唯我独尊ブログ

富良野 唯我独尊のマスター・独鱒の日記

Fw:レラハンクス富良野BC

2020年06月01日 | 日記

----- Original Message -----
こんなこと、恥ずかしい、富良野に住んで、農作業、イベント等に参加し、弁当屋、何せ、地域に貢献、コロナの中で、市民の希望も、心と地域を盛り上げてくれる道内初の野球独立リーグ、[北海道ベースボールリーグ]が開幕した。
富良野の球団[レラハンクス富良野BC]が初勝利。
我が町のチームのホーム球場は他市に。
立派な球場を持つ富良野。
球場使用料を準備出来ない。
内容が判らない。
聞いてきます。
皆で、応援しましょう。
ガンバッテ!
応援します!
文化、スポーツ。芸術は大切です。
新庁舎より先です。新庁舎よりコロナ支援が先です。
新庁舎はどんどん市民から離れていきます。
勝手にやればといいますが
地元チームが地元で試合出来ない。
情けない街にはしたくありません。
使われているとは思えない市民球場。
どこ見てる。行政。
コメント

夢の中で見た夢。

2020年05月22日 | 日記




イランカラプテェ。
頭の真上に、北斗七星、そこに「あっ」流れ星だ
古武士の花も、桜も終わったが、さくらんぼと白い梨の花が淡い緑に映える。
春蝉が鳴き、熟練の鶯が若い者に教えているのか。
カッコウも鳴き始めた。種蒔けカッコウ、田植えだカッコウ。
産卵も終わりを告げた。暇を創って釣りに出掛けよう。
山八味の唐辛子の苗の葉先には、まだ種が付いている。
山に咲く花を、頂いてきた。落葉窯、恒枝の備前に何かしっくりくる。
花の名は「ひとりしずか」である。
私には、合わないと周りが言うが、....。
夢の中で見た夢だ。
何とでも、言えばいいさ。 独鱒
コメント

新庁舎?生活支援優先だ!!

2020年05月01日 | 日記

イランカラプテェ
昨日、コロナ対策支援策について市への要望した印刷物が、誰が考えたのか、市民に知らせる親切なチラシになっていない、無駄使いだ。
生活困窮者対策、水道料金の無料化3ヶ月、事業継続応援金、売上減少に伴う支援2月、3月、4月分。業種指定なし。
家賃、半分負担、等
他地自体の判り易い例も、あるのに、自分の金で無いのに、もっと頭を使い有効に使う。情けない。
危機感が感じたのは緊急質問に対する市長の怒りである。
給食費の4月から
7月の学校給食費の半分補助。
飲食業の家賃補助。
(持ち帰り、配達飲食サービス業除く。)
宿泊業、飲食業、病院、診療所の上下水料金補助。
2月から4月請求分の上下水道料金相当額を全額補助。
医療機関、入所福祉施設へのマスク、消毒用アルコール購入。
地域センター病院等への防護服購入、その他、感染防止等消耗資材購入。
感染予防機器購入。
市民配布用
富良野市みんなの手作りマスク事業

市民手作りの布マスクを提供(買い上げ)し、希望者(市民)へ、無料配布。
(布製マスク三枚で500円商品券1枚と交換)
ふらのマスクコンテスト。
緊急貸付事業(仮称)を創設
市社協を窓口に1世帯十五万円を貸付(無利子、無保証人、一年据え置き後、3年以内償還)
傷病手当金支給
日額報酬の3分の2相当を支給(国保)

行政手続き等に係わる臨時ショチ。
(収入減収世帯及び事業者の生活支援)
市民税、固定資産税、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料、軽自動車税、の徴収猶予(無担保、かつ遅延金なしで一年間、徴収猶予)
上下水道料金の徴収猶予と分割払い相談。
公営住宅、道営住宅家賃の減免と徴収猶予。
等など、国、道の支援策など多岐に渡り判りにくいものを纏めるチラシ必要、今回チラシ内容は、今2つ、この内容、読みたくナクナルデショウ!

問題は、5月からの追加支援策です。
各、大小事業者、医療機関等、市民に危機感がある方の不安を寄り添い、議会(私含む)行政の一層の支援が必要です。
財源が必要です。
市は新庁舎建設をコロナ対策の影でどんどん進めています。
64億円。新庁舎建設を見直し、縮小、空き施設利用等、分散化によるコロナ対策災害時の対応、今最優先でやらなければならない事を、考えると、新庁舎建設のストップ、見直しは、当然である。
なぜ、出来ないのか?不思議、ここで、市長の決断の時です。市民みんなで声を揚げ、力合わせ、この壁を乗り切りましょう。
一人一人の命と生活を守るためにやるしかないですね。
力を合わせましょう。
コメント

新庁舎?生活支援優先だ!!

2020年05月01日 | 日記

コメント

Fw:議長宛て

2020年05月01日 | 日記
----- Original Message -----
お疲れ様です。
昨日決まりました市単独のコロナ支援策、関連策について、国、道の各種支援策について、手続き資料内容など、福祉関係、生活困窮者支援窓口など、判りやすい印刷物を作り早急な、周知が必要と考えますが?

昨日の、臨時議会の緊急質問は議員多数の判断な訳です。
議長を通じた質問ゆえ、公式文書で解答あったのは、わかりますが、手続き上に配慮なければ、一度質問したことが、市民に知らせる本会議での質問に今後、影響がある。
議員軽視の対応では?
市民に知らせる行為として、市長は、懇切丁寧に説明する義務がある、条例にある。
遺憾である。

市議会議員の報酬1割カット―?をお願いしたい。
行政側に、先んじて促す元にしては。

議員自主判断として
国の十万円支給は断らず、地域へ還元する使い方を要望しては。
以上 宮田
コメント