ブレストシーブ刀剣愛好会in宮城工場

宮城工場の刀剣好きブログ(^-^)

刀剣展示 in 薬師寺!

2024年02月28日 | 日記

昨年11月の倶利迦羅不動寺展示後、なかなかブログの更新ができていませんでしたが・・・

今年は薬師寺(奈良県奈良市)での日本刀展覧会が決定したようです!!

財団HPより↓↓

昨年は大崎市、倶利迦羅不動寺共に大盛況でした。薬師寺の展覧会も今から楽しみです(^o^)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

彫りのある刀剣紹介⑨<真の倶利伽羅>

2023年11月03日 | 日記

古刀期の武蔵国(現在の東京都)を代表するのが下原一派で、そのなかでも周重、康重、照重、広重の四工が著名な刀工です。

本刀は地鉄・刃ともに出来が優れ、下原一派の代表作の1口です。

表に倶利伽羅、裏に不動明王の彫りがあります。

 

武州下原住康重(末古刀、武州)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

彫りのある刀剣紹介⑧<真の倶利伽羅>

2023年11月02日 | 日記

国路は、新刀の祖として有名な堀川国広(ほりかわくにひろ)の門人で、そのなかでも高弟(弟子の中でも優れた者)とされる刀工です。

表櫃(ひつ)の中に真の倶利伽羅が彫られています。

 

出羽大掾藤原国路(新刀)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

彫りのある刀剣紹介⑦<真の倶利伽羅>

2023年11月01日 | 日記

粟田口近江守忠綱(あわたぐちおうみのかみただつな)は、初代忠綱の子で、のちに一竿子(いっかんし)忠綱と称しました。

津田越前守助広、井上新改と共に大坂新刀の三傑といわれています。

彫刻を得意とした刀工で、力強い作を多く残しており、本刀は得意の倶利伽羅が彫られています。

今回の展示チケットの右側の真の倶利伽羅の写真は本刀です。

 

粟田口近江守忠綱(新刀)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

彫りのある刀剣紹介⑥<真の倶利伽羅>

2023年10月31日 | 日記

草の倶利伽羅に続き、今回から真の倶利伽羅を紹介していきます!

人間国宝の故・隅谷正峯(すみたにまさみね)刀匠による小竜景光写しです。

本歌である小竜景光は、備前景光の作で国宝に指定されています。

刀身に施された倶利伽羅の彫りから「小竜景光」と呼ばれ、また磨上げ(すりあげ)によって龍がハバキ上にわずかにのぞいて見えることから「覗き竜景光」とも呼ばれるようです。

 

隅谷正峯:小竜景光写し(現代刀、人間国宝)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

彫りのある刀剣紹介⑤<草の倶利伽羅>

2023年10月30日 | 日記

今回は、泰龍斎宗寛(たいりゅうさいむねひろ)です。

泰龍斎宗寛(たいりゅうさいむねひろ)は新々刀期の刀工で、当時の名人・固山宗次(こやまむねつぐ)の弟子として知られる刀工です。

刀身彫りを得意としたと伝わります。

 

泰龍斎宗寛(新々刀)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

彫りのある刀剣紹介④<草の倶利伽羅>

2023年10月27日 | 日記

今回は、長曽祢虎徹(ながそねこてつ)です。

江戸時代、越前国(現在の福井県)で甲冑師の家に生まれ、50歳ごろに江戸に出て刀鍛冶となった経歴を持つ刀工です。

名刀作者として名高い虎徹ですが、自身で刀身に彫りを施した作を残しており、本刀も虎徹本人が樋中に草の倶利伽羅を施したものです。

 

長曽祢虎徹(新刀)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

彫りのある刀剣紹介③<草の倶利伽羅>

2023年10月26日 | 日記

今回は、千子村正(せんごむらまさ)です。

初代村正は平安城長吉の弟子と伝わる刀工です。

草の倶利伽羅は同派が得意とした彫りで、前回ご紹介した平安城長吉の彫りと似ていますね。

是非、実物をご覧になって見比べていただきたいです。

 

村正(末古刀、伊勢)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

彫りのある刀剣紹介②<草の倶利伽羅>

2023年10月25日 | 日記

今回は、平安城長吉(へいあんじょうながよし)の草の倶利伽羅をご紹介します。

平安城長吉は、室町時代中期に活躍した初代村正の師匠と伝わる刀工です。

本刀の彫りは「倶利伽羅(くりから)」と号がつくのも頷ける優品です。

是非実物をじっくりご覧いただきたい一振りです。

 

平安城長吉:号 倶利伽羅(末古刀、山城)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

彫りのある刀剣紹介①〈草の倶利伽羅〉

2023年10月24日 | 日記

11月の倶利伽羅不動寺で展示予定の刀剣画像を入手したので、その一部をご紹介していきたいと思います
今回は、勝光(かつみつ)・宗光(むねみつ)の合作刀です。
末備前を代表する名工・勝光とその叔父と伝わる宗光の合作で、両工は合作を多く残しており、優れた出来のものが残っています。
本刀は草の倶利伽羅の彫りが施されています。

 

勝光・宗光合作(末古刀、備前)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする