歌会たかまがはら

Ustreamを使い、N○Kのラジオで放送している某夜はぷちぷちする短歌の番組のように皆様の短歌をご紹介する番組です。

歌会たかまがはら9月号 お題発表+短歌募集

2016年08月11日 | 歌会告知
お待たせいたしました!

歌会たかまがはら2016年9月号の開催要項を発表します。

お題:「曜日」
締切日:2016年9月18日(日)まで
配信日:2016年9月25日(日)14時~(予定)
ゲスト:木曜何某さん
となります。

投稿先、投稿方法、諸注意は下記のとおりとなります。

・投稿するメールの題名には「歌会たかまがはら短歌投稿」とお書きください。
・投稿するメールの本文には
  1:投稿する短歌(必須・読みにくい場合はふりがなをお願いします)
  2:お名前(必須)
  3:ふりがな(必須)
  4:お住まいの都道府県名(なくてもOKです)
  5:木曜何某さんへの質問(なくてもOKです)
を記載の上、 utakai_takamagahara★yahoo.co.jp(★を@にかえて送ってください。)宛てにメールでお送りください。
・必須項目以外は記載いただかなくても結構です。
・読みにくい漢字などがある場合はふりがなをふっていただきますよう、よろしくお願いいたします。
・一人何首ご投稿いただいてもかまいません。
・投稿歌は未発表作でも既発表作でもかまいませんが、著作権の絡んでいる短歌のご投稿はご遠慮いただけますよう、よろしくお願いいたします。
・すでに投稿された短歌の差し替え、削除、訂正はできません。あらかじめご了承ください。
・今回のお題は「曜日」です。月曜から日曜までの「曜日」を使った短歌や「曜日」をイメージした短歌ならなんでもOKです。皆様の素敵な短歌をお待ちしています!
・今回のフリートークは「木曜何某さんへの質問」と題して、皆様から木曜何某さんに対して聞いてみたいことをテーマにお話します。短歌なことでお聞きしたいことがあれば投稿メールと一緒にお送りください。なお、歌会たかまがはらの番組内において、いただいた「木曜何某さんへの質問」にすべてお答えいたしませんので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
・最近、焦って投稿したために無記名であったり、誤字があったりなど記載内容に不備がある投稿メールが多く届きます。焦らずゆっくりでかまいませんので、投稿内容を今一度確認の上、ご投稿いただきますよう、よろしくお願いします。
・投稿完了メールはお送りいたしません。あらかじめ、ご了承ください。
・配信日・配信開始時間は変更することがございます。変更の際はすぐにご連絡いたします。
・その他、質問等がございます場合は、天野うずめ宛にお聞きくださいますようよろしくお願いいたします。

それでは、皆様のご投稿をおまちしています!

---------------------------------------------------------------------
※緊急連絡先はこちら
→延期等の緊急の告知はtwitterで行います。フォローのほど、よろしくお願いします。

「歌会たまがはら」アカウント→@utamagahara

中の人「天野うずめ」アカウント→@uzume_no_hijiri
---------------------------------------------------------------------
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歌会たかまがはら7月号 宇野なずきさんへの質問

2016年08月09日 | その他・連絡事項
ここでは、歌会たかまがはら7月号で皆様からいただきました宇野なずきさんへの質問をご紹介いたします。

回答につきましては宇野なずきさんからいただいたものをそのまま掲載させていただきます。

同じような質問はまとめて掲載させていただきます。

なお、答えに対するご不満等は一切受け付けません。あらかじめ、ご了承ください。

**********************************************************************************
<番組中にお聞きした質問>
Q1 『貞子VS伽椰子』観ました?(山口県 木下龍也さん)

A1 観ていません。面白かったですか?

Q2 宇野さんの短歌は、その発想が群を抜いているとおもうのですが、そんな卓越した発想はどこからくるのでしょうか。ネタ帳? みたいなものをお持ちなのでしょうか……。(滋賀県 西村曜さん)

A2 ありがとうございます。ネタ帳をもとに短歌を詠む、みたいなことは基本的になくて、一から作ることが多いです。短歌になりきれなかった言葉を書き留めたメモが結果的にネタ帳みたいになっている、というのはあります。

Q3 辞世(の句)を詠むとしたら?あるいはこれまでの作品から選ぶとしたら何ですか?(鹿児島県 西淳子さん)

A3 僕の名前だけが流れるはずだったエンドロールがまだ終わらない

<短歌についての質問>
Q1 短歌をやってたおかげでモテたエピソードを教えてください。なければ嘘でもいいです。(東京都 能登たわしさん)

A1 ファンが増えました。いまも両脇にいる女性の肩を抱きながらこれを書いています。

Q2 twitterで勝手にフォローさせていただいているだけなのですが、いつも宇野さんの短歌を楽しみにさせていただいております。宇野さんの短歌はいつもユーモラスで、きっと自分のことをすごく外側から見てるような印象を受けます。短歌初心者の私はいつも、自分を削り取るように、そのままの気持ちを出した歌しか作れません。宇野さんは、最初から客観的な視点をお持ちだったのか、それともきっかけがあるのかお教えください。また、宇野さんの考えるユーモアとはなんですか?(東京都 sundyさん)

A2 自分が客観的な視点を持っているという自覚はあまりないのですが、もしかしたら大喜利的な思考で短歌を詠むことで客観的な視点になっているのかもしれません。誰にも理解できない回答を出しても面白くないので。ユーモアについてはよく分かりません。

Q3 好きな歌は何ですか(鳥取県 有さん)

A3 (天野うずめ)思い浮かばなかったそうです。また、機会がありましたら、質問してください。

Q4 僕は宇野さんを、冗談をいう方のアカウントで知りました。冗談は自然に思いつきますか? それとも、冗談言うぞ、と取り組んだときだけ思いつきますか?
そしてそれは、短歌とも共通しますか?(埼玉県 こくもくさん)

A4 「よ~し、冗談を言うぞ~!」と思いながら冗談を言うことはあまりないです。ふっとしょうもないことを思いついたときにぼそっと言っています。
ふざけた短歌を詠むときも、最初から「こういう短歌を作ろう」と考えて詠むことはほとんどないです。「結果的にそういう形になった」というのが多いと思います。
ちゃんとした連作とかの場合はちゃんと方向性やストーリーを考えて詠みます。

Q5 短歌を始めたきっかけを教えてください(北海道 はらださん)

A5 「オールナイト虚無」というUstreamで配信しているラジオ番組をよく聴いていたのですが、そこに投稿している木下龍也さんのことを知って短歌を始めました。

Q6 自分の歌に既視感を覚えた時に、如何にして解消(あるいは検証)しますか(東京都 坂口ANDさん)

A6 (天野うずめ)思い浮かばなかったとのことです。また、機会がありましたら、質問してください。

Q7 短歌は推敲するほうですか。それとも、うまく詠めていないと思ったときは捨てて最初から作りなおすほうですか。(埼玉県 えんどうけいこさん)

A7 推敲する方です。うまくまとまらないときはしばらく放置して、違う作業に取り掛かります。それから改めて考えると、ばっちりハマる言葉を思いついたりします。それでも全然まとまらないときは、この短歌への入口を間違っていたのだろうと諦めて、違う短歌を作ります。

Q8 短歌を作っているときに意識していることはありますか。(愛知県 キョウさん)

A8 短歌になじみがない人が読んでも分かりやすい歌にするように意識しています。


<宇野なずきさん自身に関する質問>
Q1 なずきさんのツイッターのアイコンは頭巾をかぶっているのですが、覆面レスラーなのか、鞍馬天狗なのかが気になります。(岐阜県 絹更ミハルさん)

A1 (天野うずめ)思い浮かばなかったとのことです。また、機会がありましたら、質問してください。

Q2 素敵なお名前ですが筆名ですか?だとしたら由来を教えてください。(新潟県 香村かなさん)

Q2 宇野さんの「なずき」というお名前は「脳」を「なずき」って言うのから取られたのかな、と気になっています。(宮城県 風橋 平さん)

A2 筆名です。脳を「なずき」と言うことに由来しています。言葉の響きが好きで筆名にしようと思いました。ちなみに「宇野」は脳(のう)を逆から読んで「宇野」です。

<その他の質問>
Q1 歌人以外で「この人のセンスには勝てない」と思うアーティストやタレントなどはいますか?(大阪府 なべとびすこさん)

A1 具体的にこの人、というのはないですが、強い光を持つ人には勝てないなと思います。

Q2 好きな動物はなんですか? またその動物が登場する短歌はありますか?(埼玉県 こくもくさん)

A2 動物はあまり好きではないです。小型犬にパンチする短歌ならあります。

Q3 第二芸術論についてひと言お願いします。(東京都 村田馨さん)

A3 (天野うずめ)思い浮かばなかったとのことです。また、機会がありましたら、質問してください。

Q4 今回、「死」というお題にした理由をおしえてください。(大阪府 たゆかさん)

A4 明るいテーマは自分には似合わないと思ったから、切実な短歌を読みたいと思ったからです。

Q5 最近「Too young, to die」というクドカンの映画を観たのですが、宇野様の持つ死後の世界のイメージ(たかまがはらで語られるかもしれませんが)は、どんな感じでしょうか?(東京都 風野瑞人さん)

A5 (天野うずめ)思い浮かばなかったとのことです。また、機会がありましたら、質問してください。


**********************************************************************************

以上となります。皆様からのたくさんのご質問ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歌会たかまがはら7月号採用歌

2016年08月09日 | 歌会採用短歌
7月25日に行いました歌会たかまがはら7月号に短歌をご投稿いただいた皆様、また歌会の配信をご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。

ここでは、当日採用した短歌、当日発表できなかったけど気になった短歌、出演者の短歌をご紹介いたします。

なお、短歌の感想等は省かせていただきます。ご了承ください。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

お題「死」
ゲスト:宇野なずきさん
司会:天野うずめ

<当日発表した歌(順不同)>
◎宇野なずきさん選
・真夜中に声優のラジオ聴いている脳細胞が急速に死ぬ(北海道 松木 秀さん)

・楽だけど寂しくなるねもう君を介護しなくてよくなっちゃった(鳥取県 有さん)

・死にたいね死にたいねって君がいて起死回生の短い生だ(大阪府 なべとびすこさん)

・閻魔様あれは方便なんでして 心配かけずに逝くテクでして(埼玉県 こくもくさん)
→天野うずめも選

・旅立ちの準備オッケー!じゃあまたね、いってきまーす! いってらっしゃい!(鹿児島県 西淳子さん)


◎天野うずめ選
・幸不幸いくつも波は過ぎてゆき心電図にいま訪れる凪(滋賀県 西村湯呑さん)
→宇野なずきさんも選

・この崖は有名だからやめとこう崖は痛いからやめておこう (愛知県 ニキタ・フユさん)
→宇野なずきさんも選

・親友に「死ね」と放った口のまま5限で朗読する『春と修羅』(大阪府 森下裕隆さん)

・ポケモンは瀕死になるけど死ななくて死んじゃう私とどっちが不幸(愛媛県 小春まりかさん)


<当日発表できなかったけど気になった歌>
◎宇野なずきさん選
・死の床で思い出すのはガキの頃の転んだだけで見た走馬灯(埼玉県 こくもくさん)

・そのうちに死ぬほどだれか愛したい砂時計に似たからだを持った(秋山生糸さん)

・死に顔が穏やかだから幸せな人生だったはずなのだから(埼玉県 えんどうけいこさん)

・この夏に殺した蚊の数をかぞえてたったひとりの死を薄めてる(大阪府 たゆかさん)

・ポジティブを押し付けてくる奴は死ねそこのカーテン閉めてから死ね(きつねさん)

・死語ばかり使ひつづけるひとのゐて死神と云ふ称号で呼ぶ(新潟県 有村桔梗さん)

・なぜここにないのかわからないけれどたしかにここにはないおれの命(大阪府 エースさん)

・ぼくは死ぬきみだって死ぬみんな死ぬもうすぐぼくの娘が生まれる(大阪府 エースさん)

・死の淵を彷徨いたりしときのこと書く日記には「怖かった」とあり(大阪府 エースさん)

・いいね欄に仔猫のgifが増えていて良かった死んでいないのですね(宮城 多田なのさん)
→天野うずめも選

・そういえば私が死んだら死んだってあなたに言うのは誰なんだろう(宮城 多田なのさん)
→天野うずめも選

・「獄中死、それは広義の脱獄」が脱獄王の最期の言葉(山口県 木下龍也さん)

・(じゃんけんで決まるぼくの死)(あいこでしょ)(勝ったら死ぬの?負けたら死ぬの?)(山口県 木下龍也さん)

・普通車のそのゆるやかな減速の流れの下で死にたかったよ(兵庫県 九条しょーこさん)

・死に場所を選ぶ自由はありますか綿毛は風に翻弄されて(新潟県 香村かなさん)

・離別でも死別でもなくこの先も会うことはなく春はあけぼの(新潟県 香村かなさん)

・道路脇の猫の死骸の内臓にまだ溶けてないシーバが眠る(愛媛県 小春まりかさん)

・不老不死願う輩はナルシスト私は生まれ変わりを狙う(愛媛県 小春まりかさん)

・十二秒死んでるらしい無呼吸が夜のしじまを生みだしている(神奈川県 須磨蛍さん)

・一日に一度も浮かばなくなったわたしのなかで死んでゆくひと(千原こはぎさん)

・さみしくて死にそうなまま眠ります明日のあなたを予約したあと(千原こはぎさん)

・死にたいと何度でも言え言っている間はどうか生きていてくれ(ナタカさん)

・私にはキチン質などないのです死ねばぐずりと崩れるのです(ナタカさん)

・プラスチックカップのふちで死後硬直する生クリームを舌で救う(大阪府 なべとびすこさん)

・「死んでやる」幼き我の復讐は愛されてること前提として(東京都 鳴瀬 諒さん)

・遺言を書いてるうちに寝たらしいああ今日会議があったんだっけ(愛知県 ニキタ・フユさん)
→天野うずめも選

・コンビニは心臓だからあの店がつぶれちゃったらアタシ死んじゃう(鹿児島県 西淳子さん)

・流星の仕組みを俺より饒舌に語るGoogle 死ねばいいのに(滋賀県 西村曜さん)

・注文はひとつにしてよ「泣くなよ」か「死ぬなよ」のどちらかにしてよ(滋賀県 西村曜さん)

・かんぜんにイントネーション「水死体」だったよいまの「恋したい」って(滋賀県 西村曜さん)

・僕が消えたら雇用の口がひとつ増え       アリナミン飲む(滋賀県 西村湯呑さん)

・いつか死ぬ、と思いながら猫を飼う。しあわせでいることも覚悟だ(北海道 はらださん)

・口腔に遺骨をふくんでここにいるきみの言葉を喉に宿す(文車 雨さん)

・究極の便秘解消法それは首を吊ること ただし死にます(北海道 松木 秀さん)

・へたくそな墓、掘り終えて止まり木で死んでたカブトムシが生き返る(福岡県 水本まやさん)

・引き取るとはよくぞ言ったり臥す者の最後の息は吸気で終わる(東京都 村田馨さん)

・スケッチを終えて教科書、顕微鏡、観察用の死を片付ける(岐阜県 Mayさん)

・「扇風機にずっとあたると死ぬんだよ!」真剣にけんかした青い夏(鳥取県 有さん)

・死ぬ夢を見る日が増えた台所に卵の殻が散らばっている(東京都 Y川さん)

・選ばれるために生きてるわけじゃないわざわざ小石を探して蹴った(腋の下舐め子ちゃんさん)



◎天野うずめ選
・間一髪 車を避けて振り向いた 道路に僕が寝てる気がした(埼玉県 こくもくさん)

・生き物が死に絶えたあと地球では波音だけが響くのだろう(埼玉県 えんどうけいこさん)

・うつくしい死体になってみせるから雪が溶けたら探しに来てね(埼玉県 えんどうけいこさん)

・死ぬなんて思わなかったし安物の糸のほつれた下着つけてた(きつねさん)

・死にたいとつぶやいていたあの人のつぶやきがない毎日となる(きつねさん)

・人生をやりなほしたいもういちど蘇我入鹿が死ぬあたりから(新潟県 有村桔梗さん)

・いつか死ぬきみの記憶の崖(きりぎし)に万年雪のやうにありたし(新潟県 有村桔梗さん)

・リモコンが鞄に紛れ込んでゐてもう父のゐない病室へゆく(新潟県 有村桔梗さん)

・子どもから大人になっていくはざま 死体のように生きていました(北海道 伊藤 雅さん)

・ヌードルの小エビが白くふくらんでこれが死というものかと食べる(宮城県 風橋 平さん)

・怪獣が爆発せずに倒れ伏すここまでとどきくる蝉しぐれ(宮城県 風橋 平さん)

・磔刑の男をふっと思い出し見上げてしまうグリコのネオン(大阪府 久哲さん)

・茎切られ 水上げられぬ 向日葵よ炎のごとく 命をこぼし(東京都 sundyさん)

・先逝けば三途の川の岸に待つ君を迎ふる舟を阻まん(福島県 しみずわかなさん)

・死ぬ夢でびっしょり寝汗をかいたあと朝練に行く吾子を見送る(神奈川県 須磨蛍さん)

・言いたくて言い出せなくてこの恋が死ぬ日をじっと待ちわびている(千原こはぎさん)

・「しにたい」にいいねをくれるひとがいるうちはかわいい嘘でいられる(京都府 辻原さん)

・死んだならゴミになるしかない身体いとしく爪を深紅に染める(秋田県 冨樫由美子さん)

・わたくしもいま死にました ぱっくりと告げて蛤高天を見る(愛知県 中牧正太さん)

・本当に本当に死んでいるのかよこんなにきれいな目のかぶとむし(ナタカさん)

・潮風に煽られている鯨幕 透明な君が泳ぎはじめる(新潟県 七波さん)

・いのちとは明るいものだ じいちゃんを迎えにアヤメの提灯を持つ(新潟県 七波さん)

・世界中の夢を死骸に変えていく五輪跡地はあまりに増えて(大阪府 なべとびすこさん)

・子供らの声賑やかな葬式で死ぬとはこんなものかと思う(東京都 鳴瀬 諒さん)

・もう少し拾っておけば良かったな骨壺のなかのからんと鳴って (愛知県 ニキタ・フユさん)

・ガーベラの花に例えてくれたからわたしの火葬うまくいきそう(滋賀県 西村曜さん)

・いまの君の変顔ぜったい使うから。走馬燈にぜったい、使うから。(滋賀県 西村湯呑さん)

・報告に遺族がこたえる「埋めといて」しかたないかなまあ金魚だし(東京都 能登たわしさん)

・撃たないで先進国の国民です幸福に暮らしここへ来ました(東京都 能登たわしさん)

・生きることなにかの命屠ること魚の小骨喉に刺しつつ(文車 雨さん)

・あぶねえな普通だったら死んでたぞもちろん俺も死ぬんだけどね(岐阜県 Mayさん)

・死に際の電気ポットの吐き戻す水を両手で受けてゐる夜(三重県 もりのさとさん)


<出演者の短歌>
◎宇野なずきさん詠歌
・勇敢な僕はもう動かないのに死亡届に判を押せない

◎天野うずめ詠歌
・死ぬときは燃やしてほしい 僕たちが生きた証としての地球を


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
<反省会>
歌会たかまがはら7月号に短歌をご投稿いただいた皆様、配信をご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。
まずは、改めまして、宇野さん、お誕生日おめでとうございます。
今年一年、健康で楽しく過ごせるよう、願っております。
さて、配信ですが、今回も事故なく配信できてよかったです。
皆さまが安心してご視聴できるよう、今後もミスを少なくできるよう、配信して参ります。
今後とも、ご投稿、ご視聴よろしくお願いいたします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

次回の歌会たかまがはらですが、現在調整中です。

決まり次第、こちらのHP&Twitterで告知いたします。

「歌会たかまがはら」ブログ:http://blog.goo.ne.jp/utakai_takamagahara
「歌会たかまがはら」twitterアカウント:@utamagahara

今後とも、歌会たかまがはらをよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歌会たかまがはら7月号 お題発表+短歌募集

2016年07月03日 | 歌会告知
お待たせいたしました!

歌会たかまがはら2016年7月号の開催要項を発表します。

お題:「死」
締切日:2016年7月18日(月)まで
配信日:2016年7月25日(月)21時~(予定)
ゲスト:宇野なずきさん
となります。

投稿先、投稿方法、諸注意は下記のとおりとなります。

・投稿するメールの題名には「歌会たかまがはら短歌投稿」とお書きください。
・投稿するメールの本文には
  1:投稿する短歌(必須・読みにくい場合はふりがなをお願いします)
  2:お名前(必須)
  3:ふりがな(必須)
  4:お住まいの都道府県名(なくてもOKです)
  5:宇野なずきさんへの質問(なくてもOKです)
を記載の上、 utakai_takamagahara★yahoo.co.jp(★を@にかえて送ってください。)宛てにメールでお送りください。
・必須項目以外は記載いただかなくても結構です。
・読みにくい漢字などがある場合はふりがなをふっていただきますよう、よろしくお願いいたします。
・一人何首ご投稿いただいてもかまいません。
・投稿歌は未発表作でも既発表作でもかまいませんが、著作権の絡んでいる短歌のご投稿はご遠慮いただけますよう、よろしくお願いいたします。
・すでに投稿された短歌の差し替え、削除、訂正はできません。あらかじめご了承ください。
・今回のお題は「死」です。死に対するネガティブなイメージからポジティブなイメージまで「死」を使った短歌ならなんでもOKです。皆様の素敵な短歌をお待ちしています!
・今回のフリートークは「宇野なずきさんへの質問」と題して、皆様から宇野なずきさんに対して聞いてみたいことをテーマにお話します。短歌なことでお聞きしたいことがあれば投稿メールと一緒にお送りください。なお、歌会たかまがはらの番組内において、いただいた「宇野なずきさんへの質問」にすべてお答えいたしませんので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
・最近、焦って投稿したために無記名であったり、誤字があったりなど記載内容に不備がある投稿メールが多く届きます。焦らずゆっくりでかまいませんので、投稿内容を今一度確認の上、ご投稿いただきますよう、よろしくお願いします。
・投稿完了メールはお送りいたしません。あらかじめ、ご了承ください。
・配信日・配信開始時間は変更することがございます。変更の際はすぐにご連絡いたします。
・その他、質問等がございます場合は、天野うずめ宛にお聞きくださいますようよろしくお願いいたします。

それでは、皆様のご投稿をおまちしています!

---------------------------------------------------------------------
※緊急連絡先はこちら
→延期等の緊急の告知はtwitterで行います。フォローのほど、よろしくお願いします。

「歌会たまがはら」アカウント→@utamagahara

中の人「天野うずめ」アカウント→@uzume_no_hijiri
---------------------------------------------------------------------
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歌会たかまがはら6月号 なべとびすこさんへの質問

2016年06月21日 | 歌会告知
ここでは、歌会たかまがはら6月号で皆様からいただきましたなべとびすこさんへの質問をご紹介いたします。

回答につきましてはなべとびすこさんからいただいたものをそのまま掲載させていただきます。

同じような質問はまとめて掲載させていただきます。

なお、答えに対するご不満等は一切受け付けません。あらかじめ、ご了承ください。

**********************************************************************************
<番組中にお聞きした質問>
Q1 なべとびすこさんは、苗字と名前のように分けられますか?分けるとしたらどこでしょう。個人的に「ビスコ」が気になるのですが、「鍋飛び」も捨て難いです。(岐阜県 絹更ミハルさん)

Q1 基本的な質問ですみません。たしか以前Twitterでもつぶやかれていたとおもうのですが、お名前の「なべとびすこ」の区切りは「なべと/びすこ」であっていますでしょうか……?(滋賀県 西村曜さん)

A1 意味としては「なべ/と/びすこ」ですが、「なべと」で切ることが多いです。「なべとび」も気に入っているのですが、「すこ」になんとも言えない感じがありますね。

Q2 今後の野望を教えてください!(香川県 大橋春人さん)

A2 短歌、ラップ、俳句、詩、歌、大喜利など、言葉に関する様々なジャンルを横断したイベントを開いて、短歌に関心の無い層に短歌の魅力を伝えたいです。ついでに憧れの人と共演したい。

Q3 とても注目しています。これからやってみたいことがあればぜひ教えてください。(東京都 姉野もねさん)

Q3 今後やってみたいことは何ですか?(鹿児島県 西淳子さん)

A3 フリースタイルラップ、短歌CD作成、ライブハウスに短歌朗読で殴り込みなど、音楽に絡めた企画。

Q4 なべとさんの描く三年後の姿を教えてください(大阪府 泳二さん)

A4 イベント企画やデザインなどもやりつつ、純粋に「短歌」として「歌人」として評価されたいです。放っておくとイベンターに徹してしまいそうですが、やっぱりいずれは歌集も出したいし。

Q5 今度ラップのフリースタイルでバトルしよう。そう、ラップ短歌バトルしよう。(山形県 ナイス害さん)

A5 すぐにでもやりましょう。そしていつか短歌フェスのオープニングアクトを飾りましょう。


<短歌についての質問>
Q1 もしどこでもドアがあったら、吟行してみたい場所はどこでしょうか。(京都府 土岐友浩さん)

A1 せっかくどこでもドアがあるならアフリカとか南極くらい極端な場所でやりたいです。現実的な範囲なら北海道でもやってみたいです。


<イベントについての質問>
Q1 ど素人の会はもうしないのですか?(香川県 大橋春人さん)

A1 「ど素人の会」というタイトルをつけなくても、私の企画には毎回ど素人の方が来てくださることに気付いたので名前からは外しました。
でも、気持ちは「短歌ど素人の会」を始めたころと変わっていなくて、「短歌のことを知らない方が来ても楽しめる会にする」というところはいまも1番大事にしています。

Q2 四国でも何かしてください!(香川県 大橋春人さん)

A2 やりたいです。みかんとかうどんを食べながらとか、食に絡めたいですかね。


<その他についての質問>
Q1 YUTRICKの松坂桃李という素敵な愛称をお持ちのなべとさん、ドラマ「ゆとりですがなにか」が放送されて、その後反響とかありましたか?(神奈川県 シュンイチさん)

A1 松坂桃李がZIPで「ゆとり川柳」を披露していたという連絡が来たり、ドラマで松坂桃李がメガネをかけているので、改めて「似てる!」という連絡が来たりしました。



**********************************************************************************

以上となります。皆様からのたくさんのご質問ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加