大きなかぶ農園の日々

じじとばばのゆるい暮らし

不思議な国のひわバア

2021年07月26日 07時16分18秒 | 日記

暑~~~~~~い、、、ぐったり、、だらだら、、、、、 
しかしここ一週間の天気で梅干しを干せた。 
年々梅の入荷が減少していたが、今年は高知が豊作だった。 
こんな時にできるだけ仕込んでおこう。 
6月に毎週入荷する梅が売れ残るたびせっせと漬けたら 去年の倍の量の26kに。干し上がったら半分になった。

 
 
いつの間にか稲の花が咲き、穂が付いてきた。 
外に植えたホッタラカシのトマトがジャングルのようになり、もっと元気な草に絡まりながらどこまでも伸びている。 
周りの麦畑はここ数日で一気に刈り取りが終わり畑には麦わらのロールが点在する北海道感満載風景が広がる。 
土曜日夕方、車の前を横切り畑を走っている痩せこけた子狐が一匹。 
「ひとりなの? お母さんは?」 助手席の窓を開けて声をかけた。 「?、、」と立ち止まってこちらを見た。 
こちらも車を止める。痩せこけた子狐は視線をしっかりと合わせて、「何かご用ですか?」とばかりの表情。 
そして草の上に前足を折って座り首はピンと立てて「では、お話伺いましょう」としばらく私をじっと見つめている。 
結局どうでも良いような世間話を仕掛けてくるバアさんに(なんだ、もっとましな人間かと思えば、、、)とばかりに 
痩せこけた身体を起して畑の中をまた走り出した。 ほんの数分の出来事だが、不思議な国のひわバア体験だった。 
子狐の身体を纏った崇高な存在に出会ったような気がした。 

コメント

鶏族の生き様

2021年07月07日 06時48分58秒 | 日記

今、産卵箱に入っているメンドリの後ろで他の鶏が待機して 産みたて卵の争奪戦やってたぞ!」と夫。 
やっぱりか、、、、去年二階の窓から見たことは本当だった。 
白いものを咥えた1羽が他の鶏に追われて逃げていた。 
去年の7月にはるか農園からやって来た高齢メンドリ10羽。 
最初の頃は毎日ぼちぼち卵を産んでいた。 
そのうちパッタリ産まなくなり、「エサ足りないんじゃない?」という人あり、 
「エサやり過ぎると産まないよ」という人あり。 どっちだ?一体。

真相は、、産んだそばから食べていた、、って事だ。 
しかし家で食べる分は仕入れたものがあるので不自由がなく、産もうが産むまいが元気に暮らしてくれれば良し。 
お婆さんになり廃鶏処分を免れた10羽だ。ここで人族のジイとバアと共にお互いせいぜい人生を謳歌しようぜ。。。 
一年経ち、婆さんメンドリは3羽となる。あるとき小屋から外に出て草食べ放題を満喫しているときにクロがふざけて 
メンドリにかじりつき、負傷者数羽。さらに又あるときは散歩時のクロが戸の開いていた鶏小屋に乱入し負傷者続出。 
だからといって、鶏族クロに仕返しを企む訳でなく、そこにいるクロに怯えるでもなく。淡々と今、今、今に生きている。 

コメント

新しい筋肉の芽

2021年06月28日 07時21分09秒 | 日記

「朝5時に迎えに行くね!」いよいよその日が来た。 
元気なうちにいつか登ってみたいと思っていた「山」 。
山歴数十年のTチャン69と夫のシゲチャン75が誘ってくれた。 
二人の山仲間の最高齢者は69から始めた女性(83)だという。            
「65ならまだ間に合うかな。。」普段全く歩いていない。。。。  
隣の家までの300mも歩きたくなくて軽トラで行ってしまう。。。 
ましてや金曜日は一週間の疲れがピークに達する木曜の翌日だ。めずらしく不安がよぎる。 
幾つもの不安事項をTチャンに報告するが6/25日を見送ると今年の予定は付かなくなるときっぱり言われて 
(よし、行こう。限界突破!!) 目指すは1912m富良野岳。途中で挫折しても凌雲閣の温泉が待っている。 
前日に装備持ち物確認。「衣類に綿のものはダメ。パンツも綿ならはかなくていい。日本手ぬぐい。水1L。弁当。。。」 
「ないものは貸すから大丈夫」と言われたが、捨てずにしまい込んでいたあれこれで間に合った。 
靴は二人の山仲間の人が貸してくれた。ストックはシゲちゃんのお父さんが亡くなる前に使っていたものを借りた。 
車の中で珈琲とサンドイッチ食べて7時40分凌雲閣横の登山口を出発。「始めの30分は辛いからゆっくりね。」「はい」 
ウグイスが横の藪で鳴いている。ふう、、もうずいぶん歩いた。。。2時間くらい経ったかと思えば。。まだ30分だった。 
毎朝連続テレビ小説と火野正平の心旅ダラダラ見てる間にこんなに歩けるのか、、、時間軸がひっくり返る。。。 
安定した次の一歩を確保するためにひたすら足下を見て歩く、、、景色見る余裕なし。顔を上げるとめまいがした。 
渡されたキャンディを1個舐めたら解消。ゴロゴロの石から雪の斜面に変わり、、次はいっそう急な山肌を 
大きな石の間をすり抜け、またぎ、よじ登ってひたすら前に進む。ふう、、だんだん力が失せてきた。。。 
「シゲちゃん!ひわさんシャリギレーーー!!」口笛吹きながら軽々と前を行くシゲちゃんにTチャンが叫ぶ。 
そこで急遽モグモグタイム。昼に食べる予定のおにぎり2個食べたらぐんぐん力が湧いてきた。へー?ほお!! 
キュウリの漬物かじって、トマト食べて、梅干ししゃぶる。二人はバナナだけを食べている。 
又歩き始めの30分がきつい。「あとどのくらい?」って聞きたいが、怖くて聞けず。

そのうち雲の中に入り雨粒が落ちてきた。 
「このまま進むと気温が下がり体温奪われるけど、あと1時間で分岐点。どうする?」シゲちゃんが聞いてくれた。 
(1時間!!そこからさらに富良野岳山頂目指すのか。。無理無理無理、、すでにふくらはぎパンパン)  
「二度と来たくないって思わないように今日はここで引き返したいです!」と積極的に下山を希望。 
「分岐点まで行くと視界が開けるんだけどねー!」Tチャンはそれを私に見せたくて連れてきてくれたのに。ごめん。 
花の写真撮る口実で休み休み歩いて3時間、やっと半分か、、いつものメンバー(83歳含む)なら山頂で昼食だとさ。無言。。 
帰り道は雪の斜面が融け出してさらに緊張したが12時前に下山。凌雲閣の温泉が心底身体に沁みる。 
ここは初心者コースだから又来ればいいよ。二人は余裕綽々。69、75でこんな風になれるのだ、、、 
何せ去年85日北海道一週踏破を成し遂げた二人だ。足下にも及ばず。子供だましのチャンチキオケサ(意味なし) 
Tチャンは20年前乳がんの手術後、体力をつける為に山に登り始めた。心臓の持病もある。常に私の希望の光だ。 
一応この日は人生最大の限界突破記念日と成る。明日から1日1回隣の家まで歩こう。歩きたい。歩けるかな。。。。

しかし、なんでまたうっかり、こんな私を天下の富良野岳になど誘うことに成ったのか。。。。 
いつも私を観察しているTチャンが大丈夫って言うから大丈夫なんだな、と自分よりTチャンを信じた。。。

翌日は身体中が筋肉痛だった。次の日の朝まで続いた。そして身体は緩やかに回復し、気のせいか行く前より何かが安定した。

「新しい筋肉の芽が育つのかもね♪」Tちゃんが言った。

 

 

 

 

コメント

こうゆーことかあ

2021年06月21日 07時13分41秒 | 日記

小さな田んぼの小さな小さな稲の苗が根付き見違えんばかり。 
齊藤農場の余り苗で半分枯れかかっていたのに。。。命の底力を見せてもらう。 
D型倉庫の後ろのビニールハウスの中はあれもこれもと 
片っ端から植えていたらおもちゃ箱のようになってきた。 
命が燃えている。眺めているだけでニヤニヤしてくる。 
 
朝、パチと目が覚め起き、台所までの数歩を移動する。家の中の私の動きを感知したマルが 
隣の倉庫からササササッと走って玄関のドアの前に正姿勢で座り 「ニャー(ゴハン)」と一声鳴いて待つ。 
植物のセンサーも優れているが犬猫も超能力者だ。人族ボーーっとしている。。。。滅亡近し・・・・・か 
夏の朝は早い。4時前に明るくなり、8時過ぎたらハウスの中は30度にもなってしまう。 
昨日あんなに疲れて、、毎日あっちが痛いこっちが痛いといいながら、、それでも、やらずにいられない、、、 
今日はあれして、これして、、と一日中やりたいことをやり放題で、、、そうして一日の終わりは ア、イタタタ・・・・ 
数年前なら疲れ知らずだった。7つ違いの夫があっちが痛いこっちが痛いとぼやくのを鼻で笑っていた。 
65さい。毎日めでたくあっちが痛いこっちも痛い。(鼻で笑ったりしてごめん,とおちゃん)と腹の中で懺悔する。 
編み物しても目がかすみ、細いレース針など持つと親指の付け根の筋肉が拒絶反応起す。 
繕い物するにしても針穴に狙い定めて10回は失敗する。最近はイライラするどころか(きょうは12回目で通った♪) 
10年前に作った老眼鏡はかえって疲れるのでかけたことがない。それで12回だから。 
ここまで来ると身体は別にして心は余裕のヨッチャンだ。(としとるってこうゆーことかあ)と感慨深い。 
65なんてまだまだひよっこ。ケツ青し(打ち身か?)。70、80、90、、100、、、、、どんな世界なんだろう・・・・ 

コメント

嵐去って田植え日より

2021年06月07日 06時31分47秒 | 日記

金曜日は大嵐だった。 
二階の窓から正面に見えるニセアカシア、横に栗、桑、 
奥に松の木や山桜。 そして母屋の横に楡。 
大風はニセアカシアを左右に大きく揺らしたかと思えば、 
少し間を置いて栗を、桑を、、、奥の大きな松の木は 
またいつかのように倒れるんじゃないかと思う程揺れている。 
こちら側の楡が指揮者のように大きく手を振り対面の大木と手前のイタドリや草たちと微細なコンタクトをする。 
(オーケストラみたいだな。。。)雨も加わって各々大風に葉を千切らせながら命がけの交響曲を奏でる。圧巻。 
 
翌日快晴。倉庫の屋根や、母屋の窓ガラスに打ち付けられて千切れ飛んだ葉っぱが乾いて綺麗に落ちた。 
近くの丘の上のN宅に配達に行くとまだ小さな白樺が倒れ込んで玄関に行く道を塞いでいた。 
この程度の被害か、と思ったら「見てよ!!」と奥さんに案内された裏庭の一番大きな白樺が根こそぎ倒れていた。 
さらに南側に植えてあるご自慢の立派な金鎖の木が金色の花房をつけたままなんとか踏ん張っていた。 
夜勤で留守のご主人に代わって奥さんが雨の中つっかえ棒を当て必死に倒れるのを食い止めた。 
読書が趣味、いつもひらひらゆらゆらしている奥さん(70歳)、やるときはやるもんだね!と健闘をたたえる。 
 
最近家の前の畑の一隅に小さな田んぼが出来て、土曜日は田植え。大人も子どももワイワイと田植えを楽しむ。 
あっという間に田植えは終わり夕陽が落ちる頃、気が付くと田んぼから蛙の大合唱が聞こえてきた。 
今年はウグイスが鳴かないな、、と思っていたら山の中から聞こえてきた。♪ケキョケキョ♪ まだ練習中だったのか。。。 

5/30代掻き風景6/6田植え

蛙大合唱♪きこえるかな?

コメント