極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

妖星ゴラス  (1962) 88分

2007-02-18 23:03:02 | 特撮大好き♪
 地球の6千倍もの質量を持つ恒星が発見された。土星探査船・隼によって、その恒星・ゴラスの軌道は地球を目指していることが判明する。地球上の爆発物ではゴラスを粉砕出来ないことを知った国連は、地球その物をロケットに変え、公転軌道上からの離脱を決意する。各国の科学技術者は総力を結集、南極に巨大なロケット噴射口を建造するが……。

DVD ★★★★

 なかなかの力作です。
確かにこの映画の前にも隕石や小惑星が地球に衝突するといった内容の映画はありましたし、ここ数年でも「ディープ・インパクト」や「アルマゲドン」などがありますが、この「妖星ゴラス」のそのおもしろさは引けをとらないと思います。

 ネタバレしちゃいますが要するに、ゴラスと衝突するか、ゴラスを破壊するか、地球が軌道を離れるか・・・の3者しかなくて、実際は地球が軌道を離れるしか方法がなく、南極にたくさんのロケット噴射口を築いて地球をロケットに見立てる・・・まあ、ここの時点で「んなアホな!」って人はこの映画を見る資格がないのわけで(笑)

 いろいろなところで「怪獣マグマ」が不必要みたいな意見がありますが、私は後のことを考えると必要不可欠な展開だと(笑)彼(彼女?)の出現でロケット噴射の時間が足りなくなって・・・後の大災害を引き起こすわけです。このラス前のシーンはなかなか見事な特撮です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お別れ大会 | トップ | 絶滅寸前! 昭和グッズカタ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まさに (猫姫少佐現品限り)
2007-02-19 01:51:37
宇宙船「地球号」
このままどこかへ、飛んで行けそうですよね、、、
面白いのは(笑) (しんちゃん)
2007-02-19 07:40:39
★猫姫ちゃん
オチとして・・・
「さあ!北極にロケット設置して軌道を元に戻さなきゃ!」ってところだと(笑)

こんな無茶しながらも一応そういうことも気にはしているみたいでした(爆)
こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2007-06-08 14:39:53
そうそう、あのシーン、とっても前向きで、好きです。
思っていたより、見られましたねぇ。
メインストーリーも良いケド、枝葉の部分が、良かったです。
てか、当時あんな泡風呂、入っていた人っているの??
泡風呂? (しんちゃん)
2007-06-08 19:43:48
★猫姫ちゃん
外国では泡風呂だっただろうからなぁ。・・・
日本もあこがれてた人はたくさんいたんじゃないかな?

ラブホでしか経験の無い私(爆)

コメントを投稿

特撮大好き♪」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

妖星ゴラス (昭和37年・1962) (Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters)
妖星ゴラス円谷英二 本多猪四郎 池部良 東宝 2004-02-27 赤い怪彗星、激突の危機迫る!地球の軌道脱出なるか!?  物語の細部では科学考証をしっかりと行った映像を見せながら、最終的には映画な...
『妖星ゴラス』(1962) (【徒然なるままに・・・】)
大きさは地球の四分の三でありながら、質量はなんと6000倍という赤色巨星ゴラスが太陽系に侵入。このままでは地球と衝突の危険性があることが明らかになった。ゴラスを爆破するか、それとも地球の軌道を変えて難を避けるか、選択肢は二つに一つ。 調査の結果、620...