理想郷への厳しい道

2017-09-16 | 通常練習日
 朝夕には涼しさが感じられ、公園の桜の葉も黄ばんできました。温暖化、異常気象などと言われますが、季節の移ろいを感じる今日この頃です。そんな秋を感じる9月13日は、練習会場の久木会館の冷房も切られたままでした。

 まずは「コラール・プレリュード」、先週から「アルカディ」のパートで練習していますが、今後、4パートを順番に交代して練習するそうです。厳かで美しい響きの曲で、音を揃えることが大切ですね。「ヴォカリーズ」、だいぶ慣れてきました。「モルト カンタービレ」や「ポコ ピウ アニマート」、fやp、cresc.やdim.などに注意し、音楽に表情を付けてください、とのことです。

 「アルカディ」の「羊飼い」、はじめと終わりの部分は大分出来るようになりましたが、中間の「A」が難しいです。ほとんどの譜に臨時記号が付いています。「アルカディ」(英語では「アルカディア」)とは「理想郷」あるいは「桃源郷」のことですが、ここに至るには、ただ練習あるのみです。次回からは第2曲「魔法の笛」の練習にも入るそうです。2週間のインターバルがありますが、「ヴォカリーズ」の表情と「アルカディ」の指の練習が宿題です。

 先の定期演奏会にお客様からいただいたアンケートの集計結果がN釜さんから各人にメールにて送られてきました。また、練習会場の掲示板にも掲示されたところです。多くのお客様からお褒めの言葉をいただきましたが、反省すべきご指摘もあります。現在、生のご意見の書かれたアンケート用紙が会員に回覧されています。これらの意見からくみ取れるものがあれば、ぜひ、次回の演奏に役立てたいものです。

 Sまさんから9月11日に行ったボランティア演奏の報告がありました。新逗子駅入り口交差点そばのデイサービス事業所で、今回は初めて鳴り物(風鈴と100均のラッパ)入りの演奏に取り組んだそうです。次は11月、よろしく、とのことでした。なお、N口さんから追加報告ということで文章が送られてきましたので、掲載します。
     
         

 次の練習は27日、沼間コミセンです。

 この間、21日はコンセールルミエールの定期演奏会があります。19時開演、曲目はヴィヴァルディ「四季」より「秋」、エルガー「愛の挨拶」ほか、ゲストにアレーナ・ルブコキナさん、港が見える丘公園隣の横浜市イギリス館です。  (S木)
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいスタート

2017-09-08 | 通常練習日
 9月6日、定期演奏会後初めての通常練習です。気持ちも新たに練習が始まりました。う~ん、苦しみ?の始まりかも知れません(>_<)。でも苦しみの後には楽しみと充実感が待っていますよね。頑張ります。

 練習曲目は、ル・クーペ「コラール・プレリュード」、ラフマニノフ「ヴォカリーズ」、ベルトミュー「アルカディ」の3曲。「ヴォカリーズ」と「アルカディ」は定演の後楽譜をいただいていましたが、「コラール・プレリュード」は今回初めてです。この曲は山野楽器主催のアマチュアフルートアンサンブルコンテストの課題曲だそうで、「千々の悲しみ」と同様、音の出し方の練習を兼ねてのものです。

 「ヴォカリーズ」は各パート間の繋がり具合を理解する必要があり、そのためにはスコアを見た方がいいでしょう、ということで後日渡されるそうです。「コラール・プレリュード」」の最後「||〇||・」記号、なんて言いましたっけ?2分の3拍子になるところが要注意でした。「アルカディ」、難敵です。今日はとりあえず1曲目の「羊飼い」を初演奏、先生からゆっくり行きましょう、1年ありますから、と。3曲目の「森の妖精」はとても難しそう。でも、これまで「カノン」だって、「カルメン」だって、「エレジー」だってむずかしい、むずかしい、と言いながら出来たのです。練習すれば成果が必ず出ます!

 今日もお菓子をいただきました。N釜さんのお母様、もう一人、お名前を聞きそびれてしまいました。定演当日にも多くの方からお菓子を頂戴しており、さまざまな応援を感謝しております。
 
 男性の見学者がお一人、私はお話しすることが出来ませんでしたが、入会を心待ちしています。

 N口さんから定演に関して意見等あれば連絡してほしいとの要請がありました。次回への糧にしたいからとのこと。

 来年の定期演奏会の日程が決まりました。9月15日、逗子文化プラザなぎさホールです。やっとの思いで予約が取れました。M澤さんの執念?とみんなの思い!が実を結んだ結果です。ひまわりワークショップ発表会と重なる中、日程調整にご尽力いただいた先生方にも感謝です。

 これからの練習日程:9月13日(久木)、27日(沼間)
           10月4日(久木)、11日(久木)、18日(沼間)  (S木)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

応援ありがとうございました。

2017-08-27 | 定期演奏会
 昨日、24回目の定期演奏会を無事終えることが出来ました。今年もうだる暑さの中、大勢のお客様がお見えになり、私たちにとっては大きな励ましとなりました。お客様の中には「笛の仲間たち」のメンバーも多く、感謝、感謝です。また、演奏やステージマネジメント、受付、場内警備に多くの方の応援をいただきました。お礼を申し上げます。

 打ち上げは一仕事終えた充実感と開放感で大いに盛り上がりました(コンセールルミエールのブログにみんなの笑顔が掲載されてます)。ただ、先生からは「大きな事故には至らなかったけれど、小さな事故はいくつかありました」との講評。そうです、私もいくつかのミスを犯しており、先生の耳をごまかすことはできません(´;ω;`)ウッ…。

   

 私たちはこれでしばしの休息となりますが、先生方には来週の横浜山手のエリスマン邸でのミニアンサンブルコンサートを始め、お忙しい日々が続くようです。暑さの中、お体を壊さないよう願わらずにはいられません。で、次の練習曲はラフマニノフの「ヴォカリーズ」(編曲:渡辺 光)とベルトミュー「アルカディ(ア)」。ベルトミューは指が回るかいな?と思うくらい音が詰まっています。休んでなんかいられないなぁ。

 9月の練習:6、13日久木会館、27日沼間コミセン。いずれも19時から。なお6日は18時からボランティア演奏の練習があります。
 10月の練習:4、11日久木会館、18日沼間コミセン。 (S木)

 

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよです

2017-08-24 | 通常練習日
 いよいよ明後日です。大勢の皆様のご来場をお待ちしております。

  

 昨日は定期演奏会直前の練習でした。なかなかいい演奏といまいちだなぁ~という曲がありましたが、あとリハーサルで修正し本番には自信をもって舞台に上がりたいものですネ。

 この1年を通して、先生の言葉として強く残っていることは、「音を寄せてください」「他の音を聞いてください」です。パートごとに音を揃える、そして他のパートの音を聞いて合わせる、ですね。アンサンブルですから音の組み合わせが合ってなければ台無しです。心して演奏会に臨みたいと思います。次の新聞スクラップは私が好きなコラムからのものです。もし、アルト、バス・パートがなかったらパッヘルベルのカノンは大変なことになっていたのでは、と思いますし、全体として「一つになって聞こえる」ようにすることが重要なのですね。また、会計や練習会場の予約など日頃目に見えないところで仕事をしている人の存在も心にとどめておきたいものです。

  

 この日もどなたからかチョコレートのプレゼントがありました。佐治先生が~さんから、とおっしゃってましたが、聞きそびれてしまいました。元気が出ます。ありがとうございました。

 今回の演奏会に賛助出演してくださるM島さんから、M島さんが所属する「シリンクス」の演奏会の案内がありました。

  

 それでは明後日逗子文化プラザでお会いできることを楽しみに! (S木)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

お返しにはいい演奏を

2017-08-17 | 通常練習日
 きょう、市の広報掲示板に定期演奏会のポスターを貼りました。雨に濡れてもいいように、大枚108円也をはたいてクリアポケットを購入、その中に入れての掲出です。貼り出せる期間は10日間、10日後というと26日、そう、待ちに待ちたる演奏会はその26日です。

       
 
 きのうの練習前のメンバー同士の会話から、「うわぁ~、演奏会まで2回しか練習がないのねぇ~」「まだ2回もあるじゃん」「でも頑張っても出来ないものはで出来ないからなぁ~」、離れたところから「そう、開き直った方がいい演奏が出来ますよ」の声。でも、私はバッハの「エア」では高音で長く伸ばすところが震えたり(ちりめんビブラートみたい)、「ハバネラ」の最後3オクターブのファ♯が出なかったり、「パッヘルベルのカノン」の16&32分音符の連なるところがなめらかでなかったり、と散々でした。肩に力が入っていてもお腹には力が入っていないのです。練習とはいえ、緊張していました。どなたか、緊張しない練習を教えてくださ~い!

 きのうの練習で印象に残ったのはヨンゲン「エレジー」。先生から「この曲はほかの曲と違いがあります。戦争下に作られた曲だということを想像しながら演奏してください」と言われたことです。このころ(1941年の作品)のベルギーはナチスドイツの占領下にあり、厳しい圧政のもと多くの国民は悲嘆の底にあったのではないかと想像されます。今回のパート練習で主にメロディーを担当する第1パートの練習をじっくり?聞かせていただきましたが(これも難しそう)、うねるような音の中に、嘆きとも哀しみとも呻きともいえるものがあるように思われました。

 ところで、演奏会も近いので頑張ってください、とひまわりフルートサークルのT宮さんからチョコレートをいただきました。お返し(返礼)にはいい演奏を、と思っています。お心遣いありがとうございました。

 アンサンブルフィオーレ演奏会:10月14日(土)14:00~ 葉山町福祉文化会館ホール クヴァンツ「3本のフルートのためのソナタ」ほか
 
 次回の練習は23日 19:00 久木会館 (S木)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

INVITATION

2017-08-04 | 通常練習日
 8月最初の練習、2日は、パートごとの練習をしたいとの声から6時から自主練習を始めました。「エレジー」に取り組んだのですが、先生が早めに来られていて、パートごとの練習をみていただきました。さらに、全体練習で入念に指導を受けた次第です。ありがとうございました。

 7時からは通常練習、プログラムに沿っての練習です。賛助出演のN田さん、M島さんも参加、厳しくも充実した練習でした。フゥ~。それにしても「アルカラの竜騎兵」のバスフルート、今まで気が付かなかったけれど、迫力ありました!いつブレスしてるのかなぁ~。

 定期演奏会が近づいて参りました。多くの方々にこの1年間の練習の成果をご披露したいと思っています。案内状を掲載しますので、お越しいただければ幸いです。

   

 今年のプログラムは「悲しみ(哀しみ)」が秘められた曲で構成されています。2月のブログにも書きましたが、フルートをこよなく愛しながらも突然私たちの前から永遠に旅立ってしまった仲間のH西さんの追悼の気持ちも込めての演奏会、と思っています(私の個人的な解釈です)。

 プログラムには載っていない曲も練習していますので、ぜひ、大きな声で「アンコール!」をお願いします。

 今後の練習日程
   8月9日、16日 18時から沼間コミセン、23日 19時から久木会館
   9月6日、13日 19時から久木会館、27日 19時から沼間コミセン (S木)

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せなら手をたたこう

2017-07-28 | ボランティア演奏
 きょうはラヴィーレ東逗子(介護付き有料老人ホーム)で出前演奏です。比較的元気な方が多く、大きな声で歌っていただき感激です。
  
    
 演奏曲目は今月誕生日を迎えた方お二人のために「ハッピーバースデイ」、元気に歌っていただきました。つづいて「笑点のテーマ」、これは曲当てクイズにしました。みなさん知ってるようでしたがなかなか思い出せません。しばらくして正解が出ました。あと「川の流れのように」、大きな拍手をいただきました。「スターウォーズ」。以上3曲がフルート演奏。
 
 演奏に合わせて歌っていただいた曲は「丘を越えて」、「青い山脈」、「幸せなら手をたたこう」、「浜辺の歌」、「ゆりかごの歌」、「故郷」です。N口さん自作の著名人長寿番付表を見ながらの「もうこんな歳になってしまった!なんてもう言わない」のお話しのあと、アンコールの声はなかったけれど「夏の思い出」を演奏、「また来て!」の声に送られてきたところです。

 今年は演奏依頼が多く、今後9月、11月、12月にも予定されているところです。

 7月26日に見学希望をコメント欄に投稿いただいたKim様、遅くなりましたが回答を書いておきましたので、ご覧いただきたく思います。どなたでもいつでも見学は大歓迎ですので、気軽においでいただければ幸いです。(S木)

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

T田さん登場!

2017-07-26 | 通常練習日

本日の練習にはコントラバスフルートでT田さん登場です。どうぞよろしくお願いします。
連絡事項としましては、O森さん宛にまだプログラム原稿を送っていない方は月末までにメールで送ってください。

8月の練習日
2日 久木  19時から
9日 沼間  18時から
16日 沼間  18時から
23日 久木  19時から
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7時だよ、全員集合

2017-07-07 | 通常練習日
 7月最初の練習日、5日の記録です。2日前のことなので、記憶に自信がないのですが・・・、間違い等あれば訂正をお願いします。

 きょうは少しばかり遅れた方やお子さんのため早退する方がいましたが、久しぶりに全員揃っての練習となりました。冒頭先生から「練習時間も残り少なくなってきました」と。佐治先生はお休み、風邪を召された由。「天候も変わりやすい時期なので、皆さんも気を付けて本番に備えて下さい」とのことです。

 佐治先生といえば、前回のブログ(ボランティア演奏)にコメントを寄せていただき、逗子フルートアンサンブルが地元に根付いていることを評価していただき、私たちに大きな励みをいただきました。ありがとうございました。

 元メンバーのS田さんがお見えになり、演奏に参加しました。4年ぶりです。カムバックを期待しているところですが、仕事上難しそう。都合の良い日がありましたら、また、ご一緒したいものです。

 練習は本番へ向けての総ざらえ、といった感じで進みました。「千々の悲しみ」、この曲はだいぶ前に和声の練習に用いられたように、音の重なりが重要なのです。そこを意識してタイミングをとるように、また、音が硬くならないように、と注意がありました。「カノン」、例の32分音符の連なるところ、ずれてしまったようです。ブレスのタイミングの難しいところですが、「息の量が多いと遅れるので気をつけて」とのこと。「エア」は16分音符と32分部音符が早くならないように、です。

 「トレアドール」、以前からスピード感が足りない、重たい、等々の注意をいただいていましたが、きょうは、「激しいと思い込まないように、急いでしまわないように」、とのことでした。勢い込んでしまったのかな?過ぎたるは及ばざりし、ですね。ただし、「リズムはゆるまない!」です。「ハバネラ」、「テンポが遅れ気味、落ち着いて演奏するように」、とのこと。それより、私は最後の3オクターブの♯ファがまたまた出ませんでした。練習してるのになぁ~(。>Д<)。

 「インターメッツォ」、美しいメロディーだけど音が合っていない感じ。中音のラが合っていても高音部でピッチがずれているのかも知れないです。「あとでパート練習しましょう」、ということなので、そこで確認できればと思います。「アルカラの竜騎兵」は「スタッカートを合わせてください」とのこと。

 「エレジー」は4パートの低音、「芯を捉えてください」です。まだスースーと息の漏れる音が聞こえるそうです。「あの日の川へ~」の「いつも何度でも」はホワーンと柔らかく。「時代」、「ハナミズキ」は繰り返しのミスもなく、うまく行ったのかな?時間も終わりに近づいていたので、注意が頭に入らなかったのかも知れません( ^^) _U~~。

 新しいパソコンが来て3週間、Windows10は早くていいけどまだ慣れなくて・・・。Wordの使い方も少し違う?ようで、言い訳ですが変換ミスもあるかも知れません。お許しを!

 次の練習から1時間早い6時から始まります。12日、久木会館。その次は26日、沼間コミセンです。

 8月の練習、2日久木、9日、16日沼間、23日久木です。

 N口さんから定演のプログラム作成案が示されました。曲目解説を入れることになりました。どんな解説になるのか楽しみです。(S木)

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

私は104歳

2017-06-24 | ボランティア演奏
昨日23日は葉山町デイサービスセンターで出前演奏を行いました。毎年この時期に依頼され、今年も利用者さん、職員さんと一緒に楽しいひとときを過ごしました。

        

 曲目は、オープニングに「スターウォーズのテーマ」、以下「美女と野獣のテーマ」、マイ・フェア・レディより「踊り明かそう」と映画音楽を楽しんでいただき、「丘を越えて」、「みかんの花咲く丘」、「青い山脈」、「いつでも夢を」、「ゆりかごの歌」、「故郷(ふるさと)」と懐かしのメロディーを一緒に歌いました。アンコールに「川の流れのように」、結構難曲でしたが練習の成果がバッチリと出て一安心。「故郷」の曲が出来て103年の解説に、「私は1年前に生まれた104才」という方がおられ、ビックリ。102才という方もお見えになっていたそうで、来年もみなさんにお会いできるといいですね。

 来週水曜日はお休みです。つぎの練習は7月5日、久木会館です。(S木)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加