詰将棋劇場blog

平井康雄の詰将棋など、あれこれ

藤井四段29連勝

2017-06-28 18:16:36 | 詰将棋
 ここ2日、たまたま仕事が空いたので早めの夏休みをもらって、自宅でまったりしていますが、昼間のワイドショウで将棋がトップニュースになるなんて、前代未聞のことですね。
 ワイドショウの方は、将棋を知らない奥様方に、藤井四段のすごさをどうのように伝えるのか涙ぐましい努力が認められましたが、真に伝わったのかどうか、非常に怪しい、という結果です。

 棋譜は
竜王戦中継
で確認できますが、ざっと紹介しますと・・・・


 
 先手:藤井四段 後手:増田四段 39手目36飛の局面

 ここから、27角、39飛、49角成、同飛、38金、59飛、48金と進行。

 飛を逆に攻められて、右辺を制圧された上に、次に飛を取られる局面になってしまいました。それも後手方は飛車取りを一旦保留してよくて、いつでも一番都合の良い時点で、王手で飛を取れるという非常に有利な状況になってしまったのです。
 素人目にみたら先手はかなり苦しいように見えたのもうなずけるところです。

 唯一の望みはここで手番が先手方であることのみ。つまりはここで有効な攻め手段を見つけられなければ後はじり貧になってしまうという瀬戸際であったわけなんですが、ここからの攻めがすごかった。

 22歩、同金、77桂(飛当たり!)、82飛、65桂、62銀、75角 で
 あっという間に形にしてしまったんですね。

 以後、32金、22歩、33桂、同銀成、同金、15角、59金、同銀、32銀

 直接的には金の両取りですが、保留しておきたかった金飛交換を強要されてしまって完全に攻守逆転です。

 そして、この次の1手「53桂打」が各テレビで絶賛されていました。
 局所的には相当筋悪な悪形なんですが、実際に指されてみると、この1手で後手方は完全に痺れてしまったようです。

 結果論でいえば、後手方は49角成とすぐに行かないで、それを含みに持たせたまま、26歩と突いて次の25飛を見せられたら、先手方は相当苦しかったのではないでしょうか?
 それでも逆転したのかもしれないですけどね。



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初耳学 藤井四段の作品

2017-06-26 07:12:13 | 詰将棋
 6/25放送のTBS系「林先生が驚く初耳学SP」内で、一瞬だけ大写しになった、藤井四段の色紙に掲載されていた作品です。

      


 かなりの難問の27手詰。

 少なくとも、一般解答者が暗算でチョコッと詰められるような作品でないことだけは確実です。
 
 この作品、どこかで発表された作品なんでしょうか?ご存知の方は情報をお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柿木将棋の仕様(続き)

2017-05-09 18:28:12 | 詰将棋
 前回、「初手から余詰が発生した場合は、余詰順は初手に対するコメントとして、kifファイルに保存されます。」と書きましたが、実はこれが正確ではありませんでした。
 実際は、「初手からの余詰は開始局面、3手目からの余詰は2手目の局面、というように一手ずつ前の局面のコメントとして収録される」、というのが正確な情報でした。
 柿木さんは考えがあって、敢えてこの仕様にされているようなのですが、これがどうも違和感があります。
 本来なら、初手からの余詰なら初手、3手目からの余詰なら3手目のコメントであるべきではないのでしょうか?

 試しに、余詰のある棋譜ファイルを柿木で開いて棋譜再現することを想定してみましょう。
 棋譜ウインドウ非表示・コメントウインドウ表示の設定で再現した場合、余詰の発生する1手前の局面で、作意手順は不明のまま、余詰手順のみが表示され、一手進めるか、作意手順を入力した途端に余詰手順の表示が消えてしまう、ということになります。ちょっと変ですね・・・。
 作意手順を進めた段階で、「実はこの手でこちらの手でも余詰みます」としてくれた方がシックリくると思いませんか?

 「手順を削除しただけでは初手からの余詰情報が消えない」、という不具合も、全てはこの仕様が原因と思われます。

 長年使っている物を、途中で突然仕様を変えるのは難しいでしょうから、オプションとして、余詰手順を収録する際に「1手前のコメントとして」か「その手のコメントとして」かを各自で選択できるようにできないものか、柿木さんに要望を出してみました。
 果たしてどうなりますか・・・・。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柿木将棋の仕様

2017-05-07 14:44:53 | 詰将棋
 柿木将棋はもはや手放すことのできないアイテムとなっていて、詰将棋の鑑賞・創作・検討の全てにわたって活用させてもらっています。

 ただ、どうも使いにくいことが1件あるのです。

 創作中の作品を検討して、初手から余詰が発生した場合は、余詰順は初手に対するコメントとして、kifファイルに保存されます。
 余詰が出れば当然修正することになるのですが、「局面編集」すれば、その瞬間、入力されていた手順は全部削除されます。新たに手順を入力して、上書き保存するなり、ファイル名を変更して保存するなりした場合が困ったことになるのです。
 
 何と・・・・、当然消えているはずの、修正前の余詰順の情報が残ってままになっているのです。

 これは修正図の場合だけでなく、「局面編集」から全然別の作品を設定した場合でも、余詰のコメントはそのまま残っています。

 これは「バグ」ではないのか?と思って。柿木さんにメールで質問してみましたところ、「これは仕様です。」という返答でした。
 つまりは、初手のコメントに作品の重要情報が入っている場合があるので、単に局面編集をしたり、手順を削除したくらいでは、初手に対するコメントは消えないように設定してあるのだそうです。

※5/9 記載の通り、「初手に対するコメント」は「開始局面に対するコメント」が正しい情報でした。訂正しておきます。
 なお、消えずに残るのはコメントとしての余詰情報であって、棋譜の分岐は消えるので、棋譜再現で出てくるわけではありません。(5/10)

 従って、初手に余詰がある作品のkifファイルから修正する場合は、
 開始局面に対するコメントを手動で削除した後に、「局面編集」作業に入る必要がある、
ということのようです。

 今後は気をつけないといけません。

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詰備会 続き

2017-05-05 10:03:37 | 詰将棋
 二次会は毎回利用している居酒屋で計画していましたが、店側から「連休なのでできる限り人数を確定したコース料理を予約して欲しい」と言われてしまった。
 そこで事前に、常連客員に一斉メールで出欠意向を確認させてもらったところ、参加人数を13人プラスアルファと推定。15人で予約しておりました。

 一次会参加者に二次会参加意向を確認すると、松重・長谷川・植田がキャンセル。川崎氏は「時間的には問題ないが、足が悪いので歩いて行くのは困難です」との返答。
 タクシーを使ってもらうかとか考えていたところ、柳原氏から「車で来てますから送っていけますよ」と申し出があり、「それなら」ということで参加が決定。

 結果的には奇跡的に15人ピッタリとなりました。


 車の二人を除いた13人で大移動となりましたが、いつもは赤畠さんの先導で何気なく付いていっていたものだから、自分が先導役になったらウッカリ曲がり角を間違えたみたいで、結局少し大回りをさせることになってしまった。そんなに難しくもない道程だったはずなんですが、何とも情けない。

 とりあえず15分後には居酒屋に到着。いつもの通り、3階の個室を使わせてもらう。ただし、エレベーターなしで、かなり急な階段を使わねばならない。いつもの事なので、この時点ではこれが問題になるとは全く考えてなかった。

 座席は掘り炬燵型で快適なのだが、時間的に西日が直撃する座席が生じるみたい。窓にカーテンはないので、間仕切りのスダレを降ろそうとしたが、厳重に固定されていて簡単には降りそうにない。店員にお願いして降ろそうとしてみたが、何ヶ月も使ってなかったようで、大量の埃が舞い上がりそうな状況だったので、あきらめざるを得ない。結局、数人の方には30分間だけ我慢してもらうことになってしまった。一番の被害者は山路さんで、これも申し訳なかったです。

 そうこうしているうちに、階段方面から悲鳴のような声が聞こえてくる。柳原さんが川崎さんを引き上げてくれていたのでした。川崎さんも「死ぬ思いで上がってきた・・。」
 これは完全にウッカリしていました。こういうこと思い至らないようでは遺憾です。本当に申し訳ないことをしました。
 次の問題は降りるときにどうしてもらうか・・・。さすがにこの階段を歩いて降ろさせるのは危険極まりないですからねえ。
 やはり誰かにおぶってもらうしかないかと考えて遠慮がちに提案したところ、山路さんから「やります」と申し出があった。ラグビー部で普段からそういう練習をしているので何の問題もないとか。
 文武両道の超人はいるものなのだ、と実感した瞬間でした。


 その後は2時間、料理をつまみ、酒を飲みながらの詰将棋談儀。「広くは知られていない名作」を紹介しあったりで、結構盛り上がったようです。

 結局、余分料理が注文されることもなく、予算ピッタリで終了しました。

 問題の「川崎さん降ろし」も問題なく終了。山路さんには感謝しかありません。


 普段なら二次会で散会なのですが、岡山宿泊の方がいるのなら三次会をやろうかという話になる。

 ところがどこに行けばよいのかわからない。私自身、岡山で産まれ育ったとは言え、駅周辺での飲み会に参加したのは30年以上前の話。店事情がまったく分からないので困ってしまった。赤畠さんのありがたみを改めて痛感することに・・・・

 とりあえず、参加意向の10人で駅方面に歩いてみることになった。適当なところで、地下に潜って駅方面に向かってみたが、これが選択のあやまりでした。
 岡山の地下街は8時にほぼ全部閉店。駅までたどり着いても適当な店はなし。

 大通りの方までもどれば「笑笑」があるので、そこを利用しようという話になる。結局、グルグルーと1kmくらい大回りしたことなる。結果的には、地下に潜った地点で、そのまま大通りを渡りさえすれば済んでいた話だったようです。
 幹事の不手際で重ね重ね申し訳ないことになりました。

 「笑笑」ではカラオケ用の広めの個室を使わせてもらったので、ソフトドリンクをいただきながら、詰将棋談儀の続きで十分盛り上がることができました。
 チャージ料(一人300円くらい?)が余分でしたが、これくらいは我慢するべきかな?

    写真はこちら →  香龍会


 ともかく、いろいろご迷惑をかけながらも、何とか無事終了しました。
 
 参加してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加