見出し画像

シロガネの草子

眞子内親王殿下のお誕生日 ~それでも百日紅は美しい~ (コメントを受付ています)


 多くの国民は、このご縁談には反対なのですが・・・・・姫宮様には、『小室K氏へのご結婚の意思に変わりない』との事です。もう、どうにもならないのかも、しれません・・・・・。

 アメリカでのK氏です。相変わらず女性との一緒の写真ばかりのK氏です。この人は男性より、女性の方が、コミュニケーションが取りやすいのかもしれません。こういうところが、姫宮様のお心を放さないのでしょう。

 タラシの名人なのでしょうね。頭もいいですし。K氏は女性運には恵まれていると思いますし、今時はこういう男性こそ、世の中に必要とされて、いるのでしょうか?人間性は???ですが、こういう男性が一般なら、ともかく皇室の女性と結婚していいものかと、シロガネはいつも思うのです。合わないのではないでしょうか。身分とか、お家柄とかそれ以前に、『人間性』が!!友人とか、恋人とかでしたら、良いのかもしれませんが、結婚相手では・・・・・ダメでしょうが。


 こういう系(K)の男性は、結婚後も『我』を通して、浮気もするでしょうね。一途に『夫の貞操』を守るとは思えません。結局は、姫宮様が、我慢を強いられるのでしょう。当たり前です。これだけもう反対するなか、一緒になって、早々は離婚はできないでしょうし。結局は小室K氏の方が得をするのです。外国に住みたいという希望ですし、日本だったら、出来なくとも、外国だったら、可能でしょう。

 それを見越して、いるように見えて仕方がないです。この人にとって女性とは・・・・・なんと無しに、バカにしているように見えて仕方がないです。母宮の紀子妃殿下は、恐らくそれに気が付いていらっしゃると思いますし、妹宮の佳子内親王殿下も薄々勘づいていらっしゃるかもしれませんが、しかし『姉妹愛』を優先して何も言えないのかも知れません。

眞子内親王殿下もお美しい~ですが、佳子内親王殿下の自信に満ちた堂々としたお姿。

眞子内親王殿下は、ロマンチストで、佳子内親王殿下はリアリストだと思います。この画像を見ますと貫禄が出てこられたせいか、佳子内親王殿下が姉宮様と、いった感じです。


 まさか・・・・・このペンダントは小室K氏からの贈り物だったら嫌ですが、しかし、アメリカで、親しくなった女性から貰ったものを姫宮様にプレゼントに送ったものかも⁉️


シロガネが思うにそれくらいの事をやってのけそうな、K氏です。そうとは知らずに、愛する『彼』からの贈り物を何気に国民に、お見せになられる、姫宮様・・・・・・。


今、こうしてお互いに離れていらっしゃるこの時が一番お幸せなのかもしれませんが、姫宮様のお幸せを思うに、そのまま永遠に、離ればなれの状態がいいのではないでしょうか。

死刑囚か、無期刑(K)の男性と一緒になったと思えば、いいのです。その方が見果てない善き『夢』を見続けられるのですから。


厳しい事を書きましたが、シロガネの正直な思いです。



「あの人は今、何をしているのかしら・・・・・?」

「きっと、お姉様と同じ事を考えていますわ、さっ、冷えてきましたわ、暖かいお部屋に行きましょう」

「ええ・・・そうね。きっと私と同じ思いよね」


東京とは思えない、美しい自然のお庭。その苑の姫宮様。


きっと国民の声はこんな緑深い苑には届かないのでしょうね。皇室の姫宮様とはそういうお方なのでしょう。

『国民と共に』・『国民に寄り添って』と言う言葉は幻であったのかが、良く理解出来ました。それでもこちらに咲いている百日紅は美しいです。



こういう美しく咲いて花のなかを着物姿で歩かれたら、もっと素敵です。


・・・・・こちらはシロガネと同じく『俗』の世界に暮らすのK氏のお母様。


久しぶりに見ましたが、すっかり髪が白くなって・・・・・強かに生きているとの事ですが、どう思っているのやら。後には引けないと、頑張っているのでしょうか?


良く分からんと、言ったところですが、ただK氏のお母様の伝えられている、これまでの生き方を、思うに・・・・・あの言葉を思い出しました。


K氏親子を見ますと、『子は親の心を演じる名優である』という、その言葉がピッタリと一致します。そして、姫宮様の行く末を多くの国民は心配しているのです。


安田靫彦 『松風』

コメント一覧

abcdefghij
 マグノリア姐さん、コメントを送って下さって、本当に有り難うございます。シロガネには誉めて頂くような、見識なんてありませんが、皇室のことは昔から興味があっていろいろと本を読んだりしておりましたが、余り役に立たないと思っていた、知識がこうして今、このブログ等で役に立っております。

 K氏のあの写真は偶然にテレビで写っていたのを、慌てて録画しましたが、正直、皆様も同様かと思いますが、イラッときました。プライベートの写真とは分かっていますけど、K氏の写真はどうにも・・・・・成人式のナルシスト全開の写真など色々とありますが、本当にイラッとくる写真が多いです。

 古い考えかもしれませんが、内親王殿下の婚約者として自覚があるのか、どうしても、その品格が伝わって来ません。
マグノリア姐さん
おはようございます。
シロガネさん、初めまして。
「これで。。。」さんのブログでお見掛けします。
シロガネさんは、とてもお若いのにその着眼点の素晴らしさに目を見張るものをいつも感じております。

K=系と例えるところに笑みがこぼれました。
そうです、「人間性」が一番問題があると思います。
私はこの短パン姿に怒りを覚えました。
このような姿を撮られるとは、婚約内定者でしたら信じられません。
また、K氏のお母さまも同様です。

深層無垢のお姫様には、早く俗世間の罠に気づいていただきたいです。
abcdefghij
 泪目さん、『我が身をたどる姫宮』を読んで頂いていらっしゃるようで、有り難うございます。この物語は、寛大な心優しい方々に支えられています。勿体ないことで、感謝、感謝です。続きは書こうとすれば、かけるのですがしかし『立皇嗣の儀』がしっかりと見届けてから続きを書こうと思います。

 今、ちょと気になっていたところを、手直しをしたりしております。直そうと思っても、面倒だーと思ってそのままにしておりましたが、日本画や美人画の図録等を買って、いろいろと使えるという状態になってきましたので、日々手直しをしておりますが、改めて見ますと、恥ずかしくって、良く公開できたな~~と思っております。しかし、出来るだけ綺麗な画像をとは心がけております。
abcdefghij
狗児さん、お仕事お疲れのところ、わざわざコメントを送って頂きまして、本当に有り難うございました。

 もう2年以上も、会っていないというのに、どうしてこんなに結婚にこじされるのか、不思議に思っていましたが、会わないからこそ、K氏との良い思いでと、毎日来るという、K氏の甘い言葉、言葉は、どうとでも書けますし、そして結婚後の良い夢を見ておられると、思います。

 しかし、結婚後は相手の、人間性が間近で見えてくるものですし、K氏との暮らしで、傷付かれるのは、姫宮様です。そうなっては遅いです。今からでも遅くはありませんから、姫宮様には、ご自分のお立場、将来をしっかりと見据えて、国民の多くが望んでいる、結果を出して頂きたいです。
狗児
シロガネさん
こんばんは。美しい絵とお写真の数々ありがとうございます。今日も疲れて帰ってきましたが、目の保養になります。
「無期刑か死刑囚の男性と恋愛しているようなもの」
というのは、まさに仰る通りですね。眞子さまは、もう丸々2年は彼にお会いになってないのでしょうから、K氏本人というより、理想化された幻に恋してらっしゃるのかもしれませんね。
と、なると、実際帰国した実物に会ったら一気に冷める、なんてことがあり得るんじゃないか、と淡い期待をしてしまいました(笑)
泪目
はじめまして シロガネ様

「我が身をたどる姫君」が代理昇華になってkkとの婚約内定が白紙になることを祈っています。
美智子さん雅子さんに入り込まれてkkにもなんてごめんです。
眞子さまが婚姻をあきらめなければ実行されるのは公人としてはおかしいと思いますが、きっぱりと諫められる人はいないのでしょうか?
何らかの天意の働くどんでん返しを期待していますがどうなることやら・・・。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「秋篠宮皇嗣家」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事