わちゃっと

サイエンスコミュニケーションチーム わちゃっと の公式ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

博物館レポート: -漢字を感じちゃおう!- 「漢字ミュージアム」@京都府・祇園

2017-02-10 22:58:34 | 博物館レポート

こんばんは、わちゃっとのGoです!

2017年も早1ヶ月が過ぎてしまいましたが、
今年も「わちゃっと」をヨロしくお願い致します

現在、2017年のイベントをメンバーで考案中なのですが、
昨年に負けず面白いコトができそうな予感です。

さてさて、2017年初ブログは、博物館レポートです。

今回は、京都府は東山区にある
漢字ミュージアム
を紹介します!!

こちらは、京都の中でも祇園にあり、目の前には有名な八坂神社が見える場所に位置する博物館です。

運営には、多くの方が小学生や中学生の時に受けたかも?しれない「漢字検定」を主催する
~日本漢字能力検定協会~が関わっています。

漢字を「見て」「触れて」「遊んで」
をコンセプトにできた、日本初の漢字の博物館らしいです。


入口は至ってシンプルです。
入るとすぐにお土産販売コーナー(入場料不要)があり、たくさんの方がいました。

 

さてさて、入場料を払って中に入るとこんな冊子を貰えます


これを使いながら、展示を楽しんでいきます。
中に何がかいてあるかは・・・実際に行ってみて確認してくださいね!

 

 

展示の一部を紹介すると、

牛や亀の甲羅などに記された甲骨文字と、現在の漢字を比べたり、

 

 

歴史の教科書などでもおなじみの、志賀島(しかのしま)の金印のレプリカにさわれたり


といったものがあります。

 

 

また、壁には、漢字の成り立ちについての歴史がずらり

 

 

全ては紹介できませんが、

・国中どこでも同じ漢字が使えるように「標準の漢字の形」が決められた。
・漢字からカタカナとひらがなが生まれた。
・印刷された漢字が使われるようになった。

などの経緯と解説が書かれています。

 

 

 

 

また、漢字といえば毎年年末に発表される「今年の漢字」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?


これは、毎年清水寺の住職さんにより書かれるのですが、その原本と書く際に使われる筆を見ることもできます。
(私が行った数日後に2016年の漢字「金」が発表されていました。)

 

子供の背丈ほどもある大きな漢字にしばし圧倒されてしまいました

他にも、「漢字かるた」で遊べたりと、かなりディープに漢字を楽しむことができます。

皆さんも、祇園に行った際には寄ってみてくださいね!!

 

*****

漢検 博物館・図書館 漢字ミュージアム Japan Kanji Museum & Library

〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側551番地 (京都市元弥栄中学校跡地)

京阪本線『衹園四条駅』6番出口から八坂神社方面へ徒歩5分 または 「京都市バス」乗車「祇園」下車すぐ

開館時間: 9:30 - 17:00 (入館は16:30まで)

休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌平日に振替)、年末年始、臨時休館あり


*詳しくは施設ホームページでご確認下さい。

*****

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【開催報告】わちゃっとカフェVol.6 結局なんなの?“オートファジー”

2016-12-31 23:26:25 | わちゃっとのイベント

こんばんは!わちゃっとのまちゃこです。

1217日、わちゃっとカフェvol.6「結局なんなの?“オートファジー”」を開催しました!

 

ゲストは、東京工業大学大学院中戸川研究室に所属されている、持田啓佑さん。
ノーベル医学・生理学賞を受賞された、大隅良典先生の近くで研究されています。

今年大きな話題の一つとなった、大隅先生のノーベル賞受賞は、
もちろん持田さんにとっても、一大イベントだったそうです!

授賞式の会見などでは、にこにことお優しい雰囲気の大隅先生ですが、
70を過ぎた今でも研究室にいらっしゃる、研究熱心な方だそうです
実はお酒がかなりお好きだったり、話し始めるととまらなかったり
近くにいる持田さんだからこそわかる、先生のエピソードを伺えて、
大隅先生が身近になりました

ところで、大隅先生がノーベル賞を受賞されたのは、
「オートファジー」のメカニズムを明らかにした功績を認められたから、でした
でも、新聞やニュースで解説を見たけど、結局なんなの??と思っている人も
多いのではないでしょうか。実は、わたしもその一人でした

今回のわちゃっとカフェは、
持田さんに「結局なんなの?“オートファジー”」という疑問に答えてもらおう!
というサイエンスカフェです。

「オートファジー」という言葉は、
「オート=自己」+「ファジー=食べる」という二つの言葉からできています。
細胞が自分自身の中にできたいらないものを、「袋」に包んで分解して、捨てたり、リサイクルしたりするシステムのこと
小さな小さな細胞ひとつひとつの中に、そんなスゴイ仕組みが備わっていたなんて!

その仕組みの存在には、50年以上前に気づいた人がいたのですが、
その現象を観察して、仕組みを解明することはなかなかできませんでした。
大隅先生は、いらないものを包んだ「袋」が破れないようにした「酵母」を使うことで、
その仕組みを顕微鏡を使って目で見ることができるような方法を確立したのです!

オートファジーは常に作動しているのだけれど、飢餓状態になると、より激しく進むそう。
細胞内の不要なものを使えるものにリサイクルして、栄養に変えているんだって。
つまり、このシステムがないと、私たちは、生きていられないってこと
そんな重要なメカニズムなのです

大隅先生の研究で、オートファジーのことがすべて解明されたわけではありません。
細胞内に突如現れる「袋」に関しては、多くの謎が残っています。
「袋」がどこから来るのか、そしてこの「袋」が大きく伸び縮みする仕組み、
そして「袋」が不要なものと必要なものを見分ける方法など、
たくさんの謎が残されています。

『結局何なの?オートファジー』というテーマは、オートファジーを研究する人たちの、永遠のテーマなのかもしれません...

持田さんは、「袋」が細胞にとって不要なものだけを選択的に包む仕組みについて研究なさっています。細胞内で、包んでほしいものにマークがつくのですが、そのマークとしての役割を担う二つの遺伝子、Atg39Atg40を発見されたのです!!
そのご研究は昨年雑誌Natureに掲載され、以下の記事に詳しくインタビューが載っています。
残念ながらカフェの中では詳しく触れられなかったので、興味を持たれた方はぜひご覧ください。

リンクはこちら

 



さてさて、早いもので2016年も終わろうとしています。
今年は3月のvol.3から始まり、4回のわちゃっとカフェを開催することができました。
貝化石、カイコ、きのこ、オートファジーと、様々な分野の研究に触れ、多くの方からご意見やご感想をいただき、わちゃっと自身も大きく成長した一年となりました。
参加してくださったみなさま、陰ながら応援してくださったみなさま、
本当にありがとうございました

2017
年も、
わちゃわちゃっとおしゃべりしながらサイエンスに触れるカフェを
たくさん開催する所存です!
どうぞ宜しくお願い致します。

わちゃっと一同

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[わちゃっとVol.6]本日開催!

2016-12-17 11:26:14 | わちゃっとのイベント

こんにちは!絶好のサイエンスカフェ日和となりました。

 

わちゃっとVol.6 「結局なんなの?"オートファジー"」

 

開催いたします!

 

【日時】12月17日(本日) 17:00~18:30 (16:45開場)

【会場】ポティエコーヒー 新横浜店(神奈川県・新横浜)

http://potiercoffee.com/

■アクセス|「新横浜駅」から徒歩5分

■地図|https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14052387/dtlmap/

 

みなさんのご来場をお待ちしています!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[12/17開催!]わちゃっとVol.6「結局何なの?"オートファジー"」

2016-11-27 12:00:00 | わちゃっとのイベント


「オートファジー」、、、?

どこかで聞いたことあるような??

 

そうです!

今年の、ノーベル医学・生理学賞です!

東京工業大学の 大隅良典 栄誉教授 は、

「オートファジー」のメカニズムを解明した功績により、

かの栄誉ある賞を受賞されたのでした。

 

でも、「オートファジー」って、結局なんなの?

自食作用、リサイクル、タンパク質、細胞、、、

そんなキーワードは見た気がするけど、なんかつながらない...。

 

わちゃっとVol.6は、そんなあなたのもやもやをスッキリさせます!

 

ゲストにお呼びしたのは、東京工業大学大学院の 持田啓佑 (もちだ けいすけ) さん。

大隅先生の近くで、「オートファジー」について研究されています。

ノーベル賞受賞が決定した当日の研究室の様子なども伺いながら、

結局なんなの?「オートファジー」??に答えていただく予定です!!

 

2016年、最後の わちゃっとカフェ になりました。

コーヒー片手にお話ししながら、一緒にもやもやを解消しませんか?

そして、スッキリした気分で2017年を迎えましょう!

 

 


わちゃっとVol.6

「結局なんなの?”オートファジー”」


【日時】2016年12月17日 (土) 17:00~18:30 (16:45開場)

 

【ゲスト】持田 啓佑 さん

■所属|東京工業大学大学院 中戸川研究室 博士課程

 

【ファシリテータ】明石雅子、藤原亮太 (国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ)

 

【会場】ポティエコーヒー 新横浜店(神奈川県・新横浜)

http://potiercoffee.com/

 

■アクセス|「新横浜駅」から徒歩5分

■地図|https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14052387/dtlmap/

 

【主催】わちゃっと

(国立科学博物館サイエンスコミュニケータ・アソシエーション (科博SCA) サイエンスカフェ分科会)


【協力】ウィークエンド・カフェ・デ・サイエンス (WEcafe) 事務局


【対象】学生・社会人


【参加費】500円 + 別途ワンドリンク以上のオーダーをお願い致します。


【定員】15名 (メールフォームによる事前申込制)


【申込方法】こちらの、メールフォームからお申し込みください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c15a63c3477236


【注意事項】

  •  お申し込み後、数時間経過してもこちらからの返信が無い場合には、メールアドレスの記載間違いの可能性もあります。お手数ですが、メールアドレスをご確認のうえ再度お申し込みください。携帯電話のメールアドレスでお申し込みの場合は、こちらからのご案内を受信できるようにドメイン指定受信を解除してください。(ドメイン: kahaku.sc)
  • 当日は、研究・広報のために、写真や動画の撮影を行う場合があります。また、ICレコーダー等での録音・記録は主催者のみとさせていただきます。写真等に撮影されることについて差し障りのある方は、当日その旨を主催者へお申し出ください。
  •  本イベントの模様やアンケート結果は、「わちゃっと」のウェブサイトや学術発表等で公表することがあります。本イベントで出されたコメントは、個人が特定されない形で公表される場合があることを予めご了承のうえお申し込みください。参加者の皆さまにおかれましても、本イベントの内容や写真をご自身のブログやSNS等へ掲載される場合には、発言内容などから個人の特定につながらないようご配慮をお願いします。ご心配な点やご不明な点がございましたら、わちゃっと (wachat@kahaku.sc) へお問い合わせください。
  • お送り下さいました個人情報は、本イベントおよび当団体からの今後のご案内にのみ使用いたします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【開催報告】わちゃっとカフェvol.5「きのこを食べないきのこカフェ ~きのこ学者のいたって真面目なサイエンス夜話会~」

2016-11-27 09:30:00 | わちゃっとのイベント

こんにちは。わちゃっとの重光です!

11月26日、わちゃっとカフェvol.5を開催いたしました

きのこを食べないきのこカフェ ~きのこ学者のいたって真面目なサイエンス夜話会~」

 保坂先生アップ

ゲストは国立科学博物館 植物研究部 研究員の保坂健太郎さん。

きのこハンターとして世界中を旅されている保坂先生ならではの視点で、きのこワールドを探検しました。

 

きのこってどこに生えているんでしょう?というお話に始まり、
松と松茸の共生関係のお話や、
北半球にしかいなかったはずのあるきのこが、気づいたら南半球で見つかったお話も。

ベニテングタケ(ベニテングタケ)

生態に関するお話も興味深いものがありました。

そもそもきのこのきのこ型の部分「子実体」は、リンゴで言うと実実の部分なんですって。本体にあたる「菌糸」は地中に埋まっていて見えないけれど、世界一大きなきのこは地中3km四方に広がっているなんてお話も!
きのこの旬に関するお話もありました。秋だからきのこ!というわけではなく、春のきのこ、夏のきのこ、冬のきのこもあるんですって。
気温の変化や木の伐採など、環境の変化を感じて「危機感」を覚えると、きのこの「子実体」が生えるのでは?ということです。山の中できのこを探すなら、山奥ではなく登山道付近を散策してみてはいかがでしょうか。

  

いままで知らなかったきのこの本当の姿に、スタッフも参加者のみなさまも興味津々!

「どうしてきのこには傘があるの?」
「松茸は松のそばにしか生えないの?」
「毒キノコはどうして毒なの?」
「え!南極にもきのこが生えるの?」

などなど、様々な話題で盛り上がりました

 cafeの様子

 

 

当日のtogetterはコチラ↓↓

http://togetter.com/li/1054300


最後に、ブログ読者のみなさまにお知らせ&お願いです。

今回ゲストに来ていただいた保坂先生、来年の展覧会のために、きのこを題材にした絵本や漫画を探されているそう。

みなさま、お心当たりはありませんか?

もしご存知でしたら、このブログにコメントいただくか、wachat@kahaku.scまでお知らせください。

よろしくお願いいたしますm(_ _)m 

ファシリ写真

たくさんのご参加、ありがとうございました!

vol.6のテーマはオートファジーです!こちらもお楽しみに~!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加