インタグSOSキャンペーン(関西)

エクアドル・インタグでアンデスの自然と地域の共同体を破壊する鉱山開発に反対している住民を支援するキャンペーンの暫定ブログ

「水を守り、水と共に生きる-小水力発電の可能性 持続可能な地域づくりへ」講演会のご報告

2017-05-22 07:31:06 | 日記
5/15に堺町画廊で開催したエクアドル・インタグSOSキャンペーン「水を守り、水と共に生きる-小水力発電の可能性 持続可能な地域づくりへ」講演会のご報告です。このインタグ地方では世界でも有数の生物多様性の土地であるにも関わらず、現在エクアドル・チリの両国営企業により、鉱山開発が強行されようとしていています。しかし地元では有機農牧業や森林農法によるコーヒー栽培、エコツーリヅム、そして女性による手工業製品などのフェアトレード販売といった自然と共存する持続型の地元産業により収入源を作り出しています。
また豊かな水源に恵まれたコタカチ郡インタグ地方では、その水源を活かし、温泉地をスパや保養所として観光業をつなぐ、あるいは地域住民の発案により、コミュニティ組織や自治体(計11団体+公的)がイニシアティブをとる9か所に及ぶ小水力発電プロジェクトが計画されています。
このインタグでは、すでに鉱山開発のためだけの発電を目的とした大型の水力発電所がすでに建設され、ダムがつくられてはいるものの発電効率も悪く、豪雨や地震による水の流出や堆積物による伝染病の発生など様々な悪影響が懸念させていて、この小水力発電所プロジェクトはその代替案でもあり、再生可能エネルギーである収入の一部を環境保護へ再投資するという新たなモデルとして注目されています。森や水と共に生き、20年以上も抵抗運動をつづけてきた住民の方々の意志を感じます。以前は環境保護主義的な政策をとってきたエクアドル政府も現在では開発主義強硬路線へと変更、4月の大統領選挙でも結局与党の勝利により、開発主義の拡大が大変懸念されています。現在このインタグ地方の80%の土地が鉱山対象地として譲渡済み・手続き中という状況に陥いり、試掘が進む雲霧林では赤茶色に滝が変色、土壌流出や水質汚染などがすでに発生しています。インタグ実行委員会からは、こういった現地状況、選挙結果、その政治的背景などの報告、地域小水力発電株式会社代表取締役の古谷桂信さんからは、水力発電の基礎知識や、日本での具体的な実例や作業工程、固定買い取り価格制度、またブラジル・イナイプダムといった南米の発電規模、そしてインタグ小水力発電の工事計画などのご説明がありました。資金がまだ集まりきれていないインタグの場合、もっと小規模なプロジェクトを確実に行っていくことで計画に現実味が増し、開発へのワクチンとしてしての意味合いも出てくるのではというお話でした。平日の夜にも関わらず、会場はあふれるほどの多くの方々にご参加いただき関心の高さを感じました。この生命の森や、少しでも現地状況の改善につながるよう、これからも伝えていきたいと思っています。みなさま、今回も本当にありがとうございました!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5.15講演会 「水を守り、水と共に生きる-小水力発電の可能性」

2017-04-28 21:01:33 | 日記
◆5.15講演会 
「水を守り、水と共に生きる-小水力発電の可能性 ~持続可能な地域づくりへ~」

http://zapwest.cool.coocan.jp/intag5.15.pdf

21年にわたり鉱山開発に抵抗してきたエクアドル・インタグの住民たち、その抵抗の基盤の一つとなってきたのが破壊的な開発とは異なる「別の道」-森林農法によるコーヒー生産をはじめとした様々な営みです。現在、中央政府らが鉱山開発を強権的に推し進めようとするなか、インタグの地域自治体と住民らは森や水資源を守るため小水力発電の事業を模索しています。
今回の講演会では日本において小水力発電の事業を推進している古谷柱信さんをお招きし、小水力発電の一般的内容や事例、その自然に負荷の少ない持続的なエネルギーとしての可能性などについて話していただく予定です。また実行委よりインタグにおける小水力発電の模索の意義や現況などについて報告したいと考えています。みなさんのご参加をお待ちします。
【日時】 2017年5月15日(月)PM 7:00-9:00

【会場】 堺町画廊 
京都市中京区堺町御池下ルhttp://sakaimachi-garow.com/blog/?page_id=110


【参加費】1,000円(インタグコーヒー付き)

【報告】「インタグ小水力発電の試み」 一井リツ子(インタグ実行委員会)
     「エクアドル大統領選挙について」 一井不二夫(インタグ実行委員会)

【講演】「小水力発電、その実例と可能性」 古谷桂信さん

【講師】古谷桂信さんプロフィール

1965年 高知県生まれ
   1990年 フォトジャーナリストとして活動。中米グアテマラのマヤの人々の取材・撮影を
続ける。国内では、水環境をテーマに、四万十川、琵琶湖、淀川などを撮影。
   2011年3月、高知小水力利用推進協議会設立 事務局長
   2011年4月、全国小水力利用推進協議会理事
   2012年8月、地域小水力発電株式会社設立 代表取締役就任
  著書
  『トウモロコシの心—マヤの人々とともに』 高知新聞社
  『どうしてもダムなんですか?淀川流域委員会奮闘記』岩波書店
  『地域の力で自然エネルギー』岩波ブックレット共著2010年7月

【問い合わせ】075-601-6409(一井)


【主催】
「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会
環境・文化NGOナマケモノ倶楽部、京都AALA(京都府アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会)、RECOM(日本ラテンアメリカ協力ネットワーク)、メキシコ先住民運動連帯関西グループ、ブログ「ラテンアメリカの政治経済」、ATTAC関西・京都、ODA改革ネットワーク・関西、春風
HP: http://intagcampaign.web.fc2.com/index.intag.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「スマホの真実」上映会 - 7月30日(土)午後2時、同志社大学

2016-07-13 21:43:58 | 日記
インタグSOSキャンペーン(エクアドル・インタグの鉱山開発に反対する住民たちに支援を)


7/30(土)
上映会
「スマホの真実 - -紛争鉱物と環境破壊とのつながり」
企画・制作:アジア太平洋資料センター(PARC)

http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/wakeupcall.html

同時上映:
「ウェイク・アップ・コール―未来からの電話」

お話:宇野真介さん
アジア太平洋資料センター(PARC)

私たちがふだん、なにげなく使っているスマートフォンや小型電子機器。
それを作るためには希少なレアメタルを含む20種類以上の鉱物が必要とされています。

その採掘現場で何が起きているのか?
エクアドル、フィリピン、コンゴ民主共和国の採掘現場で取材したドキュメントと、英国で制作されたショートアニメーションを見てください。

世界的にも貴重な生物多様性の地、エクアドル・インタグ地方の鉱山開発に反対する現地の人たちとの交流から見えてきたこと、私たちの消費生活の裏側で起きていることなど、いっしょに考えましょう。


日時:2016年7月30日(土)午後2時開始
会場:同志社大学今出川キャンパス至誠館1階S2
資料代1000円(学生無料)
主催「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会
共催:アジア太平洋資料センター(PARC)

お問い合わせ granma0726@brown.plala.or.jp (一井)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エクアドル在住のワダアヤさんより-地震被災地救援への協力の訴え

2016-04-21 11:37:13 | 日記
 こんにちは。エクアドルのワダアヤです。

 エクアドルで、現地時間4月16日午後6時58分に、エクアドル中部沿岸部
マナビ県ペデルナレス地方において、同地の地下20kmを震源とする
マグニチュード7.8の大地震が発生いたしました。この地震により、
建物の倒壊、断水、停電等の被害が広範囲にわたって発生しています。
現在に至るまで、死者は350名にも登っています。地震後、余震は250回以上もあり、
現在もまだあるようです。

 地震発生当時、私は震源地から遠い山岳地方のコタカチに
いましたが、かなり長い間強い横揺れを感じました。
幸い、こちらの方では停電も断水もまったくなく、平常に
過ごすことができています。インタグも同様に大きな被害はないようです。

 一方で、ナマケモノ倶楽部の仲間たちである、震源地のマナビ県
ペデルナレスの少し南にあるカノアやバイーア・デ・カラケスで
環境運動、有機農業、エコツーリズムなどを展開してきた
ニコラ・ミアーズとダリオ・プロアーニョ、そしてマルセロ・ルーケは
多大な被害に遭っています。みんな無事なようですが、電話通話が
できないので、直接連絡は取れていません。具体的にどの程度の被害が
あるのかわかりませんが、報道を見る限り、言葉を失うほどの
状況です。ニコラとダリオの農園や、環境学校、彼らのバイーアの家、
マルセロのバイーアの家や家族、セロ・セコ保護区、バイーアの町、
カノアやサン・ヴィセンテの町ははいったいどんな状態にあるのか…。

 現地の友人ですでに募金活動を始めた人たちがいます。
どうか日本のみなさんにもご協力いただけないでしょうか?
日本、九州、熊本の被害が甚大なことは承知の上で
みなさんにお願いします。

 1998年にも、バイーア・デ・カラケスは大地震の被害に遭い、
その後、地元の人々の多大な努力を経てエコシティーとして復興を遂げました。
私が初めて1999年にバイーアを訪れたとき、ニコラはバイーア・デ・カラケスが
どのように前に進み始めたかを話してくれたことを思い出します。
18年前「戦争の後のように思えた」バイーアで希望を見失うことなく、
復興に向かって一歩踏み出す力を、再び、みんなが持てるよう、応援してください。

 現在食べ物や飲み物が不足しているという報道がありました。
支援をお願いしながら、どういう方法が一番よい方法なのか
わからないでいるのですが、ナマケモノ倶楽部の事務局と相談した上で、
また書きます。とにかく何か書かなければという思いで書いてしまいました。
もしこうしたらいいよ、というアドバイスがあればお願いします。

 今はどこで何があるかわかりません。みなさんも、どうかどうか
お気をつけください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『エクアドル現地報告会』4月23日(土) PM6:00~

2016-04-21 11:27:12 | 日記
『エクアドル現地報告会』鉱山開発にNO!!
~南米エクアドル・インタグ地方~いのちの森と守り手たちを訪ねて

○インタグ地方現地報告/一井リツ子さん(「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会)
○子どもの権利を守るための市民の闘い-閉校になった学校の再開と子どもの栄養不足問題に取り組む-/杉田優子さん(エクアドルの子どものための友人の会・代表理事)

日時 2016年4月23日(土) PM6:00start
会場 京都・堺町画廊
 京都市中京区堺町通御池下ル
 http://sakaimachi-garow.com/blog/
参加費 1000円(インタグコーヒー付)
主催「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会
協賛 堺町画廊
お問い合わせ granma0726@brown.plala.or.jp (一井)

3月下旬にPARCアクションツアーでインタグを訪問された一井リツ子さんの現地報告です。鉱山開発計画に20年以上にわたり抵抗してきたフニン村の人々。彼/彼女らの抵抗の現在をお伝えします。またフニン村では鉱山開発への抵抗とともに、有機的農牧業、森林農法によるコーヒーやサイザル麻手工芸品のフェアトレード、小水力発電、エコツーリズムなど、破壊的な開発とは別の道が模索され営まれてもいます。そうした営みについてもお届けできればと思います。

また今回の企画では、「エクアドルの子どものための友人の会」(SANE)の取組について、杉田優子さんにお話しいただきます。同会は、エクアドルの子どもたちを教育を通して支援するNGO(国際協力市民団体)です。現地での活動は、エクアドルのNGOであるSOJAE(ソハエ)とパートナーシップを組み、地域の人々と協力しておこなっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加