唯我独尊ブログ

富良野 唯我独尊のマスター・独鱒の日記

福島の現状を語るトークとライヴ

2017年03月18日 | 日記
南三陸の港の夕暮れです。美しい、この湾の上は津波にすっかりやられた地域。高台に会館があり、そこが避難所となり、狭い会館に50人位がびっしり布団をひいて、衝立など立てる余裕も無く、2ヶ月以上生活、そこに1日、2食の食事を運んでいました。
夕暮れに向かい被災者に合掌。 福島では、いまだに、原子力発電所が放射線を振り撒き、海に垂れ流し、考えられない数字、20ミリシーベルトで戻って生活して大丈夫という国、 復興税はどんだけ集まり、何処に使っているのやら「森友」の報道ばかり。
国がやらない放射線対策、安全の数字は安全?レントゲン技師より多い年間線量。 馬鹿げている日本。
そんな現状を話してくれる。
関久雄さんが来る。私も会った事がない。
明日、6時から女性センター。
フラチャリ実行委員会「保養」やるぞ富良野で。 独鱒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜の百貨店、南三陸へ

2017年03月14日 | 日記

イランカラプテェ
桜の百貨店の北海道物産展が終り、沢山の人がいらして、カレー食べていかれました。
お陰様で常連の方も増え、4回も足を運んで頂いた方毎日来て頂いた方、皆様本当にありがとうございます。
6年前、震災の後南三陸でボランティアさせて頂いた地に、行かせて頂きました。
土が盛られ道も変わり、あの面影も無く、良いことだとは思います。
役所、さんさん商店街も立派になりしかし、6年も経つのに、以外に復興は遅い気がします。
役所に皆様からの募金直接渡せたこと、阿部さんまたお会いしましょう。夕陽の細浦?漁港で合掌。
また来ます。独鱒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

病院とは

2017年03月01日 | 日記
二日前、朝の気温28,5°マイナスである。
春が近いと、日々の天気が変わりやすくなる。今朝は−3度昼はプラスになるだろう。
病院の先生方も色々な人がいらっしゃる、月曜の朝イチ、足を伸ばし目を真っ赤にして診察する先生、こんな先生に、手術が頼めるか。 テープを流しているより悪い、言い方、機械的、感情が可哀想、痛みや不安を抱えた人がいらっしゃる病院で、一番大切なことは、何か?
レントゲン技師と言えど、日々のケア、先ずは、「安らぎ、安心」大丈夫。イランカラプテェの精神忘れないで欲しい。
優しさと愛に包まれた地域病院になってほしい。
JR北海道の色々な事業に手を出し、失敗した後始末、地域に廃線を迫る殿様商売ではなくなると、努力、勉強もせず、サービスも悪いJR北海道に誰が乗る。
人口も減る中、殿様商売の病院。明日からは、個人病院へ行こう。 チャランゲ独鱒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カレー祭りとライヴ終り…

2017年02月28日 | 日記

イランカラプテェ
カレー祭りも終りライヴ参加して頂いた皆さん、本当に有難うございます。
43年前、高田渡、中川五郎。佐久間順平さん達が、独尊で初めて催したイベントでした。チュウリップ、上田正樹、J・walk、柳ジョージ、安全地帯、等々、プロの公演ばかりでしたが、地元の音楽シーンがあり、私も参加させてもらい盛り上げて、若い人に富良野でやってた。今でもやってる。少しでも根ずけば。
集ってくれるメンバーも相変わらずかな?
でも自然と若返ってるな。
亡くなった奴もきっとそこらへんウリョチリョロしてるはず。
それなりに年取って、いい感じ、長くやらないと、判んないこと、一杯あって。人生の隣にいつも音があり友と自然の中で奏で楽しんだ時が、人生で大切なとこだった。
4月25日の柏ナーデスのライヴ、楽しみです。 カレー食べに来てね。 独鱒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の吹雪。

2017年02月24日 | 日記
イランカラプテェ
[カレー祭り]
いやぁーすごい吹雪。春の吹雪だなぁ。春の訪れをかんじる。
2月26日(日曜日)5時30分からカレー祭りやります。もちろんバンドあり料理あり。スタッフも楽しんでます。
もうすぐ、山の独鱒の営業もやすみますので、いらして下さい。
私も、出る予定です。
その後は、
物産展。
青森桜の百貨店3月3日から8日迄、イートインとカレージン、パンソーセージ、レトルトカレー、等販売と実演。

広島三越は4月4日から10日迄、柏高島屋は4月19日から25日迄、最終日はナーデスでライヴ、です。 五月は末ごろ福岡岩田屋へうかがいます。
独鱒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加