浮世風呂

日本の垢を落としたい。浮き世の憂さを晴らしたい。そんな大袈裟なものじゃないけれど・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベトナム戦争の韓国軍

2011-10-28 16:31:26 | 資料

ベトナム戦争は、インドシナ戦争後に、ベトナムの南北統一を巡って起こった戦争である。

宣戦布告なき戦争であるため、ベトナム戦争がいつ開始されたかについては諸説あり、ベトナム人同士の統一戦争という観点からは、南ベトナム解放民族戦線が南ベトナム政府軍に対する武力攻撃を開始した1960年12月という説が一般的であるが、アメリカ合衆国と北ベトナムの戦争という観点からは1965年2月7日の北爆を開戦とする説もある。1975年4月30日のサイゴン陥落時が終戦である。

  第二次ベトナム戦争ではピーク時の米兵は50万を超えたが、9割近くが第一線以外の後方勤務であり、サイゴンを中心にベトナム人女性による売春産業は繁栄をきわめた。米軍の公式戦史はもちろん新聞も、この額域にふみこんだ記事はほとんど報道していない。

 1966年頃までに、各師団のキャンプと周辺には「公認の軍用売春宿」(Official military brothels)が設置された。

ライケでは鉄条網で囲まれたキャンプの内側に二棟の「リクリエーション・センター」があった。バーとバンド演奏所の他に60室の個室があり、そこで60人のベトナム人女性が住みこみで働いていた。

 彼女たちは米兵の好みに合わせて、『プレイボーイ』のヌード写真を飾り、シリコン注射で胸を大きくしていた。性サービスは「手早く、要領よく本番だけ」(quick,straight and routine)がモットーで、一日に八人から十人をこなす。

料金は5〇〇ピアストル(二ドル相当)で、女の手取りは2〇〇ピアストル、残りは経営者が取った。彼女たちを集めたのは地方のボスで、金の一部は市長まで流れた。
この方式で、米軍は「デイズニーランド」とも呼ばれた慰安所に手を汚していない形にしていたが、監督は旅団長で、ウエストモーランド司令官もペンタゴンも黙認していたのである。

 ベトナム戦を戦ったのは米軍だけではない。英軍も豪州軍もインドネシア軍も参戦しているが、最近になって注目を集めてきたのは、米軍に次ぐ延べ31万人を派兵、5000人とも3万人ともされる混血児を残してきた韓国軍である。

 当時派遣された韓国軍の給料はアメリカが持った。つまりアメリカの傭兵としてベトナムに行ったということになる。このことで、「六・二十五(朝鮮戦争)は同じ民族同士の殺し合いだったが、ベトナム戦争はアメリカの傭兵として参加したもので、大義名分の弱い戦争だった」という趣旨の発言をした文教部長官(文部大臣)が金泳三大統領によって平成7年5月12日に解任された。

 この発言の背景には、ベトナム派兵に対して当時の韓国国内の平均給与の2倍がアメリカにより支払われ、派兵しはじめた1965年12月に発効した日韓基本条約に基づく日本の請求権支払い(10年間にわたり有償無償あわせて8億ドル)とベトナム特需ともいえるこの派兵で、南朝鮮は派兵した10年間は年10%近い経済成長(当時世界一位)を続け、輸出も外貨も30倍近くにふくれあがった現実がある。

 この発言に対して国軍、在郷軍人会などが「ベトナムに派遣された韓国軍は平和軍の十字軍であった」「ベトナム戦争は自由と平和を守るための聖戦であった」などと抗議の意見を発表したために金泳三大統領は長官更迭という処置をとった。我国とは逆の対応である。

 ベトナムでの韓国軍の残虐極まりない行為は、まだその戦争の爪痕が消え去らないベトナムにおいて生々しく伝えられている。

 
 
 
 韓国軍は残酷な大量虐殺を行ったため、南ベトナム民族解放戦線(NLF)さえ、できるだけ直接的な交戦は避けようとした程だったと伝えられる。 前線もなく、敵が誰なのかもわからないベトナム戦でベトコンの根拠地を捜索、破壊するという作戦上の名分が老若男女を区別しない虐殺行為を正当化させた。

 1967年5月22日、フーイェン省ホアドン郡のミトゥアン村で農業をしていたチャウは、たまたま親戚のいる近くの村に出かけていた。そこへ前夜、韓国軍が村を攻撃したという知らせが届いた。大急ぎで帰ったチャウが目にしたのは、村人が井戸からバラバラになった遺体を引き揚げている光景だった。

犠牲者の中には、妊娠中の彼の妻と4人の子供も含まれていた。

虐殺を隠れて見ていた老人の話では、韓国兵は女性や子供を井戸に落とし、助けを求める声を無視して手榴弾を投げ込んだと言います。「韓国兵に殺されたのは女や子供ばかりだ。共産主義者なんかであるわけがない」と、チャウは言う。

★ニューズウィーク 2000年4月12日号

 1965年12月22日、韓国軍作戦兵力2個大隊がビンディンソン、クィニョン市に500余発もの大砲を撃ち込んだ後、捜索掃討作戦を繰広げました。

韓国軍は、この村で12歳以下22人の子供、22人の女性、3人の妊婦、70歳以上6名の老人を含む、50名以上の民間人を虐殺しました。

彼女の子供は軍靴で踏み潰され、まだ血が流れていたお母さんの胸の上に投げ捨ててありました。妊娠8ケ月に達していた友人は銃弾が貫通して亡くなり子宮が外に出ていました。韓国兵は一歳になる子供を背負っていた娘を射ち殺して,、子供の頭を切り取って地面に放り投げ、あとは色々な形に切り出してくぼみに捨てました。

生存者の韓国軍に関する証言で共通な点は、無差別機関銃乱射、大量殺戮、 妊産婦、女性に対する強姦殺害、家屋への放火。生存者の証言を土台に韓国軍の良民虐殺方式を整理してみると、いくつかの共通した類型が現れる。

住民たち(大部分が女性と老人, 子供たち)を一ケ所に集めた後、

あるいはいくつのグループにまとめて、機関銃を乱射して抹殺する。

1、住民たちを一戸に追い詰めて銃を乱射した後、

家と一緒に死亡者も生存者も全部燃やす。

2、子供の頭を割ったり首をはね脚を切ったり四肢を切断して火に放り込む。

3、女性を強姦した後、殺害して、

妊産婦の腹を胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す。

4、住民たちを村のトンネルに追い詰めて毒ガスを浴びせて窒息死させる。

★ 韓国ハンギョレ21 1999年 5月 6日

「レイプ・オブ・南京」なる出鱈目本を出したアイリス・チャンが自殺しました。

日本の軍紀は厳しく、特に現地女性には厳格に対応した事が史実です。

チャンは捏造した歴史に自責の念を感じたのかもしれません。

事実として、南京戦、日中戦における日中混血児は一人もいないからです。

日本に言いがかりを付ける韓国は「ライタイハン」と呼ばれる韓ベト混血児が、ベトナム戦争において3万人以上いる事は事実です。


 

http://kankoku-020115.tripod.com/vietnam_war/miscellany/watasinomura.html

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝鮮戦争の慰安所 | トップ | 韓国の人々 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。