高橋絵里「コンサート情報」

高橋の詳しいプロフィールなどHPはこちら http://www.eri-sop.net/

2021年を振り返る

2022-01-13 | コンサート終了報告

コンサートで新たな年をスタートできた年でした。
人前で歌うことに、まだまだためらいを感じていた私の背中を
押してくださった主催者、あたたかく迎えてくれた共演者。
勇気を出して一歩をあゆむ大事なコンサートです。




ソプラノ3人による三重唱のコンサート。リハーサルの時間が本当に
充実していて楽しかった。耳を澄まし、お互いに聴き合って
こんなに音楽に集中できたのも久しぶりだったような。
勢いのある若い演奏者との共演って素晴らしい。




山形、白鷹町でのコンサート。まん延防止あけでしたが
思いがけず満席のお客様に恵まれ、歌を歌うことの喜びを
ヒシヒシと感じました。




5月から延期になった9月のコンサート。
緊急事態宣言があけたばかりということもあって70名ほどの
お客様でしたが、皆様本当に私を応援してくださる方々ばかり。
仙台市独自の「まん延防止中、客席は半数だが料金は満額」
という意地悪なルールを変えるべく、親しい議員さんが
尽力してくださったことは本当に勇気づけられました。
いつもの共演者も、最後まで私と共に思いを共有してくださいました。




地毛自慢。時間に余裕がある時はいつも髪を
ドレス仕様にアレンジしてもらいます。
これでシャキッと気持ちを変えます。
コロナ渦でマスクが外せないので残念ながらメイクは無し。
早くメイクもしてもらえる日が来て欲しい。
私は寝起きで出かけられるしとても楽なんです。




すれ違い生活が多い夫婦のメッセージボードに書かれた
コンサート当日の夫からのメッセージ。
ここでバラしたら怒られそう...。




秋から17世紀ボローニャの音楽で8声合唱のプロジェクト。
新たな出会いがたくさんあって、本当に素晴らしい経験でした。
コロナ渦のPCR検査を受けながら、マスクをしながらリハーサルで
企画、運営がどれだけ大変だったか。感謝しかありません。




そしてもう一つ感謝でいっぱいの英国のコンソートソング。
英語は子音をいっぱい飛ばしますが、その感覚を感染症のせいで
忘れていました。久しぶりに「あー英語ってこんな感じだったな...」と
思い出すのに時間がかかり...。
リハーサルのギリギリでようやく掴めたかな...と思うところまで行って
終わってしまったけど、本番が一番楽しかったのでした。



ほとんど何もできず、最後のクリスマスでようやく
コンサートに呼んでもらえた2020年。
2021年は皆がそれぞれに努力して、できることを模索した
本当に充実一年でした。
コンサート活動の他に、個人レッスンの生徒の発表会も
実現できましたし、感謝感謝の一年です。

応援してくださいましたお客様、信じてくださった主催者様。
共に歩んでくださった共演者様、スタッフ様。
本当にありがとうございました。












コンサート終了

2021-06-15 | コンサート終了報告

ご来場いただきましたお客様
ありがとうございました。
感染防止対策にもご協力いただき
感謝の言葉もありません。
同じ空間を共有するな、同じ空気を吸うな
と言われて一年以上が経ちます。
でも、これこそがリアルなコンサートの
醍醐味であると実感いたしました。
素晴らしい共演者と素晴らしいお客様に囲まれて。


研修会のコンサート

2020-09-03 | コンサート終了報告
2020年8月20日(木)礼拝と音楽の研修会の様子。

二週間前に終了した、キリスト教関係の
研修会のコンサートの様子です。
この日歌ったのはヴィヴァルディの
モテットから抜粋。
伴奏はパイプオルガンでした。
手作りパーテーション使用して。
あちこちがこういうイベントをキャンセルする中
企画、実行、そして貸してくれた教会。
感謝でいっぱいです。
数ヶ月ぶりの人前で歌う機会でした。
お客さんも生の歌、久々に聴いたと
おっしゃってました。そうですよね。

なかなかコンサートの目処も立たず。
小さいものがあっても、人数が限られるため
口コミのみでしか宣伝できず難しいなあ。
そろそろ前向きに考えないと...。


コンサート御礼

2018-07-25 | コンサート終了報告


本当に暑い日のコンサートでした。
お出かけいただきましたお客様には心より
感謝申し上げます。

イタリアの初期バロック。
なんて生き生きとした音楽なんでしょうか。
私の修行は始まったばかりです。
またこのメンバーで演奏できることを祈りつつ。

2017年の御礼

2017-12-31 | コンサート終了報告

今年もコンサートに足をお運びいただき
ありがとうございました。
今年は新たなチャレンジの多い年でしたが
一番のニュースは何と言っても「古歌の旅」シリーズを
3回もやってしまったことです。
昨年秋から、久しぶりに定期的に埼玉までレッスンに通い
自分の可能性を色々模索し、試したいという気持ち。
そして小さなところで、親密なコンサートをしたいという
気持ちから実現したシリーズです。
幸運にも素晴らしい共演者に恵まれての音楽活動でした。
便利とは言えない会場でしたが、音響的には素晴らしく
3回も続けて通ってくださったお客様もいらして
応援してくださった皆様に心から感謝申し上げます。
また来年は新たな形になるかもしれませんが、それはまだお楽しみ。
1月2月は私にとって充電期間ですが
3月末にはまた皆様にお目にかかれるかと思います。
時々このブログをチェックしてくだされば嬉しいです。
このブログの発信元のホームページでも
コンサート情報の更新具合を見ることができます。
どうぞ来たる2018年もよろしくお願いいたします。

古歌の旅シリーズvol.3より



聴け、鳥の歌を(終了)

2013-11-04 | コンサート終了報告
2013年10月27日(日)二時半。
宮城野区文化センターパトナホール。

デュオコン第二弾が、今年はグレードアップして終了。
悩みに悩んだ結果、衣装は写真のようになりました。
私の赤と史ちゃんの白(シャンパンゴールド)で紅白。めでたい、めでたい。
そこに三人目の綾ちゃんがクリスマス(うす緑)をしょって登場。いかがでしょうか?

お忙しい中、ご来場いただいたお客様に、心から感謝申し上げます。

このコンサートを開催するにあたってのお礼。
チェンバロ運搬&調律:KOMINEsan
チラシデザイン: A.TAKUkun

そして特に帰国当初から、必ずコンサートに足を運んでくださり
長年私を支えてくださっている合唱団仲間の先輩ご夫婦(と、そのお子様がた)。
本当にありがとうございます。



教会コンサート報告

2013-09-23 | コンサート終了報告
教会コンサートのご報告です。
~教会で聴くルネサンス・バロック音楽の調べ~
にお出かけいただきありがとうございました。
おかげさまで、約50人近くの方に足をお運びいただき
総額47,780円の献金を皆様から頂戴いたしました。
あたたかいご支援に心から感謝いたします。
この金額はそのまま「東日本大震災みやぎこども育英募金」
に振込みさせていただきます。
子供たちが飢えることなく、勉強の機会を失わず
健やかに育つことができますように…。
今後もこのような機会を持ち続けたいと思います。
本当にありがとうございました。

まじわりコンサート~東北の教会音楽家とともに被災地を思う 終了

2013-06-24 | コンサート終了報告

2013年6月30日(日)15時~17時半
日本基督教団 田園調布教会(東京都)

日本キリスト教団 東京教区南支区
東日本大震災 被災地救援活動委員会 主催

私は被災者代表ではないですが、震災当初の生々しい記憶を
音楽の合間に語りつつ、それを人に聴いてもらうことで
なんだか気持ちが少しだけ楽になりました。

今年もありがとうございました(2011年の御礼)

2011-12-31 | コンサート終了報告

こうしてなんとか一年が終わろうとしています。
コンサートに足を運んで下さった方々に心から御礼を申し上げます。

4月にちょっとしたデュオのステージをお聞かせ出来るかな
…と宣伝作成途中での大震災。
当時は歌を歌うことなどもう無いのでは、と思われる惨状。
「音楽家は音楽しかできないから…」
などとは、口が裂けても言えない状況でした。
ボランティアセンターで物資の仕分けをしていた時は必死。
でも皆が慣れない仕事に四苦八苦しながら向き合っていました。
刻一刻と変わる必要な物資の調達は常に時間との勝負です。
今のいま、必要とされることをタイムリーに動くことが求められた日々でした。
あの頃、音楽は私の中で相当後回しだったはずなのに、あの日々の後
今こうして一見震災前と変わらないような気持ちで
音楽に向き合えていることが、なんだか不思議なような申し訳ないような。

今年はピアニストの石原チエさんと活動することが多い年でした。
5月の被災児支援のチャリティに始まり、石巻鮎川での慰問演奏。
選曲が大変難しく、伴奏譜が出版されていないような曲でも
とてもセンス良くアレンジして弾いてもらい、プログラムに幅が出ました。
嬉しかったのは、鮎川で演奏をした際に聞いて下さった方が
仙台で開催されるコンサートに毎回足を運んでくださったことです。
音楽が役に立つ事も少しはあったのなら救いです。
今年最後の、宮城県立こども病院でのクリスマスコンサートも
石原さんの素敵な伴奏で音楽により彩りを添えてもらったのでした。
祈りの歌をもってスタートした今年は、祈りの歌で終わりました。
来年はどうなるのかしら。

この一年ありがとうございました。

津波が直撃した牡鹿公民館の天井を見上げて言葉も出ず呆然としてしまう。


合併に伴い巨大になりすぎた石巻市。小さい集落には当初なかなか支援も届かず・・・


トワイライトサロンコンサート報告(2009,2)

2009-02-08 | コンサート終了報告

天文台でのサロンコンサート
沢山の方に来ていただきありがとうございました。

この日着ていたドレスは、私がオランダ留学中に
副科でヴィオラ・ダ・ガンバを師事した先生のお下がりです。
その先生は現在70歳のドイツ人。裁縫の得意なお母様が
先生のためにあつらえたシルクのドレスらしく
先生が若く活躍していた時代に着られていたもの。
その先生と私の体型が同じだったため、帰国する時に
何着もの思い出の手製のドレスを、私に譲ってくださったのでした。

アンティークというだけでなく
何しろ足を広げて(ガンバは楽器を足で挟むのです)
腕をめいっぱい動かして弾く楽器奏者のために作られた
ドレスなので、とても動き易いのが気に入っています。


「結婚カンタータ」の裏ばなし(2008,1)

2008-01-29 | コンサート終了報告

ご来場いただきありがとうございました。
コンサートを企画、開催するにあたり、フライヤー(チラシ)や
プログラムではご紹介出来なかったけれど
支えてくださった裏方さんをこの場でご紹介させていただきます。

コンサートのステージマネジャーを担当して下さった
矢口めぐみさん。仙台だけでなく県外の演奏会にも携わっています。
ホールとの事前の打ち合わせから当日の照明、室温管理まで
コンサート運営のためのお仕事を一気に引き受けてくださいました。
2005年の芸術祭の時と、今回2度目のおつきあいです。

花嫁のためのブーケを作ってくださったのは
友人のyukaさん。
現在自宅とネットで素敵な雑貨やお花を販売しています。
今回は特別にドレスをイメージして作っていただきました。

「結婚式のカメラマン役」と演奏会のカメラマンも引き受けてくださったのは
永井さん。
天文ボランティア”うちゅうせん”の名物船長さんで、クレーターまで撮れちゃう
カメラ?と、そのユクークなセンスで ”せんくら”のカメラマンもされています。

フライヤーから本番までのヘアメイクはcachetteにお任せ。
こっちのわがままも聞いてくれるし青ざめた頬はバラ色にしてくれるし。
いつも全面的に支えてもらっています。

フライアーに使用させていただいた薔薇は写真配布サイト花恋より。


フライヤーデザイン/浅野卓氏 プログラム構成/某H氏
会場/常盤木学園 助成/仙台市市民文化事業団

<その他協力>
レストランパリンカ。仙台リビング。りらく。RADIO3。
河北新報社(1月29日付けの河北新報朝刊にも評を掲載していただきました)

多くの方の協力を得て演奏会は成り立っています。
もちろん楽しい「結婚式」が成り立ったのも
ご来賓(お客様)のみなさまのおかげです。
ありがとうございました。



「歌とフォルテピアノのコンサート仙台公演評」

2006-03-24 | コンサート終了報告
18世紀のサロンに憩う

ソプラノとフォルテピアノによりコンサートで心地よい一夜を過ごした。
ソプラノの高橋絵里は仙台出身、宮城学院女子大学音楽科を卒業後オランダのアムステルダム音楽院の古楽科でルネサンス、バロック期を中心に声楽を学んだ。彼女の声は留学前から充実感があり安定感も抜群であったが留学を機にさらに輝きを増し、この夜の全ての歌を魅力的にしていた。そしてその歌をさらに引き立てたのが現在のピアノのルーツと言われているフォルテピアノ(ウィーン式)であった。18世紀の初めに登場しその名の通りそれまでのチェンバロにはできなかった音の強弱(フォルテとピアノ)のでる楽器としてヨーロッパに広まった。18世紀末にはより機能性に優れたイギリス式が登場し鍵盤楽器として多く用いられるようになった。この楽器は19世紀末に完成した現在のピアノに比べ、軽やかで音量も大きすぎず温かみのある響きで私たちを18世紀のサロンへと誘ってくれた。プログラムは、F.J.ハイドンの「人魚の歌」「おお素晴らしい声よ」「忠実な愛」で始まった。ビブラートをおさえた瑞々しい歌声は、乙女心の切ないほどの思いや喜びを表現していた。同じくハイドンの「同じようなもの」「人生は夢のごとく」で彼女は、まるで物語を語るかのように情緒豊かに私達に語りかけてくれた。モーツァルトの「ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いた時」「別れの歌」で今度は、つややかで厚みのある声で恋人との別れのドラマを切々と歌い上げた。
 後半のモーツァルトの「暗く寂しい森で」「鳥たちよ、毎年」はフランス語の歌詞で歌われた。フランス語の明るい響きは、彼女の声をより華やかにし二曲目はフランス人と思われる人たちから「トレ・ビアン」の声が掛かる程であった。ゲーテの詩による「すみれ」は、乙女の清楚さが美しく歌われ「ラウラに寄せる夕べの想い」では、人生の最後を暗く沈んだ声で表現しようとしていた。この歌は何年か後に年輪を経た彼女の歌でまた聴いてみたいと思う。プログラムの最後で彼女は、愛する人への思いを素直に「クローエに寄せて」で告白し聴く者の心を幸せにしてくれた。この夜を支えたフォルテピアノは、岩村の明瞭なタッチとそのビルトーゾ(職人芸)によって常に生き生きとその真価を発揮していた。岩村は、モーツァルトの幻想曲ニ短調とC.P.E.バッハのロンドハ短調の好演でその音楽性の豊かさを十分に示していた。
 前途あるこの二人の演奏をまた聴いてみたいと思いつつ家路についた。
アカデミー学院長
佐藤佳樹

出典(仙台市市民文化事業団情報誌「アルセン」2006.1月号vol.31)
写真:大宮司勇