藤流夢一座「風KAZE」の今日も一所懸命・・ 代表 藤均太郎

田舎の小さな舞踊集団 藤流夢一座「風KAZE」
風にのせて夢の時間をご一緒に今日は何処の空の下・・。

今仕事帰り…

2019-03-11 | 日記
昨年の今日とはまた、違う気持ちで迎えた3月11日…
今年は冷たい雨が降る追悼の1日でした
毎年…この時期になると思い出すあの瞬間…
丸8年が過ぎて…何が変わったんだろうと考えた時…
やっぱり人々の記憶が薄らいでいる感じがします…

生き残していただいた藤均太郎はどんな形であれ
語り継いでいきたいと強く思います

今日会社に今年入社する新卒者がインターンシップで
やって来ました…
朝の朝礼時に震災の話しをしたら…
あまりに興味のない顔をしてたのです…
本当に寂しい限りでした…
「もし、あの震災が無かったら君たちと同じくらいの
若者が命を奪われて…就職とか進学とか夢とかあったはずなの…
だから君たちも私も…微力でもいいからその亡くなられた
人の分まで一所懸命に生きるのですよ…と」
少しでも心に響いてくれたらなぁ…と思う
藤均太郎なのでありました

自分自身も今を一生懸命に…
コメント