私、希少がんP-net患者です

1996年に膵臓手術時は病名も不明。
膵内分泌腫瘍は10万人に一人の希少がん。
通称名 P-net(ピーネット)

母の日には

2017年05月17日 | 日記
14日は母の日でしたね~
前は五月の一週目ではありませんでしたっけ?
もう終わってるくらいの気持ちでおりましたが
しっかり娘たちから頂き物をしました えへへ(〃´∪`〃)ゞ

長女からはスマホ用のイヤホン。
ゴスペルの練習用に今一番欲しい物でした!

次女からはちょっと高価なプロテイン。
糖質制限する人に愛用されています🎶

そして14日は我が家の庭でBBQ(^^♪
といっても簡単なコンロを二つ使っただけですけど
先日人工芝を新しく張り替えたばかりなのできれいになった庭で
孫二人も自由に遊べて楽しかったです!

お肉をもりもり盛沢山(o^―^o)
タンパク質しっかり摂れて満足です✌

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糖質制限その後 | トップ |   
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
母の日って面白い日だなあって思いました (くちかずこ)
2017-05-17 21:50:39
くちこの立場からだと、
亡き母を想う日。
子供達から想われる日。
そして、いつの間にか、娘が孫からプレゼントをもらった報告を聞く日にもなっていました。
くちこも、三人三様のプレゼントが届きましたよ。

↓心配していたのですが、やはり・・・って思いました。
くちこは、本で読んだ時に、オペ後の自分の体には向かないなと思いました。
くちこさん (アケビ)
2017-05-18 15:25:34
コメントありがとうございます!
母の日ってホントいろいろ変化しますね
立場が変わるってこういうことか~(笑)
私の母も上から見下ろして「やっとわかったの?」と笑ってると思います。

心配させてしまってごめんなさい
リスタートでまたインスリンなしの毎日です。
オーソモレキュラーっていうんですね
ずっと受けてきた血液検査とは違った内容で自分の体の中身がわかるような気がします。
http://office-gaga.net/eiyoukaiseki/
色々学びながら一歩ずつやっていきますね
失礼なことを書いてしまった気がして再訪しました (くちかずこ)
2017-05-21 13:20:43
糖質制限も奥が深いし、いろんな方法がありますよね。
くちこの、ちょっとかじった程度の知識で断じてしまって・・・すみません。
いろんな、考え、学説が世に出ているのでね。
くちこ自身、全く、判断がつかない状況です。
↑のURLも拝見いたしました。
専門家とご一緒なのですから安心ですよね。
くちこさん (アケビ)
2017-05-21 18:08:06
こんにちは
失礼な事とは感じていませんよ(笑)
糖質制限なんてしなくても健康維持できていれば知る必要もないことです。
ダイエットの方法として有名になっている感じがありますし一時の流行りのようにも捉えられがちです。
単に糖質を制限するだけではなく 高たんぱく食、必要な脂質を摂ることが重要です。
栄養解析は今までの血液検査とは違った視点で判断しますし…
でも↑のHPを書いてらっしゃるのは看護師さんで多くの事学ばれています。
ただまだ認知度が低いので 例えばどこかで救急車で運ばれるような事態があったとき糖質制限を良くないものと判断される医師の所に運ばれたら困るなぁとは思っています。実は昨日の出来事なので考えを少しまとめて書こうと思っています。
江部孝二先生をご存知ですか? (くちかずこ)
2017-05-23 21:10:11
この先生が提唱されていますね。
参考までに・・・

https://matome.naver.jp/odai/2138009984317439701
くちこさん (アケビ)
2017-05-23 21:47:05
調べてくださってるようでうれしい気持ちです^^

そう‼こちらの江部先生がhttp://www.toushitsuseigen.or.jp/
こちらの代表でもいらっしゃって
ブログ内で相談にものっていただきました!

また、Facebook内でも多くの活動があってとても参考になりますよ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。