした。試しに対戦してみたら全敗でした。それこそブラジル以上の差です。
こういうゲームには必要以上にのめりこんでしまいます。でも今個人的にはシニアのリアルサッカーを終活の3本柱と掲げています。今しばらく距離を置いておかないと、人生計画が狂ってしまうかもしれません。リアルスポーツから引退して久しいK君から誘いがあったら応じるかもしれません。


お彼岸

2021年09月27日 | 終活
彼岸花があちこちで目につきます。山仕事の作業場近くに墓場があり、例年ですと墓参り客が多いのですが今はなんとなく寂しいです。自身も母父の墓参りに1年以上行ってません。父の命日にはお世話になったケアマネージャーの方達と会食をしたり、春には蕗の薹、秋には栗などをお土産にしていましたが、昨年以来足が遠のきました。こうなると、もう連絡をとるのも何かよそよそしくなってしまいます。
幹事を担当している会社のOB会も2年お休みです。先輩幹事から近況連絡がありました。Aさん、難病でホスピスに入った。Bさん、白血病闘病中。Cさん、末期がんで本人からお別れメール・・・色々と張り巡らせて来た糸がプツリプツリと切れて行く様です。
来週、御殿場にある母父の墓参りに行く事に決めました。


収穫そして紅葉

2021年09月24日 | 田舎暮らし
稲刈りがどんどん進みます。そして先ず山桜が色をつけてハラハラと落ちて来ました。散歩ですれ違う人の挨拶が「紅葉進みますね」に変わりました。

隔年結果

2021年09月23日 | 田舎暮らし
まずはウィキペディアの解説です。「隔年結果がみられる植物にはカキ、リンゴ、ウンシュウミカン、コーヒーなどがあり、果実の成長と同時に翌年の花芽形成が行われる果樹に特にみられる。一般にはたくさんの果実が付いた年の翌年には花芽形成数が減少するが、その原因はいくつか挙げられており、花芽形成の資源減少(個体内の栄養配分の偏り)、樹体内のジベレリンやアブシシン酸などの植物ホルモンの影響、同化養分の競合などの生理的要因によると考えられている。また、オリーブなどでは枝へのフェノール性物質の蓄積が原因という報告もある。しかし、隔年結果は果樹園全体や一地方に同調してみられることもある現象で、個々の果樹の原因だけでは同調性を説明できず未だ疑問が残されている。
昨年熊に枝を折られたにもかかわらず100個以上の収穫のあった庭先の柿なのですが、今年はきっぱりとゼロです。実のついている写真は50m程のご近所のものですので、解説にある「地方同調」とは違う様です。紅葉している写真は日当たりの良い旧バス通りに面した場所の柿ですが、こちらはゼロです。「未だ疑問が残されている」コメントそのものです。


歳時記

2021年09月22日 | 田舎暮らし
田舎の最大の歳時記といえば稲刈りでしょう。いよいよ地域の稲刈りが始まりました。昨年分けて頂いた地域米が無くなってしまい、同じ「ひとめぼれ」をスーパーで購入しましたが明らかに食味が違います。今年は2袋70Kgを予約しているので、新米が楽しみです。

満月

2021年09月21日 | 田舎暮らし
20日は準備段取りして月を待ちました。21日は小田急線事故運休のため、中央林間駅のベンチでコンビニ弁当月見でした。

歩きスマホ

2021年09月17日 | 時事ネタ
「女性」が歩きスマホによる踏切事故で死亡した様です。同じニュースを2度見ましたから注目度が高いのでしょう。
評論家とかコメンテーターとか言われる方が「脳の構造的に見てこれはあり得る」と言ってました。出来れば「社会構造としてこれはあり得る」として欲しかったですね。
このコメントを見た人は「そうか誰でもそうなってしまうのだから仕方が無い。何か規制を考えねば」と考える人が多数だと思います。社会構造的に振り返っても同じような事が繰り返されてます。「運転中に携帯電話をかけてはいけない」「運転中にテレビを見てはいけない」罰則が規則化されました。
「そうか誰でもそうなってしまうのだから仕方が無い。自分は注意しよう」と大多数の人が自分を律する事が出来れば罰則規定など必要ありませんが、世の中はそうでは無さそうです。
新しい製品が発売されると、最初は価格が高いので一部の限られた人しか使えません。その時使っている人は「自分は注意しよう」と考えている人たちですが、ルールやマナーはその時に作られてしまいます。やがて価格が下がり普及領域に入ると「何か規制を考えねば」となって行きます。バイクはヘルメットをかぶらなくてはならなくなりました。自動車は罰則規制でがんじがらめです。そしてケータイ、スマホ。エンジン草刈り機、チェーンソー、電動ノコギリ。そろそろドローンも普及領域に入って来ましたが、今のところ衝突事故などは発生していません。そのうち・・・・。

お手当半年520円

2021年09月16日 | スポーツ
小学校長、町内会長、体育振興会会長に頭を下げられ7年前に引き受けさせて頂いた「スポーツ推進委員」体育指導員と昔の名前で出た方がわかりやすいかもしれません。全国的な組織ですが、その扱いや身分はそれぞれ地方自治体で違う様です。仙台市の場合は「嘱託職員」です。年額報酬64,000円頂けます。
地域のスポーツイベントの準備、審判。運動会での準備運動指導。仙台市が主催するイベントの裏方・・・・月に1-2回は出動要請があります。とはいえ、もともと得意な範疇ですからボランティアと考えれば気持ちよく担当出来ます。でも、年に2回「お手当」を頂くときには複雑な心境です。「差し引き支給額520円」
無給でやってます!!とは言えないのが辛いです。


おときゅうその2

2021年09月15日 | 時事ネタ
おときゅう乗り放題チケットを利用して八戸八食センターを日帰りしました。仙台から北へ向かう新幹線はビジネス客で満席でした。16年前、まだ新幹線が盛岡迄しか通じていなかったころ、やはりこのフリーチケットを使って青森まで行った時の事を思い出しました。乗り換える「はつかり」はシルバーグレーの客であふれ、筆者と同じ年代のビジネス客が「今日はどうしたんだ」とつぶやいてました。その時大人の休日クラブミドルの最若手50歳、ジパングのシルバー軍団は現在80代になっている訳です。自らジパングの世代になってこんな世の中になっているとは想像できませんでした。
その後青森駅前市場が移転してしまい、市場のだいご味が低下し訪問先が八戸に変りました。でも最近の八食センターの賑わいは、場所こそ変わりませんが青森の様に右肩下がりの様に思えてなりません。どちらも外貨獲得を狙って観光客向けのレイアウト、品揃えになってしまっています。丸魚やそのアラを狙って訪問しているのですが、今はスーパーと同じくパック入りになってます。地魚中心だった回転ずしは長崎産や富山産のネタに変ってしまいました。
次回おときゅう買い出しツアーはどこになるんでしょうか。三陸海岸釜石とか宮古あたりは魅力的ですが、新幹線から遠いのでギリギリ日帰りですね。でもそれで市場の賑わいが保たれていればグッドです。
今回はバケツ一杯ホタテのヒモ300円、どんぶり2杯分イカゲソ500円、巨大カレイホッケ干物3枚500円、ミズダコの臓物400円という市場ならではの商品をかろうじてゲットしました。

おときゅう

2021年09月14日 | 時事ネタ
おときゅう限定チケット、正式には大人の休日クラブWeb限定フリー乗車券です。
1,日本の管理組織は省略形が好きです
2,外出制限下なのに嘲笑うような企画です
とここまでは社会政治学的視点です。
3,Web限定なのに紙のチケットが必要です。最寄り駅は無人駅なので交通費をかけて発券に行く必要があります
4,座席指定が6回使えますが、これも普及促進中のeチケットではなく紙のチケットです
5.ネットで座席指定予約して専用端末で受け取りますが、その時スマホのQRコードが必要です。
アナログとデジタルを織り混ぜた高齢者に優しいシステムです。日本のデジタル化は高齢者をリスペクトしてこんな感じで進むのでしょう。
厚生労働省的視点です。
6,こうした突発的企画商品はみどりの窓口に周知されていません。そもそも窓口を通さずネットと専用端末で合理化する狙いでしょう。
昨日はスマホの通信エラーで専用端末で発券出来なくなり、みどりの窓口に助けを求めました。担当の方もマニュアルを手引きに何度もエラーを乗り越え20分かけて発券してくれました。乗車5分前、高齢者は駆け込み乗車でした。

かかりつけ医は大変だ

2021年09月10日 | 時事ネタ
60歳を過ぎてから「血圧高め」と健康診断の度に指摘される様になり、ついに一昨年から昇圧剤の服薬を命ぜられました。結果、3月に一度は必ずかかりつけ医に通う事になりました。
でも正直あまり効果はありません。朝は130から145、夜は115から125という感じで、日中の運動量の方が服薬より影響がある様にも感じます。でも毎日きちんと服薬していますので、そろそろ薬が無くなって来ました。昨日かかりつけ医のクリニックに行くと、入口の外にまで待ち行列です。あきらめて帰って来ました。
昨年は5月に薬を頂いてから緊急事態宣言となり、9月までご無沙汰をしてしまいました。久々に行ったその時、高熱で真っ赤になった若者が隣に座っていて見事に風邪をうつされました。まだPCR検査が普及していなかったのでコロナ感染も疑い慎重になりましたが、喉の痛みだけで発熱は無く無事切り抜けました。以来通院にはより慎重となり空いている時間帯を探ったりしていましたが、今年の春はむしろガラガラでした。いつも最低でも1時間待ちでしたが、受付をして直ぐに順番が回ってくるという感じです。
このご時世ですから服薬処方が無ければクリニックには近づかないでしょう。さて、どうしたものか。薬はあと4日で切れます。同世代の先生の顔が浮かびます。高齢者が一巡したあと次のワクチン接種のピークなんでしょう。妻も昨日2回目の接種を終えました。ここはひと月ほど様子見かもしれません。涼しくなって来たので朝の散歩の負荷を上げようと思います。一日たっぷりと汗をかいた方が服薬より効果があると実証するひと月にしてみようと思います。




畑は冬野菜へ

2021年09月09日 | 田舎暮らし
きゅうり、トマト、なす等の夏野菜が無くなり、畑はダイコン、白菜、長ネギなどの冬野菜の準備に入りました。販売目的ではなく自家用ですが、都会の「家庭菜園」とはスケールが違います。


でんでん虫

2021年09月08日 | 田舎暮らし
カタツムリの名前は地方によって明確な違いがあると聞きました。関東ではでんでん虫だったかな。ヤブ蚊の飛ぶ雑木林に入ると結構大きなでんでん虫が、キラキラ光る粘液の足跡を残して草にぶる下がっていたのを覚えています。
北国ではあまり見かけませんでした。ほたるの中で陸生の「ヒメボタル」がカタツムリ等をエサにしていると勉強しましたが、実際に目撃した事はありませんでした。
ところが長雨だったせいか、小さなカタツムリが沢山舗装道路に出て来ました。小指程の大きさですから藪の中では気づかないでしょう。はぁ、こういうのをヒメボタルが捕食しているんだなと思いましたが、何で道路に出て来るのかはわかりません。


お米や栗の出来栄えはどうだろう

2021年09月07日 | 田舎暮らし
世の中株価が急上昇、ずっとコロナバブルだと思っていましたが今度は総裁選バブルでしょう。
田舎村ではこうした金融バーチャルの世界より「今年の作柄」が消費行動にモロに反映します。豊作の翌年は新車がどんどん増えます。今年は期待してもいいのかな。


セプテンバー秋に変わった

2021年09月06日 | 田舎暮らし
復興五輪、熱烈甲子園、多様なパラリンピックの熱狂が終わり、9月になってしまいました。首都圏、特に永田町あたりはまだ熱いようですが、北国はどっぷりと秋の気配です。
扇風機を片付け薪ストーブの用意です。散歩も短パンではなくジャージに変わりました。と言ってもずっと雨のため週末は自宅に籠ってました。体が重く実際2-3キロは増えていると思います。
ワクチンを打てば・・・なんて復興五輪の前は考えていたのですが、どうも幻想の様です。涼しいを通り越して寒くなって来たので、マスクは辛くなくなりました。でも行動範囲は縮まったままです。通っている山形東根の図書館には「当分の間県外の方のご利用を禁止致します」と張り紙されていました。これを契機に電子図書が更に広まればそれは結構な事です。4月に就任した子ども会連合会の会長も、まだ一度もオフィシャルな場に立っていません。それではとHP大作戦を展開する事にしましたが、まだ役員、会員とも不慣れなため、ポツポツとしかアクセスがありません。このブログのアクセスの方が多い位です。普及に努める一方で、「サクラ」訪問者も増やして来場者カウンターを増やしたいです。ぜひご協力下さい。
https://miyagi-kodomo.com/ ちょっとした蘊蓄・小ネタなども披露しております。