ゆりの木-まちづくり活動のブログ

NPOアクト世田谷たすけあいワーカーズゆりの木のブログです。ゆりの木が実施している「まちづくり活動」の報告をします。

子育て広場でフラダンス披露

2018-08-07 15:23:10 | フラダンスの会

7月25日(水)11:00~12:00で開催された「生活クラブ子育てぶらんこ」主催の「ハワイアンミニコンサート」に参加して、<涙そうそう>

                              <パールシェルのラダンス>を踊り、3曲目の<明日があるさ>は会場の皆さんの歌声とともに踊ることができました。0歳から3歳までの

お子さんがドレスを着てママの膝の上で楽しそうに見ていました。踊りの後はママさん有志によるウクレレ演奏を聴き、全員で<アイアイ>を歌い、その後スイカを食べて楽しい時間を過ごしました。

 

コメント

猛暑の夏です

2018-07-18 21:19:12 | ミニデイ「水曜クラブ」

7月18日、水曜クラブ。

最高気温35度🌞の猛暑の中、24名が参加しました。

今日のメニューは夏カレー、ミモザサラダ、すいかです

夏カレーは野菜がたっぷり入っていて、辛さ控えめ。

ミモザサラダは見た目も涼しく食欲をそそります。

すいか🍉はとびきり甘くて美味でした。

 

食事の後のお楽しみはフラダンス❗️

ゆったりとした音楽に乗って素敵なダンスを

見せていただき、優雅な気分になりました。

 

まだまだ暑い日は続きそうです。

こまめに水分補給をして

熱中症にならないよう気をつけてください。

9月になったらまた元気にお会いしましょう。

コメント (1)

認知症について(中枢症状と行動・心理症状)

2018-07-14 19:43:44 | 研修

 

2018年7月14日(土)14:00~16:00 成城ホール集会室Dで、講師に長尾洋江先生(看護師・介護福祉士)をお招きして、今年度のゆりの木の重点テーマである認知症の症状を学び、事例検討をしながら対応についてご指導いただきました。

行動・心理症状(BPSD)になる可能性を高めるものとして7項目を挙げられ、その中の一つとして「介護者の力量」があり、「ご利用者の横から急に呼びかける事、ご利用者の手首を掴む事、ヘルパーの声が大きいことやおしゃべりが過ぎること、ご利用者の行く手を遮ることなど」がBPSDを起こしてしまうと教えられました。

認知症の方は視野が狭くなり、横から呼びかけると驚いてしまうこと、手首を掴む行為は拘束されたと思わせるので、手首と肘の間辺りを支えると良いなど、原因と方法を具体的に教わり、つい行ってしまいがちな行為なので改めて気を付けなくてはと反省しました。

後期高齢者の認知症出現率が53%とのことで、平均寿命が女性87.14歳男性80.96歳(2016年度統計)となった日本では認知症を患う方が今後増加していくことが予測されています。認知症の症状を理解し、適切な対応でご利用者に穏やかに過ごしていただくためにも、介護技術のスキルアップを目指します!

コメント

おしゃべりカフェを開催しました!

2018-07-08 16:25:47 | ニュース



第4回おしゃべりカフェを開催しました
雨の中、皆さんお集まり下さりありがとうございます
今回の企画は、メンバー募集で、ゆりの木の魅力を地域の多くの皆様に知っていただきたく開催しました。

小さなお子様連れの方、リフレッシュがてら外で働いてみたいなー
というお気持ちなど伺えて私たちも良かったです!

私たちと一緒に是非働いてみませんか

お問い合わせお待ちしています

NPO・世田谷ゆりの木
03-3429-6721
actyurin@oak.ocn.ne.jp

コメント (3)

懐かしい紙芝居

2018-06-20 17:05:50 | ミニデイ「水曜クラブ」

 

今日はミニデイにボランティアの佐藤元昭さんがいらっしゃいました。

日本むかし話の紙芝居『食べられたやまんば』を読んでくださいました。

とても良いお声で、紙芝居の枠も雰囲気を盛り上げます!

 

『ふるやのもり』の朗読を聴かせていただいたあと、もうひとつ紙芝居『ゆめみこぞう』を楽しみました。

利用者のTさんも読んでみました。

とてもお上手です

 

みなさん、雨の中お集まりいただきありがとうございました。

次回は7月4日です。

 

コメント (1)