和菓子の国

日本中にあまたある和菓子をコツコツ紹介。
まぁ、関西中心ですけど…

051(東京)浅草 人形焼

2013-03-28 11:08:43 | 東京の和菓子
東京浅草には多くの和菓子屋さんがありますが、
先日、浅草を訪れた際に3軒目に選んだお店。
1、2軒目が芋菓子だったので、ちょっと趣向
を変えてみました。

浅草仲見世と言えば名物の人形焼、その元祖と
いえばこちら。

<木村屋本店の店構え>

明治元年(1868年)創業の老舗。
仲見世の一番奥、浅草寺境内に一番近い場所に
あります。

仲見世は同一規格の店が建ち並ぶ通りなので、
残念ながら老舗らしい堂々とした店構えとは
いきませんが、人形焼という庶民のお菓子には
それが相応しいかも。

「ここは木村屋さんの本店ですか?それとも
木村屋本店という店名ですか?」と、
ここが支店ではなく本店なのかを確認したくて
お店の方に質問したら、
「木村屋は他にありません、ここだけですよ!」
と、にべもない回答。
客と会話をしたら損、無駄だとでも思っている
のでしょうか?
観光客の多い東京浅草だから商売が成り立つの
でしょうが、他の場所(特に大阪)だったら
きっと長続きしないでしょう…。

<人形焼>

これが元祖人形焼、形はこちらの4種類。
左上:五重の塔
右上:鳩
左下:提灯
右下:雷様
初代が浅草名所にちなんで考案されたとか。

カステラ生地はしっかりしていて密度が濃い感じ。
蜂蜜の甘みがしっかり効いています。
中のこし餡も甘めで、冷めても美味しく食べる
ための工夫のようです。
ちなみに賞味期限は1週間。
(8個入り \600)

食べ歩きにはピッタリですが、もっと愛想良く
売ってくれたら、もっと気分が上がるのにな…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 050(東京)浅草 芋きん | トップ | 052(大阪)天王寺 釣鐘まん... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。