ジュウちゃんのひとりごと

面倒くさい人生 それでも生きていこう!

インターネット詐欺

2004年12月31日 | Weblog
インターネットや携帯電話による詐欺が横行しているので相談などのサイトを載せます。

http://www.iajapan.org/hotline/200410news.html

紀宮様ご婚約発表

2004年12月31日 | Weblog
2度の延期を経て、紀宮清子さま(35)と黒田慶樹さん(39)の婚約内定が30日発表された。
幼なじみだった2人は昨年1月再会し2年に及ぶ交際で心を固めていった。
午後3時から宮内庁で開かれた記者会見。
紀宮さまは若草色とピンク色を紡いだツーピースのスーツに真珠のネックレス、黒田さんは紺色のスーツ姿。
2人は質問のたびに軽く視線を合わせた後、ゆっくりと穏やかな口調で喜びを語った。
昨年1月、赤坂御用地で、秋篠宮さまの亡くなった恩師をしのぶテニスの集まりと懇親会が開かれた。
幼なじみの2人はここで再会した。
紀宮さまにとって小学生時代の黒田さんは「お背が高くていつもまじめな印象」だった。
久しぶりに会った兄の友人の、「とても温かな笑顔で人々の中に入っておられる姿」が心に残った。
黒田さんは紀宮さまについて「常に細かい心配りをなさり、楽しそうに話をなさっていた。私も大変楽しく、心の安らぎのようなものを感じました」と振り返った。
2人は電話やメールで連絡を取り合い、大勢の友人らにまぎれるように秋篠宮邸でたびたび会うようになった。
紀宮さまは、黒田さんの魅力について「何を大事に思うかということについて共感することが多くあります」と語った。
婚約内定の発表日程が固まったところで発生した新潟県中越地震。
紀宮さまは、被害に苦しむ人が多い中で発表すべきではないと感じた。
しかし、遅らせると黒田さんに迷惑がかかる。揺れる思いを黒田さんに打ち明けると、こう言われた。
「私のことは気にせず、今何を大切にすべきかを最優先に考えよう」
この言葉を聞いて紀宮さまはほっとした。
「それは本当にありがたく、そうした感覚をともにできることをとてもうれしく思いました」
結婚後、皇族の地位を離れることについて、紀宮さまは「幼いころから、いつかこの立場を離れるという意識を持っていましたので、新しい生活への不安やとまどいはあっても、今改めて何かを感じることは特にないように思います」と話した。
黒田さんは内親王と結婚することに、「責任も重くずっとそのことについて考えて参りました。できる限りのことをさせていただきたい」と語った。
結婚生活について、黒田さんは、「心安らぐ静かな家庭を築いていきたい」、紀宮さまも「家庭像についてはだいたい同じように考えております」と語った。

ご婚約、おめでとうございます。

NHK紅白歌合戦 歌唱順

2004年12月30日 | Weblog
上戸彩 (初)「愛のために。」
TOKIO (11)「自分のために」
モーニング娘。 (7)W (初)「2004年 愛・涙・キッス 紅白スペシャル」
w-inds. (3)「四季」
aiko (3)「花風」
河口恭吾 (初)「桜」
森山良子 (9)「あなたが好きで」
ジョン健ヌッツォ (2)「新選組! メイン・テーマ」
水森かおり (2)「釧路湿原」
山本譲二 (13)「ふるさとのはなしをしよう」
川中美幸 (17)「おもろい女」
堀内孝雄 (16)「カラスの女房」
BoA (3)「QUINCY」
EXILE (2)「Carry On」
後藤真希(2)&松浦亜弥 (4)「冬の童謡~メリークリスマス&ハッピーニュー2005年~」
nobodyknows+ (初)「ココロオドル」
美川憲一 (21)「納沙布みれん」
Every Little Thing (8)「恋文」
ORANGE RANGE (初)「ロコローション」
島谷ひとみ (3)「ANGELUS-アンジェラス-」
氣志團 (初)「One Night Carnival」
中村美律子 (11)「河内おとこ節」
布施明 (20)「MY WAY」
島倉千代子 (35)「人生いろいろ」
前川清 (14)「そして神戸」
夏川りみ (3)「涙そうそう」
平原綾香 (初)「Jupiter」
ポルノグラフィティ (3)「黄昏ロマンス」
大塚愛 (初)「さくらんぼ」
CHEMISTRY (4)「白の吐息」
イ・ジョンヒョン (初)「Heaven2004」
Ryu (初)「最初から今まで」
DREAMS COME TRUE (9)「やさしいキスをして」
Gackt (4)「君に逢いたくて」
浜崎あゆみ (6)「Moments」
ゴスペラーズ (4)「ミモザ」
藤あや子 (13)「雪荒野」
長山洋子 (11)「じょんから女節」
鳥羽一郎 (17)「大阪湾」
細川たかし (30)「下北漁歌」
松平健 (初)「マツケンサンバ II」
一青窈 (2)「ハナミズキ」
和田アキ子 (28)「あの鐘を鳴らすのはあなた」
ゆず (2)「栄光の架橋」
中島美嘉 (3)「朧月夜~祈り」
さだまさし (16)「遙かなるクリスマス紅白歌合戦バージョン」
倉木麻衣 (2)「明日へ架ける橋」
森進一 (37)「さらば青春の影よ」
坂本冬美 (16)「播磨の渡り鳥」
北島三郎 (41)「峠」
石川さゆり (27)「一葉恋歌」
氷川きよし (5)「番場の忠太郎」
平井堅 (4)「瞳をとじて」
天童よしみ (9)「男の夜明け」
五木ひろし (34)「雪燃えて」
小林幸子 (26)「雪椿」

視聴率うんぬんと云われているが、これだけの歌手が出るのだから見ないわけにはいかないでしょう。
好きな歌手だけなど一部分だけでも、視聴があると思う。

Jupiter(ジュピター)

2004年12月29日 | Weblog
平原綾香のデビュー曲「Jupiter」が27日発表のオリコン最新チャートで9位に再浮上、8カ月ぶりにベスト10入りした。
長期でベスト10に返り咲いた曲は、最近ではSMAP「世界に一つだけの花」の6カ月半ぶり、夏川りみ「涙そうそう」の1年ぶりなど、その後、日本歌謡史に残るスタンダードナンバーになっている。
「Jupiter」は昨年12月17日に発売され、既に1年以上を経過した異例のロングセラー。
年末になって「連日1万枚前後の追加注文が続いている」(発売元ドリーミュージック)状況で、年明けにさらに順位を上げる勢いだ。
再び注目を集めている理由の1つが、その歌詞。「私たちは誰も、ひとりじゃない」というテーマがあらためて人々の胸を打ち、特に新潟県中越地震の被災地ではラジオ局にリクエストが多く寄せられた。
今月中旬からは公共広告機構の新潟復興キャンペーンCMのテーマ曲に使われている。
既に売り上げは85万枚を突破。
NHK紅白歌合戦出場の効果もあって、年明けに100万枚に到達する可能性は十分。
女性歌手のデビュー曲のミリオンヒットは99年倉木麻衣「Love,Day After Tomorrow」以来。
この曲はクラシック音楽ホルスト作曲「組曲・惑星より」の「木星(Jupiter)」に詞をつけたもの。
「木星」は「木星の主題」でピアノの練習にも使われる。
編曲も様々で元はオーケストラ演奏のものだが、オルガン、シンセサイザーと幅広い。
それぞれを聞き比べても面白いので、私的には一押しだ。

インド洋沖地震

2004年12月28日 | Weblog
インドネシアのスマトラ島沖地震の津波による被害で、外務省は28日、タイ南部のリゾート地プーケット島で行方不明になっている日本人の2人の死亡を確認した。
日本人の死亡が確認されたのは初めて。
また、スリランカで収容された7人の遺体が日本人ツアー客と確認された。
インド洋沿岸各国では、新たに東アフリカ・タンザニアで10人の死亡が確認されるなど、さらに被害が拡大。
沿岸11カ国の犠牲者は2万3000人を超えた。
被災地を視察したインドネシアのカラ副大統領は27日夜、震源に近いスマトラ島メダンで、同国内の死者が「2万1000~2万5000人に達する」との見通しを明らかにした。
また、インド領のアンダマン、ニコバル諸島では少なくとも5つの村が津波に押し流され、計約3万人が行方不明になっているとの情報もあり、犠牲者の数はさらに増える見込み。
スリランカに入った日本の緊急援助隊をはじめ、被災した各国への国際社会からの支援も本格化している。国際赤十字は、被災地で水質、衛生状態が悪化し疫病がまん延する可能性を指摘、「コレラなどにより死者がさらに増える恐れがある」と警告している。
天災は、いつどこで起こるのか分からない。
防ぎようはないものだろうか。

ザスパ草津の新監督に手塚氏

2004年12月27日 | Weblog
J2に昇格するザスパ草津は27日、新監督に元日本代表選手の手塚聡氏が就任すると発表した。
手塚氏は前橋市内で記者会見し「コーチとしてのキャリアを生かし、戦えるチームをつくりたい」と抱負を述べた。
契約期間は来年2月から1年間。
手塚氏はJ2の湘南でコーチを務めていた。
新監督になっても、今の勢いを保ってもらいたい。
来期に期待しよう。

ゼンノロブロイが制す

2004年12月26日 | Weblog
第49回有馬記念、2番手につけた1番人気のゼンノロブロイが、逃げたタップダンスシチーを直線で捕らえ、2分29秒5のレコードタイムで優勝した。
道営競馬から挑戦した2番人気のコスモバルクは11着に終わった。
ゼンノロブロイは天皇賞(秋)、ジャパンカップに続き、秋の中長距離G1の3レースを勝つ。
オリビエ・ペリエ騎手、藤沢和雄調教師ともに、史上初の同レース3連覇を飾った。
ゴール板を駆け抜けると、ゼンノロブロイの鞍上から、ペリエが、タップダンスシチーの佐藤哲に笑顔で“ハイタッチ”。
レース後も「チョー、気持ちいい」と日本語で周囲を笑わせた。
スタートから2番手につけ、逃げるタップを追う。
昨年のジャパンカップ、今年の宝塚記念を再現するようなタップの勝ちパターン。
だが、ペリエにとっては予定通り、自信の先行策だった。
「最内の1番枠。出遅れて(馬群に)包まれるのを避けたかった」と振り返った。
ゴール前でタップを差しきり、2分30秒を切る驚異的なレコードをたたき出した。
昨年の有馬記念は3着で、その後もG1では勝てなかったロブロイが、この秋、天皇賞、ジャパンカップに完勝し、グランプリで1番人気にこたえた。
「大観衆に動じない精神力は、シンボリクリスエス以上」とペリエ。
馬を知り尽くした名手の手綱さばきで、「善戦ホース」が、最強馬に進化し、来年、欧州G1に挑む計画が現実に近づいた。
「強い馬は強い」そんな内容のレースだった。

有馬記念

2004年12月25日 | Weblog
2004年5回中山8日( 12月 26日) 9R
第49回 有馬記念(GI)
サラ系3歳以上 2500m 芝・右
(混)(指) オープン 定量

枠  馬番  B 馬名         性齢 負担重量  騎手 
1   1    ゼンノロブロイ     牡4 57kg  ペリエ
2   2    ピサノクウカイ     牡3 55kg  藤田
2   3  B ハイアーゲーム    牡3 55kg  吉田豊
3   4    コスモバルク      牡3 55kg  五十嵐冬
3   5    ハーツクライ      牡3 55kg  横山典
4   6    シルクフェイマス    牡5 57kg  四位
4   7    ユキノサンロイヤル  牡7 57kg  柴田善
5   8    ダイタクバートラム   牡6 57kg  武豊
5   9    タップダンスシチー  牡7 57kg  佐藤哲
6  10    デルタブルース    牡3 55kg  ボニヤ
6  11    ヒシミラクル      牡5 57kg  角田
7  12    グレイトジャーニー   牡3 55kg  小牧
7  13    ツルマルボーイ    牡6 57kg  蛯名
8  14    コイントス        牡6 57kg  岡部
8  15    アドマイヤドン     牡5 57kg  安藤

みなさん、夢を見ましょう

劇場版「とっとこハム太郎」

2004年12月24日 | Weblog
松浦亜弥(18)とエコモニ。の石川梨華(19)、道重さゆみ(15)が23日、東京・日比谷みゆき座に登場。
アニメ映画「劇場版とっとこハム太郎はむはむぱらだいちゅ! ハム太郎とふしぎのオニの絵本塔」の初日舞台あいさつを行った。
熱狂的な“あややコール”に迎えられた松浦は「思ったよりも大人の方が多いですね。チビっ子も負けずに来て下さい」と苦笑い。
スクリーンで自分の声を聞いた感想を「すごくこそばゆくて、ドキドキしました」。
子供の映画でもどうしてもファンが集まってしまう。
子供のために入場制限をしたらどうだろうか。
クリスマスの思い出を質問された道重は「小さいころ、本物のサンタさんが家にやって来た時は本当に嬉しかったです」と話し爆笑を誘っていた。
お父さんか誰かと思うが、そういうことにしときましょう。

楽天へ金銭トレード

2004年12月23日 | Weblog
岩隈久志投手がオリックス入りを拒否し楽天入りを希望している問題で、オリックスの小泉隆司社長は22日、神戸市の球団事務所で会見し岩隈を楽天に金銭トレードすることを発表した。
今後、楽天側と条件面を詰めるが、譲渡額については「リーズナブルな(金額の)ところで話し合う」としており支障はない見通し。
小泉社長は「4度にわたって話をしたが、説得できなかった。野球協約上の保有権を主張しても解決しないという異常な状況に終止符を打ちたい」と経過を話し、「協約や秩序を守らないといけないが長期化することで球界、岩隈投手への影響を考慮し宮内オーナーの判断によって超法規的な決断をした」と説明した。
問題が長期化した理由として、第2波ストライキの回避を決めた9月23日の選手会との協議の際に小泉社長が個別交渉で「プロテクトについては選手の意思を最大限尊重する」と発言したことが挙げられているが、「あの時はストを回避することが球界、選手会の一致した方向。言ったことは間違いない」と話した。
楽天以外の球団へのトレードという選択肢もあったが、「彼の意思を尊重するのが円満に解決する方法だと思った」と、岩隈への配慮を示した。
トレードという形にはなったが、岩隈投手は希望通りに叶ったのだから是非、それに答えて良い成績を出してもらいたい。