インタグSOSキャンペーン(関西)

エクアドル・インタグでアンデスの自然と地域の共同体を破壊する鉱山開発に反対している住民を支援するキャンペーンの暫定ブログ

エクアドル在住のワダアヤさんより-地震被災地救援への協力の訴え

2016-04-21 11:37:13 | 日記
 こんにちは。エクアドルのワダアヤです。

 エクアドルで、現地時間4月16日午後6時58分に、エクアドル中部沿岸部
マナビ県ペデルナレス地方において、同地の地下20kmを震源とする
マグニチュード7.8の大地震が発生いたしました。この地震により、
建物の倒壊、断水、停電等の被害が広範囲にわたって発生しています。
現在に至るまで、死者は350名にも登っています。地震後、余震は250回以上もあり、
現在もまだあるようです。

 地震発生当時、私は震源地から遠い山岳地方のコタカチに
いましたが、かなり長い間強い横揺れを感じました。
幸い、こちらの方では停電も断水もまったくなく、平常に
過ごすことができています。インタグも同様に大きな被害はないようです。

 一方で、ナマケモノ倶楽部の仲間たちである、震源地のマナビ県
ペデルナレスの少し南にあるカノアやバイーア・デ・カラケスで
環境運動、有機農業、エコツーリズムなどを展開してきた
ニコラ・ミアーズとダリオ・プロアーニョ、そしてマルセロ・ルーケは
多大な被害に遭っています。みんな無事なようですが、電話通話が
できないので、直接連絡は取れていません。具体的にどの程度の被害が
あるのかわかりませんが、報道を見る限り、言葉を失うほどの
状況です。ニコラとダリオの農園や、環境学校、彼らのバイーアの家、
マルセロのバイーアの家や家族、セロ・セコ保護区、バイーアの町、
カノアやサン・ヴィセンテの町ははいったいどんな状態にあるのか…。

 現地の友人ですでに募金活動を始めた人たちがいます。
どうか日本のみなさんにもご協力いただけないでしょうか?
日本、九州、熊本の被害が甚大なことは承知の上で
みなさんにお願いします。

 1998年にも、バイーア・デ・カラケスは大地震の被害に遭い、
その後、地元の人々の多大な努力を経てエコシティーとして復興を遂げました。
私が初めて1999年にバイーアを訪れたとき、ニコラはバイーア・デ・カラケスが
どのように前に進み始めたかを話してくれたことを思い出します。
18年前「戦争の後のように思えた」バイーアで希望を見失うことなく、
復興に向かって一歩踏み出す力を、再び、みんなが持てるよう、応援してください。

 現在食べ物や飲み物が不足しているという報道がありました。
支援をお願いしながら、どういう方法が一番よい方法なのか
わからないでいるのですが、ナマケモノ倶楽部の事務局と相談した上で、
また書きます。とにかく何か書かなければという思いで書いてしまいました。
もしこうしたらいいよ、というアドバイスがあればお願いします。

 今はどこで何があるかわかりません。みなさんも、どうかどうか
お気をつけください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『エクアドル現地報告会』4月23日(土) PM6:00〜

2016-04-21 11:27:12 | 日記
『エクアドル現地報告会』鉱山開発にNO!!
〜南米エクアドル・インタグ地方〜いのちの森と守り手たちを訪ねて

○インタグ地方現地報告/一井リツ子さん(「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会)
○子どもの権利を守るための市民の闘い−閉校になった学校の再開と子どもの栄養不足問題に取り組む−/杉田優子さん(エクアドルの子どものための友人の会・代表理事)

日時 2016年4月23日(土) PM6:00start
会場 京都・堺町画廊
 京都市中京区堺町通御池下ル
 http://sakaimachi-garow.com/blog/
参加費 1000円(インタグコーヒー付)
主催「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会
協賛 堺町画廊
お問い合わせ granma0726@brown.plala.or.jp (一井)

3月下旬にPARCアクションツアーでインタグを訪問された一井リツ子さんの現地報告です。鉱山開発計画に20年以上にわたり抵抗してきたフニン村の人々。彼/彼女らの抵抗の現在をお伝えします。またフニン村では鉱山開発への抵抗とともに、有機的農牧業、森林農法によるコーヒーやサイザル麻手工芸品のフェアトレード、小水力発電、エコツーリズムなど、破壊的な開発とは別の道が模索され営まれてもいます。そうした営みについてもお届けできればと思います。

また今回の企画では、「エクアドルの子どものための友人の会」(SANE)の取組について、杉田優子さんにお話しいただきます。同会は、エクアドルの子どもたちを教育を通して支援するNGO(国際協力市民団体)です。現地での活動は、エクアドルのNGOであるSOJAE(ソハエ)とパートナーシップを組み、地域の人々と協力しておこなっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学習会 2月19日(金)「ラテンアメリカ左派政権の現状」

2016-01-28 22:34:58 | 日記
「ラテンアメリカ左派政権の現状 −−マル・デル・プラタから10年−」

1980年代から90年代にかけて、世界でも新自由主義の実験場と呼ばれるまで、
徹底した新自由主義政策がおこなわれたのが、ラテンアメリカ諸国でした。
その結果としての貧富の格差、社会紛争が拡大し、
1998年ベネズエラの選挙で、ウゴ・チャベス大統領が誕生します。
その後の一連の選挙をへて、ラテンアメリカではメキシコとコロンビアをのぞき、
ほとんどすべての国で左派あるいは中道政権が誕生することになりました。
2005年には米国のブッシュが米州自由貿易地帯(ALCA)成立をはかるべく
アルゼンチン、マル・デル・プラタでの米州サミットに臨みますが、
ブラジルのルーラ・ダ・シルバ、アルゼンチンのネストル・キルチネル、チャベスの
ラテンアメリカの主要な国の3大統領が手を結ぶことによって、これを葬り去ることに成功しました。
それから10年。
アルゼンチンでは11月の大統領選挙で、予想を覆し右派のマウリシオ・マクリが勝利し、
ベネズエラでは12月の議会選挙で右派が、予想以上の大差で勝利し、
ブラジルでも景気後退とペトロブラス汚職のなかで、大統領罷免の動きがあります。
現在のラテンアメリカ情勢をどのように見るのか、
左派政権が抱えていた問題とは何なのか、
ともに考える場を持ちたいと思います。

日時 :2月19日(金)午後6時30分
場所 :ひと・まち交流館京都第3会議室(京阪清水五条)
報告 :一井不二夫さん(ブログ「ラテンアメリカの政治経済」)
参加費:500円
主催 :「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会 
(会場は「ラテンアメリカ政治経済研究会」名で掲示しています)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハビエル・ラミーレスがフニン村の村長に就任!

2015-12-15 16:13:42 | 日記
 
ハビエル・ラミーレスがフニン村の村長に就任したというニュースです。

10か月不当逮捕拘留されていた間に、フニン村では別の方(ラウルさん)が村長を務めておられました。長期間の逮捕拘留期間を過ごし、そのリスクにも負けず新たに村長に就任されること、逮捕期間中彼同様に苦境を過ごしてこられたご家族やはじめ周囲の方々がこれからも彼を支えてゆくであろうこと、胸の熱くなる想いです。

+++
[現地の和田彩子さんによる翻訳]
カルロス・ソリージャさんより:
ニュース速報 ハビエル・ラミーレスがフニン村の村長に就任!
今日、フニン村の総会で、新しい理事を選出しました。ラファエル・コレア政権に政治的に迫害されたハビエル・ラミーレスが村長に選出。さらに鉱山開発に反対する二人の仲間も理事会入りした。こうして、違う種類の発展を目指す人々が理事会の中で多数を占めることになった。今日、インタグの尊厳が勝利した。鉱山開発という疫病の影響下にある村でみんなが感じたことは「今日から変わる」ということだろう。
この戦いの新しい章は決して平坦なものではないだろう。フニン村はあなたのサポートを必要としている。

BREAKING NEWS/ Javier Ramirez is new president of JUNIN!!
JAVIER RAMÍREZ nuevo presidente de JUNIN

Hoy la comunidad de Junín eligió la nueva directiva en Asamblea General. Javier Ramírez, perseguido político del gobierno de Rafael Correa, ganó la presidencia. Dos otros compañeros que se oponen a la minería le acompañan en la directiva, de esta manera haciendo mayoría las personas q...

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7.19「人権と開発問題を考えるシンポジウム」 同志社大学にて

2015-09-02 15:45:45 | 日記
「人権と開発問題を考えるシンポジウム」当日、会場同志社大学には約80名の参加者があり盛況の中、4名のパネリストの方々にお話いただきました。まず「春風珈琲」の日下部伸行さんから開発危機迫るエクアドル・インタグの歴史や取組みについてお話いただき、オルタナティブ産業であるインタグコーヒーについて試飲も行われ、この土地や人々の生き方という本来の豊かさが伝わってきました。同志社大学の小林致広先生には「メソアメリカ地域の鉱山開発反対運動」としてメキシコの事例・データをとりあげていただき、切なくもある開発被害者の映像が印象的でした。同じく同志社大学の和田喜彦先生には「鉱山開発による放射能汚染」としてアメリカ・ナバホ族のウラン鉱山他による先住民族の健康軽視、核燃料サイクル、プルトニウムの利用がいかに無理なものか、他汚染物質除去、精錬、日本のOGMECの問題点などから、改善策として開発企業と研究者側との意見情報交流の必要性、鉱物製品への認証制度、賢い消費者を増やしてゆくことなどのお話がありました。「資源・環境ジャーナリスト」であり以前ご自身が鉱山技術者だった京大の谷口正次先生からは、世界の様々な鉱山開発の事例から自国の法律の適用を受けない多国籍企業による強力な政治力・資金力による世界支配(強力なロビイスト)、それによる人権侵害・児童労働・腐敗・紛争・すさまじい環境破壊(現在赤道をはさむ豊かな生物多様性の地域に枯渇してゆく資源開発が集中し、深刻な事態、インタグ!!)ニューカレドニア、ニッケル鉱山では植物の固有種95%がなぎ倒され、金の値段の上昇による鉱山拡張で200の先住民族の村の焼き討ち、化学物質垂れ流し、ルーマニアのテーリング(かす)ダム決壊による魚の大量死(企業は破産宣告で逃げ、結局ルーマニア政府が140億円の損害賠償)こういった状況に対する反対運動の実例、努力としてノルウエーのEITA「資源採集産業イニティアティブ」、2007年「国連先住民権利宣言」採択などあり、しかし法的規制力なし。日本は輸入資源の48.6%を輸入資源に頼り、「国際貿易による絶滅種・生物多様性への影響」はアメリカに次ぎなんと世界第2位。持続可能性のグローバルな関係性に無知である私たちは過剰消費を反省し「生命を大事にする文明をつくる、世界との関係性の中で日本の美しさをつくるべき」私たちの遠隔地責任が求められているとのお話でした、その後4名で質疑応答。書ききれません、つながりの世界を認識した行動を!開催費用は現地支援へ。無償でご協力いただいたパネリストの方々、ご参加いただいた皆様本当にありがとうございました!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加