定年後の人生を幸せに

第三の人生、心に刻みながら残る寿命を明るく過ごします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タイサンボク (泰山木 大山木)

2006-06-15 07:21:51 | 季節感
厚い大きな葉の付いた枝先の蕾みが開きました。タイサンボク (泰山木 大山木)は高木で高いところに花が咲くので、なかなか近くで見ることが出来ない。この花は高さ2mほどの枝先に咲いたので梯子を使ってUPで撮ることが出来た。
辺りに甘い香りが漂っていた。花の近くでは香りは強くなったが強すぎることはなく爽やかな雰囲気に包まれた。枝先に座るように咲いている姿は見ている者に安心感を抱かせる。

↑)クリーム色の蘂を花びらが優しく包み込んでいる


↑)枝が押さえているのか花の開きが曲がっている


↑)普通に眺めた全体の姿

調べでは
和名は漢字表記で大山木または泰山木と書き、牧野富太郎博士は『牧野日本植物図鑑』で、「その花や葉が壮大なことを賞賛して名づけられたのかもしてない」と書かれている。大きいものは高さ20m以上になる。樹皮は暗褐色で小枝は太く、大きな葉を密につける。葉は互生し、葉表は濃緑色で光沢があり、葉裏は鉄さび色の軟毛を密生する。
明治6年にアメリカから渡来した。モクレンやコブシと同じモクレン科ではあるが、常緑樹である。
5月から6月にかけて、次々と大輪の花を咲かせる。葉の長さは20cm前後なので、かなりの大さである。残念ながら花は高い木の梢に上向きに咲くので、近寄ってみる機会が少ない。香りもよいそうであるが、そのチャンスに恵まれない。枝はツンツンと伸びるので、樹形は乱れがちである。公園の様な広がりのある場所への植栽が適している。

モクレン科 モクレン属.
原産 北アメリカ南部
花言葉 威厳 壮麗 自然の愛情 高貴
   (キヅカレ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アツバキミガヨラン(厚葉君... | トップ | ユキノシタ(雪の下) »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (ZEISS)
2006-06-15 08:44:34
一枚目、とてもいい形の花ですね。

梯子をかけて撮られたとの事ですが、いい香りも堪能できたようですね。

とにかくタイサンボクはいい花だと思っています。



私もタイサンボクの花を記事にしていますので、TBかけさせていただきました。
小学校の校長先生の挨拶から (猫組)
2006-06-15 15:07:51
校庭の南側にそびえ立つ「泰山木(たいさんぼく)」の木。本校の「シンボル」として,地域の人々からも親しまれる木。

大地に太く根をはり,大空にたくましく枝を広げるこの巨木のように,強く,たくましく,大らかに育ってほしいと,児童に願う毎日。

苦難をはねのける強い意志と,弱者をいたわる優しい心をかねそなえた,「心豊かな」人に育って欲しい,と願う日々。

校庭で明るく元気に遊ぶ児童達と,それをそっと見おろす泰山木。それらを「心の目」で見守る職員の輪。

地域に信頼されながら,地域と共に歩む学校でありたい。



こうていのみなみがわにそびえ立つ「泰山木(たいさんぼく」の木。この木は上辺見小学校の「シンボル」です。そして,地いきの人びとからも親しまれています。

 大地に太く根をはり,大空にたくましくえだを広げるこの大きな木のように,強く,たくましく,おおらかに育ってほしいと,願っています。

 苦しいこともはねのける強い意志と,弱い人をいたわるやさしい心をもった,「心ゆたかな人」にそだってほしいと,わたしは願っています。

 校庭で明るく元気にあそぶ児童たちをそっと見おろす泰山木(たいさんぼく)。



古河市立上辺見小学校長 下村 昌子



いいお話だったので・・・

ZEISSさん (キヅカレ)
2006-06-15 18:37:23
本当にいい香りを堪能しました。

高い位置にはもっと形の良いのが咲いていましたが、遠くから眺めるしか有りませんでした。

「天空の花」先日拝見しました。花の開くのが早いので驚きました。
猫組さん (キヅカレ)
2006-06-15 18:52:01
心に大きく広がる文章ありがとうございます。

校庭に聳え立つ泰山木、目に浮かんできます。

>強く,たくましく,大らかに育ってほしいと,児童に願う毎日

泰山木の気持ちも同じではないかと感じました。

シンボルとしての泰山木、児童や職員、地域の人々の心をつなぐ役目を持ちながら花を咲かせるのでしょうね。

心温まるお話です。
いい花ですね (オヤジな私)
2006-06-15 20:40:08
大山木よりも泰山木という雰囲気がします。



悠々、おおらか、泰然。そして逞しさ。



こうありたいものです。

花にも教わることが多いですね。



梯子のご熱意に感嘆しました。

お気をつけくださいね。
キヅカレさん ()
2006-06-15 20:46:16
今晩は、タイサンボク見かけますが花の中までは覗いたことがありません。大きな木に梯子をかけて撮影しているキヅカレさんを想像してしまいました(笑)



勢いの良い葉っぱに腰をかけているようにも、抱かれているようにも見えますね。今日は大雨でしたが、明日ぐらいに何処かに咲いてないか探しに出かけてみようかな。
こんばんは (多摩NTの住人)
2006-06-15 23:07:37
あっ!! そうでした。タイサンボクを見に行かなければいけませんでした。お陰で思い出すことができました。有り難うございました。今年は何とか匂いを嗅ぎたいんですけどね。
オヤジな私さん (キヅカレ)
2006-06-16 05:58:46
>悠々、おおらか、泰然。そして逞しさ

心に響く言葉です。オヤジな私さんの心の広さが伝わってきました。

花を眺め感じることって大切ですよね。

花に惹かれてしまい梯子に乗っての撮影でした。
風さん (キヅカレ)
2006-06-16 06:07:31
ほかの花は4m以上の高さで見るのも無理でした。

この花だけ2mほどのところで覗いていいですよと咲いてくれていました。

梯子と言っても脚立を運んでの撮影でした。
多摩NTの住人さん (キヅカレ)
2006-06-16 06:15:41
タイサンボクの香りは心が広くなるような気になります。

高いところに咲くので香りに気付かない人が多いようですね。多摩地域は今が花の盛りでしょう。ぜひ香りを聴いてください。

コメントを投稿

季節感」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
タイサンボクの花 (Digital Photo Gallery by ZEISS)
『天空の花』 今年もタイサンボクが大振りの花を咲かせる時期が到来しました。 でも、どうにもいけません。 悪天候に阻まれ、なかなか綺麗に咲く花に巡り合うことが・・・ 花期
梅雨の晴れ間 2 (風と友達)
古くから有った工場跡地に出来たショッピングモールは、その当時の樹木も残し、広い敷地に新たに植樹もして有るので、四季折々の植物が楽しめるので、買い物がなくても時々見に行っている。 都会の建物からから見れば広大というのは大げさかも知れないが、私には広 ...