広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

浜田真理子&おおたか静流@下北沢 日本基督教団東京都民教会

2017-02-25 | Music

出演者3名が登場し、Asuさんがしもてのピアノの前に着席して弾き始めた瞬間
「マジか」と頭の上のビックリマークが3本(苦笑)
開演前に散々、前列の観客の頭で見える見えないと言っていたのは
無意味な時間だった。

下北沢駅の、かつて降りたことのない西口を抜けて数分、
閑静な住宅街に位置する教会で、昼間に
浜田真理子とおおたか静流を観る。

勝手な想像で、一部は真理子さん、二部はおおたかさん、
そして三部とアンコールはセッションで…
という構成は冒頭から見事にくつがえされ
時系列を行ったり来たり、遡るかのように
けれど静かに語られる往復書簡。
それは今日のステージに向かっての二人のやりとり。
まるで朗読劇のようで、演奏を引き立たせるエッセンスになった。

おおたかさんを観るのは、梅津(和時)さんの還暦ライブ以来だろうか。
華奢な体型と独特な歌声は変わらない。
クセがあっても決して厭味に響かないので心地よい。

真理子さんがマイクスタンド前にこんなに長く立つのを観るのは初めてではないか
と思うほど、語りや歌う姿が新鮮だった。
全身ブラックでシックな出で立ち。
持ち歌ではピアノへ。
「八月のフロッタージュ」というタイトルにふさわしい2曲
「教訓1」「しゃれこうべと大砲」がいつになく沁みてきた。

企画者からの宿題だったという、竹内浩三の詩を歌うコーナー。
宮沢(和史)くんの書籍「詞人から詩人へ」で馴染みのあった作品だったので
少なからず驚いた。
そして真理子さんの書いたメロディと語りが素晴らしく、さらに驚いた。
静かに。

少しずつ陽が翳ると
ステンドグラスから差し込む光の位置は移り
そして17時にはどこかの学校?から
チャイムが聴こえてきた。

期待をはるかに超えたステージは
事前に演奏曲も渡されていた全13曲。
テーマも構成も素晴らしく
紀尾井ホールで聴きたいくらいだった。
貴重なひとときだった。



Ohtaka Sizzle meets Hamada Mariko
『女の交換日誌』
八月のフロッタージュ
@下北沢 日本基督教団東京都民教会
2017.2.25(Sat)

浜田真理子(歌・ピアノ)
おおたか静流(歌)
Asu(ピアノ・パーカッション)

01 戦争は知らない
02 夏の日の想いで
03 あの夏のまま…
04 風のこどもたち
05 教訓1
06 しゃれこうべと大砲
Pause
07 わたしが一番きれいだったとき
08 骨のうたう
09 望郷
10 悲しくてやりきれない
11 ゴンドラの唄
12 アカシアの雨が止むとき
Encore
13 みんな夢の中




この記事をはてなブックマークに追加

この世界の片隅に

2017-02-11 | Movie

アニメ作品だから出来ること
出来ないこと
そんな想いは飛び越えた。

子供向け
大人向け
そんな枠とは関係のないところに
作品の真髄があった。

そして
昨年の夏に放映されたドラマ
「ふつうがいちばん」を想った。



この世界の片隅に@TOHOシネマズ西新井

この記事をはてなブックマークに追加

ギャラリー新年会2017@南青山MANDALA

2017-02-04 | Music

仕事を終えて駅までダッシュ。
新年恒例。チャボさんのファンクラブイベント、新年会。
昨年は初めて下北沢GARDENでの開催だったが
やはりここ、南青山MANDALAが落ち着く。
とはいえ、キャパの問題で2部制に。
「夜の部」に参加した。

前半は新曲も取り混ぜての9曲。約70分。
黒地に白の水玉模様のシャツのチャボさん。
サービス精神はいつものように旺盛で、MCでも楽しませてくれる。
古井戸の「落葉の上を」を聴くのは2回目で
当時、泉谷しげるが気に入って、もっと歌うべきだと言ってくれた、
今になって歌詞の凄さを感じている…
(作詞者はのちにNHKの偉い人になった)
とチャボさんは言うのだが
会場からリクエストのあった「庭」だって、すごい作品だよ!と言いたくなる。
意外なカバーは、タイガースの「銀河のロマンス」
チャボさんがジュリーのことを「沢田さん」と言うのが新鮮。
土曜の夜だから
久しぶりに映画の歌を聴くことができて、うれしかった。

休憩時間を挟んで「抽選会」
このところずっと(おそらく2012年以来)何も当たっていなかったから
期待はしないようにしていたが
幸運なことに福袋が当たってしまった。
スタッフの加藤さんに番号をチェックしてもらい
ステージ前まで受け取りに列を作り
順番にチャボさんと握手をして名前を聞かれ
何だかいろいろと言ってもらったはずだが、頭の中は真っ白。
おまけにステージ上からぐるっと客席側に回って帰る、という道筋で緊張…
楽しかった。
うれしかった。

今年はきっといい年になるはず。
ありがとうチャボさん。



ギャラリー新年会2017"今年もよろしく"@南青山MANDALA
2017.2.4(SAT)

仲井戸"CHABO"麗市



この記事をはてなブックマークに追加

小倉博和@ビクタースタジオ301st

2017-01-28 | Music

閑散とした国立競技場駅から、徒歩約10分。
もちろん初めて訪れるビクタースタジオ。
その3階、一番大きなスタジオが今夜の会場。
椅子がいくつか並べられ、決して見やすくはないが、
独特の雰囲気を十分に味わいながらの貴重なライブとなった。

おぐちゃんのメジャーデビューアルバム「Summer Guitars」購入者対象キャンペーン、
「小倉博和スペシャルアコースティックライブ」
"厳正なる抽選の結果"当選通知が届いたのは1月中旬だった。

「当選」はもちろんのこと、スタジオでのライブに何だかワクワクしていた。
観客は男性が半数以上、ギター小僧(親父?)が集まっていて
微笑ましい光景だった。

おぐちゃんはブラックを基調としたシャツにロングベスト、カッコいい。
そう、ひと昔前よりも確実にカッコいい。
アシスタントの藤本くん、個人的にはお久しぶり。
そして、10年ほど前、
山弦の全国ツアーを追っかけしていた若かりし頃?の自分のことや、沢山の友人知人たちのことを想った。
皆、今でも山弦を大好きだろうか。
今となっては本当に楽しい想い出ばかり。

いきなり「次のアルバムから」と新曲を披露。
その後は、新作からの楽曲を数曲。
マーティンギター1本とは言えども、サンプリングや藤本くんのアシストで様々な音も融合させながら
豊かな音楽を披露してくれる。
途中、MCではビクターのシンボルの犬の話(ニッパーくん)や
ビクタースタジオで最初に関わった作品が「稲村ジェーン」であること、
直近ではkokua、屋敷豪太のドラムセットがここで、私はあっちのブースで、とか
渡米する際、成田で若いファンの男の子にもらったちんすこうを、西海岸の公園のリスに撒いた話など(笑)
集まった私たちを大いに楽しませてくれた。

アンコールも「次のアルバムから」と新曲を。
今年はまた自分の音楽をやっていきたい、と嬉しい発言があった。

最後には、おぐちゃんの希望とのことでスタジオ内で全員と記念撮影を。

おそらくこの先2度と足を踏み入れることはないであろう空間。
数えきれないほどのセッションやレコーディングの音が沁みついているであろう空間。
貴重な場所で貴重なひとときを過ごすことが出来て、うれしかった。

そして
おぐちゃん、お誕生日おめでとう。

またきっといつかどこかで。





この記事をはてなブックマークに追加

麗蘭@ビルボードライブ東京2nd

2017-01-14 | Music

個人的に久しぶりのフロア席。
近距離でステージを観ることが出来るのは、やはりこの会場の最大の魅力。
わかっていても、チャボさんが登場する瞬間にはドキドキした。
鮮やかなブルーのシャツ。
照明の当たり具合によっては時々グリーンにも見える。
公平くんのパープルのジャケットと相まって、舞台の上で映えてとても華やか。
チャボさんの存在そのものが、いつにも増してキラキラと見えた。

冒頭にお正月のフレーズを入れてから「マニフェスト」へ。
麗蘭25周年に当たる昨年、赤坂BLITZ、京都磔磔と観てきたが
今夜は特別。
一つ一つの楽器の音色がクリアに響き、どの楽曲も新鮮だった。
これまで聴いたことのなかったようなフレーズまでもが聴こえてくるかのようだった。

途中、チャボさんのギターの弦が切れてしまうアクシデントがあったが
MCで繋げている間に、素早く対応したマチャミさんはさすが。

セットリストの大半が、新作「25」からの楽曲で
聴き慣れているものもあるとはいえ
25周年のお祝いの延長といった感じでまとまり、よいステージだった。
当たり前のことだが、何よりもよく見える。よく聴こえる。
見えなかった京都磔磔を取り返した気分だ。

アンコール1曲目。
公平くんがボーカルの「何はなくてもR&R」の間奏で
チャボさんが弾くギターに、公平くんが満面の笑み。
あんな笑顔は初めて見たかもしれない。

新年の挨拶とチャボさんの意気込みの伝わる楽曲のあと
最後は「サフラン」
この曲を聴くたびに、何故か古井戸時代の楽曲を想い出す。
何処か懐かしく。

2017年が始まった。
今年はこれからまたどんなステージを見せてくれるのだろう。
やっぱりチャボさんには、バンドだと思う。
願わくば、またCHABO BANDを。



麗蘭@ビルボードライブ東京(2nd)
2017.1.14(SAT)

仲井戸CHABO麗市(Vo,G)
土屋公平(G,Vo)
早川岳晴(B)
JAH-LAH(D)

この記事をはてなブックマークに追加

佐野元春+長門芳郎+能地祐子トークイベント@渋谷タワーレコードB1

2017-01-09 | Music

ノージさんに紹介され、登場した元春は上下ともブラックの出で立ち。
最近の短髪は、その色こそ違うもののまるで1992年「Sweet16」の頃と同じ。
年齢を感じさせない。

初期3作品「Back To The Street」「Heat Beat」「Someday」の重量盤アナログのリリース記念のイベントだが
途中、長門芳郎さんを迎え入れての3人のトークは多岐にわたり
今年20周年を迎える「THE BARN」アルバムレコーディング秘話、
ジョン・サイモンと周辺のミュージシャン、
かつてのツアー中の楽屋内、ロック喫茶、
パイドパイパーハウスの歴史、長門さんとの出会い、
2017年の元春の2枚の新譜のこと、Hobo King、Coyote、2つのバンドのこと、ライブへの意気込みetc...
話題は尽きなかった。

個人的には常にベスト3に入る「THE BARN」アルバム。
もう周年アルバムは必要ない、と思いつつも
もしもアウトテイクや、ノージさんの言うプライベート写真があるのなら
是非20周年記念盤を発表してほしい。


元春が精力的な音楽活動を続けてくれているから
私達ファンも、10代20代の頃と同じ気持ちで追いかけることが出来る。
それはとても幸せなことだと思う。





この記事をはてなブックマークに追加

HOBO KING SESSION Vol.13@晴れたら空に豆まいて

2017-01-07 | Music

開演前から「今日は畳敷き。椅子もあります」とのアナウンスがあり
いったい場内ではどんなポジショニングになるのだろう?と想像もつかなかったが
結局のところは、佐橋くんのギタープレイを
久しぶりに間近で観ることが出来る位置での「体育座り」となった(苦笑)

約半年ぶりのHOBO KING SESSION、ずっと楽しみにしていた。

超一流のプレイヤーたちが、真剣に遊んでいるとしか思えないステージ(笑)
全員が多忙なはず。
リハーサル時間は当日以外に持てるのだろうか?

シータカさんが前面でフルート演奏をするコーナーでは、お約束の?担当楽器シャッフル。
ダチョウ倶楽部ばりの立候補→譲り押しつけで(笑)
トミーさんがドラムス、
拓ちゃんがベース、佐橋くんがキーボード、kyOnさんがギター。
おそらくこれからもここでしか観ることは出来ないだろう。

今回のテーマは「酉(とり)」
今年、年男でもあるkyOnさんによる「びっこの七面鳥」が聴きたいと思ってた。
そのタイトルがゆえに放送禁止歌だという。
その昔、kyOnさんが何度か披露してくれたあと、どうしても原曲が聴きたくなり、
中古で「美空ひばり全集」を手に入れたが、その後はkyOnさんの歌声を聴くことがなかった。
「クリスマス」という要素以外は、テーマにぴったりな選曲。
願いは叶い、しかもハードなバンドバージョン、なんて貴重。

佐橋くんはてっきり、Eaglesの曲を持ってくると思っていたのだが
予想外のWings「Listen To What The Man Said」
佐橋くんはあまりビートルズやポールにのめり込んでいない気がしていたので
これは本当に予想外だった。
オリジナルキーでサビはがんばって歌っていた。
この時ばかりは凝視してしまった。
達郎さんのツアーはそうそう当たらないし、ましてや前方の席は望めない。
3年分くらい観たかもしれない(笑)
大好きな「Dancing In The Moonlight」も聴けて大満足。

アンコール最後は、客席から金原千恵子、笠原あやの
日本が誇るストリングスメンバーをコーラス隊として呼び込み
「Short Shorts」を。

一部は5曲45分。
二部はアンコールを含め全10曲約95分。

年始はスケジュールが空いているだとか、来年のテーマはシータカさんの干支、戌(いぬ)だとか
1年以上は空けないでやりたいだとか
うれしい発言が沢山飛び出した。
次回も本当に楽しみだ。



HOBO KING SESSION Vol.13
@晴れたら空に豆まいて
2017.1.7(SAT)

佐橋佳幸(G)
Dr.kyOn(Key)
井上富雄(B)
古田たかし(D)
山本拓夫(Sax)













この記事をはてなブックマークに追加

塚本功+小島麻由美@下北沢lete

2017-01-06 | Music

2017年の初ライブ。

20人でいっぱいになるような小さなお店。
以前にも一度、同じこの会場で、塚本功+小島麻由美のライブを観たことがある。
それがいったいいつのことだったのか。
会場へ向かう道すがら、今はほとんど訪れることのないmixiの日記で探してみたところ
なんと、それは2007年1月5日(金)のことであった。
まさか、10年前だったとは。
そして改めて、今が2017年であることにただ驚く。

一部はつかもっちゃんオンステージ。
オープニングがいきなりRCサクセション「スローバラード」のカバー。
オリジナルキーでサビもふんばって歌い上げていた。
「ライブ中盤だと声が出ないので、はじめのうちに…」とつかもっちゃん。
YouTubeで聴いたことはあったが、不意打ちでびっくりした。
うれしかった。
ニューアルバムからの楽曲やカバーも織り交ぜての10曲約50分。
途中でリクエストを受けつける発言もあったが
ニューアルバムに限定しているような感じもあったので
「明け方の駅前」と言い出せなかったことが悔やまれる…
昨年のARABAKIで聴いて気に入った1曲。

休憩をはさんで
第二部は小島麻由美と登場。
こじまゆは、Vネックの白いセーターに黒のパンツ。
普段のステージでは見られないカジュアルなスタイル。
可愛い。
数曲を続けたあとには、リクエストコーナーが。
「どなたか勇気のあるかたがいれば…」と
勇気のない自分にとっては高いハードルになったが
「ここでもし聴けなかったら一生後悔する」とさえ思った。
どうしても「赤い帽子」が聴きたかった。
大好きな曲。
予定のレパートリーに入っていたのか「あーよかった」とこじまゆ。
素晴らしかった。
つかもっちゃんとの阿吽の呼吸。
他の曲でも
「全部憶えてるんだよ、すごいねー。人間じゃないみたい」とこじまゆ。
「却下ありで。途中まで」と始めた曲も結局は最後まで。
「メンバーであり、ファンの代表だから」「譜面はあまり読めないから」というつかもっちゃん。
それでもどんな曲もその場で弾けてしまいそうな
そして歌詞カードを全部持ち出して来たようなこじまゆ。
二部はアンコールを含め全16曲。約75分。

新年早々、特上のライブを観ることが出来た。



塚本功@下北沢lete
Guest:小島麻由美
2017.1.6(FRI)



この記事をはてなブックマークに追加

2016年ライブ総括

2017-01-03 | Music

2016年
01月10日(日)仲井戸CHABO麗市(FCイベント)@下北沢GARDEN
01月28日(木)浜田真理子@晴れたら空に豆まいて
01月29日(金)浜田真理子 with ふちがみとふなと@晴れたら空に豆まいて
02月10日(水)ダージリン(Dr.kyOn+佐橋佳幸)with 直枝政弘+大田譲@西麻布新世界
02月28日(日)仲井戸CHABO麗市(トーク&サイン会)@HMV&BOOKS渋谷
02月28日(日)萩原健太×佐橋佳幸(トークイベント)@新宿シネマカリテ
03月06日(日)石橋凌@六本木EXシアター
03月10日(木)仲井戸CHABO麗市×新谷祥子@下北沢GARDEN
03月11日(金)「逆鱗」@東京芸術劇場プレイハウス
03月13日(日)佐野元春&The Coyote Grand Rockestra@大阪フェスティバルホール
03月17日(木)リクオ×浜田真理子×川村結花@南青山MANDALA
03月19日(土)竹中直人「119」(トークイベント)@目黒シネマ
03月20日(日)浜田真理子@うどん屋の二階
03月27日(日)佐野元春&The Coyote Grand Rockestra@東京国際フォーラムホールA
03月30日(水)矢野顕子+清水ミチコ@東京グローブ座
04月07日(木)布袋寅泰@国立代々木競技場第一体育館
04月16日(土)君塚仁子&新谷祥子@二子玉川KIWA(2nd)
04月17日(日)山下達郎@関内ホール
04月29日(金)ARABAKI ROCK FEST.16@エコキャンプみちのく
04月30日(土)ARABAKI ROCK FEST.16@エコキャンプみちのく
05月07日(土)忌野清志郎ロックン・ロール・ショー@日比谷野外大音楽堂
05月09日(月)マイ・ラスト・ソング 2016(浜田真理子+小泉今日子)@三越劇場
05月18日(水)小坂忠@ビルボードライブ東京(1st)
06月04日(土)パティ・スミス+フィリップ・グラス@すみだトリフォニーホール
06月05日(日)「RHAPSODY」リリース36周年記念トークイベント@新宿ロフトプラスワン
06月10日(金)仲井戸麗市 with 早川岳晴@下北沢GARDEN
06月11日(土)64~ロクヨン-後編 舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇
06月15日(水)HOBO KING SESSION@晴れたら空に豆まいて
06月22日(水)浜田真理子×畠山美由紀@渋谷クラブクアトロ
06月26日(日)Char@Bunkamuraオーチャードホール
06月28日(火)「LOVE LETTERS」(三宅弘城&野々すみ花)@パルコ劇場
07月02日(土)新谷祥子@龍見寺(昼の部)
07月10日(日)リクオ@下北沢GARDEN
07月20日(水)石橋凌@赤坂BLITZ
07月29日(金)仲井戸CHABO麗市×中村中@南青山MANDALA
08月10日(水)THIS!2016@東京国際フォーラムホールA
08月27日(土)MY LIFE IS MY MESSAGE for 九州@東京キネマ倶楽部
09月04日(日)浜田真理子×畠山美由紀@島根県民会館中ホール
09月05日(月)小坂忠@渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
09月20日(火)小島麻由美@渋谷クラブクアトロ
09月28日(水)小田和正@国立代々木競技場第一体育館
10月09日(日)麗蘭@赤坂BLITZ
10月13日(木)竹中直人@下北沢GARDEN
10月16日(日)土と平和の祭典@日比谷公園
10月28日(金)浜田真理子@晴れたら空に豆まいて
11月03日(木)「ミス・サイゴン」@帝国劇場
11月06日(日)仲井戸CHABO麗市@南青山MANDALA
11月10日(木)SUPER SESSION 2016@Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
11月12日(土)仲井戸CHABO麗市@南青山MANDALA
11月17日(木)佐野元春 and The Hobo King Band@ビルボードライブ東京(2nd)
11月21日(月)仲井戸CHABO麗市@南青山MANDALA
11月23日(水)「メトロポリス」@シアターコクーン
11月28日(月)仲井戸CHABO麗市@南青山MANDALA
12月05日(月)佐野元春 and The Hobo King Band@ビルボードライブ東京(1st)(2nd)
12月16日(金)仲井戸CHABO麗市×土屋公平(DJ Night)@南青山MANDALA
12月18日(日)矢野顕子+TIN PAN@NHKホール
12月19日(月)小坂忠@品川プリンスホテルクラブeX
12月20日(火)浜田真理子+佐藤剛@紀尾井ホール
12月22日(木)矢野顕子「Super Folk Song」(舞台挨拶)@新宿バルト9
12月23日(金)「磁場」@本多劇場
12月29日(木)麗蘭@京都磔磔
12月31日(土)COUNTDOWN JAPAN 16/17@幕張メッセ国際展示場



BEST 3
★03月11日(金)「逆鱗」@東京芸術劇場プレイハウス
★03月13日(日)佐野元春&The Coyote Grand Rockestra@大阪フェスティバルホール
★09月20日(火)小島麻由美@渋谷クラブクアトロ


雑記
★舞台「逆鱗」(NODA MAP)(松たか子、阿部サダヲ)凄まじかった。
★達郎さんは貴重な「関内ホール」1本のみ。
★麗蘭25周年、時は流れる。


芝居、トークDJイベント等を含めて計63本。
毎年、元春、チャボさんのステージを観ることが出来るのは幸せなこと。
当たり前のようでも、それらは奇跡的なこと。
京都磔磔でチャボさんは言った。
「俺たちには音楽があるじゃねぇか!」と。
これからも音楽の力を信じて歩いていきたい。

今年もよろしくお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

生きているということ

2016-01-11 | Music
生きているうちに
この命があるうちに
私たちは
あとどのくらい
こんな気持ちになるのだろう。

生きていくということは
そういうことだと
とうにわかっているはずなのに。

生きているということは
そういうことだと
もう覚悟を決めたはずなのに。


R.I.P David Bowie

この記事をはてなブックマークに追加