トリコロールに命を懸けろ!

横浜Fマリノスをこよなく愛するブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

0-1見た目以上の敗戦

2018年10月27日 | ルヴァン杯
決定的なPKを2回見逃されたとはいえ、完敗と言って良いでしょう。湘南は出だしから厳しく実直にマリノスの攻めを封じてきました。

前半は完全に湘南。フィニッシャーがもうちょいまともだったら3-0もありました。

なんとなくフワッとした立ち上がりをつかれたマリノスは攻め手を欠いて後ろで作り直すシーンが多々。仲川の裏抜けとかシンプルに使えばよかったんじゃないかなあ。

後半に入ってもしっかり閉じて守り抜いた湘南。かなりベタ引きしたのでスペースがなかったですね。ああなるとドリブラーが必要ということでマリノスはイッペイを入れてアタックをかけました。いいところまで行ってたんだけどもなあ。ファウル取って欲しかった。

その後も翔さんのポストプレー、山中のドッカンFKとといいところまではいったんですが力及ばず。何回かあったCKがあんまりチャンスにならないんですよね。アマジュンじゃないキッカーいないのかな。

残るはリーグ戦ですが上はもう望めないし降格しないようにということでモチベーション上がりますかどうか。
コメント (1)

さあ大一番!

2018年10月27日 | ルヴァン杯
いよいよルヴァンカップもファイナルに。大勢の人が今まさにさいたまスタジアムへ向かっていることでしょう。てか浦和美園遠い(T . T)

今までとは180度戦い方を変えたマリノスがカップを手にするとなればこのハイプレス路線が一定の成果を上げることになります。

ちょっと不安なのは左SHですか。ニューヒーロー賞の遠藤が負傷でダメそう。枠的にブマルは使えないからイッペイかユンとなりますが・・。両者ともここが踏ん張りどころですね。

サポーターも含めて全員でルヴァンを勝ち取ろう!
コメント

決勝進出!この街にカップを!

2018年10月15日 | ルヴァン杯
セカンドレグは2-2の引き分け。二試合合計で4-3とマリノスが上回り決勝へと駒を進めました。

いやーギリギリでした。初っ端から両軍見せ場を作って一発勝負の決勝戦のような立ち上がり。現地チケットが取れずテレビ観戦してましてがスタンドの盛り上がりたるや。行きたかったなあ。

前半はマリノスでしたね。高いプレスからボールを拾い、ウーゴ、仲川とゴール。仲川のゴールはハーフスペースを活かしたデザインされたゴールでした。固い鹿島守備陣を崩し切ったのが湯快爽快です。

折り返して0-2とされても鹿島イレブンは目が死んでませんでした。後半頭から押してきましたね。ビハインドを負ってるので当然なんですがこれが全員に徹底されているのが常勝軍団たる所以でしょう。

飯倉はそのプレッシャーに気圧されたのでしょうか。鹿島18番がエリア内にいるという事で一回やり直してるにもかかわらず懲りずにショートパス。そしてここから失点し、あとは鹿島押せ押せムード。

これは大いに猛省すべきでしょう。2-0で勝ってるのに焦って繋ぐ場面ではありませんでしたし。まあやり直しのプレーでもボックス内に入ってたんじゃないかとは思うのですが。

飯倉はハイボールの処理なんかにも不安があるし来季考えるのはこのポジションかもしれません。

裏のゲームは湘南がPK戦の末、柏を下したということで、なんなら日産スタジアムでやってくれよという決勝戦。遠い埼スタではありますが、なんとか駆けつけたいところ。

是が非でも勝利を。この街にカップを!
コメント

鹿島に劇的勝利!

2018年10月11日 | ルヴァン杯
試合は終わってみるまでわからない、そういう試合となりました。

苦労の末にアマジュンの直接FKで先制したマリノス。ここからアマジュンを下げ喜田を投入。残り15分を守り切る意思を示したマリノスでしたが、審判の示したアディショナルタイムは5分。

ここにドラマがありましたねー。土壇場で鹿島に同点。うわーヤラレターやっぱ強えしぶといな。と思いましたね。見てた人もほとんどの人が、「これで終わった感」あったんじゃないでしょうか。

しかし諦めてない奴がいましたね。山中のFKからこぼれ球をウーゴ!きっちり詰めて最後の最後に突き放しました!いやーカッケーウーゴ。俺たちのウーゴ愛してる!
コメント

翔さん覚醒

2018年09月12日 | ルヴァン杯
ガンバ大阪さんには自信をつけさせてもらいましたな。若手に経験を積ませたかったと言うのがガンバ宮本監督の意向だったでしょうが、二戦7失点ではその壁の厚さこそ痛感したことでしょう。

しかし伊藤翔。アーリークロスにめっぽう強いウーゴに秘訣でも習ったんでしょうか。すごく仲が良いようだし。

クロスに対しニアに走りこんでゴールを連発誘発。サイドアタッカーがブマルでも遠藤でも同じような得点を取れると言うのが形になってますね。

ウーゴも原点に戻ってワンタッチプレーすれば今ならいけるはず。

リーグ戦の再会が楽しみになって来ましたね。
コメント