MYBLOG

歴史Blogを志向しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歴史

2016-09-06 20:50:36 | 歴史
ツギクルバナー

呉起晩年


悼王、没す。悼王が没した。悼王は、楚における呉子(呉起)の主君であり、彼(呉子=呉起)を重用した、第一人者であった。呉起が、楚においてその政治手腕を如何なく発揮できたのは、実にこの悼王の存在によるところが大きい。その悼王が亡くなったのである。そして、悼王という後ろ盾を失った、呉起の身辺に異変が生じないことはなかった。楚の一部の貴族たちが一斉に蜂起したのである。かつて、呉起の政治改革の断行によって、自身らの汚職や伝統的な贈答外交を行ったことを指摘され、官職を剥奪され、官籍を追われた者たちであった。こうした貴族らの放った私兵の一隊が、楚の政廟の中枢深くに押し入ってきた。呉起は、この日も丞相府に詰め、政務を見ていた。そこへ、敵襲の急告が飛び込んでくる。敵襲といっても身内のものの犯行である。この時すでに、貴族の私兵は、呉起の最近にまで迫っていた。兵の姿が呉起の視界にも入った。この時点で、すでにほとんど逃げ場を失った呉起。最後の手段として、楚の歴代の諸王の霊を祀った霊廟へ逃げ込む。しかし、ここにも貴族の手勢が乱入する。終局、呉起は、生前自分を庇護してくれた悼王の遺骸の上におおいかぶさったところを、射殺された。これが、魏と楚の両大国に渡って仕え、数々の功業を成した、呉起の最期である。(※ところでこの時、呉起を射た矢は、呉起もろとも悼王の遺骸をも射ていた。このため、呉起とともに悼王の遺骸を射た討っ手とその直接の主人である貴族の一人は、故王への不敬の罪により、斬罪に処されている。)
コメント

歴史

2016-08-23 20:13:07 | 歴史

呉起戦記



戦(いくさ)は、魏の勝利に終わった。魏の文侯は、戦いに参加した将兵らの労をねぎらうと、呉子(呉起)を招いて、彼とその統帥をたたえた。
呉子曰く
「眼前に在る、敵勢一軍、即ち、騎(騎兵隊)、甲(甲士隊)、弩(弩隊)、徒(歩兵隊)、ことごとくこれを破し、寇軍を退せしむるとも、一金(いっきん)の戦利さえなくば、ことごとくそも無事(むじ)にも等しい...。」(正面にする敵の一大勢力、つまり、騎兵隊などの諸部隊を、全て撃破し、敵軍を退却させたとしても、一銭の戦利品も無いようでは、全ては最初から何事もなかったのと同じようなものである。)
コメント

歴史

2016-08-13 20:13:28 | 歴史

呉起戦記



秦軍到来の報告を受けた文侯は、呉起に命じて事に当たらせた。呉起は、かねてより訓練していた兵らを率いて、秦軍を迎え撃った。結果は、魏の大捷であった。かつて、三品の礼をもって遇された将兵たちが、奮戦して、秦の大軍を惨々に撃ち破ったのである。今回の戦(いくさ)で戦功第一と賞されたのは、かつて文侯から三品の品格で饗応を受けた者たちであった。
コメント

歴史

2016-07-30 20:06:56 | 歴史

呉起戦記



はたして、そののち、敵軍到来の報が、魏国内を駆け巡った。隣国の秦が、軍旅を発し、魏との国境線の付近にまで迫ったのである。その数、五十万。騎馬隊、甲車隊、強弩隊、歩兵隊、輜重隊、そのいずれもが、手柄を立てない間は、生きて国に帰らじ、と気勢をあげる者ばかりである。
コメント

歴史

2016-07-16 20:14:03 | 歴史

呉起戦記



魏の文侯(呉起の主君)は、ある時、呉起を呼んで、今後将来、他国が攻めてきた場合の対処策について、聞いた。
呉起、独白して曰く、
「人器、一長一短あり...。」
ややあって、応じて、曰く、
「いいでしょう。私(わたくし)めに、先の戦いで、功のなかった者たち(三品の者たち)をお貸し下さい。いざ、事有らば、彼の者たちの力をもって、必ずや、敵勢を大破してごらんにいれましょう。」
コメント