吹けば飛ぶような泥団子

でいしろうを名乗る人物のいつ消えるか分からないブログ。当面はレッスルエンジェルスネタ中心?

香澄とつかさのだらだら日記446日目

2007年11月23日 22時00分10秒 | 香澄とつかさのだらだら生活
女子寮のある部屋での会話

(ほわーっとしている3人)

草薙:……かわいかったですねぇ……ペンギン……
辻 :うん。足元を無警戒にヨタヨタと……
真鍋:いやー……あれはなんつーか……反則だね。

(ほわー)

草薙:その後の犬と猫も良かったですね……
辻 :猫はちょっとかわいそうだったかなー。あんなに人に触られて、めーわくそうだったし。
草薙:犬は自分から寄ってきましたね~。
辻 :人間が好きなんだろーね~。
草薙:膝にのぼってきましたもんねえ。
真鍋:エロ犬もいたけどね。人の股にばっか顔つっこんでくるヤツ。
辻 :つかさ、何か犬向けのフェロモン出してたんじゃないの?
真鍋:うーん……それなら人間の男に……と言いたいけど、別に犬を魅了するのもありかにゃ~。
草薙:いいですね~。犬……飼いたいですね……

(今日の試合のことはどこかへ飛んでる3人)

辻 :といっても、ここじゃね。
真鍋:うん。魔王さまがせいぜい……

(3人、何の気なしに魔王さまを見る)

ハム:…………………………………………………………

(魔王さまが、うかれる3人を見ていた)

辻 :……あ……
草薙:その…………
真鍋:…………えっと……

(何だか気まずい3人)

草薙:……あの、別に魔王さまに不満があるわけじゃないんですよ?
辻 :そうそう、魔王さまは魔王さまで魅力的だし。
真鍋:ハンサムだよねー、魔王さま。

(何故か言い訳開始)

ハム:…………………………………………………………

(魔王さまは、何故かじっと見ている)

辻 :あぅ……
草薙:……………………
真鍋:…………うぅ……

(とても視線を痛く感じる3人)

最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。