香港電影エイティーズ

香港電影応援団長のKingKongっす!マイケル・リッキー・サミュエルのホイ3兄弟を熱烈応援中!

現実逃避の結果

2016-06-03 14:40:28 | 他国映画



久しぶりの更新です。


近頃、現実を忘れ

スクリーンに逃げ込む行為が

ワタシのプチブームで(笑)



現実逃避には、涼しい映画館がイチバン!

週一回は最新作を観よう、と心に誓い

実行しておりやす。



以下、チョットネタバレ表現も含まれます。ご注意!






「アイアムアヒーロー」


猫パンチ!

いやはや、ジェットコースターに乗ったような
すんごい非日常血まみれ体験!

特に、猫パンチ!炸裂!

良かった、有村架純さん!
でも、この作品、2年前の撮影だったんですね。



なんか、観た直後より、観て数日してからのほうがジワジワくる。

梅田の地下街で、
長身で丸刈りの体育会系大学生の男性を見たとき

「高跳び選手ダ!」って、心臓がドキっ!っとした(笑)

2時間あっと言う間ですが、
巻頭、特にもう、ZQNが出てくるまでが、

ドキドキドキドキして心臓がバクバクでした。

いろいろ細かい事…は抜きにして、
日本映画もここまでやるんだ!っていう心意気を感じた映画でした。

自分のテイストではないので
最高ケッサクとは言えませんが、
とにかく、パニックサバイバルを体感できますよ!

パニック映画だけに、ここ数年で、最も心がザワついた映画です。




「ロクヨン前編」




これは、もう後編を観ないと

何とも評価しがたい。


謎解き、を全面に押し出したサスペンス?と思いきや

ただ、もう「人間ドラマ」としか言えない。



ダレるような箇所は全く見当たらず

世界にどっぷり浸かれる構成は文句がありません。

2時間ドラマみたいな、っていう軽さもなく

かといって、重厚過ぎず。



滝藤賢一さんがイヤーーな役を好演していて

ワクワクしました(笑)


映画のカタルシスのピークが

どの辺か、と思い出してみたら

記者クラブでの演説かな?



それとも永瀬ジョジョが訪問を許すシーン?

うーーーむ。



後編と合わせて一本の作品だと思うので

後編にも期待!

必ず観にいきまっす!





「デッドプール」




これは、もう何というか

若い世代のエポックメイキング的な

歴史に残るお馬鹿映画の快作、と思います。

でも、

もっと若い時に観たかったなー(笑)



もう自分の感性が付いていってない(涙)

ことし50歳になろうとしているワタシには

はしゃいで楽しむほどのゆとりがない(笑)


歳とったな、オレ、という無残な感想。

こんな時代が来るなんて。

くすんだ青春。



あああ。

アメコミに知識も関心もなく

XーMENも一本も観ていない。

だから、なのかな。





さぁ、6月は

「ロクヨン後編」「日本で一番悪い奴ら」「クリーピー」観にいきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「SCREEN」1979年10月号ゲット | トップ | 時空の歪み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

他国映画」カテゴリの最新記事