車止めピロー:旧館

  理阿弥の 題詠blog投稿 および 選歌・鑑賞など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原田 町さんのうた

2009年10月01日 | 八首選 - 題詠2009
原田 町さんの歌から8首。


089:テスト
聴力をテストされおり耳奥にみんみん蝉の鳴きやまざれば

076:住
三十年住みて余所ものこの在の祭囃子が風に聴こゆる

063:ゆらり
十億の飢餓人口があるというゆらりゆらりと寿司皿まわり

062:坂
今年また定家葛の咲く坂を訪ね来たれりきみ在らなくに

042:クリック
ロボットに戦争させる時代へと右クリックでなべて殲滅

036:意図
意図したるごとくに子らは離れゆきつんつんつばめ巣作り始む

031:てっぺん
てっぺんがまだ閉じてない嬰児のひよめきに触る真幸くあれと

006:水玉
色かたち微妙に異なる水玉のスカーフを選るあすは晴れの日



31番、なんと優しい歌!
「ひよめき」という語は初めて知りました。
とても柔らかい響きをもった言葉ですね。
もうとっくに閉じてしまった自分のてっぺんを、
なんとなく触ってしまいました。
このてっぺんは、幸あれと祝われたてっぺんかな・・・?
これから出逢う赤ちゃんには、「幸多かれ」と
祈りながら頭をなでてあげたい、そう思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウクレレさんのうた | トップ | じゃみぃさんのうた »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
選歌のお礼 (原田 町)
2009-10-01 13:21:43
理阿弥様
 はじめまして、原田です。私の拙い歌をご選歌いただきありがとうございます。昨年、初孫を得た感慨を歌にしたものです。ひよめき、ひかがみ、ぼんのくぼ、など身体を表わす柔らかな言葉に惹かれています。
こんにちは。 (理阿弥)
2009-10-01 18:34:54
原田様

はじめまして。
赤ちゃんの周りには、いつだって笑顔があることを
思いながら読ませていただきました。
自分のときだってきっとそうだったに違いない、
そう考えることで、日々を強く生きていける、そういう気がします。
素晴らしいお歌を読ませていただきまして、
こちらこそ本当にありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。