ひまわりの種

毎日の診療や暮しの中で感じたことを、思いつくまま書いていきます。
不定期更新、ご容赦下さい。

ゆりもどし・2

2016年11月24日 | 東日本大震災
おとといは、久しぶりの大きな地震だった。

やっぱり地震は怖いなぁ・・・。



最近、横浜に自主避難したお子さんの手記の記事をあちこちで見かける。
テレビでも新聞でもネットでも。

自主避難だから、避難指示命令での避難とはちょっと違う。

わたしの父の実家は浪江町津島で、父の兄弟姉妹は12人もいるから、
双葉にも浪江にも小高にも富岡にも親戚がたくさんいる。
みんなそれぞれ避難している。

たしかに、避難している人たちにも色々な人がいるのは事実。
いろんな人がいるから、
言われたくないことまで言われてしまう原因を作っている側面があるのも事実。
でも、そういう人たちばかりじゃないのも事実だ。

だからこそ、「福島からの避難者」とひとくくりにはできない。

でもそんなことは関係なく、

いじめることは、どんな理由でもいけない。

たぶんこれは氷山の一角だろうと思う。

釈然としないのは、
まるで鬼の首でも取ったかのように一斉に
学校や行政の責任を糾弾するかのような記事をどのメディアも書いていることだ。

そもそも「福島だから・・」と誹謗中傷を受ける原因の一因となるような、
誤った情報をこれでもかと垂れ流したのはどなたでしたっけ。
そのために無用な偏見を生んだと言っても過言ではないと思う。

今でも耳にする両論併記、
これ、本当に正しいのですか? と言いたい。
正しい情報・理論と、誤った情報・理論(の解釈)を
1対1の割合で呈示することが、本当に正しい報道の在り方なんだろうか?
いや、むしろあの当時は誤った情報9割、
まっとうな情報はほとんど見なかったように思う。

だから、
誤った情報を多くの人たちが信じ込んでしまったがゆえのいじめ、
じゃないの?
これは、周りの大人の責任でしょう?

あの当時
本当にまっとうな情報を記事にして下さったメディアはあっただろうか?
今に至ってもなお、誤った情報のまま突っ走っている週刊誌などがある。
最近はそういう記事を目にしてもばかばかしくて腹も立たなくなっていたけれど、
今回の手記報道に関しては、
久しぶりに当時のあれこれを思い出してむかっ腹が立っている。


ここまで書いてきて、ふと気付いた。

今年の3月に、IAEAのセミナーがあって、
福島県の小児科医としてのリスクコミュニケーションの試み、
というテーマでお話しをさせていただいた。
あ。もちろん日本語です。(同時通訳の方がいらした)

セミナーが終わってから、ある先生から個別に質問をいただいた。

 あなたはどうしてこんなに一生懸命なのですか?

と。

予想外の質問だったので咄嗟にはうまく答えられず、
自分でもよくわかりませんが、使命感、みたいなものでしょうか?
と、苦笑いと照れ笑いを交えて答えたのだけれど、
もちろん、使命感が心の奥底にはあるのは本当だけど、
わたしを今まで突き動かしているのは、

理不尽なことへの、静かな怒りだ。

う〜ん・・・。
活性酸素溜まる一方かも・・・。苦笑。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋ぎらい?!

2016年10月25日 | 日々のつぶやき
時々お訪ね下さっている皆さま。
もうすっかり秋〜初等の気配ですね。
ここ福島は、朝晩の冷え込みが くうぅぅ・・・ とからだに凍みます。

でもわたしは、そこそこ元気でした。

なんの脈絡もありませんが・・・、唐突に、久しぶりの投稿です。

   ・・・・・・・・・


ネットサーフィンしてたら
こんなタイトルの記事があったた。

「名古屋嫌い」真相はこれだったか…「本当の田舎ならシャレにならん」叩いても『いじり』で済む立ち位置
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00000007-withnews-l23

ううむ・・・。
これはどういうことか。
この記事の結論は良い具合にまとめてはいるけど・・・。

わたしが12年とちょっと暮らしていた印象としては、
名古屋(愛知県)の方々って、自分とこの静かなプライドは結構あって、
実際、信長。秀吉・家康を輩出した地元、としての誇りは相当高かったように思う。
たしか今も「名古屋まつり」で「三英傑」の行列があるはず・・・。

でも一方では、

 信長は天下めざして名古屋を出てあっけなく殺されたし、
 秀吉は大阪に行ったし、
 家康は江戸に行ったし、
 みんな名古屋を捨てたんだヮ・・・。

・・・という話をかつて名古屋に住んでた頃に地元の友人が言ってたことがあって、
単純に戦国時代の名残がそこここにある土地に畏敬の念を持っていたわたしは、
その自虐的な考えにとても驚いたことを覚えている。

地元の人の地元への感想と、他の地域の者のその土地への感想とは、
必ずしも一致しないことはあるしね。

そもそもこの調査も東京・大阪・横浜など主要8都市での調査だそうだから、
あまり意味はないのかも。

わたしは名古屋大好きだよ!!





コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

あさイチ in 東北・福島

2016年07月29日 | 東日本大震災
番組表で気になっていたので録画しておいたNHK「あさイチ」を観た。

土湯温泉の復興・復活への取り組みや、
会津の仮設にいらっしゃる方々の様子などが収録されていた。
そして、福島県の高校生の取り組みもかなりの時間をさいて紹介されていた。
その取り組みとは、
その高校の「放射線班」の活動として、
地元の信夫山の放射線量を測定し、
小さなお子さんを持つ親御さんに健康影響はとても低いことをお伝えしたり、
国際学会でプレゼンテーションをする、etc.
高校生と一緒に南相馬市立病院の坪倉先生も出演されていた。

やるじゃん、福高生!
早野先生のTwitterなどでは活動を知ってはいたけど、
日頃ネットに接していない世代の方々へのアピールにはなったように思う。

キミたちが大人になる頃には、
もっともっと福島がよくなっていって欲しい。

わたしも、気力が続く限りは頑張るから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加藤清史郎くん

2016年05月01日 | 日々のつぶやき
「こども店長」が中学生になってあるドラマに出演している。
ドラマの中では、
ピアノが得意で女の子にモテるという設定のようだ。
心の中に何かモヤモヤした思いを抱えているらしく、
音楽室でピアノを弾いている清史郎くんを取り巻く女の子たちに向かって
弾いていたピアノをバーン!!と叩き、
 「出て行け!」
と言った。

その次に
 「わしは、こんなところ、来とうはなかった!!」(注)

という台詞をつい期待してしまったわたし。(冗談です)

パパ役は山本耕史さん。
NHKの朝ドラではあった
 「待たせたな!」
という台詞はさすがにありませんでしたね。


 (注)このセリフは
    清史郎くんが直江兼続の子役で出演した大河ドラマの中でのセリフです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆりもどし

2016年04月16日 | 東日本大震災
熊本で被災された方々は今、どんな気持ちでいらっしゃるだろう。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしたちは名古屋で結婚式を挙げ、
翌日車で1週間の九州一周の新婚旅行に出かけた。
そもそもわたしは結婚式前日まで体調不良でろくに食事も摂れていなかったので、
 (今にして思えば春先のインフルエンザ?)
旅行出発当日にはだいぶ回復はしていたけれど念のため点滴も積んで出かけるという有様。

それでも運転が好きなので、少し体調が回復していたのをいいことに、
当時はまだ交通量の少なかった中国自動車道で運転を交替、
ちょうど岡山県に入った時だった。
あろうことかスピード違反で免停。あああ・・・。
当時の中国自動車道は80キロ制限。
わたしは105キロぐらいで走行していたのだ。
 (なにせ免許を取ったのは名古屋だからねぇ。あ、言い訳にはなりません。)

その上、最初の宿泊先予定の山口県の途中でエンジントラブル。
車はJAFに引かれインター近くのディーラーに一泊。
幸い大きな故障ではなく旅行は続行。

長崎県を除く九州をぐるっと周り、最終は宮崎県からフェリーで大阪に向かったのだけれど、
これが大時化で2人ともひどい船酔いで一睡もできず、
行きも帰りもトラブルに見舞われた旅だった。

 ん? その後のわたしたち夫婦を暗示していたか・・・?

冗談はさておき、
途中の九州ドライブ旅行はとても楽しかった。

今回の地震で寸断された阿蘇の道路は、
きっとわたしたちも通った道だ。
熊本城も見学した。

ふるさとの美しい風景が台無しになり、
ふるさとのシンボルが無残な姿になってしまったことは、
地元の方々でなければわからない憤りがあるだろうなと思う。



今回の地震で、
5年前を思い出した東北の方々も多かったと思う。
5年前に被災した方々の心にゆりもどしが起きませんように。
そして、今回被災された方々の心が折れませんように。
一日も早く復興しますように。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつか、今の仕事をリタイヤしたら
また車で九州の同じルートを長崎県も含めてぐるっとのんびり旅行するのが、
夫とわたしの夢です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加