文化情報ゼミ ~古文書とゆるキャラの日々~

京都府立大学 文学部歴史学科 文化情報ゼミのゼミ生がその実態を綴ります

11月の活動

2021-12-03 12:00:00 | 活動報告
度々こんにちは!3回生のSです!

今回は、11月の活動について報告させていただきます~
11月は、十津川調査から始まり、その後は学内での実習が主な活動でした。

十津川での調査では、これまで私たちが実習や調査などで行なっていたものとは違う撮影方法を学ぶことができました。そのため、調査から帰ってから、これまでの文書撮影手法をさらに改良できるのでは?と考え、3回生を中心に検討を重ねました🤔
今回はその点について、詳しく紹介させていただきます~


改良ポイント① 独立型スケール・文書ラベル
これまでの文書撮影では、台紙にスケール(メジャー)を張り付け、ラベルはクリップ・ピンで留めるという形でした。

▲このようにクリップで毎回挟んでいました

これを、スケールとラベルを一体化させてはどうだろうということで、皆で試行錯誤して考えました。

▲マグネットを使ってラベルをぺたっとさせることも考えましたが…断念!

▲紙でラベルを挟む事にし、試作をしていきます!

こうして、独立型スケールくんシロウ・ゴロウ・ロクロウが完成品になりました👏
▲文蔵「こんな感じになったぶん!!!」


▲ラベルケースも一新しました!


改良ポイント② 撮影の向き
これは小さな改良なのですが、これまでカメラ・文書を手前側から撮影していましたが、今回からカメラ・文書を逆側から撮影するように変更しました!

▲このように、カメラとしては正しい方向・撮影者側からは逆で撮影します。

こうすることによって、三脚の足が撮影者側に向くことがなく、頁をめくることが簡単になります。小さな差ではありますが、長い横帳などを撮影するのがかなり楽になりました!!


以上が今回行なった古文書撮影の改良です。また今後も、様々な撮影方法を学び取り入れていければと思います🔥

また、現在も3回生は文化遺産学演習での個人研究、4回生は卒論に向けて各々作業を進めています。後期も残り数ヵ月、頑張って行きましょう~😀 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木野愛宕神社の祭礼準備

2021-11-30 12:00:00 | その他
こんにちは、3回生のSです!
今回は、10月に参加した木野愛宕神社祭礼準備について紹介させていただきます~!!


木野愛宕神社は、嵯峨から粘土を求めて岩倉木野へ移り住んだ土器師一族が、1600年頃に嵯峨野々宮神社から歓請したものと伝えらています。毎年10月23日に祭礼が行われていおり、祭礼神事の後には烏帽子着(袴着)という元服式が行われます(京都市無形民族文化財)。

今回、先生からのご紹介により、我々学生が祭礼の準備作業に参加させていただきました。
以下に、詳しい各日程の作業をご紹介致します😌 
 

●9月26日(日)
 この日は町内の方々と共に、藁そぐりの作業をしました。これは、神社の鳥居に飾る大しめ縄を作るための準備作業です。藁一本一本からはかま(根本に付いた葉)を取り除き、茎の芯の部分だけを残します。
 
 
▲地域の方々に教えて頂きながら、黙々とそいでいきます…!


●10月10日(日)
 この日も全体としては、藁そぐりを継続して行ないました!はかまを取り除いた藁は、木槌を使って叩き柔らかくします。その後、数人掛かりで藁を編み込んで大しめ縄が作られます。


▲完成したしめ縄は、古いものと交換され鳥居に飾られました✨

 また、御幣・紙垂の作成についても教えて頂きました。なかなか出来ない貴重な経験で、とても楽しかったです!


▲型紙に沿って切り目を入れ、切り目ごと順々に折っていきます


●10月22日(金)
 この日は祭礼前日という事もあり、様々な神饌作りに参加させて頂きました。木野愛宕神社の祭礼では、神饌としてゆり膳・一の膳・ニの膳・花膳という4種のお膳をお供えしているそうです。


▲このように、様々なものがお供えされます!


●10月23日(土) 祭礼当日

  例年では夜に神事と奉納舞、烏帽子着が行なわれますが、今年は新型コロナウィルス感染防止のため午前中に神事を行なうのみでした。
 神事は午前10時から始まり、氏子総代に連れられ神官が入場し、神前で様々な儀式が行なわれました。本来の夜間に提灯を灯して行なわれる神事も荘厳ではあるでしょうが、今回昼間の神事ということで、神事の様子をよく見ることができる良い機会になりました。


▲厳かな雰囲気の中、氏子総代の方々と下鴨神社の神官さんにより神事が行われました



 今回、木野愛宕神社の祭礼準備に参加し、普段はあまり知ることができない祭礼の裏側を知ることができ大変貴重な経験となりました😊 

 木野愛宕神社では、氏子の方々が協力して地域と共にこの祭礼を継承していこうと活動されており、記録・発信も熱心に行われています。気になった方は、是非木野愛宕神社さんのHPをご覧ください!!

最後に、我々学生を暖かく迎え入れてくださり、それぞれの作業について丁寧に教えていただいた木野愛宕神社氏子の皆さん、木野地域の皆さん。この場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました!!!



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10月の活動

2021-11-19 12:15:05 | 活動報告
先ほどぶりです、ゼミ生のYです🎵
今回は、10月の活動についてお伝えいたします!

10月からは、いよいよ大学の後期授業が開始となりました!
対面可能な授業が増え、構内にもたくさんの学生が戻り、去年からは考えられないほどの活気に包まれることになりました😆😆


さて、文化情報学ゼミでは後期から、本格的に芦田家文書の調査を開始しました。
文書の写真撮影を中心に、ラベル作成・付箋作成、そして早速目録取りの作業に取りかかっています。
これまで行ってきた木船衛門家文書や大池文書には見られなかったタイプの文書が見つかったりしていて、今から調査をどんどん進めていくのが楽しみです🥰🥰


また、10月はようやく調査が解禁!ということもあり、恒例の舞鶴調査を行ってきました!🐤🐤🐤🐤
なお、今回は初日に半分のメンバーが丹後由良調査を行い、2日目に合流という形となりました。




▲実は丹後由良調査は今回で最後とのこと……気合が入ります。
この調査の成果報告は12月に現地にて行われる予定です⛄




▲一方その頃の木船衛門家文書調査チーム。もくもく目録を取ったり、文書撮影をしたり。撮影時の照明調節には毎回四苦八苦します💦




▲2日目は丹後由良調査チームと無事に合流。人数が増えると、作業もその分捗るというものです😙




▲調査のあとは美味しい海の幸。私はこのお店のわらび餅が大好きです😋😋


他に10月中に行った活動としては、木野愛宕神社の祭礼準備及び本番に参加させて頂いたり、そして念願の十津川村調査に行けたりもしました!🥳🥳🥳
こちらについては別に記事を設けたいと思いますので、次回の記事を楽しみにして頂ければと思います!


2本立てでお送りした文化情報学ゼミの活動、いかがでしたでしょうか?
後期こそはブログもTwitterもきちんと更新してまいりますので(各位申し訳ありませんでした……)、見守って頂けますと幸いです🔥🔥

以上、夏休み及び10月の活動についてでした!また次の記事でお会いしましょう!!



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏休み中の活動

2021-11-19 12:15:05 | 活動報告
皆様お久しぶりです、文化情報学ゼミ3回生のYです!
前回のブログ更新からだいぶ期間が空いてしまい、大変申し訳ありません💦💦
その分、今回は記事2本立てのボリューミーな仕上がりとなっております!是非お付き合いください😌😌

1本目は絶賛夏休み期間、8・9月中の活動についてです🍉🎑
8月は、久しぶりに丹後由良での調査を行いました!


▲丹後由良はその名の通り、軍艦「由良」ゆかりの地。由良神社文書からは、「由良」関連文書も発見されました! また、丹後由良駅には「提督」さんたちの愛が詰まった祭壇が……🤭

▲由良神社にて文書を蔵から出し、作業場へ運んでいる様子。
雨が降っていたので、文書を濡らすまいと必死です☔

▲文書の写真撮影チーム、付箋制作チームなど分かれて作業しています。ひとつひとつが大事なお仕事です。

この調査終了直後に緊急事態宣言が出てしまったので、しばらく現地での調査はお預けとなってしまいました……。

ですが、9月には夏休み中にフィールド調査実習に参加する2回生の皆さんを中心に、芦田家文書整理を行いました!


▲ゼミ生が2回生の皆さんに付いて、調査手法を指導しつつ……。


▲普段ゼミ生が行っている実習を体験する形で、文書撮影・目録取りなどを行ってもらいました。
※2回生の皆さんのフィールド調査実習は11月に行われ、その様子はTwitterでお知らせしています!

夏休み中は奈良県十津川村での調査や舞鶴調査も延期となってしまい、思うように調査が出来ない日々が続きました😢
しかし、10月になると、大学の後期開始かつ緊急事態宣言も明け、やっと思う存分!外に出られる日がやってきました!!🎉🎉
そちらについては、次の記事にてお伝えいたします!

「10月の活動」に続く……。




▲おまけ:作業場としてお借りしている由良神社の社務所に引っ付いていたヤモリさん。いや、イモリさんかもしれません。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7月の活動

2021-08-01 00:00:00 | 活動報告
お疲れ様です!ゼミ3回生のSです!

レポートの締切で追われる中、息抜きにブログを書きたいと思います~
皆さんはもう夏休みに入りましたか?レポートが終わるまでが前期ですよ(帰るまでが遠足理論)


さて!7月の活動報告をさせていただきます。


今月はやっと、舞鶴での調査にいくことができました👏
日程としては7月10・11日の2日間、みっちり作業をしてきました。

撮影・目録・ラベル張りにそれぞれ分かれて作業しましたが、いつも実習で撮影などをしている事もあり、初めて舞鶴調査参加だった学生もとくに焦ることなく作業ができたのではないでしょうか。


▲こちらはラベルを貼って乾かしている様子 

個人的には、今回の調査で自分が扱った箱でちょうど虫食いのものが多く、1枚1枚気を付けて剝がすのが大変だったイメージがあります…笑


▲カル〇ファーみたいな虫食い


そして!舞鶴調査といえば美味しいご飯!


▲今回は文蔵くんも一緒にパシャリ📷

夏休みもたくさん調査に行って経験値を積みたいですね!!



また、文化情報学実習でおこなっていた大池文書調査も、前期の授業が終わり区切りがつきました。


▲実習の様子

3つの文書箱の内、箱1の翻刻打ち込み・目録取りが終了しました。
今年度は、後期も続けて大池文書の調査を続けていく予定です。



とりあえず前期!お疲れ様でした!!

夏休み・後期も続けて、ゼミ一丸となって頑張っていきたいと思います🔥
今後ともよろしくお願いいたします~😊 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする