ガーデン・ナビBLOG

ガーデン・ナビが運営するオフィシャルブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プロフェッショナル1

2012年03月01日 | 日記
ごぶさた致しております。

お元気でしたでしょうか?

先日、お昼に「餃子の王将」へ行きました。

午後からお打合せが入っているので、もちろん餃子は食べてません。

「天津飯大盛り」です。

一人なんで、カウンターで。

目の前の厨房では、ウエストが200cmくらいありそうな男性が、
小気味よくお玉と中華鍋を振り回しています。
見るからに、美味しい中華料理を作ってくれそうな風貌です。

注文してから料理が届くまでヒマだったので、その調理風景を
じっと見ていました。

時に中華鍋から大きな炎を立て、目にも止まらぬ早さで
数種の材料を放り込み、油を入れ、調味料を入れ、恐ろしい
手際の良さで2つの中華鍋とお玉を操ります。

ウソみたいな早さで料理がどんどんと仕上がっていき、
配膳台が空く間がありません。

また、その人は料理しながら、カラオケのサビ部分のように
大きな声で、厨房やホールといった店中に指示を出します。

たいてい、こういうパターンでは、

「何しとんじゃい、もやし補充せんかい!」
「先に食器引かんかい!」

といった、怒り指示をよく見かけるのですが、この人は違う。

そのイカツイ顔と、動きと声量からは予想し難い内容で、

「あと3分で、もやし無くなるよ」
「うまくいってる?」
「レジ入ろう」

と、言われる方も凹まない言い回しをされるんですよね。

全体に目を配りながらも、料理の手さばきは素晴らしい。


飲食業って、もちろん品の質や、スピード、接客術、値段、といったところ辺りで評価されると思うのですが、こういう見せるサービスというのも満足度を上げてくれるもんなんだなあ、と感じました。

名札をよく見ると、「店長」と書いてありました。

いずれにせよ、従業員への配慮・料理の腕前について、素晴らしいお方だと思いました。

          

ああ、プロフェッショナルだな、と感じさせていただきました。
ありがとうございました。

これからも、頑張って下さいね。


(お前も頑張れよ~。)はい。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« なにはともあれ営業のお勉強Ⅲ | トップ | 夏のエンジン、始動。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事