イランカラプテ ~i ram karap te~

アイヌ語の「こんにちは」という言葉です。
i ram karap te
「あなたの心にそっと触れさせてください」

大丈夫でしたか?

2018-09-26 11:51:44 | 日記
こんにちは。
またまたご無沙汰しておりました。🙇

タイトルの言葉は今、北海道中を駆け巡っているのではないでしょうか?

9月6日 午前3:08 地震が発生しました。
私の住んでいる八雲町は震度3でした。大きな横ゆれでそれ自体はすぐにおさまりましたが、揺れと同時に停電となり、復旧までに15時間以上かかりました。
こんなことは初めてでした。ただ、水はちゃんと出ていたので助かりました。

みなさんの所はどうでしたか?
たいていの方は揺れたことで目が覚めたと言っていましたが、中には全く気づかずに寝ていたという方もいます。実は我が家の娘も連絡が取れず心配しておりましたら、グッスリ眠っていて気づかなかったと。

娘の今の住居は古い木造で、二階にはたくさんのガラス窓が付いていますので、家の下敷きになったかと心配しました。札幌の西区に住む息子の家は3階がメチャクチャになったそうです。ケガはありませんでしたが、怖いですよね。

厚真町や清田区の様子を見ると胸が痛くなります。亡くなられた方のご冥福と、被災された方の日常が少しでも早く戻りますようご祈念しています。

最近、予想外のことが多すぎると思いませんか?
自然災害の場合、怒りをぶつけることもできず、本当に辛いと思います。
せめて、停電や断水にあっても家族と自分が数日は生きていけるぐらいの備えはしなくてはと思います。⛑

今回、まだ寒い時季では無かったですが、これが冬の寒い時季では何より暖房の事を考えなくてはなりません。我が家は早速、乾電池で着火できるストーブを用意しましたよ。
それから、充電しておける投光器と、ソーラー式のスマホの充電器もネットで買いました。
あとは何が必要か考えて、準備をしておこうと思います。
備えあれば憂いなし といいます。
みなさんも今回の事を教訓にして準備を始めませんか?
ではまた どうぞお元気で🌸

🍀 na-su雅

コメント

車の運転について

2018-07-15 09:58:44 | 日記
こんにちは😃

今日は日曜当番です。
冬場と違い、風邪引きさんも少ないようです。


今回のタイトルですが、どう思われますか?
てんかんの患者様の運転ということです。

てんかんの患者様は最後の発作から2年を経過しなければ運転はできないことになっています。
これは法律で決まっています。
なので当院の患者様にも必ず院長から説明があります。

発作の症状の中で特に困るのは、意識が曇ることや意識が消失してしまうことです。このような症状の場合、自分では自覚できないわけですから、周りの方の証言が必要です。
しかし患者様の中には、自分は運転中に発作が起きたことはないから大丈夫と思い込んでいる方がいます。

そのような患者様は、こちらが説明をしてもなかなか運転をやめない場合があります。

先日、残念なことに交通事故を起こされた患者様がいます。
不幸中の幸いで、人をケガさせたりはなかったのですが、ご自分は骨折してしまい、突っ込んだお店のガラスなどを壊してしまいました。
今回の件で、さすがにこの患者様も発作を認めざるおえなかったようです。

普段、車を運転する生活に慣れている方にとって2年間はとても長く感じられるようです。
でも一番大切なことは何なのか、考えていただきたいと思います。
交通事故は普通の生活をしていても、いつどこで起きるかわかりません。
でも、発作で人の命を奪うことがあるなんて、こんなに辛いことはありません。

自分の体のことは自分が一番よくわかっている と言われる方がいますが、意識が曇ったり、意識がなくなる発作のある方にはこの言葉は当てはまりません。
当院に通院されている患者様は、きちんと法律を守り、2年後を楽しみに治療に専念していただきたいと心から念願しています。

ご家族の協力も不可欠です。
どうぞよろしくお願いします。
🍀na-su雅
コメント

ヒデキの死について

2018-06-13 12:05:39 | 日記
こんにちは。
西城秀樹さんが亡くなって1ヶ月がたとうとしています。
特別なファンではなかった人もショックを受けたのではないでしょうか?
50代60代はまさに青春時代を共に生きたわけですから。

私も中高生時代、新御三家の一人に夢中になっていました。
私の場合、中2の時にたまたま、チケットが手に入り生まれて初めて観たコンサートが野口五郎でした。
それがあまりにも衝撃的でその日から大フアン❣️
寝ても覚めても「ゴローゴロー」でした。
おこずかいは全てレコードと雑誌、そしてコンサートのチケット代に。

あの頃はヒデキはゴローのライバルという位置づけが強かったので、ヒデキの歌をじっくり聴いたことはなかったように思いますが、今、改めて聴いてみると、素敵な歌を歌っていたんだなぁと思います。それにやはり唯一無二の存在だったことを感じます。

ここ数年、続けて野口五郎さんが札幌でライブに来てくれるので私たち夫婦も必ず行っています。

テレビなどで、ゴローがヒデキのことを語る時こっちまで悲しくなります。ゴローにしかわからない苦悩、寂しさがあるんだなぁと思います。

今年のライブではきっとヒデキのことを語ってくれることでしょう。

ゴローにはヒデキのぶんも健康で長ーく歌を歌い続けてほしいです。
(昔からのミーフアーなのであえてさんはつけませんでした🙇)

ではまた

🍀ns-su雅

コメント

最近のこと

2018-05-26 14:04:18 | 日記
こんにちは。
今日は土曜日です。
ちょうど1週間前、私はライブに行きました。
函館アリーナで開催された小田和正さんのコンサートです。
2年ぶりでした。小田さんは必ず現地のいろいろなところに行って「やってまいりました!」と言いながら現地レポートのようなことをしてくれます。
それがまた楽しみでもあります。
今回は嵐のような悪天候の中頑張ってくれましたよ。その模様が会場に映像で流れるのですが、なんと今回、
私の知り合いが映ったではありませんか!!
彼女は長年、小田さんひとすじの熱心なファンで2年前も全国ツアー全てを追っ掛けて観たそうです。
彼女はヤマをかけて函館駅で待っていたみたいです。サインを書いてもらったみたいですよ❗️
すごいですねー🤗
羨ましいけれど、彼女の気持ちになるとこっちまで嬉しくなります。

今回、座席はスタンドの通路近くで三席しかないところでした。右隣は一緒に行った友人、左隣は旭川から来た27歳の男性でした。お父さんが聴いていたCDを聴いて小田さんが好きになったそうです。
同年代ではなかなか話が合わないとのこと。ですよねー!

ノリノリの彼の隣で、私たちおばさんも元気いっぱい楽しむことができました。
小田さんの曲は聴くその時々で心に染み入る歌詞が違います。
今回は、生まれ来る子供達のために という曲に涙が出ました。

また来ます と言ってくれた小田さん、
楽しみにしています。

🍀na-su雅
コメント

ご無沙汰しておりました

2018-05-12 14:33:41 | 日記
こんにちは😃
いつの間にか冬が終わり、早目に咲いた桜も散り始めています。
みなさん、おかわりありませんか?
この冬は雪が多くて大変でしたね。函館市内は除雪が間に合わず大変だったようです。
七飯も例年になく積もって、クリニックの前の道路は車がすれ違えなくて何度も戻ったのよと言われる患者様もいました。

実は私ごとですが、2月から4月まで、家族の一人が入院していたのでなんだか落ち着かず、ブログを更新できませんでした。
家族が病気になるということは結構大変なことです。

今は退院でき、先日も温泉に行ってきました。
露天風呂に入ると、きれいな声で、ホーホケキョ!と聴こえてきました。🎼
春を実感しました。

次はなるべく、間をあけずに書きたいと思います。

ではまた。


🍀na-su雅

コメント