現代俳句選抄

ご恵贈頂いた書誌から、五島高資が感銘した俳句などを紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山本洋子句集『寒紅梅』角川書店

2019-10-20 | 俳句

コメント

白戸麻奈句集『東京の地下鉄』ふらんす堂

2019-10-20 | 俳句

コメント

辻内京子句集『遠い眺め』ふらんす堂

2019-10-20 | 俳句

コメント

鷲巣正徳句集『ダ・ヴィンチの翼』

2019-10-20 | 俳句

コメント

竹岡一郎句集『けものの苗』ふらんす堂

2019-10-20 | 俳句

コメント

嶋田麻紀著『自註・菊池麻風』再読(ふらんす堂)

2019-10-20 | 短歌

コメント

佐藤郁良句集『しなてるや』ふらんす堂

2019-10-20 | 俳句

コメント

茨木和生句集『潤』邑書林

2019-10-20 | 俳句

コメント

高岡修句集『剝製師』深夜叢書社

2019-10-20 | 俳句

コメント

水内慶太句集『水の器』本阿弥書店

2019-10-20 | 俳句

コメント

永島靖子著『冬の落暉を』邑書林

2019-10-20 | 俳句

コメント

片山由美子句集『飛英』角川書店

2019-10-20 | 俳句

菖蒲湯を出て夕刊をひらきけり  片山由美子
八月や花はひかりを引いて落ち
あやまちは人の世のこと返り花
若水の刃のごとき光かな
秋風の踏絵は板に戻りたる


コメント

高山れおな『切字と切れ』邑書林

2019-09-01 | 評論

 帯文には、「総合的切字論」<「切れ」が俳句の本質でもなければ伝統でもなく、1960〜70年代に切字説から派生した一種の虚妄であることをあきらかにする>と書かれているが、そもそも著者独自の「切れ」という詩法自体についての言説に乏しく、様々な「切れ」論の援用とメタ的解析に止まっているのは残念である。終いには「前略〜なんだかはっきりしない奥深いもの「切れ」。」と吐露されているが、「切れ」の詩法そのものがよく分からないのに「切れ」が俳句の本質でもなければ伝統でもなく云々と言えるのだろうか。いずれにしても、高山らしい博識による論攷は圧巻である。「切れ」をもう一度考え直すための問題作と言えよう。

 参考までに先達の「切れ」に対する考察を以下に付記しておく。 

 ハイクにとって問題なのは、五・七・五による三行詩といった外部構造よりも、むしろ、「切れ」を含んだ内部構造にある。〜中略〜 一句の陳述の間を形作り大きな暗示力を生み出す「切れ」こそは、俳句が極小の詩形で宇宙の大を表現するために発明した最大の武器で、これを欠いてはハイクにならない。  国際化時代の俳句・尾形仂『俳句の可能性』 

 切字は発句における必要条件だが、多くの場合、十七音節の発句という枠のなかにあって、二連句のダイナミクスが働くことを可能としたのである。芭蕉は『三冊子』のなかでこのように考察している。「切字なくてハ発句のすがたにあらず、付句の体也。切字を加ハへても、付句のすがたある句あり。誠に切れたる句にあらず」。
 切字は、切るとともにつなげる、ヤコブソンのいう連結(combination)と等価(equivalence)の双方を可能にする逆説的な機能をもっている。   ハルオ・シラネ『芭蕉の風景 文化の記憶』 

 「切れ」は元来余情を深める為の表現技法として発達したものでありますから、ー つまりよく言われる通り、「古池に蛙飛びこむ」と言えば、理路を辿つた表現ではありますが、要するに平面的な描写に終る。それを「古池や」と言えば、「や」で理路が絶たれるかわりに立体的な深み、即ち余情が生じて来るのであります。その原理さえ分かつて居ましたら、切字が発句形式の制約として重んじられた事も当然であり、同時にまた必ずしも形式的な切字が必要でない事も明らかであります。要は余情を捉える事にあるのでありますから。芭蕉は切字に用いれば以呂波四十八字みな切字であり、用いなければ一時も切字で無いと言つて居ります。名言であります。   頴原退蔵『芭蕉俳諧と近代芸術』

  「切字なくてハほ句のすがたにあらず。付句の体也。」    服部土芳『三冊子』

   五島高資『近代俳句の超克 - 「音楽性」という視座から』 2002.10.17

コメント

小川軽舟『朝晩』ふらんす堂

2019-07-08 | 俳句

バスタオル胸に取り込む躑躅かな  小川軽舟

白菜に水道の水かがやける  同

夕空は宇宙の麓春祭  同

遠く来て近所のごとし花祭  同

立葵小溝も潮の差しきたる  同

コメント

現代俳句文庫ー84 朝吹英和著『朝吹英和句集』ふらんす堂

2019-03-04 | 俳句

水澄むや黒曜石の鏃研ぐ  朝吹英和

くるぶしに海の音聞く十三夜  同

山猫の瞳に映る神の旅  同

コメント