東大和市・親子英語のYamatalk English®

親子で英語を楽しもう♪
2013年10月から英国人講師の教室を始めました。

ジョリーフォニックスの基本の42音を順番通りに覚えよう

2017-01-03 06:24:44 | ◇ジョリーフォニックス
おはようございます。東京多摩地区の英国人による0歳からのファミリー英語”Yamatalk English®”です。

ジョリーフォニックスでは、アルファベット順ではなく"the Jolly Phonics letter sound order(ジョリーフォニックスの文字音順=基本の42音)"の順番で音と文字を習っていきます。

システマティック・シンセティックフォニックスなので、系統的に教えることが可能です。順番通りに正しく教えていくと必ず生徒様の成果がはっきりと出てきます(昨日も同じことを書いています)。

まずは、42音をジョリーフォニックス順に覚えることが大切です。日本語も「あいうえお順」に覚えますよね。英語も同じように「ジョリーフォニックス順で表を見ながら(※)、順番通りに覚えましょう。順番通りに覚えることが後で大きな力を発揮します。
※レッスンでは、1音ずつ丁寧に学んでいきます。復習として、表を見ながら学習します。復習方法としては、フラッシュカードを使うのも効果的です。


Jolly Phonics Extraは、日本人にピッタリのジョリーフォニックスの教材です。Yamatalk Englishの生徒様には、可能であれば、こちらの教材を購入し家庭学習していただいています。レターサウンズの本と対応したTalkingPENが、子ども達のお気に入りです。

ジョリーフォニックスで大切にしている「読み書きのための基本的な5つの技能」

1.文字の音を覚えること
2.文字の形を覚えること
3.ブレンディングすること (文字と文字をつなぎ合わせて一つの単語として読むこと)
4.単語の中にある音を識別すること
5.ひっかけ単語を正しく綴ること


▲読み書きのための基本的な5つの技能
1.文字の音を覚えること



▲音と文字の一覧表(Jolly Phonics Pupil Book1の背表紙)



▲音と文字とイラストの一覧表(Jolly Phonics Letter Sound Strips)



▲フォニックスクラスの習った音チェック表


(スタッフ Mami)




http://blog.goo.ne.jp/img/static/admin/editor/btn-entry.gif
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フリー教材を活用してみませ... | トップ | 2月25日の教材展示・販売 »
最近の画像もっと見る

◇ジョリーフォニックス」カテゴリの最新記事