伝次朗の Befor & After独り言

人生・ビジネスの方向性に迷走しないための元気と勇気と笑顔を与えるブログ

悩んだ時には伝次朗に会いに行け!!

こんにちは!藤田伝次朗です。 随時、エクササイズ指導やセッション・相談を行っています。 メール denjirou★dream.com(★を半角の@に変えてください。)に お気軽にご連絡ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パーソナルトレーニングモニター募集!!

2018-07-12 | エクササイズ
この度、パーソナルトレーニングのモニターを募集することになりました。

こんにちは、伝次朗です。

ある若手トレーナーから言われた一言
おっさんには無理」の言葉からはじまった怒りの感情

悔しい気持ちを晴らすために、
運動から遠ざかったおっさんでも、
人間力の高いトレーナーに指導してもらえれば、
若者以上に魅力的な健康美!
肉体美!
になれることを
自ら証明したくはじまった
伝説の健康運動トレーナーへの挑戦物語

1600時間という(1日3時間以上)の勉強と実践を
日々積み重ね、

やっと自前の小規模ジム&サロンを開業できる寸前にまで辿りつきました。

そこで、ジム&サロン開業前に自社商品である
トレーナーの力量や人間性を実感してもらい
トレーニングメニューの効果、
運動する楽しさ、喜び等を実感してもらえる
企画アイディアなど
弊社のサポーター&オピニオンリーダーとなっていただける方を
募集してます。


興味のある方は、是非ご連絡下さい!

コメント

筋トレは最強の美容効果

2018-07-05 | 部下を成長させる指導力
筋トレが美容効果

運動健康トレーニングコーチの勉強を始め
1600時間が立ちます。

妻や久々に会う友人から
目がキラキラ。肌ツヤもイイね。
若返ったね。とよく言われるようになる。

2年前は体重86kg 体脂肪率23.7%
お腹はポッコリで 500mも走れないほど
不健康で運動不足でした。

そんなおっさんの僕が
「おっさんと呼ばれない」までになった
筋トレ&健康エクササイズ効果の一部を
お伝えします。

「筋トレは最強の美容効果がある!」

筋トレ&エクササイズをすると
美容にどのような効果があるのか


①成長ホルモン(若返りホルモン)が分泌。
②血行・リンパの流れの改善。
③「姿勢」が良くなる。
④「ストレス」を発散できる。
⑤「質の高い睡眠」が美肌に繋がる。

①について
成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれ、アンチエイジングに欠かせません。
お肌のターンオーバーを促進したり、
肌ダメージを修復する役割を担って
います。

②について
血液やリンパの流れが悪ければ「お肌がむくんだ状態」になります。なんだかパッとしない老けた印象を与えてしまいますよね。しっかりと血行を良くすることで「小顔効果」も期待できます。

③について
姿勢が良くなれば、見た目が良くなるだけでなく、全身の血行が良くなります。血行が良くなれば、お肌に必要な栄養素もきちんと活かされますし、全身に満遍なく酸素を送り届けることができます。つまり美肌にも役立ちますし、常にパフォーマンスの高いカラダを維持することができるのです。

④について
筋トレをすると、悩みの9割は消えています。人生がずっとシンプルになるのです。ストレスはお肌の大敵。ストレスフリーな生活で美しいお肌へ。

⑤について
睡眠は美肌の源。いかに質の高い睡眠を実現するかが大切です。


美肌を実現するためには、どのような筋トレ(ワークアウト)を行えば良いのか。
いきなり有名なパーソナルジムへ入会しても良いですが、かなり多くの予算が必要です。それよりも自宅でできる自重トレーニングから始めるのがオススメ。

自重トレとは
自分の体重を利用した筋力トレーニング
例えば、腕立て伏せとかスクワットなど
いくつも方法はあります。

ただ注意するひとつに
正しいフォームで行うこと。
むやみやたらとやって膝や腰を痛めてしまってはもともこもないので、
正しいフォームやり方を本を買って勉強する
のもいいと思います。

ーーーーーーーーーーーーー
伝次朗パーソナルトレーニングへの
問い合わせは、メールにてお願いします
24時間以内にご返信させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーー
コメント

商売は人間の業を肯定から

2018-05-18 | ビジネス経営力
日本がおかしくなっている理由の一つが
タバコ問題じゃないか?
タバコを吸うな、というのは、非人間的な考えだと思う。
人間は弱い。
タバコも吸うし、お酒も飲む。エッチもする。
暴飲暴食は人生の華だ。

そのあたりを否定して、「正しい人」になって、何になるのか。
「落語は人間の業(ごう)の肯定」と談志家元は喝破した。
商売もそうだろう。

人間が人間を相手にしているのだから、
人間の弱さをすくいとらないで、何が商売だ。

あるホテルの採用ページにいくと
「あなたはタバコを吸いますか?」
と聞かれる。
わざと「はい」とボタン押すと、
採用応募資格なし、とされる。

そしてなぜ、喫煙者を採用しないのかについて理路整然と
書いてある。笑止千万である。
ホテル業は人間業だ。
ここの経営者は人間を、本当の意味で愛していないのだろう。
人間を、「お金を運んでくる人か、そうではない人か」という
二種類のものさしでしか、見ることができないのだ。
だから彼のホテル(リゾート)は、つまらないのである。
こういう小粒なビジネスが大手を振っているのなら、
それは放っておいて、きちんと商人(あきんど)して
儲ければいいだけの話だ。

繰り返す。
商いは、人間の業の肯定から始まる。
コメント

調子悪すぎ!!!

2018-05-16 | ビジネス経営力
本業のビジネスが調子悪すぎ
野球に例えると、試合にも出ず
ベンチを温める日々の感じです。

過去の栄光を自慢するつもりはないが
起業家&人間プロデュサーとして
対話コミュニケーションを武器に
数多くの起業・新規事業スタートアップ
に関わり15人の企業経営者を自社から
輩出。3割8分の確率で素人同然の
起業家スタートアップを成功に導いてきた。

そんな実績も自信も無くなるくらい
自分の事となるとどうもうまくいかない
自分にイラつく。
伝次朗(私)のようなコーチ&トレーナーが欲しい!!



①顧客ターゲットの「不」を徹底してつかみ
②不を解消できる商品サービスを創り出し
③ベネフィット、訴求点を明確に言語化
④知ってもらう販促活動を行い
⑤実際にサービスを体験してもらい
興味と関心保持層を広げ
⑥お客様に感動を提供し
⑦気持ちよくお金を払ってもらう。

この一連のローチンが上手く出来ない。
吾輩のビジネスセンスも運も落ちてしまったのか
真の原因は違うところにあると思いたい気分。

資金が底をつけばゲームセット
残り数ヶ月の命!!!
おーい!誰か吾輩を必要としてくれる人
できることは、なんでもします。
「仕事依頼お願いします!!」


★スポーツ運動パーソナルトレーナー
★パーソナルビジネスコーチ

(企業研修)
●部下の能力を引き出すコーチング研修
●新規事業プロデュース企画立案計画研修
●起業家精神&自立型人財研修
●女性の活躍を引き出す対話コミュケーション研修
●人前で話す講演力、スピーチ力研修

*料金は依頼者の希望にあわせます。
*まずは、伝次朗の仕事を体験して金額は決めてください。
コメント

知識入手より行動できる人を目指す

2018-05-15 | ぶれない自分作り

思うような成果や結果がでないと
行動力が落ち、行動できない理由を考えてしまう。
なぜなら!
行動しないことで、不安や恐怖を感じなくて済むから。


行動できない理由4つとは・・

理由① 何かを失うリスクを考え過ぎ
例えば、
「金銭的リスク」
「時間的リスク」
「精神的な苦痛」
「プライドが傷つくリスク」
「社会的に疎外感を感じるリスク」

理由② 周りの応援を得られない

理由③ 期限を決めずダラダラやっているから

理由④ 起業家精神が低いから

頭でわかっているのに行動できない人は
知識入手を重視しているため、
理性が優先され
感性が鈍っている人。

理性型に多く見られる傾向に
得られることより失うことを
非常に怖れる。

だから、頭ではわかっているのに
行動できない状態に陥る。

そこで、行動できる人に変身するには

どうすればいいのか。

伝次朗が取り組み、効果があったものをひとつ紹介します。

秘伝
「自分の気分をありのままに書き、言葉や気分をアウトプットする。」


ポイントは、ノートに書く前に、
目を閉じ今の気分を冷静に感じ受け止める。

次に、ノートに気分を書きなぐる、
そして、その内容(状況)を見て、
未来にその状況をどう変えたら良いかを書く。

最後に、今、自分が望む結果を得るために
できることを書く。

それを続けることで、

「表現欲求が高まる」
「自分がどうなりたいか欲求があぶりだされる」
「欲求に対して気分をコントロールできる」

はじめてやられる人は、書き出していい気分になるのに
1時間程かかりますが、何度かやっていると

40分、30分20分10分5分と短時間で
前向きな陽気な気分にできるようになれます。



======================

(追伸)偉そうに書いている伝次朗も、

ひとりで仕事する限界を感じ行動力が落ち

仲間がいればとぼやきまくりです。

本音で語り合える人を求め奇跡を願う弱い男です

======================
コメント